2020/10/30

【FF8考察】キスティスの正体はアルティミシアではない~アルティミシア(リノア)とサイファーの娘!


次のムービーを見て、なかなか面白かった。

当チャンネルが共通点を更に追加すると、アル「ティ」ミシアに対してキス「ティ」スで文字のティがかぶっている。アルファベットにすると、もっと共通割合が大きくなろう。


だが、リノア=アルティミシア説(リノアル説)の方が根拠が揃っており、しかも物語として筋が通っている。


ポイントとしては、アルティミシア(ラスボス)とリノア(ヒロイン)はループしている同一人物だという事。FFの原点・FF1では、カオス(ラスボス)とガーランドがループしている同一人物というオチで、FF8ではプレイヤーに公開しないという表現を採用したわけだ。公開したら「FF1と同じオチかよ」と言われるに決まっているので。となると、もしプレイヤーから同一人物かの質問がメーカーに来ても、答える内容は「違います」というように、発売当初から用意されているのだ。

ではなぜ、キスティスとアルティミシアに似ている所が多いのか?
その答えはズバリ、キスティスはアルティミシア(リノア)の娘だから。
主人公、キスティス、ゼル、セルフィ、アーヴァイン、サイファーは孤児だが、親を隠されているという解釈もできる。

リノアとサイファーの関係は、20周年アルティマニアのキャラクター編の人物相関図で【元恋人】だと表明されている。

キスティスの父親はサイファーかな。髪が同じく金髪だし。リノアとサイファーは付き合っていたという表現があり、要するに、子供ができる行為もしたという事。リノアはサイファーとそういう事はしていないと語ったが、口だけかも知れないし、ループしたら記憶を失うのだから、行為自体を忘れたのだ。リノアがループしているというのがポイント。主人公と関わったサイファーが父親なのではなく、1つ前のリノアが関わったサイファーがキスティスの父親となる。

「実は子供がいるけど、男女関係の示唆がゼロ」というのは、表現としてレベルが低くて不成立。リノアとサイファーに子供がいる裏設定だからこそ、「付き合っていたのかも」という表現が必要で、一方ではループ中に子供できたのバレバレではいけないので、「好きだっただけ(してない)」とわざわざリノアが言い訳して、処女という印象をプレイヤーに持たせなければならないのだ。


当チャンネルでは、リノアル説の証拠を更に追加できる。実際のスペルは「Ultimisia」だが、アルティミシアから「ATしA」と取り出す。Tow=2。リノアのカードはA24Aで、AT(2)し(4)Aとなる。更には、リノという文字を、手書きで企画書とかに書いたとする。リとノがくっついて「ル」に見える事も。「リノア → ルア」、これはアルティミシアの頭文字を逆にした文字。RinoaのRを分解すると、UlIとなる。UltiのUliとマッチ。RinoaをR + Inoa に分解。アルイノアとなり、「アル」テ「ィ」ミ゛「ノア」と近づいた。

ゼルはアルティミシアのように顔に紋章があるし、しかもサイファーのように金髪オールバック。息子じゃないの? キスティスと同じ目の色だし。更には、ゼルとセルフィの名前が酷似している。ゼルにもセルフィにも「ル」があり、アルティミシアの「ル」であり、リノアの「リノ」。

そして、そのセルフィとアーヴァインの髪の色がそっくりなのはどんな関係?
つまり、この記事の話には続きがあるので、後日ブログのチェックをどうぞ。
「アルティミシアの正体はリノアなのか、キスティスなのか」がテーマとなる。

【コメント】
FFの界隈では、考察者はそれなりに奮闘していて、究極までは到達していなくても、正解へ向けてアプローチしている印象だ。一方、ワンピースの考察界は、レベルが低過ぎて呆れる。ほんの一部の考察者だけが正解に向かっていて、多数派が見当外れという具合。ワンピース考察者には作者サイドと繋がって、あえて真相から遠ざける工作員までいると考えている。

この記事に限らず、ユーチューブで紹介する場合には、収益の25%を頂戴します。
ブログやSNSで語りたい場合には、リンク必須です。
スポンサーサイト



2020/08/16

【駄作?】ドラゴンクエスト ユア・ストーリー~ドラクエ5の3D映画は駄目なのか

「大人になれ」と説教されるドラクエ5の3D映画。ストーリーに対して炎上した。駄作で不快だと多くの人が語るが、それは本当なのか。

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

駄作と称される

正確には駄作というより、不愉快な作品と言われている。
映像など素晴らしい所も多く、嫌われているのは、ストーリーの終盤が主体。ストーリー(構成)が嫌いなので、細かい所も嫌いになる人が目立つという状況。


先に結論を語ると

駄作だと評される部分を先に知っていれば、それほどまでに駄作だとは思わないはず。
まとめ筆者は、駄作だと評される部分を先に把握してから、全編を視聴した。
そして、別に駄作だとは思わなかった。
たまにはネタバレの後に作品を見ても悪くない。

ここからはネタバレ注意

駄作とされる最大の要因

実は主人公はドラクエ5のVRを遊んでいた

主人公は2020年時点よりも進んだVR装置に入り、一時的に現実世界を忘れ、好みの設定も少し追加し、仮想世界を楽しむ社会人っぽい青年だった。

会場もドラクエの世界で、スタッフもドラクエの衣装。

単純にVR世界を楽しんで終了するのではなく、コンピュータ・ウィルスが登場し、ウィルスの作者が「(いい年してゲームの世界なんかにのめり込んでないで)大人になれ」と説教してくる。


この「大人になれ」にキレた人が多い様だ。

【その他、ネットで嫌われている所】
●主人公の青年顔が童顔なのにヒゲでむさい。
●フローラの性格が嫌らし過ぎる。
●ヘンリー王子の嫁・マリア、主人公の娘(タバサ)など、登場しないキャラが居る。

【誤解されている所】
ウィルスを退治した後は、仮想世界(ドラクエ5)の物語を終えられる。別にウィルスと問答をして終わるわけではない。

褒められる所(ユアストーリーを嫌いな人でも)

フルCGの表現力


当まとめ管理人が嫌だった所


序盤はスーファミの画面

序盤はスーファミのプレイ状況が映る。ビアンカと旅する大事な所がスーファミ画面という有り様。子供のビアンカとかフローラが3Dで出ればいいのに、古臭い画面をしばらく見せられる。文字にも平仮名だらけだし。


プレイを思い出してもらう意図があるのだろうが、それなりに長くて退屈だった。また、プレステ2やDSでプレイした人は、古臭い画面や平仮名と無関係。ましてや、ドラクエ5未プレイの人なら、ますます無縁。

心理学的分析~単語脳と文脈脳

「ゲームなんてしてないで大人になれ」という部分だけを切り出すと、不快に感じる人が多いのは分かる。しかし、実際には物語の一部分に過ぎず、前後のシーンを加味すれば、取り立てて騒ぐ対象ではない。

例えば、「高卒」と聞いただけで、ムカッとする人がいよう。前後の文脈を無視し、国会議員が高卒という言葉を入れただけで炎上した。「高卒」のように単語だけに反応する人を「単語脳」という。実際には、高卒だけでムカッとするのはおかしい。あくまで文脈全体を捉えて、ムカつく話なのかを判断すべき。

ドラクエ ユアストーリーも同様で、物語全体として不愉快かどうかを判断すべき。

主人公はウィルス作者の言うことなんて肯定せず、「ゲームなんかに……」をキッパリ拒絶してウィルスをしりぞけた。

改めて結論

実はVR世界だとか、「大人になれ」を事前に知っていれば、(スーファミの画面を除き)特別に嫌な所は無かった。

また、実はVR世界だとか、「大人になれ」自体も、そんなに嫌なシーンではなく、作品としても面白かった。

結論としては、単語脳やセンシティブな人がクソだと騒いでいるだけで、まあまあの作品だと判断。良作とまではゆかないにせよ。


映画館に行った人がガッカリした所までは仕方ないとしても、オチ(VR+大人になれ)を知ってから視聴し、同調現象で「クソだ」と語る人もいて、そういう同調に呆れた。自分の意見を持っておらず、同じ感想を話せば人気が出ると勘違いしているのだ。


強烈なネタの場合、ネタを知って視聴する人と、何も知らずに視聴する人の感想は本来は違うのだから。気に入り詳細を見る