2020/04/14

カイドウの息子とは誰のことか~正体を特定【ワンピースネタバレ速報】

カイドウの家族問題。カイドウの語った「ウチの息子」とは、どんなキャラなのか。名前は「ヤマト」。元妻はギオンとリンリン。息子たちのリストを公表。


ヤマト登場前の話が中心ですが、カイドウの血縁の息子という観点では世界一の情報です。ヤマトに関しては次の記事で。


カイドウの娘ヤマトの正体(自称:光月おでん)を解説【ワンピースネタバレ考察】


カイドウ「ウチの息子」とは?



コミック977話で、宴にも顔を見せないカイドウの息子がいるシーンが登場。

カイドウ「あいつァどうした、ウチの息子だよ!!」



●可能性1:単なる義理の息子……ワンピースではよくあるパターン

●可能性2:ギオンとの息子……カイドウが若き日のギオンを略奪して産ませた子

それぞれに、既存キャラや新規キャラのパターン。

カイドウの海藻みたいな髪質に注目。


海童は酒


カイドウは青龍


錦えもんの息子モモの助
義理ですらなく、錦えもんの嘘という実態。
要するに、登場キャラの台詞だけで、嘘でもワンピースでは「息子」。

モモの助は龍に変身するので、モモの助がウチの息子というオチも(ヤマト登場前には)あり得た。


桃龍
大人の桃龍も描かれている。
時を超えて子供の姿は幻想で、シッカリと寿命を失っていると堅く考察。トキが未来へ行けなかった理由は、もう寿命が残っていなかったから。800年前に生まれたというのは嘘。


【ワンピース】光月モモの助とワノ国の光月一家【ネタバレ考察】


ロックス・D・ジーベック
髪質の海藻みたいなのに注目。カイドウと似ていると判断した。
具体的にはロックスの孫がカイドウだと考察。
カイドウの母親バッキン(時超え)がロックスの娘。
×金 → Χ銅 → カイドウ ※ギリシャ文字"Χ"は「カイ」

「ジ」は「ン」を含む文字。「べ」の棒を離すと「バ」……汚い字でバを書くとベに見えることも。
ジベック → ベックジ → バックン


カイドウの妻は?(現在は夫婦ではない)


シャーロット・リンリン
リンリンは68歳。
カイドウは「ババア」と呼ぶので、5歳は年下だと考察。リンリンが活躍するロックス団でも、カイドウは見習いだった。

一方、エースの小説でも、リンリン達よりも後の世代としてカイドウが描かれる。

となると、カイドウはカタクリ(推定48.7~48.9歳)の父になることが、まず無理な世代。

ビッグ・マムはビッグキスの人魚の血を持つ人間だと考察。子供には魚人の特徴が出やすい。カタクリの口も魚人。


ビッグ・マムの子供達の父親【ワンピースネタバレ考察】


桃兎ギオン
元は光月スキヤキの妻。
カイドウから逃げるために時超えをして、いまだ若い姿。

横髪もあるがオールバック。耳飾りもチェック。

祇園道の中国語は「祇園街道」。


桃うさぎ・ギオンの正体を特定~小紫の母、トキカケの姉【ワンピースネタバレ考察】


カイドウの息子(血縁あり)は?


ガイモン
カイドウとギオンが混ざったような名前。
GaimonはGionを含む。

ボリュームは凄いがオールバックの髪型。


ガイモンの船は龍
緑の龍。昔の日本では、緑のことを青と呼ぶ。現代でも緑信号ではなく青信号。つまり、青龍。


鬼人のギン
青い龍がジャージに描かれる。
ギオンと酷似した名前。オールバックの髪型に耳飾り。

鬼(カイドウ)と人(ギオン)とのハーフなので鬼人。

Χ「銅」の息子なので、「銀」(ギン)。

1巻からのキャラを95%以上覚えていない人が考察しても駄目。特徴・様相も含めて、ちゃんと覚えてから考察しよう。


ギン「面目ねェ」


カイドウ「面目ねェ」
この部分は追記で、やはりギンと同じセリフが出てきたという話。ギンの父親で確定的。

なお、ギンの「面目ねェ」を(当チャンネルが)記憶していたから発見できたのではない。別の根拠でギンの父親をカイドウだと把握していたからこそ、セリフの一致を確認できた。


【ワンピース】鬼人のギンの正体を特定~ゾロの父親、カイドウの息子【ネタバレ考察】
なぜ、ガイモンやギンのように初期のキャラの両親が、ずっと後になってカイドウやギオンとして登場するのか? 理由はゾロの祖母がギオンだから。ゾロという序盤で確実に登場するキャラの祖父母ならば、名前くらいは設定済みで妥当。


鬼の跡目ダグラス・バレット
跡目=子供
鬼の跡目……カイドウの息子

息子となれば母親はギオン。
オールバックの髪型。

バレット……弾丸(銅コーティングが主体)

映画のキャラも、ポッと出すわけではなく、既出キャラの近親が正体。


映画STAMPEDE~ダグラス・バレットの正体を特定~カイドウの息子【ワンピースネタバレ考察】


ヤマト
色々な意味があるが、地名の大和は奈良県のこと。
一方、祇園(ぎおん)は京都にある地名のこと。
ギオンの息子という線が強まった。

他には、ヤマトで始まる魚類が多数なので、魚人の意味もありそう。
更には、ヤマトユキザサなど、ヤマトで始まる植物も多彩。クローバー博士(後述)の血筋を思わせる。
ヤマト粉に関しては、後述する。


うるティの正体を特定~黄猿や つるの孫娘【ワンピースネタバレ考察】


ヤマト(971話)
おでん処刑のシーン。誤って油の窯に落ちた侍の先に、ヤマトと同じ着物のキャラがいる。というか、ヤマトがいる。

おでんはこの時には健在。よって、ヤマトの正体がおでんだとか、おでんの生まれ変わりという説は、見当違い。

おでんの背中の装飾を、ヤマトが装着した事実はあるにせよ。

シッカリと単独で立っているので、病弱でもない。


【ヤマトはカイドウの娘】
ヤマトは般若の面。正体は女という線が出てきた。ヤマトはルフィへの自己紹介で「カイドウの息子」と語る。「カイドウの子供」ではないのだ。息子を強調するということは、女の場合に作者はやりがちな表現。ヤマトは女のうるティをぶち倒した。即死は別として、男が女を物理的に攻撃するシーンは、作者はまず作らない。コゼット(ジェルマの女コック)の殴られる現場シーンは無いわけだし。

他には髪が長いとか、女だからこそカイドウがヤマトの顔を見せたくないという思考も可能。

【ヤマトタケルの噂】
ヤマタノオロチを退治したのはスサノオだが、ヤマトタケルも同一視されたり、誤解釈でヤマトタケルがヤマタノオロチを倒して剣を取り出すという解釈の人もいる。ヤマトタケルは剣を借りただけ。

ヤマトタケルは死後に白鳥となって飛び去る。これはワンピースでは空島のルーツが割り当てられよう。当チャンネルでは桃兎ギオンは空島出身だと語っており、ギオンの血筋が更に強くなった。

ワンピースのヤマトは、ヤマトタケルとスサノオを混ぜたキャラの可能性も。ワンピースではヤマトが黒炭オロチを退治する?

誤解釈でも、勘違いする人が多ければ、ワンピースでは採用されがち。例えば、幽霊で皿を投げるのはお菊さんなのだが、お岩さんと勘違いしている人もいるし、関連ワードという解釈になる。ワンピースでは、皿を投げられたコゼット(ジェルマの女シェフ)が お岩さんみたいな顔になる。これは右脳的な捉え方。

右脳的に捉える例を挙げる。例えば、色に関する言葉で「くろ」とあったら、左脳では黒で確定的。右脳だと図形で解釈する。「くろ」と「しろ」は図形では一致の域。よって、白ひげが黒炭家出身だという発想は左脳思考では困難だが、右脳思考では成立するのだ。もちろん、際立って優れた左脳で白ひげを解析して、理詰めで黒炭家だと証明することも可能。

右脳思考では、音もキーワード。「大喰らいジュエリー・ボニー」とあれば、
●大……大の英語はビッグなので、ビッグ・マムが母親という意味 ※左脳解釈
●喰らい……「ガプッ」という擬音なので、ガープが父親という意味 ※右脳解釈
食らいではなく、「喰」らいの理由は口の部分がDの意味(口+食という構成分析は左脳解釈で、口=Dという認識が右脳解釈)。考察には両脳が重要となる。しかしながら、際立って優れた左脳でボニーを解析して、理詰めでガープとリンリンの娘だと証明することも可能。

ただし、左脳だけの話だと長文になりがち。右脳だと、大+喰で一瞬にして父母を抽出できる。
ボニーは くまと近い血縁はない。当チャンネルがあまりにもズバリと当てるので、対策として作者が誤誘導した。鋭い考察は作者すら動かす。


大酒のバスコ・ショット
大……ビッグ(ビッグ・マム)
酒……海童(カイドウ)

カイドウと同じく、ひょうたん持ちの大酒飲み。ツノみたいなのも2本ある。
ビッグ・マムのような鼻と歯と舌出し。


シャーロット・ズコット
ズを分解すると、「ー」+「イ」+「゛」
並び替えて、「コイドー」。カイドーの息子の名前としてバッチリ。なお、バスコショットでも同じく「コイドー」となる。


22男シャーロット・サンマルク
サン → 酸 → acid(アシッド) 
→  caid(カイド)

マルクはドイツの旧通貨、「サ」は「カ」を含む文字。
サンマルク → 「カ」ン「ドイ」ツ → カイド

カイドウのタトゥーのようにドクロ。
カブトだがカイドウのように二本角。


サンマルクの娘?(カイドウの孫娘)
カイドウのような台形の目に、角を隠しているような帽子の形。

カイドウとビッグ・マムの子を探している人が、この女の子を見逃してはならない。実際には孫娘にせよ。

登場キャラの95%を把握というのは、この手のキャラも入れないと達成できない。


ビッグ・マムの子の資料には誤誘導
前書きをちゃんと読もう。本編の話ではないのだ。

前書きすら読んでいない人(読んでも、どうして前書きがあるのか理解できない人)が、勝手にWikiやピクシブ百科とかで見当外れ・デタラメの子供を記しているだけ。当チャンネルの価値を高めるために、あえて修正しない。

当チャンネルの示す子供が正解。


【ワンピース】黒ひげ海賊団バスコ・ショットの正体はカイドウとビッグ・マムの息子【ネタバレ考察】


シャーロット・カタクリの父親は?


ワノ国風の社でドーナツを食うカタクリ
龍の口というのはガセ。魚人の特徴で、口内の下の方に溜め込める。

血縁の父親はクローバー博士。
カイドウには母リンリンの夫だった時期があり、カタクリも戦闘能力を高める成長期。カイドウの影響を受けたことは確か。

なお、カタクリの血縁の父親は当チャンネルが完璧に証明してしまったので、作者が誤誘導として、カタクリを息子として登場させるかも(もちろん義理)。

クローバー博士の妻は、光月の姫だと考察。スキヤキの父親がクローバー。ワノ国とカタクリは社で繋がるのだが、クローバーが光月の婿養子だから。更には、カイドウが義理の父親の時にワノ国に居たから。


クローバー博士
クローバーは……オーブンの髪を上下逆さにした髪、ダイフクのような刈り上げ、カタクリの腹のタトゥと同じデザインのシャツ柄。カタクリの膨れた口のシルエットと、クローバーのヒゲのシルエットが一致。

ロックスとは、ロとクの字が一致。母親はDr.くれは。Dr.とは博士のことで称号が一致。カタクリの音楽ロックス衣装は、ロックスの血筋表現。

若いビッグ・マムがなんとしても味方にしたいキャラ。

当チャンネルでは、カイドウの妻子に加え、カタクリ達の血縁上の父もシッカリと語る。よって、カイドウの血縁上の息子がカタクリ達ではないと、バッチリと説明したことに。

22年前に享年85歳で、107年前の誕生。


海棠は植物
海棠(カイドウ)の花を見ながら酒を飲むという趣向もあるようだ(中国)。

カイドウの父親が当チャンネルでもなかなか特定できなかったが、クローバー博士だと把握した。ちなみに、当チャンネルでは「カイドウの父が当チャンネルでも分からないので、見つかったら教えて」と語っていたのに、誰一人からとして連絡がなかった(カイドウに関しては)。

クローバーとカイドウは植物つながり。カイドウの母親はバッキン。

すなわち、カイドウの母違い弟がカタクリたちとなる。
ここでは詳しく語らないが、リンリンの母の妹がバッキンだと考察。リンリンの叔母がバッキンで、カイドウ達の母同士が近親。
出典 amanaimages.com


片栗粉とヤマト粉
片栗粉はカタクリという植物から作られるが、現代ではジャガイモ。ヤマト粉はヤマトイモが原料。関連ワードではあるが同一ワードではない。

カタクリがヤマトだという説もある。
まあ、義理の息子なので、それでもいいが、説の発信者は「カイドウの血縁の息子がカタクリ」という思考なのでその部分は却下。

カイドウ自体が植物名なのだから、息子の名前が植物の大和芋で妥当。ヤマトが血縁の息子の場合、カタクリはヤマトの叔父。
出典 amanaimages.com


なぜオーブンと似ているのか
オーブンは弟だからが結論。
親子だから似ているのではなく、母違いにせよ兄弟だから似ている。母同士も近親だし。

オーブンのこの顔が出るまでに、とっくに当チャンネルは「オーブン達はクローバーが父親だ」と発表済み。当チャンネル対策の誤誘導でもあるし、クローバー博士の息子たちだという作者表明。


光月スキヤキの血筋を特定
アゴヒゲの形はカイドウやオーブンと、そう遠くない。将軍なので、ピチッと整えたら、スキヤキのヒゲになる程度の違い。

口ひげの伸びる様子も、カイドウのを短く整えた程度の違い。


スキヤキの母は光月の姫
カタクリが餅で造ったワノ国風のお堂の中で食う理由は、父親の正体は光月クローバーだから。

スキヤキは実はカイドウやカタクリ達の兄。
あくまで、姫が光月家で、クローバーは婿養子。よって、カタクリたちやカイドウは光月家ではない。


カタクリと似ている服と腕輪
カイドウはカタクリの兄だし、義理の父親だし、影響は強く受けたのがカタクリ。

一方、当チャンネルはビッグ・マム編の時点で、カタクリの父親がクローバーだと発表していた。グーグルとかで検索すれば、サクッとカタクリの父親はクローバーだと調べる事が可能。要するに、作者は誤誘導のために、カタクリに近い衣装のカイドウを描いた。いくらカタクリの兄でも、服まで似ているのは誤誘導。

当チャンネルのカタクリの父親ページを、発見しにくくしたかったわけだ。カイドウが父親だというデタラメばかりが検索に出てくるのを期待した作者。しかし、そんな状況にはならず、トップ位置に当チャンネルがバチッと出てくるはず。


カタクリ・ダイフク・オーブンの父親はカイドウ?~クローバー博士が父親【ワンピースネタバレ考察】
カタクリの首周りの衣装は、植物のクローバーの花がモチーフ。


カイドウの親兄弟・家系図
息子ではなく、親や兄弟の図。
拡大必須。スマホの場合には横表示で。

カイドウが光月姓になっているのは便宜上。
血縁さえ把握できれば、姓はもはや「お好み」の域。


ヤマトの正体に関するガセ


ヤマトはおでん説、おでんの生まれ変わり説
迷走もいい所。当チャンネルを知らないのだろうか?(知っている場合、真相追求が目的ではない発信者。自説をハズレだと知りつつ、別の目的があり発信)

ルフィにもおでんの生まれ変わり説があり、見当外れもいい所。おでんはルフィの叔父だから似ている所があるだけ。

ヤマトの叔父がデン。父は尊敬できないが、叔父を尊敬することはあり得る。


光月おでんの正体を特定~ビッグ・マムの11男【ワンピースネタバレ考察】


カイドウに関わりそうなキャラ


コング
スキヤキとそっくりなヒゲ。
コングを含む植物は複数ある。ひまわりの「コング」や、多肉植物のピンクコング。
ロックスとくれはの息子でもいいが、ここまで似ていると、クローバー博士の息子だと考え直さねばなるまい。

ロックスとくれはの孫がシキで、シキとビッグ・マムの息子がマーシャル・D・ティーチ。マーシャルの意味は総帥なので、コングの総帥と関係する。


赤髪海賊団の男(恐らく息子ではない)
龍のタトゥ。
なお、当チャンネルでは、バッキンとジョンの息子だと想定している。バッキンのサングラスに、ジョンと近い髪色に、同等な髪量。名前が明かされれば特定できる算段。

カイドウの母もバッキンなので、赤髪海賊団の龍紋男はカイドウの息子ではなく弟ということに。


【その他の思考】
カイドウにはリンリンとギオン以外の妻がいて、その息子という可能性も一応ある。

リンリンの息子は46人だと定まっているので、ショット、ズコット、サンマルク以外に子供がいることは考えにくい。

【光月クローバーのまとめ】
◆光月姫との子……スキヤキ
◆リンリンと子……カタクリ、ダイフク、オーブン、オペラ達5つ子、クラッカー、デン(おでん)、オルビア
◆バッキン(金髪サングラス)との子……提灯ババ(金髪)、ヒョウ五郎(サングラス)、カイドウ、クロッカス、ロジ(ロビンのオバ)、リク・ドルド3世、チンジャオ、コング

【カイドウとモモの助の血縁】
実は伯父(おじ)と甥(おい)の関係。モモの助の父おでんに対し、母違いの兄がカイドウ。


ジャック(カイドウの部下)の正体を特定【ワンピースネタバレ考察】


中間結論


カイドウを父とし、ギオンの産んだ息子がヤマト。

当チャンネルによってカイドウの息子は、かなりの精度でリストアップ済み。なので、誤誘導のために「ウチの息子」なんて思わせぶりなシーンが登場した。当チャンネルの想定通り、「ウチの息子」という言葉が出た翌号の話でも、登場しなかった。


【ワンピース】赤ざや九人男のメンバー全員集合【ネタバレ考察】
赤ざや9人男の全父母を特定していて面白いはず。赤ざや9人男の両親フルコンプの当チャンネルが、カタクリの父親を間違えるわけがない。


スポンサーサイト



2019/04/06

シャーロット・モンドールの謎を解明【ワンピースネタバレ考察】

ブリュレはモンドールを「兄さん」と呼び、モンドールはブリュレを「ブリュレの姉貴」と呼ぶ。更には、スムージーはモンドールを呼び捨て。モービルはブリュレを呼び捨て。この問題を完璧に解決。


19男モンドール


ビッグ・マム19男モンドール
チーズ大臣。
ブクブクの実の能力者。ブクはブック(本)の意味。



ぷっくらした体型に注目。
ホヤ(海棲生物)の半魚人だと考察。

尖った赤鼻も魚人の血の証。


ホヤとは、こんな生物
れっきとした動物。植物ではない。

モンドールの髪は黄色で帯状だが、ホヤの先端にそれなりに近い。極めつけは、ホヤという文字はホンという文字のパーツを含む。ヤの一部を消すとンになる。

ホヤ → ホン → 本 → ブクブクの実

元七武海のモリアも体型によるとホヤかな。
出典 www.amazon.co.jp


5男オペラを呼び捨て
85巻より。
オペラは5男。モンドールにはオペラを呼び捨てるシーンがある。

この呼び捨ては簡単に説明がつく。
兄であっても、卑怯なマネをしたり、失態を犯した相手、そして本人の前ではなく部下しかいない状態では、兄を呼び捨ててもおかしくない。



兄弟たちの前では「オペラの兄貴」と呼んでいる。よって、モンドールが格下・年下なのは確定。

ここで法則を1つ定める。年上を呼び捨てにすることは、場合によってはある。しかし、年下に兄貴とか姉貴と呼ぶ場合には、海賊団内の義兄弟以外にはあり得ない。なお、年上という前提が誤りというケースもあるので念頭に置いておこう。


5男オペラ
娘はペローナだと堅く考察。
胸元のピンクのリボンが完全一致。
まん丸の目玉も一致。


ペローナの正体、ゾロと結婚した妊婦、マムの孫娘(ゴーストプリンセス)


モンドールの父親は?


倉庫業老舗・隠匿師・ギバーソン
赤鼻が完全一致。
モンドールは書庫を管理し、ギバーソンは倉庫を管理するという属性が一致。

倉庫 → SOKO + リンリンの遺伝子[Y] → SYOKO → 書庫

以下は文字を分解して再配置。
ギバーソ → キ+゛+ノ+ト+゛ → モンドー

ポイントは、ビッグ・マムの夫として読者へ紹介しても、特に驚いたりしないギバーソンすら隠されているという事実。つまり、ビッグ・マム夫として読者へ紹介できない意外性のあるキャラが夫の大半だということ。具体的には、ガープとかレイリーとかガン・フォールとかエネルとか大物が続々とビッグ・マムの夫となる。


8女ブリュレ



8女の位置は43歳だと分析。

ブリュレが赤鼻な理由は、父親がギバーソンだからではなく、父親のレイリーが魚人の血を引く人間だから。そう、レイリーという隠したい夫を隠すために、読者が夫だと考察できると作者が判断したギバーソンが出た。しかし、実際には当チャンネルくらいしか、ギバーソンをマムの夫だと見抜けないという現状。

大臣の称号は無い。ヘマをして剥奪されたと考察。老いた顔は、母リンリンのお仕置きで寿命を抜かれたと分析。


シャーロット・ブリュレの隠し子達~父親と夫(ビッグ・マム8女)【ワンピース考察】


ブリュレやスムージーとモンドールはどちらが年上?


ブリュレはモンドールの姉? 妹?
一方の呼び方が、海賊団内での義兄弟の意味だと把握すれば解決。

押さえたいポイントが3つ。
●ビッグ・マム海賊団には、義理の兄弟姉妹がある。
●義兄弟の序列は年齢で決まるわけではない。
●実の息子や娘であっても弟分妹分だし、実の父や母であっても、兄貴分姉貴分。
という、かなりの誤誘導が存在することを把握せねばなるまい。


なお、87巻では「モンドール」に直っていた。明らかにブリュレより年下のモンドール、19男という設定を作者が忘れるとは思えない。誤誘導のつもりだったが、矛盾だと指摘され、追求されると当チャンネルの話になってゆくので、中止したのだろうか。「誤誘導がある」という事実は、何かを隠したい証拠として解釈できるのだから。後述するが、14女スムージーをモンドールは「スムージーの姉貴」と呼ぶ。作者が8女ブリュレを妹として勘違いするわけがないのだ。創作スタッフや編集者など、何人も関わっているのに通っている以上は、「モンドール兄さん」が義理の意味で正解だったからだ。

言わば、呼び方がおかしい所を読者に気付かれた以上、トリックを追求されてしまうくらいならば、ミスだったと思わせて直してしまったほうが、誤誘導が大好きの作者にとっては都合がいいのだ。

言い換えると、読者に「なにかおかしい」と思われた時点で、その誤誘導トリックは半分失敗している。ブリュレからの呼び方は修正という形になった。もし、これを修正しないと、作者が隠したかった「海賊団内に義理の兄弟がある。姉でも妹分」という決定的な法則に気付かれてしまう。そうなると、カタクリの隠し息子が「カタクリの兄貴」と呼んだとしても、義理を推察され、弟だと思ってもらえない。そういう状況には作者は困るので、コミックで修正したというわけだ。そもそもは誤誘導なので、気付かれなければ修正の必要はない。修正不要の例として、8歳の誕生日を迎えたお玉は、4年近く前(3.9年とする)に5歳という表現があった。これは作者のミスを疑う人も居たが、「時を超える」という設定を出した時点で、ミスを疑う根拠がなくなった。このような場合には、おかしいと読者に疑わていても、いずれ解決することなので修正しなくていい。

他にコミックで修正された対象として、27女プラリネが、21女プラリネに修正されている。これは、単に1と7の文字が近いので、文字起こしをした編集者がミスっただけ。作者が勘違いしたわけではない。他には36女フランペを33女にしてしまったこともある。これはキーボードのテンキーが3と6で隣同士なのでタイプ(文字打ち)をミスったのだろうか。そして、フランペの場合には、すぐに公式発表でミスが報告された。数字はスタッフのチェックも抜けてミスすることはあっても、明らかな年齢差のある姉弟を間違えることは考えにくい。


スムージーの年齢は35歳
88巻42ページ。コミックの読者コーナーで、スムージーの年齢は35歳だと発表されている。これは構想資料ではなく、確定事項と言える。
なお、当チャンネルでは、35.6歳とか、36歳に近いだと考察。追求すると、すぐ上の兄が37.1歳でも、35歳と37歳で2歳差ではなく、1.5歳差になり「ビッグ・マムは毎年産んだ」が成立する。

ワノ国のお玉は8歳の誕生日を迎えている。よって、ワンピースのキャラが特定の日に一斉に年をプラス1にするわけではなく、誕生日にプラス1だと確定した。


スムージーはモンドールの姉? 妹?
コミックでもこの呼び方で確定。
1回だけでなく、スムージーは複数回モンドールを呼び捨てている。将星なので格上という意味で姉貴と呼ぶと解釈、兄をわざわざ呼び捨てる必要はないがスムージーの性格的にはあり得る。つまり、モンドールの方が年上が正解。

年齢が逆だとすると、マガジン5(関連書籍)のモンドールの年齢38歳というのは、構想であって実際とは異なることが確定的。ポイントだが、構想資料なので、他にも実際と違う内容があるという定理が導かれる。


スムージーは兄を本人の前で呼び捨てる不遜な性格で、モンドールは律儀に妹であっても立場的に将星となった格上の相手を姉貴と呼ぶということが重なることはあろう。そして、作者がそのような裏設定ばかりで誤誘導した理由が説明は、18男フランキーの存在だと特定した(後述)。当チャンネルの思考だと、呼び方がおかしい場合の、作者による誤誘導の思惑までも説明できる。

なんと、スムージーが年下で、モンドールが年上が真相。

仮にモンドールがスムージーを呼び捨てるシーンがあっても、男からだし実際には妹なので、おかしくはない。カタクリの弟ダイフクがカタクリを呼び捨てるシーンもある。これは3つ子だからというのもある。

ビッグ・マム海賊団には義理の親子関係もある。ビッグ・マムの子だろうが、孫だろうが、ひ孫だろうが、元夫だろうが、子の配偶者だろうが、配下の雑魚海賊だろうが、親分の意味を込めてママと呼ぶ。

別まとめにあるが、ワンピースは「アリオン」という1980年代のアニメのオマージュの域。アテナという 女キャラクターが登場し、その声優はスムージーの人と同じ。そして、アテナにはアポロという兄がいて、妹にもかかわらず兄を呼び捨て。声優も含め、アリオンそのままじゃないのかな?

【要点を整理】
1.構想資料のモンドールの年齢38歳を採用すると、スムージーとモンドールに対し、誤誘導(実の妹であっても義理の姉という設定)が存在することが確定する。モンドールとスムージーの年齢を誤誘導しても仕方ないので、兄弟姉妹など立場関係に強力な誤誘導キャラが他に存在することが確定的。
2.構想資料を却下するとなると、構想資料と称した誤誘導を実施していることが確定する。

当チャンネルでは2を採用するが、仮に一時的に1を採用したとしても、「義理の関係があるので、息子や娘が弟分や妹分に、父や母でも兄貴分や姉貴分になる」という強力な誤誘導を前提に、考察せねばならない。すると結局、構想資料には虚偽を含んでいることが判明する。

実は38歳だと発表された。まさしく真の18男フランキーよりも兄にするトリックだ。
ボニーの能力もしくはリンリンのお仕置きでモンドールが年取っている事を信じられない人は、ビブルカード(関連書籍)や本編では20男も空欄なので、20男だと思えばいいだけの話。当チャンネルではフランキーは18男だと堅く考察。


モービル(左下)
モービルはマガジン5(関連書籍)の構想段階の資料では、31男。
ブリュレを呼び捨てている?

モービルは手長族となる。当チャンネルでは、手長族とは、エビ・カニの魚人の血だと特定。つまり、父母が手長族である必要はない。もちろん、手長族でもいい。

呼び捨てたのではなく、言葉に詰まったのだと解釈できる。その事実を作者は誤誘導に利用した。あたかも、モービルがブリュレの兄かのように誘導したのだ。

19男モンドールはちゃんと姉貴と呼んでいるのに、急に31男が呼び捨てのわけがない。そして、誤誘導の必要性なんて無いはずなのに、確実に誤誘導を実施した証拠がモービルのセリフ。


当チャンネルの見解


モンドールはマガジンの構想資料では38歳となっているが、あくまで構想資料であって実際には37歳だと考察。

スムージーのすぐ上の兄で、スムージーは35歳。例えば、37.1と35.6なので、実際にはモンドールの次の年にスムージーたちが生まれる。
スムージーが常にモンドールを呼び捨てる理由は、1歳しか違わないし、上席だからで解決。

もう1つの考え方は、モンドールは何らかの理由で2~3歳くらい年をとっていて、元々はスムージーと年子や1歳差なので、たとえ兄でも呼び捨てに。元々はスムージーよりも年下ということもあり得る。35~36歳くらいのはずの19男モンドールに対し、作者がなぜモンドールの年齢を変更したかというと、18男にフラム(36歳から37歳になっている)がいて、当チャンネルがネットで公表していたからこそ。フラムの年齢を確実に超える38歳とすれば、99.99%の考察者は騙されて、フラムを18男だと認識することができない。

次にブリュレは、ヘマをしてマムに寿命を抜かれている。そして、海賊団の義理の兄弟姉妹の下っ端に異動させられた。弟や妹にはもちろん、甥や姪にまでも、兄ちゃん姉ちゃんと呼ばねばならない立場。モンドールは弟にもかかわらず兄ちゃんだし、シャーロット家・次女と称した3女アマンドの次女モンデや、同じくアマンドの5女エフィレよりも立場が下で、アニメでは「モンデお姉ちゃん」「エフィレお姉ちゃん」と呼んでいる。

モンドールにとって、義理では妹分となるブリュレでも、実の姉には変わりない。義理で呼ぶのではなく、実の姉ちゃんとして、「ブリュレの姉貴」と呼んだ。モンデやエフィレからは、ブリュレを呼ばないトリック。

モービル(手長族)に関し、「誤誘導の必要性なんて無いはずなのに、確実に誤誘導を実施した証拠がモービルのセリフ」と語った。ブリュレとの関係は兄でも弟でもないのが正解だから、こんな誤誘導が必要だった。結論を語ると、正体はブリュレの息子となる。父親はディーゼル(機関車男……平常時からブリュレの鏡世界にいることを許された男=ブリュレの夫でマムの夫ではない)。つまり、ビッグ・マムから見るとモービルは孫息子。一般用語のディーゼルとモービルは、石油関係。

すべては当チャンネルが正確にビッグマムの息子と娘、更にはビッグ・マムの孫や夫たち、果ては息子の嫁や娘の旦那まで暴いてしまったので、誤誘導が次々と発生したという経緯。詳しく把握したい場合には次のリンクを。


ビッグ・マムの息子(子供)46人に誤誘導【ワンピースネタバレ考察】
アニメで29男だと確定したシブースト。マガジン5の構想資料では30男となっていた。やはり、実際とは違うことが確定しているのがマガジンの情報。


シャーロット家6女カスタードはカタクリの6女


カタクリの娘カスタード
モンドールは皆の前で「カスタードはベッジを追っていたな」と冷静な時に語り、カスタード本人へは「ベッジを探せ! 絶対に取り逃がすな」と命令する。格下の姪である証拠。

一方、カスタードはモンドールを一切呼ばないトリック。格上の叔父なので、呼び捨てはあり得ないし、モンドール叔父さんとか兄貴なんて呼んだら、トリックがバレるのでカスタードからは呼ばないのだ。

モンドールは立場が落ちたブリュレに姉貴を付けるのに、活躍中のカスタードに付けないのはおかしい。つまり、6女というのは、リンリンの6女ではなく、マムの子供の6女ということに。


カタクリの息子ヌガー
コミックでヌガーの登場時期には、当チャンネルがビッグ・マムの子や孫、更には夫43人を、ほぼ完全に暴いていた。ヌガーは「カタクリの兄貴」と呼ぶ。これは海賊団内での義理の兄弟。実の父親でも、序列では兄貴と弟分なのだ。

構想資料では41男・17歳というおかしな設定だが、アニメでは18歳の10つ子の男子よりも大人びた容姿と立ち振る舞を見せる。というか、20歳代中盤の青年キャラだ。

アニメでは一切、紹介されていない。41男というのは、嘘になるからだ。

空島のシャンディアのような姿に加えて、カタクリのような口隠し。


実は「海賊団メンバーに義理の兄弟姉妹関係がある」と気づいたのは、このヌガーの存在が大きかった。要するに、当チャンネルですら、ビッグ・マム編の終盤にならないと義理の呼び方の存在に気付けなかったのだ。
当チャンネルでは、46人の息子と39人の娘をとっくに全員特定していた。よって、ヌガーは最初からビッグ・マムの孫だと判断していた。そのキャラが「カタクリの兄貴」と語るとなると確実に誤誘導という話になり、「海賊団メンバーに義理の兄弟姉妹関係がある」という定理を発見したのだ。

この定理をすでに組み込んだ当チャンネル。アニメのブリュレが「モンデお姉ちゃん」というセリフを出しても、一瞬で「姪を姉と呼んだ」と判断できた。もちろん、そのシーン以前に、モンデとエフィレをアマンドの娘だと特定していたというのもある。

抽象的に語ると、作者がトリックを仕掛けたとしても、当チャンネルにとっては、「誤誘導した証拠」という認識でしかなく、後はどんなトリックなのかと作者の思惑を解明すればいいだけなのだ。当チャンネルにとっては、事後のトリックは誤誘導の事実を隠すことには逆効果だ。「カタクリの兄貴」というセリフさえなければ、当チャンネルが気づくまでに、相当に思考を要しただろうし。

ヌガーの母はアキリアで、アキリアの父はガン・フォール。つまり、ヌガーの祖父はガン・フォールとなる。ヌガーの髪の色はナミと同じ。ナミはビッグ・マムの娘! ナミの父親はガン・フォール。同じ髪の色になるのも妥当。ビッグ・マム海賊団には、実はオレンジ色の髪のキャラが少ない。ナミとの連想を避けるためだ。ちなみに、オーブンはナミと同じ髪色。女では同じ髪色は0人?


シャーロット・カスタード~シャーロット家6女の謎を解明【ワンピースネタバレ考察】
カタクリの娘6人をコンプ! その内2人はシャンディア風の服装。


モンドールの息子を発見!


蛇首少年ウィロ
本を持つのでモンドールの息子だと考察。
奥さんが蛇首でもいいし、蛇首は体の長い魚人の血がルーツなので、モンドールや奥さんからの隔世遺伝でもいい。

44男という情報は構想資料を真実だと錯覚させたデマ。

作者は初期から、孫を子に思わせる誤誘導を実施している。ビッグ・マムをママと呼んでも、親分という意味でのママ。血縁では祖母となる。

モンドはエンドという文字を含む。
エンド → おわり → 尾張 → 尾張の菓子ういろ


モンドールの奥さん?
モンドールを様付けで呼び、いつもモンドールの近くに。
当チャンネルでは、ペロスペローとテラコッタ(現在はアラバスタのイガラムの妻)の娘だと考察している。
モンドールの姪ながらも奥さん?

プリンの姉にソラが居ると堅く考察でき、サンジとプリンは、甥と叔母の関係。3親等の叔姪婚があっても、なんの不自然さもない。ペロスペローの娘が、夫モンドールをなぜ様付けなのかは、作者次第。

2親等での結婚もワンピースには存在すると考察している(誰と誰なのかは、当チャンネル全般で把握してもらいたい)。3親等で抵抗している場合ではない。


年齢と位置関係まとめ


モンドールの方が兄で、将星に対して格下なのでスムージーはモンドールと呼び捨て、モンドールは上席だからスムージーを姉貴と呼んだと結論。その理由は兄にフランキーがいるから。フランキーがマム息子ならば、もちろん構想資料(マガジン)は虚偽。フランキーの真偽にかかわらず、元々、モンドールとスムージーに矛盾があるので、構想資料(マガジン)は虚偽。結局はマガジンが虚偽という事実は揺らがず、フランキーがマム息子が成立する。

モンドールは38歳だと発表されたが、リンリンに1年の寿命を抜かれて(作者が)強引に1歳プラスして38歳だと考察。つまり、37年前に生まれた38歳。(なお、ここでは具体的にしないが、真の18男フラムと元の20男を作者が入れ替えて、新たな18男を37歳とし、フランキーを20男にしたという作者の後付けでも成立する。)

●8女ブリュレ:43歳 ※海賊団内部の義兄弟では下っ端に落とされている
●19男モンドール:37歳(37.1歳など) (4月生まれ)
●14女スムージー:35歳(35.6歳など)(10月生まれ) ※3つ子
連続するモンドールとスムージーは37歳と35歳だが、実際には1.5年差で、翌年にスムージーが生まれており、「マムは毎年産んだ」が成立。

【当チャンネルの暴いた順番】端数は省略なので、実際には0.0~0.98のような小数が付随
10男・11男:双子の45歳 ※クラッカーはここ
3女:45歳 ※アマンドはここ
4女・5女:双子の44歳
6女・7女:双子の43歳
8女:43歳 ※ブリュレはここ
9女:42歳
12男・13男・10女:3つ子の42歳 ※男はヌストルテとバスカルテ、女はオトヒメ
14男・15男・11女:3つ子の41歳、もしくは同じ父で2回に分かれた出産
12女・13女:双子の40歳
16男:39歳 ※モスカートはここ
17男:39歳
18男:37歳 ※胎児で産んだ後、装置で育ったので、装置から出た日が誕生日。マムにとっては毎年産んだことに。実はフランキーのこと。
19男:37歳 ※モンドールはここ。フランキーがマムの身体から離れた翌年で、フランキーが装置から誕生したのと同じ年の10月に誕生。
14~16女:3つ子の35歳 ※スムージーはここ

マガジン4、5は構想資料と称した誤誘導なので把握を。空白にした箇所には、ビッグマムの孫たちを入れられてしまっている。ここでブリュレの位置に注目してほしいが、ブリュレを平常時に呼び捨てられる男は、11男も含めて、それ以上の兄だけ。つまり、モービル(手長族)は完璧に誤誘導キャラ。

●モービル……ブリュレとディーゼル(鏡の世界の機関車男・手長族)の息子が正体。ブリュレを呼び捨てたのではなく、ブリュレ・ママとか言おうとしたが、言葉が詰まっただけ。アニメのスタッフは、ブリュレの兄だと勘違いして呼び捨ててしまった。モンドールと名前が似ているし、鼻の形も近いので、モンドールの1つ上の兄、もしくは11男だと思わせるキャラだった。なのに、作者はあまりにも誤誘導し過ぎて、何のためのキャラなのかを忘れてしまい、マガジンでは31男(25歳)という見当はずれの位置にしてしまった。25女ミュークルも手長族なので、その位置に都合でセットしたと分析。

●カスタード……見た目や振る舞いが20歳前のような域で、カタクリとアキリア(ガン・フォールとバッキンの娘)の娘・6女。

●ヌガー……見た目や振る舞いが20歳代中盤で、父母はカタクリとアキリア(シャンディア出身の女闘士)。カスタードの兄となる。

●モンデ、エフィレ……3女アマンドの娘たち。ブリュレよりも立場は上なのでブリュレの姉貴分。

●ウィロ……モンドールの息子。


構想段階の資料とブリュレの子達


ブリュレの娘ブロワイエ
ブリュレの誕生日は3/6で、ブロワイエの誕生日は12/26で、構想資料の通りに同じ年だと仮定すると10ヶ月近く違う。もっと言うと、1年近く違うということに。

構想資料では9女となっている。更には、8女と9女は同じ父親で43歳という謎設定だ。
もちろん、9女という情報がデタラメなのだが、仮に9女だと仮定すると、別出産が確定する。

マム娘の偽者に関し、年長者なのに、ブロワイエのように見た目が若い場合は、誤誘導だと比較的簡単に見破れる。

ブロワイエはブリュレと元夫ドフラミンゴの娘が正体。
ブロワイエはドフィとココロの娘シュガーのような冠をしている。


ブリュレの息子タブレット
アニメでモービルはタブレットを兄と呼んだ。
10男クラッカーまでは全員が埋まっているのだから、ブリュレより兄がそんなにたくさんいるわけがない。

タブレットの正体はブリュレとドフラミンゴの息子。ドフィのように金髪オールバックで、耳のピアスも一致。

ブリュレは政略結婚を失敗しドフィに人質を取られたので、お仕置きを食らった。

ブリュレは再婚し、ディーゼルとの間に、モービルやラウリンを産んだ。モービルの兄がタブレットとなる。


【構想資料がデタラメである証明】※誕生日は構想資料ではなく公式 ×とあるのは偽者
ブリュレ3/6、ブロワイエ(×)12/26……43歳……8番目の夫
ヌストルテ1/23、バスカルテ1/23、ドスマルシェ(×)1/23……42歳……9番目の夫

ブロワイエから1ヶ月未満しか経っていないのにヌストルテ達が生まれるのはおかしい。
別の夫なのだから、ヌストルテたちが遅れて生まれてきたというのも不成立。
更に1年後だと仮定すると、「毎年産んだ」という設定が成立しない。
ブロワイエが生まれた翌年には出産がなく、更に翌年の1月ということになるからだ。

はい、マガジンの情報は、デタラメ(荒い誤誘導)確定。他にも、この手の矛盾が60個以上存在し、もう覆らない。他の証拠はモンデのまとめ(下記)などでどうぞ。

【当チャンネルの語る真相】
8女ブリュレが3/6に生まれた同じ年の7/9に真の9女ソラが誕生。未熟児なのか、人魚だからなのか、ブリュレからは4ヶ月。ソラが生まれた翌年の1/10に真の10女オトヒメ、やや遅れて1/23にヌストルテとバスカルテが生まれる。彼らも人魚や半魚人なので早く出てきた。「マムは毎年産んだ」が成立。

8女ブリュレ……レイリーが父親
9女ソラ……センゴクが父親
10女オトヒメ、12男ヌストルテ、13男バスカルテ……トムが父親

海軍にセンゴクを奪還された時に船が傷つき、トムに修繕を頼んだというストーリーまでも発見できる。


シャーロット家・次女モンデはアマンドの次女【ワンピースネタバレ考察】


作者はなぜ誤誘導したのか?


簡潔に語ると……
●海賊団内での義兄弟がある
●マガジン4、5の情報(構想段階の資料)は、当チャンネル級の考察者がネットに存在するので作者サイドが荒っぽく誤誘導したダミー
で、モンドールを始め、他の矛盾はすべて説明できる。
●ナミ、ソラ、オルビア、フランキー、チョッパーこそが本物のマムの子供たちなので、ネットで全部バレてしまっていたら、誤誘導するしかない。
が答え。

詳しく語ると……
当まとめを読めば、次の誤誘導(裏設定)があることは、多くの人が把握できよう。
●ビッグ・マム海賊団には、義理の兄弟姉妹がある。
●義兄弟の序列は年齢で決まるわけではない。
●実の息子や娘であっても弟分妹分だし、実の父や母であっても、兄貴分姉貴分。
●甥や姪などに序列が抜かれることもある。

ただ、隠し事がないならば、作者は紛らわしいことは最初からせず、序列を明確にするか、誤解を生む呼び方は避ければいいはずだ。

一方、
●構想資料のモンドールの年齢と、コミックの読者コーナーで語られたスムージーの年齢
だけは、4つの裏設定でも説明できない。

当チャンネルが答えを書くと
●作者にはビッグ・マムの子供だと知られたくないキャラが居る。
が理由となる。だからこそ、兄弟姉妹(実際には子の子や甥姪)の位置関係を誤誘導したのだ。
より具体的に書くと
●ビッグ・マム編以前に、とっくにビッグ・マムの子供たちや孫たちは登場済みだから
が理由となる。

マガジンで作者サイドは、構想資料と称して、19男モンドールや29男シブーストに矛盾がある資料を発表している。発表の理由も説明できて、作者はビッグ・マム編の初期から誤誘導し続けていたが、当チャンネルがことごとく見破ってしまい、ビッグ・マムの夫、真の子、孫、子の配偶者までもすべて暴いてしまったため、偽りの子供たちを語らねばならなくなったから。19男モンドールや29男シブーストの矛盾はわざと。誤誘導するにしても、「構想資料だから真相は違うんだよ」という抜け道がなければならない。


ビッグ・マムの子供達の父親【ワンピースネタバレ考察】


ビッグ・マムの娘達の夫(旦那)【ワンピースネタバレ考察】


2019/02/10

ビッグ・マムの10つ子を区別する【ワンピースネタバレ考察】

年齢は18歳、彼らは合体する。男の子の名前はニューイチ、ニュージ、ニューサン、ニューシ、ニューゴ。女の子の名前はナツメグ、アキメグ、オールメグ、ハルメグ、フユメグ。容姿で区別をつける。更には、父親も特定。

※ネイバーで公開していた時は画像もバッチリでしたが、現ブログでは掲載しない方針。画像がある前提の文章なので宜しくどうぞ。


当チャンネルは名前は10人覚えたが、区別が付けられないので、まとめることにした。

マガジン(関連書籍)には構想資料で男の子5人の名前があり、アニメと違っているが、当チャンネルではアニメが正しいと結論。マガジンは構想資料に対し、アニメが確定事項という解釈だ。

帽子や胸のリボンは5人で色が違い、5人戦隊モノのよう。つまり、ジェルマっぽい。更には、合体して巨大化する。悪の軍団みたい。

男の子にネクタイがあるのをチェック。ピンクの上着を脱いだら、朱色系のシャツに黄色のネクタイだと把握。
総じて、男子のほうが小柄なところもチェック。

男の子:36男~40男

イチジのように赤がトレード

ジャッジのようにジで終わる名前。つまり、ジャッジのジには「2」の意味がある。

構想資料ではニューシだが、構想資料だという作者からの表明。
つまり、他にも位置が違うキャラが居るということ。
他の4人と比べて巨体。

構想資料ではニューサンだが、構想資料だという作者からの表明。
つまり、他にも位置が違うキャラが居るということ。
ヨンジのように緑がトレード

女子も含めて、一番小柄

【5つ子の名前違い再考】
アニメで29男はシブーストという男。しかし、マガジンの構想資料では30男となっていた。これもアニメが確定事項で、実際の29男はシブーストとなる。そして、構想29男というのは偽者で、本物の29男は作者がビッグ・マムの息子だと隠したい既出キャラが当てはまる。

彼ら、彼女らの父親は?

ジャッジと同系の髪質と髪の量。

シャツの499の部分に66が隠れている。(ジェルマ66出身の証) ピエクロのクロの部分も96で、回転せて66。
実は甥のサンジの結婚式にやってきている。

ネクタイもチェック。
ネクタイとシャツの色を入れ替えると、ピエクロと男子の色がほぼ一致。ピエクロと男子たちの画像は、明るい場所と暗い場所の違いがあるので、同じ光源ならば色が一致という解釈でもいい。

ピの上部は「レ」、エの下の棒を消すと「イ」、クの上の棒を消すと「リ」、ロの上の棒だけ採用すると「ー」、つまり、ピエクロという文字の中にレイリーが隠れている。

レイリーという文字は、イの部分がフを含んでいる。汚い字だと区別ができない。つまり、レフリー(主審)という言葉になる。ジャッジには副審の意味がある。

ジャッジやピエクロの父親はレイリー。ジェルマ66の先代は女王だということ。(冥王レイリーはアラバスタの元王)


男子も女子も全員が鎌の武器。
男の子たちは、サンジと同じく月歩(げっぽう)の技を使える。

左側に銀髪に見える男がいる(マント男の手前)。実は明るい所で見ると金髪の男だと判明する。光源によって色は変わるのだ。

ドラッグ・ピエクロはビッグ・マムの18歳の10つ子の父親だと考察。
男の5人目の名はニューイチ、ニュージ、ニューサン、ニューシ、ニューゴで、ジェルマ風の名前。
女の子は、ナツメグ、アキメグ、オールメグ、ハルメグ、フユメグ。数字はナツメグ(7+2+9)、アキメグ(0+9)、Allメグ(1+1+9)、ハルメグ(8+9)、フユメグ(2+9)。合計66。

18歳の5人息子→1+8="9"、18歳の5人娘→1+8="9"
9 & 9 はピエクロの服にある。
18歳→6+6+6で666、66よりも6が多いけどね。
開始番号は36男と30女で、足して66。

ピエクロのネクタイ服装はニューイチたちと同じ。
ピエクロは茶髪で、ナツメグたちと同じ。
ピエクロの武器は鎌で、10つ子たちと同じ。

ピエクロの正体は元ジェルマで、ジャッジの弟だと考察。先代女王に要らない子扱いされて脱落したか、先代女王の失脚時にジェルマを離れたか。女王の夫はタマゴ男爵とレイリーだと考察。タマゴ男爵が正式な王配で、レイリーは浮気相手。女王はビッグ・マムに敗れて、タマゴ男爵をマムに奪われた。マムとタマゴ男爵との娘は、スムージー3姉妹(1人はエッグ大臣)。タマゴ男爵は夫としては用済みでも、マムが有能な部下を切り捨てる必要はない。

ピエクロはビッグ・マムの夫の1人。夫としては用済みとなったが、提携先や友人としては健在という道理を把握することが決め手。他には、倉庫業老舗ギバーソン(尖った赤鼻のジジイ)も友人としてお茶会に呼ばれている。書庫を管理する19男モンドール(尖った赤鼻のオッサン)の父親となる。

当ブロックだけで、容易にビッグ・マムの夫3人が特定できた。簡単なのは10人くらいまでで、残りの夫はどんどん視点を上げた考察で可能となる。(当チャンネルは43人全員を特定)

女の子:30女~34女


胸のリボンが赤(アニメのニューイチと同じ色)
ポニーテール
レイジュのように髪で片目が隠れる
へそ出しルック(レイジュもへそ出し)

胸のリボンが水色
円形(放射状)に広がる髪

飛び抜けて巨体、男の子の巨体少年よりもでかい!
胸のリボンが緑(アニメのニューシと同じ色)
ツインテール

胸のリボンが青
後ろ髪は三つ編み

同じ父親なのに巨体が出ている理由を解説する。
ビッグ・マムが人魚の血を引く人間だからが理由。ビッグ・マム自身にはビッグキスの人魚の血が出たので巨体。

カタクリの歯がギザギザな理由は、夫が魚人とかミンク族なのではなく、リンリン自身がフクロウナギ、もしくはオオカミウオ(人魚デンと同じ)などの魚人の血を引くから。

10つ子は女の子のほうが大きい。
特に深海魚では、メスが巨大で、オスが微小という種が目立つ。つまり、そんなところも魚人の血を意味する

サンジの母親はビッグ・マムの娘

10つ子のルーツはヴィンスモーク

2019/01/26

ビッグ・マムの息子(子供)46人に誤誘導【ワンピースネタバレ考察】

関連書籍(ワンピースマガジン5:Onepiece magagine Vol.5)でビッグ・マムの息子46人が構想資料として公表された。しかし、ニセ息子だらけだと解説。


シャーロット・リンリン(ビッグ・マム)
ワンピース・マガジン4ではシャーロット家の娘39人の構想資料が出た。マガジン5ではシャーロット家の息子46人の構想資料が出た。あくまで「構想段階の資料」だと解説してゆく。

マガジン5は誤誘導
ビッグ・マムの45人の息子が公開されたと称するページの冒頭より。
マガジン5の131ページ。
magagine45.png
大幅に変更と、正直に語っている。多少の違い程度ならば、こんなこと書かなくていい。というか、変更後の息子たちを見せてよ(フランキーとかチョッパーとかティーチなので、見せられるわけがない)。


長男ペロスペロー
父親はシュトロイゼンだと堅く考察。

飴細工を作る菓子料理人。

シュトロイゼン(総料理長)の秘密【ワンピースネタバレ】


次男カタクリ
3男~11男も含め、父親はクローバーだと堅く考察。
カ……「ク」のパーツが有る
タ……「ロ」のパーツが有る
ク……「ー」のパーツ + 「ハ」のパーツ
リ……「゛」のパーツが有る
続けてクローバー。

クローバーのシャツと、カタクリの腹のタトゥー柄が一致。クローバーもカタクリも花が咲く植物。クローバーは頭に刈り上げがあり、植物はマメ科なのでダイフクとも繋がる。
クローバー → (クル)オオバア → オオブン & オオビア → オーブン & オルビア
出典 www.amazon.co.jp


カタクリ・ダイフク・オーブンの父親はカイドウ?~クローバー博士が父親【ワンピースネタバレ考察】
当チャンネルでは、マガジンの情報が出る前から、ビッグ・マムの85人の子どもたちと、43人の夫たちを特定していた。

ビッグ・マムの本物の息子たちに対しては、彼らの父親であるビッグ・マム夫も特定できる。公式には子となっていなくても、当チャンネルの考察・発見した子どもたちだと、全員の父を特定できた。もし、偽者がいれば、夫が不明になってしまうのだ。


当まとめの趣旨


【マムの息子に関する当まとめを作った経緯・理由】
●ビッグ・マムの息子たちは、ビッグ・マム編が始まるまでにそれなりに登場していると判断。(マムの娘ローラは相当以前に登場しているので、息子も登場しているはず)
●マガジン4で初めて埋まったマムの娘たちには、偽者だらけだと判断。(別まとめに長文で語っている)
●本物のマム娘には、ルフィの母親、サボの母親、エースの母親、ナミ、ソラ(サンジ母)、オルビア(ロビン母)など重要キャラばかりなので、そりゃ誤誘導が必要だと納得。
●マガジン5で初めて公表された「構想資料の息子たち」も偽者だらけだと判断した。多くがビッグ・マムの孫息子となり、その親も特定できる。

以上が当まとめの発端となる。真の息子たちは過去の既出キャラクターに存在する。

構想資料で埋まったキャラは、本編(アニメも含む)では「C家 XX男 シャーロット・●●●」のような紹介は無い。

当チャンネルの全般的な主張に慣れていないと、「発表されたビッグ・マムの息子や娘が偽者だ」というその発想が理解できないだろうか。だが、「なぜ作者が誤誘導するのか」という明確な答えを終盤までに述べるので、納得してもらえれば幸いだ。ここで簡単に語ると、偽者がポイントではなく、本物が大物キャラばかりという真相がポイント。

【ビッグ・マムの構想】
四皇の概念は45巻でガープから語られる。ローラが登場するスリラーバーグ編は46巻から開始。つまり、少なくともビッグ・マムの概念は2019年を基準に12年前から存在する。ローラがビッグ・マムの娘ならば、ローラ登場以後に「ビッグ・マムの息子」を仕込んでもおかしくない。当チャンネルでは、ローラの前にすでに「ビッグ・マムの息子」が仕込まれていると判断。

ウソップの故郷の話は3巻から始まる。その村の少年から「人喰ババア」の話が出る。
リンリンの幼少期では、シュトロイゼンによってセムラに変えられたカルメルや孤児たちをリンリンは食ってしまった。巨人が目撃しており、リンリンは人喰いと呼ばれることに。人の魂を食うという思考でも構わない。そうなると、3巻の時点で実はビッグ・マムの構想があったといえ、ウソップの村も含め、その以後には人喰いババアの息子たち、娘たちという裏設定のキャラが出てもおかしくないのだ。


構想資料の例(左の船大工)
左にモモの助っぽい船大工がいるが、実際には登場せず、フランキーとなった。構想段階の資料でビッグ・マムの息子を語る行為は、船大工・モモの助が仲間になることを事実として語るのと同様。

なお、全く無意味な設定でははなく、ロジャー団の船大工デンの息子モモの助が、麦わらの船大工になるという初期構想だったのだろう。


バラティエのスープに浮いた虫
ビブルカード(関連書籍グッズ)では、登場した生物を全て紹介する勢いでカードになっている。
スープの虫のような、こんなくだらないのまでカードになっているのに、ビッグ・マム編のキャラは大半が未登場のまま、新作の発売が休止した。

正体を知られたら困るキャラがビッグ・マムの真の子供だからだ。


マガジン5までに確定していた息子たち


長男ペロスペロー
次男カタクリ、3男ダイフク、4男オーブン
5男オペラ、6男カウンター、7男カバレッタ、8男カデンツァ、9男ガラ
10男クラッカー
11男 ※空白
12男ヌストルテ、13男バスカルテ
14男 ※空白
15男ノアゼット
16男モスカート
17男 ※空白
18男 ※空白
19男モンドール
20男 ※空白
21男 ※空白
22男サンマルク
23男 ※空白
24男ダクワーズ
25男スナック
26男ババロア
27男 ※空白
28男カトウ
29男シブースト
30男 ※空白
31男 ※空白
32男ブラウニー
33男レザン
34男マスカルポーネ
35男ユーエン
36男~40男:ニューイチ、ニュージ、ニューサン、ニューシ、ニューゴ
41男 ※空白
42男アングレ
43男 ※空白
44男 ※空白
45男ドルジェ、46男ドラジェ

空白は……11男、14男、17男、18男、20男、21男、23男、27男、30男、31男、41男、43男、44男
コミック(読者コーナー含む)では依然として、この空欄に「誰がいる」という話が語られたことはない。


マガジン5で公表された構想段階の息子たち


画像は下方にあるので、リストの確認程度で流してO.K.

11男ズコット……トリノ王国の住人のような姿
14男ドスマルシェ……55歳超に見えるオッサン
17男コンポ……小柄でサングラス
18男ラウリン……帽子で目が隠れ、手長族を手術で普通の腕にしたような傷跡
20男ハイファット……巨体で丸い目
21男タブレット……ピンクの羊に乗る
27男カンテン……包帯男
29男モンブ……蛙男、お茶会では19女ポワールの隣に座っていた
31男モービル……痩せた手長族でチョビひげ
41男ヌガー……シャンディア系の衣装にモヒカンで、口の周りをマフラーで覆う
43男ウィロ……首長で本を持った少年
44男ドシャ……モヒカン半魚人少年

【当チャンネルの見解】
●ズコットはビッグ・マムの息子だが、11男という位置が誤誘導。
●残るキャラはビッグ・マムの息子ではないが、大半は孫など血縁者。
●ドスマルシェは長女コンポートの夫。
●44男ドシャ(半魚人)はビッグ・マムの ひ孫。
●ズコット、ドスマルシェ、ドシャ以外の残り全員はビッグ・マムの孫。

ニセ息子を本物として認めると、ビッグ・マムの孫息子が壊滅的に紹介されておらず、されていないのが極めて不自然に。当チャンネル説のような血縁関係だと、ビッグ・マムの孫もちゃんと自然に登場していることになる。

【ローラ登場後のビッグ・マムの子】
ローラがビッグ・マムの娘ならば、ローラ登場以後に「ビッグ・マムの息子」を仕込んでもおかしくないと語った。ローラ以後に登場し、当チャンネルがビッグ・マムの息子だと特定しているキャラは

●ユースタス・キャプテン・キッド……モリアが父で、モリアの父はキャプテン・ジョン。「ビッグ・マムの首を狙ったことはない」という台詞がある。そりゃ、母ちゃんだもんね。ワノ国では、ルフィとキッドの体質が一致することが判明した。ルフィもマムの血筋(孫息子)。キッドにはお子様ランチの意味があり料理。
●ロシナンテ……ドフラミンゴの父ホーミングがロシナンテの父親。ロシナンテはスペインのチーズ。
●ジュエリー・ボニー……ガープが父親、ルフィの伯母となり似ている伏線を回収

【ローラ登場前のビッグ・マムの子】
当チャンネルでは、最初に登場したビッグ・マムの子はローラではないと堅く判断している。スリラーバーグの1つ前はウォーターセブンで、フランキーが登場している。そして、フランキーを捨てた親は海賊だと確定している。そう、フランキーこそが、ビッグ・マムの息子だと言いたい。
●カティ・フラム……ベガパンク(ツキミ博士)が父親

同じく、ウォーターセブンの後半で出た、ネロとワンゼ(ラーメン拳法)もマムの息子だと考察。
●海イタチのネロ……ミホークが父親。イタチはミンクで、ミホークの名と近くなる。
●ワンゼ……ゼフが父親。鼻から黄色いラーメンを出す姿が、ゼフのヒゲと一致。

ティーチもビッグ・マムの息子だと判断。ティーチは甘い物好きだし、ティーチの顔を女にすれば、ビッグ・マムの顔でしょ。太っているし、指輪だらけの手も一致。黒ひげの性転換絵を作者は描くチャンスがあったのに言い訳して実施していない。血縁がばれるからだ。
ティーチは歯が再生し、タコのように心臓が3つ、口が2つある。母リンリンもしくはシキの持つ魚人の血。クラーケンの半魚人がティーチの異形の正体。
●マーシャル・D・ティーチ……金獅子のシキが父親

チョッパーは親に捨てられたとあるが、親トナカイに捨てられたという先入観で誤誘導されている。
●チョッパー……父親はミヤギ
一般用語のチョッパーというのは、食材をスライスする道具。オーブンのように調理具はビッグ・マムの息子の名前として的確。実際に名前をつけたのはヒルルクだが。チョッパーもビッグ・マムのように甘い物好きで、腹いっぱい食べるまで満足せず、舌を出す癖。


チョッパーを捨てた親はリンリン
この世に生まれた瞬間に、親に気味が悪いと見放された。こればビッグ・マムがミンク族のミヤギとの間に産んだ赤子が青鼻のトナカイだったから。

動物の知覚で、子供の鼻が青い程度で親が捨てるとは思えない。色を判別できるの? 一方のリンリンは、三つ目のプリンにキモイと発言するなど、根本的な美的感覚は別に狂っていない。

リンリンの人魚の血と、ミヤギのトナカイの血が合わさって、おかしなトナカイだったということに。いくらマムでも、自分の産んだ子がトナカイでは嫌だったのだ。

後述するが、キャロットはビッグ・マムの娘。つまり、本当の兄妹だからこそ、しつこくチョッパーがキャロットに対して兄貴ぶった。


フラムを捨てた親はリンリン
リンリンなら、フラムを船から投げ捨てかねない。

トムさん、あんたの奥さんだったリンリンだよ、そりゃ。

トムとビッグ・マムの子は、オトヒメ、ヌストルテ、バスカルテで3つ子。彼ら3人は大事に育てるビッグ・マムなので、まさかフラムをポイ捨てするとは思わなかったのがトム。

キウイ(父はコウシロウ)もビッグ・マムの娘で、やはりフランキーが義理の兄貴になっている。


キッドは虐待を受けた?
キッドの父親はモリアで、リンリンはモリアを夫として用済みにしたら孫娘ペローナを誘拐した。これが原因でキッドは虐待を受けた?

キッドは兄スナック(後の将星)にいじめられたのかな。
それでもお母さんの首を狙う程に外道ではない。ティーチならやりそうだが。


カタクリの息子ヌガー(ニセ41男)
カタクリの兄貴という呼び方は、義理の兄貴の意味。ビッグ・マム海賊団では、(黒幕のシュトロイゼンを除き)全員がリンリンをママと呼ぶ。これは母親の意味ではなく、ボスの呼び方。白ひげが「オヤジ」と呼ばれるのと同様。ベッジは「ファーザー(父)」と呼ばれていていて、ビッグ・マム編の同時期にちゃんとヒントがある。

マム配下の海賊は、全員が義理の兄弟。実の父でも兄貴。

カタクリが敗れたことを知ったヌガーは、他の人物よりも気が動転していた。そりゃ、実の父(1親等)だもんね。カタクリの兄弟はカタクリに対し2親等だ。


少年には見えないヌガー
アニメで顔を見るとシッカリとした顔つきの男性で、41男・16~17歳には見えない。26歳の間違いだ(カタクリの息子の世代)。本物の41男はデリンジャー。
ヌガーの構想に16~17歳とあったら、アニメでは10つ子・18歳の5人の少年よりも幼く描くはず。しかし、実際には、落ち着いた男性として描かれている。

というか、口を白いフサフサで隠しているし、カタクリの息子だってばよ。カタクリの妻はシャンディアの女、ヌガーの白いフサフサは翼までも隠している?

ナミの甥に当たり、ナミと髪の色が一致。


ヌガー・ドーナツという菓子がある。
カタクリという文字に対し、クの字の左棒を移動させると「ヌ」 。リを濁点だと考え、カに付けると「ガ」、「ー」の棒はカにもタにもあるので充当。続けるとヌガー。

アニメではバッチリ紹介されるチャンスがあったのにスルーされた。(コミックやアニメでは、いまだに正体不明) カタクリの息子なのに、41男ヌガーなんて紹介したら嘘になるもんね。

コミックではetc……となっているが、構想段階の資料でヌガーと決まっていたワケではなく、ネットで本当の息子達を特定された後に作成した資料だということ。

ヌガーが少年ジャンプで出る前に、とっくに当チャンネルは「チョッパーとかフランキーはビッグ・マムの息子」と発表していた。作者はヌガーとかをカタクリの実の弟だと誤誘導するシーンを作らねばならなくなっていた。なお、カタクリの弟にはもう1つのパターンがあり、クローバー博士の息子で、カタクリよりも年下という位置関係だ。カタクリの兄貴と呼んだとしても、元々「母違いの弟」という可能性があるのだ。それに加えて「海賊団内での序列・義兄弟」があるというわけだ。


錦えもんの息子 モモの助
構想資料どころか、本編でさえ誤誘導が平然と記される。

●「錦えもんの息子」をデタラメだと判断した人……本編でさえ誤誘導がある事を認めることに


構想11男ズコットが21男というカラクリ


ズコットの真の位置は21男
構想では11男となっているが、当チャンネルでは、21男だと考察。22男にはサンマルクが居て、彼と双子だと判断。共にカトリックのお菓子。父親が同じくカイドウ。カトリック → カトいッウ → カイトッウ → カイドノウ → カイドウノ

作者はカイドウがビッグ・マムの夫ではないかと、多くの読者が把握できるように表現している。しかし、子供は特定して欲しくないので、サンマルクとズコットの位置を離れさせた。

作者はカイドウの息子をカタクリ達3兄弟だと思って欲しいのだ。3つ子の真の父親はクローバー博士というのはバレたくないのだ。


本物の11男デン(光月おでん)
デンの目はモモの助とソックリ。

トムの義理の弟。船大工として義兄弟。

何度も暴力事件を起こして追放された所は、母ビッグ・マムと一致。

クローバー模様のタトゥーだらけ。シャツにまでお父さんのマークをプリント(笑)

デンはポーネグリフが読める。クローバーも、もちろん。クローバーの息子は確実だとして、後はデンの母を探すことでリンリンが見つかるのだ。

62歳という公式年齢は、トキの能力の副作用で、想定外に未来から過去へ飛んだから。


クラッカー(ビスケット兵)とデンはそっくり
クラッカーとは双子だと考察。
同じく父親はクローバー。

ビスケット兵の顔が元々のクラッカーの顔だが、その顔ではデンと双子だとバレないか気になって仕方なかった作者サイドは、クラッカーをイケメン童顔にした。しかし、そういう不自然な行為こそに、当チャンネルはピンと来てしまい、必要以上にクラッカーの顔をガン見することになり、真相を暴いた。


3男ダイフク
デンの耳の輪ピアスは3男ダイフクと完璧に一致。

ダイフクの父もデンの父も同じくクローバー。もちろん、母親も同じくリンリン。デンもダイフクも、Dの付く名前なので、Dの一族という所も一致。

おでんこそがワノ国の20年後の未来を見ていたとしたら、カタクリと能力が一致。


なぜ11男にズコットが割り当てられたかは、単に容姿的にズコットが11男でもおかしくないから。ズコットの様相は、チョッパーの修行したトリノ王国の姿。王国なので王族がいるはず。その王こそがカイドウだと考察。

なぜ11男だけ、本物のビッグ・マムの息子が埋まっているかというと、光月おでんという、2019年では極めて重要なキャラの場所だからだ。つまり、ズコットそのものは本物の息子なので、「息子ではない」という疑いをかけることは難しい。そして、本物の息子だと判断すると、デンを入れられなくなる。発想の転換で、「ズコットは位置が違うだけ」で解決。

11男デンがネタバレというのはきついので、何重にも誤誘導を仕掛けている。

【おでんに存在する誤誘導……当チャンネルの見解】
●年齢が62歳だと発表された……真の9女ソラ(実の妹で半人魚)に寿命を提供したから。ソラは若い人魚として魚人島で登場済み。サンジとも接触している。寿命を移動したのはボニー。
●11男の位置にあえて本物のビッグ・マムの息子を配置……単純に偽者が埋まっているのではなく、位置が違うというなかなかのトリック
●回想シーンで影絵……顔で即バレだから
●回想シーンで下半身が不明瞭……人魚の尾で即バレだから
●ロジャー海賊団での役割を考古学者だと思わせている……デンは船大工担当、ロジャー団の考古学者はオルビアだから
●おでんとデンが別人だと思い込ませる……おつるが「つる」なんだから、おでんは「でん」に決まっている。でんそのものに、料理の意味がある(マム息子の名前法則に合致)。
●モモの助の年齢が20年前に8歳……当チャンネルでは、デンとモモがロジャー団で旅した時に、ロジャー団に居たボニーがモモの年齢を1~2歳成長させたと考察。理由としては、デンの真の年齢が45.9歳だとしても、18歳以上で子供を作る場合27.2歳が上限。つまり、モモの助がビッグ・マムの孫息子という発想にはなりにくい。当時1~2歳のモモが3歳に成長すれば、旅ができる上、記憶にも残るし、ビッグ・マムの孫息子が成立。なお、クラッカーが45歳だと発表された時期には、当チャンネルがとっくにデンの正体を11男だと特定していた。クラッカーは本当は46歳だったと考察している。
●ワノ国編になって、なぜか同じ名前ばかり登場。(つると お鶴、スピード・ジルとスピード、くまとクマ五郎など)

【クラッカーの顔がオッサンだった場合】
まず、クラッカーやカタクリの年齢は、ビッグ・マム編の終盤で判明している。クラッカーやカタクリが出た当時は、二人の年齢は秘密だったのだ。
ここでビスケット兵の顔だと、10男という位置が45歳超だとバレてしまう。クラッカーを童顔にすることで、カタクリやクラッカーの年齢をごまかしていた。案の定、誤誘導に取り込まれたファンは、カタクリの年齢を40歳だと思い込み、クラッカーを36歳だと自信げに語っていた。当チャンネルは、その時点でもカタクリは49歳で、クラッカーは46歳だと語っていた。
実際にはカタクリは48.9歳、クラッカーは45.9歳というオチで、誤差の範囲内だ。

さて、初期の時点でクラッカーが46歳だとばれると、ビッグ・マムの11男以降におでんは容易に入る。当チャンネルはクラッカーの童顔化で、おでんの存在を確信した。クラッカーがおっさん顔でも、11男におでんを連想できてしまうが、「童顔に変更した」というのは、もはや「空欄に入れて欲しくない既出キャラが居る」という発想になり、真実の隠蔽には逆効果だったと言える。


デンの娘(息子)おトコ
おリンさんの息子おでん。おでんの息子がおトコ。おトコの母親はトキ。
おトコとおリン(ビッグ・マム)は髪の色が同系色。

トの康(康イエ)は単なる育ての親。しかしながら、親戚なので似ている。クローバーと康イエ(スキヤキ)が母違いの兄弟。


構想14男ドスマルシェはコンポートの夫が正体



クラッカーよりも弟というのは、おかしなくらい老けている。そりゃ、ブリュレという老いた女もいるにせよ。

ビッグ・マムの実の息子ではなく、義理の息子。
妻はコンポートで、子供は
コンポ
ハイファット
カンテン
マッシュ(娘)

ドスマルシェの父親はブルックで母親はバッキンだと考察。

本物の14男はティーチ。ボニー戦で年齢が微妙に若返った。

一方、コンポートの父親はペロスと同じくシュトロイゼン。


ニセ17男コンポはコンポートの息子
コンポートの名前の一部を持つ。服の色や体型はドスマルシェ。
構想資料では39歳の位置だが、コンポは特に老けていない。20歳代後半といった所だ。

ブルックと同じ眼鏡に注目。ドスマルシェは、ブルックとバッキンの息子ということに(後述)。

本物の17男はロシナンテ。
構想で17男とあったなら、アニメで紹介すればいいのに、コンポートの息子が正体なので嘘は紹介できなかった。この時には「構想(^^;)」が存在しなかったということ。つまり、構想ではなく、事後の誤誘導だと確定する。


ニセ20男ハイファットはコンポートの息子
コンポートの体型に、ドスマルシェの顔と服の色。

本物の20男はバスコ・ショット(黒ひげ団の大酒飲み)。


ニセ27男カンテン
シャーロット・カンテン
コンポートとドスマルシェの息子だと考察。コンポートの体型に頭上の奇抜さ。祖父シュトロイゼンと同じく、末尾が「エン」。

本物の27男はワンゼ(CP7のラーメン拳法)で父親はゼフ。


包帯少年
カンテンの更に息子だと考察。ビッグ・マムの ひ孫に位置。爺ちゃんのドスマルシェと同等の刀を持つ。

実はこのキャラクターはマガジン5でビッグ・マムの息子として扱われていない。つまり、マムにはちゃんと孫やひ孫がいるにもかかわらず、紹介されていないということに。

別に「ビッグ・マムの孫たちやひ孫たちの集団」のような紹介でもいいのに、孫やひ孫に「ママ(船長の意味)」と呼ばせている以上、マム編の序盤から孫キャラを子供に見せかけていたのは明白。

当チャンネルは、彼らが出る前から「ルフィは孫だ」と確信していたので、全く誤誘導されず、幼少キャラ出た時には「あっ、孫が混ざっている」と思っていた。


ニセ10女マッシュ
コンポートとドスマルシェの娘だと考察。コンポートの体型に頭上の奇抜さ。マッシュとマルシェの語呂。

30歳くらいで、彼女に更に10歳くらいの子供が居てもおかしくない。

本物の10女はオトヒメ。
ビッグ・マムが人間なのに巨体な理由を、「しらほしの祖母」という位置関係で解決。


ブリュレの息子たち


ブリュレとドフィの息子
作者に忘れられたのか、このキャラは46人の息子として紹介されなかった。

鼻はブリュレで、口はドフラミンゴ。ドフィは若い頃には銃を使う。自前の髪だが、ドフィのようにピンクのフサフサ。


ニセ18男シャーロット・ラウリン
再婚相手ディーゼルとの息子。

一般用語のラウリンは食油。

構想で18男とあったなら、アニメで紹介すればいいのに、ブリュレの息子が正体なので嘘は紹介できなかった。


ニセ21男タブレット
ブリュレの元夫ドフラミンゴとの息子だと考察。
ドフィと同じく金輪のピアスに金髪オールバック。ピンクのフサフサも一致。

ブリュレとは、ブとレの文字が一致。

ブリュレの再婚相手はディーゼルで、タブレットの弟にはモービルとなる。


ニセ31男シャーロット・モービル
タブレットを兄さんと呼ぶ。父違いだがブリュレを同じく母親とするので兄と弟。

再婚相手ディーゼルとの息子。
一般用語のモービルはディーゼル(軽油)も扱う石油企業。

父ディーゼルは手長族だが、そもそもはエビカニの魚人の遺伝子。モービルの髪型はウチワエビという種類の節足に似ている。

鼻はブリュレ似。マガジンの年齢はデタラメが多いが、モービルはマガジンでは25歳となっており、ブリュレ(推定43)の息子として成立する。


母親を呼び捨て?
31男だと仮定すると、姉を呼び捨てたことになる。一方、ブリュレの息子だとすると、母を呼び捨てたことになる。

ファミリーみんなの前で語る場合、母を呼び捨てのほうが妥当。理由としては、ブリュレは身内だからこそ、ファミリーの前で呼び捨てられる。

現実の話、例えば、栄一郎という父親がいるとしたら、息子は「父・栄一郎のパーティーにお集まりいただき……」のように、父を呼び捨てることになる。


ワンピース86巻
決して、呼び捨てたわけではなく、「ブリュレ……」のように、言葉に詰まっているだけ。
他のケースとしては、コマの外にいるブリュレの兄姉が話したシーンで、モービルの言葉ではない。

19男モンドールと名前と尖り鼻が似ており、双子だと誤誘導するために作ったキャラなのを作者は忘れてしまい、31男という見当はずれの位置に入れてしまった。誤誘導である決定的証拠!


●モービルについて補足
コミックでも、モービルの前に吹き出しがあり、「そうか、ブリュレ……?!」のようにある。「ブリュレ・ママ」とか「ブリュレ母さん」のような言葉が詰まって「ブリュレ……?!」になっただけでは? アニメのスタッフは、息子だと知らされておらず、アニメのシーンを作ってしまったとか。

もう1つあり得るのは、コミックで話していたのはモービルではないのに(ブリュレの兄や姉なのに)、アニメスタッフがモービルが語っていると勘違いし、モービルに喋らせてしまった。

他の考え方としては、モービルは元々、誤誘導目的で作ったキャラなので、母親を呼び捨てるわけがないという先入観で、コミックでも呼び捨てているとも解釈できる。ブリュレは顔つきが老いており、明らかにビッグ・マムに寿命を抜かれている。つまり、かなりのヘマをやらかしている。母親がそんな状態だと、ファミリー内で肩身が狭いのがモービル。ダメなブリュレを母と思うことができず、呼び捨てる息子という設定というわけだ。海賊なのだから、言葉が荒くて当然。

モービルまとめ
1.ブリュレ・ママという隠れた言葉を、アニメのスタッフが勝手にブリュレにしてしまった。
2.ブリュレと呼んだのは、ブリュレの兄姉となる別の人間なのに、アニメのスタッフが勝手にモービルの言葉にしてしまった。
3.モービルは実母を軽蔑している。

当チャンネルとしては、1で、
ブリュレ・ママと言おうとしたモービルが言葉を詰まらせたシーンを、作者は読者への誤誘導でブリュレの兄だと思わせようとした。ブリュレの兄の位置となる11男には「おでん」がいるので、モービルを11男に思わせたかった。しかし、アニメのスタッフは誤誘導だと知らず、もちろん、31男という構想資料なんてものは実在しないので、スタッフまでも読者と同じくブリュレの兄だと誤誘導されてしまった。
……だと語りたい。
なお、当チャンネル説だと、8女ブリュレは43歳、11男デンは45歳、12男ヌストルテは41歳なので、ブリュレの兄に相当するのは11男の位置しか無い。ちなみに、9女ソラが42歳に位置する。44歳には、ガープの娘たち4人が入る。


構想29男とアニメ29男がなぜか別人


ニセ29男モンブ
そもそも29男はアニメでシブーストなんだから、モンブが紹介されること自体がおかしい。

黒いシルクハットと黒サングラスに注目。ブルックと一致するのでブルックの血筋。


シャーロット・モンブ
ペロスペローと元妻テラコッタの息子かな。ペロスとテラコッタの娘にはモーツァルト(ニセ12女)。

モンブランという音楽家がいて、モーツァルトが姉妹ならばバッチリマッチ。ちなみに、12女と29男の年齢は離れている。


29男シャーロット・シブースト
父親はマゼラン。構想では30男として記されていた。

柔らかに語ると、シブーストが構想設定とアニメで異なる理由は、あくまで構想だということを読者に伝えるため。シブーストが1つ違うんだから、ズコットの場所が10つ違っても、責めないでねというわけだ。

10つ子の男の子の名前も、実は構想資料とアニメで異なっている。

言い換えると、作者はマガジン4,5のような、凶悪な誤誘導を実施したとしても、ちゃんとヒントも同時に用意しておき、真相を語る時にはちゃんと抜け穴として語れるようになっている。


シブーストには、3重の◎の模様があるが、全く同じ模様をレイジュが持つ。同じくクリオネとかの遺伝子を持っている証。つまり、レイジュの母ソラはビッグ・マムの娘だということ(9女)。バレてしまったので、構想段階の資料と称して、ニセ9女(正体はブリュレの娘)ブロワイエを紹介した。
シブーストとレイジュは叔父と姪なので、同じく3重の◎がある。また、レイジュは叔母のスムージーと似ている。

【イガラムとテラコッタ夫妻は兄妹姉弟?】
夫婦のイガラムとテラコッタが似ていると思ったことはないだろうか? 差し当たり、イガラムはブルックとバッキンの息子だと考察、音楽属性が一致。テラコッタの両親も同じ? というのは、モンブの黒丸サングラスやシルクハットがブルックと一致しているので、モンブはブルックの孫だと思っているのだ。モンブランという音楽家もいるし。
本まとめのテーマと異なるので、別まとめで証拠を語っているが、アラディンとプラリネは母違いの兄妹だと考察している(父は同じくレイリーでレイリーの母が人魚)。
作者は家族関係を明らかにせずに完結させるので、夫婦に禁断の関係が含まれていても、なんら問題ない(夫婦の片方が苦しんでいるならともかく、ラブラブなんだし)。特に人魚同士の結婚なんて、モンスターなのだから禁断もへったくれもない。

【発想の転換】
「少年誌だから兄弟姉妹の夫婦があり得ない」というのが通常の思考で先入観。
「少年誌だから兄弟姉妹の夫婦は非公開で、作者は血縁を語るつもりはない」が真相。
「血縁があるならば明かされるはず」という思考が先入観。


ニセである証拠や興味深い幼少キャラ


シャーロット・ウィロ(右の蛇首)
蛇首というのは、身体の長い魚人の遺伝。つまり、隔世遺伝する。
白い本を持っているのでモンドールの息子が正体。

ニセ43男に割り当てられている。本物の43男はチョッパー。

一般的思考では蛇首の正体は見抜けないし、ニセ息子も見抜けない。だが、そうなると、蛇首に対し、アマンド、ジョスカル・マスカル、ウィロと世代がバラバラ。色々な種族の子供を作りたいマムが、蛇首ばかり夫にしている時点でおかしい。

つまり、このウィロの存在は、発表されたマム息子が誤誘導である決定的証拠の1つ。


モンドールから取り出した「モ」に、エというパーツを発見できる。
エンド → おわり → 尾張(のお菓子) → ウイロ という連想ワード。

手長族は、エビ、カニの魚人の遺伝。つまり、隔世遺伝することを当チャンネルは発見。
バッキンは人魚という裏設定も把握するといい。

手長族にも世代のばらつきがある。
13男バスカルテ……本物、父親は魚人トム
24女マーブル……構想なのでニセ(12男ヌストルテの娘、ヌストルテの父親が魚人トム)
25女ミュークル……本物、25歳確定、父親はシーザー(シーザーの母が人魚バッキン)
26女メーブル……構想なのでニセ(次男カタクリの娘、カタクリの妻アキリアの母が人魚バッキン)
31男モービル……構想なのでニセ(8女ブリュレの息子、ブリュレの夫ディーゼルが手長族)

31男は23歳の位置だし、25女は25歳。バスカルテは41歳。色々な種族の子供を作りたいマムが、手長族ばかり夫にしている時点でおかしい。当チャンネルの説が正しい証拠。魚人トムからカニの遺伝子、人魚バッキンからエビの遺伝子が出ている。ディーゼルの素性が特定できていないが、Dの一族だし、バッキンの息子かな? バッキン → クロス金 → ゴール・D・クロスで、ロックスの娘か孫娘。


本物の37女ウエハース
疑いの目で壁に隠れる様子が、初登場時のチョッパーと一致。チョッパーと双子の13歳だと考察。2年前に15歳というのは、トナカイ換算なので、実際には2年後に13歳というオチ。

頭巾の下にはミンク族の耳やツノが隠れている。

半導体用語でウェハーというのは、素材をスライスしたもの。チョッパーの意味はスライス器具。双子は極めて堅い。

父親はミンク族の医者ミヤギ。


本物の44男にんじん
ウソップの故郷(3巻から開始)で登場。つまり、かなり初期にビッグ・マムの概念があった証拠。
少年たちは人喰いババアの話をしており、要するに自分の母ちゃんの話をしていたのがにんじん。

父親はメリー号の設計者メリー。正妻カリファとの息子は、たまねぎ。娘はガレーラの新秘書となった女子。

マムの幼少期のようにソバカス。
リンリンとニンジンは母音がININで完全一致。もちろん、キャロットもビッグ・マムの娘。キャロットの父親はネコマムシ。ネコ → キャット → キャロット ※ロはDの意味


46人以外にもビッグ・マムの子孫らしき男キャラが続々


カタクリの息子
カタクリの妻はガン・フォールの娘。よって、この孫息子はガン・フォールに準じる格好をしている。


9男ガラの息子(母はミンク族)
作者に忘れられ、余ってしまった青年。
ガラとミンク族の女との息子だと考察。
すぐ下の弟クラッカーもミンク族と結婚している。


クラッカーの息子
首周りが、円形のクラッカー(お菓子)がモチーフになっている。近い髪型のマルニエという女もクラッカーの娘が正解。クラッカーは45.9歳くらいで、27歳以下の子を持てる。



単なるザコでもいいのだが、忘れられた男キャラ。
ドスマルシェと一緒にやられているし、当チャンネルでは、娘たちの誰か(スムージーとか)の旦那だと考察。


6~8男の誰かの息子(半魚人)
奥にいる頭巾女も詳細不明で、おそらくビッグ・マムの孫娘。


構想44男ドシャ


シャーロット・ドシャ
上に挙げた半魚人(6男~8男の息子)の更に息子だと考察。
ビッグ・マムの ひ孫が正体。ドシャなのでDの一族。というか、リンリンはゴール・D・ロックスの孫娘だと考察でき、全員がDの一族というオチだけどね。Dの意志は持ってない(カタクリみたいに目覚めるかも知れないにせよ)。

手に乗っているノルマンドは、モスカートの娘だと考察。モスカートの妻がトンタッタ。モスカートの父はクロッカスで、クロッカスの先祖はノーランド。ノーランドとトンタッタは仲がいいので結婚が成立した。


シャーロット家・次女モンデはアマンドの次女【ワンピースネタバレ考察】
その他の疑念については、ビッグ・マムの娘の誤誘導に関する上のまとめで詳しく語っている。


キッドはビッグ・マムの真の息子


母の首は狙わないキッド


ビッグ・マムが来た時は水攻め
これではお母さん(おリン)が来た時に声掛けは不可能。
お母さんの方は記憶喪失。


記憶を取り戻した直後は寝る
おリンは寝たまま鬼ヶ島へ連行される。
そして、キッドは復活するも、既に母の姿は無い。

接触しておかしくない、おリン、キッドが不自然に接触回避されている理由は、母と息子たちだから。


関連書籍で誤誘導する決定的証拠


レイリーとシャクヤクは夫婦
コミックの読者コーナーで、作者は2人について夫婦だと語り、確定している。

この当時は、当チャンネルも存在しないし、ネットの考察も「ルフィの父親はロジャーだろ」程度の真相しか存在しなかった。すなわち、作者はどうせ読者に真相は解けないと判断して、ヒントを小出しにしていた。「この夫婦の息子にシャンクスが居る」という発想は誰も持っていなかった。


なぜか友人で、矢印は単方向(図鑑)
コミックでは夫婦にもかかわらず、関連書籍(図鑑)では、明らかに関係を誤誘導している。

シャンクスとかハンコック3姉妹、シャーリーが2人の子供だと連想されないように細工されている。

関連書籍は本編では語られない真相が明かされる場所ではなく、隠される場所だと判明した。隠されるだけではなく、強力な誤誘導(友人)まで仕掛けられる証明。


作者が誤誘導する理由


作者は読者に対して、何を信じてほしいのかと言うと
●ビッグ・マム海賊団の外にはビッグマムの子供はいない。ましてや孫なんていない。
●ローラやプリン以外には、ビッグ・マム編の事前に登場しているキャラはいない。
となる。どうしてそう信じてほしいのかと言うと……
●ルフィがビッグ・マムの孫息子だから、ルフィの母親がビッグ・マムの娘だから
●ガープの妻がビッグ・マムだから
●ナミやキャロットはビッグ・マムの娘だから
●ゾロの母はビッグ・マムの娘アマンドだから
●サンジの母ソラはビッグ・マムの娘だから
●チョッパーとフランキーはビッグ・マムの息子だから
●ロビンの母オルビアはビッグ・マムの娘だから
要するに、麦わらの一味は全員が親戚だということがバレてしまうから、デタラメの息子や娘を「構想資料」と称して発表せねばならなかった。参考までに、ウソップ、ブルック、ジンベエに関しては、ルフィのもう1人の祖父ロックス経由で親戚となる。麦わらの一味は全員の歯が再生するが、ビッグ・マムの人魚ハーフの血で伏線回収。ブルックは能力、ジンベエは魚人そのもの、ウソップは婆ちゃんのバッキンが人魚。

実はビッグ・マムの本当の子供がバレると、「麦わらの一味は全員が親戚」程度では済まない。なぜなら……
●ビビの母ティティはビッグ・マムの娘だから
●しらほしの母オトヒメはビッグ・マムの娘だから
●レベッカの母スカーレットはビッグ・マムの娘だから
●ペローナの父はビッグ・マムの息子オペラだから
●アルビダはビッグ・マムの娘だから
●フランキーの妹分キウイはビッグ・マムの娘だから(フラムの実の妹だから)
●モチャ(薬で巨体少女)の父カタクリはビッグ・マムの息子だから
●お玉(日和)やおトコの父デンはビッグ・マムの息子だから
……
のように、実は麦わらの一味だけでなく、現地ヒロインや脇役女までもがルフィの親戚だとばれる。しかも、アルビダなんて1巻から登場しているので、初期から構想があったことになる。ちゃんとルフィは初対面時に「おばさん(叔母さん)」と呼んでいる。

作者は「構想段階の資料です」と騙してでもニセ娘やニセ息子を設定せねばならなかったのだ。ここまで語ると、「なんで公式の資料が偽モノという発想に?」という疑念が解けただろう。

真相は……
●ビッグ・マム海賊団の外にはビッグマムの子供がいる。そして、今までの冒険では孫だらけ(序盤だけでも、ジョニー、ヨサク、パティ、ミス・マンデー、Mr.9、ミス・ファーザーズデー、ジェム、ミキータ、ベラミー、コニス、アイサ、カク、ポルチェ、カポーティー、ジーナ、イトミミズ、ケイミー、チムニー、イゾウ、エース、サボ……)。
●ローラやプリン以外にも、ビッグ・マム編の事前に登場しているキャラばかり。
●これからもビッグ・マムの孫が出続ける(2019年辺りだと、お玉、おトコはデンの娘、スピードやソリティアはマムの孫娘、オロチ配下の忍者たちにもいそう)

ソラがビッグ・マムの娘という根拠だが、詳しくはソラのまとめで確認してもらいたい。少し語ると、プリンとサンジの しぐさが似ているという事実が大きい。プリンは叔母で、サンジは甥というかなりの近親が正体。(これがバレると、3親等の隠し夫婦がいることがバレる。更には2親等:兄弟姉妹での夫婦がいることまで繋がる)

どうして85人も子がいて、更に孫だらけのキャラ・リンリンを作者は登場させたのか? 「ビッグ・マム編になって、そういう設定で登場させた」程度のわけがない。真相はルフィやナミ、ゾロ、サンジをその中にこっそりと紛れ込ませるため。夫の43人にしても、こっそりとガープを仕込むため。

そして、ビッグ・マムの子孫だけでなく、レイリー、ブルック、バッキン、アマゾン、ロックス、イムの子孫を含めると、ほとんどのキャラが彼らの子孫だということになり、全員が実はルフィの親戚=ワンピースということになるから。ルフィの家族のキモとなるのは、ルフィの祖母となるビッグ・マム。なにがなんでも、ビッグ・マムの子供は明かしてはならないのだ。そして空欄だったのに、当チャンネルが暴いてしまったから、マガジンでマムの子供に孫など違うキャラが設定された。

【おまけ:ルフィの呼び方と続柄】
アルビダ……おばさん→叔母(ルフィの母ルージュの妹)
ブリュレ……枝→eda→(鏡の世界なので)oba→叔母(ルフィの母ルージュの妹)
シャクヤク……おばはん→叔母(ルフィの父ロジャーの父ロックスの娘)
くれは……ばあさん→祖母(ルフィの父ロジャーの母)
↓別漫画ナルトの話
綱手……綱手の婆ちゃん→祖母(ナルトの父ミナトの母)


なぜかビッグ・マムと一致
ビッグ・マムは大食らいで、食うと大喜び、食わないと精神がおかしくなる。腹が減ると、ぐぎゅるるるるという音文字。飢えると目玉ぐるぐる。食わないだけで身体がガリガリ、食うとすぐに元の体型。腹一杯まで満足できない。よく舌を出し、よだれを垂らす。無鉄砲で強情で子供じみている。覇王色の素質。ここまで全て、まんまルフィの特徴。海賊王になりたいとか、人種差別をしないとか、まさしくルフィの主義。

ルフィは人の3倍のエネルギーを消費する(作中で明確になった)。マムもカロリーをどんどん消費してガリガリに。


なぜかビッグ・マムと一致
ここまで表現しておきながら、デタラメのマム娘やマム息子を発表するなんて、流石にどうかと思っているので、当まとめを作ったわけだ。

プラリネ・ルージュという菓子があり、ルフィの母ルージュもビッグ・マムの娘。仮にルフィの母をボニーだと勘違いしたとしても、ジェリー・ボニーという菓子があるのでマム娘の名前法則。ボニーはガープの娘でエースの母親なので、更なる誤誘導にあふれる。くまとの関係にイジワルな誤誘導ばかり。


ありそうな意見に予め回答


●ネットでバレたから変更したのでは?→
変更は無いと考える。ただ、変更したとしても、当チャンネルの考察力が、作者に変更を促したわけで、むしろそれはそれで当チャンネルとしては納得する。
血縁関係の変更は、たとえネットでバレても滅多なことでは実施しないと分析。ラストの結末を変えることと、設定を変えることは別。ロジャーの息子に決まっているルフィをネットで暴かれたからといって、父の設定を変えるわけがない。
更に変更していない証拠を出す。アニメやコミック(読者コーナー含む)ではニセ息子が紹介されていないので、変更していない証。また、あくまで登場したのは「構想段階」という名目。変更後の資料だとしたら、名目の時点で嘘をついたということになる(変更したことが事実なら構想という言葉が嘘)。どうせ嘘なら変更せずにニセを出すのが妥当。
それから、変更があったと考えたいなら、構想から当チャンネルの語る説へ変更があったと考えるべき。当チャンネルとしては、変更はなかったと分析しているにせよ。
極めつけは、変更したならば、構想こそが、11男おでん、18男フラムとかなわけで、それをマガジンで発表すべき。

●僕は公式にコミックの読者コーナー(SBS)や、マガジンで語られるのを待ちたい。→
マガジンは誤誘導ツールだと判明した。コミックのSBSは、作者の都合悪いことは一切、語られない。これまでに「ルフィの父親は、本当はロジャーですよね?」「エースとボニーの関係を教えてください」という質問をした人は大勢いるはずだ。しかし、そんな真相を答えるコーナーではないのだ。
一方、家族関係は明かさずに完結だと当チャンネルは判断。というのは、登場キャラのほぼ全員に対して血縁を隠しているのだから、いちいち説明するわけがない。まあ、完結してから後日談で真相が語られることはあるかも知れない。

●85人の子供たちは(マガジンで)確定したけれど、ビッグ・マムの夫は出てこない気がする。→
そりゃ、デタラメの娘や息子たちでは、夫は特定できないので、出てこないと勘違いしてもおかしくない。ただ、当チャンネルに言わせれば、本物の子供たちがたくさんいるのだから、ペロスペローの父親がシュトロイゼンだとか、ババロアの父親がエリザベロー2世だとか、レザンの父親がジャッジだとか、スムージー3姉妹(シトロンはエッグ大臣)の父親がタマゴ男爵だとか、充分に考察可能なマムの夫がたくさんいる。一方では、カイドウが夫っぽいシーンはある。たとえ子供が特定できなくても、カイドウを夫として扱うのは問題ない。にもかかわらず、「パウンド以外は出ない」というのは考察力が低いと言わざるを得ない。


【対立構図を正確に捉える】
本件に関しては次のA vs Bのように考えると本質が見えない。

A.公式で出揃ったマムの子供たち
に対して
B.変なまとめを作っている奴がいる

本質は
C.作者が物語初期からビッグ・マムを仕込んでいて、これまでの冒険で出会ってきた者たちはルフィの近親ばかり。そして、そのことを読者が気づかずに完結させるという見事なことをやろうとしていた作者がいる。
に対して
D.そんな構想は全くない。ビッグ・マム編の前に出たローラとプリンを除いて、ビッグ・マムの家族は、ビッグ・マム編で初めて描かれる。
というC vs Dの構図だ。言い換えると、作者が天才(C)なのか、凡人がマグレでヒットしているだけ(D)なのかという話だ。

Dしか思いつかない作者が大人気漫画家として成立するとは思えない。Cが正解だという話なのだ。

【マガジンが続くこと自体が不自然】
マガジンは3で終了の計画が、なぜか続けることに。意外に売れたというのもあるだろうが、4のレビュー(アマゾン)は初期にはかなり悪かった。なんせ、読者ファンにインタビューし、ファンの日常を記事にするというひどい有り様が実態だからだ。もちろん、工作員が後に良いレビューを書き、隠れてしまっている。

【ビブルカード】
関連書籍のビブルカードでは、子供たちの項番がバラバラ。更には、当チャンネルが偽者だと判断したキャラクターは誰ひとりとしてビブルカードに登場していない。

どうして順がバラバラの状態なのかというと、生まれた順番でビブルカードの番号を並べると偽者の存在が明るみに出るから。また、偽者がビブルカードで本当の年齢を表記できるわけがない。プロフィールにも嘘を記すことはできまい。


【ドスマルシェ再考】
ブルックとバッキンの息子だと当チャンネルは考察。ブルックがいなくなったのは52年前なので、ドスマルシェの推定年齢56~61歳は充分にマッチ。ジョーラ(61)もブルックとバッキンの娘だと考察でき、ジョーラの兄弟(双子でもいい)という所だ。
ドを90度回転で、「ブ」みたいな文字。名前から文字を取り出し、ブルシェとなり、シと「ッ」は近い文字。ェは30度左回転で「ク」のパーツを含む。続けてブルック。「×キン」に対して「○シェ」という関連ワード。キは「エ」を含む文字だし、「シ」はンを含む文字。
ドスマルシェは名前からしてDの一族。ブルックがどうせDというのは把握できよう。
というわけで、ブルックとバッキンの息子が正体だと推定。

コンポートとドスマルシェの息子に「コンポ」がいるが、ブルックと同じサングラス。また、コンポというのは音楽装置。ブルックの音楽属性と極めてマッチ。


ビッグ・マムの両親
父親の方はブルックの兄だと考察。
ブルックもヒゲを生やせば、リンリンの父親に近くなる。
リンリンはブルックを抱いて寝たが、お父さんの代わりだということ。自然に父の代わりになれるのは、オジや兄など3親等までの男。

ブルックの息子がドスマルシェだとして、リンリン父とドスマルシェの顔はそう遠くない(3親等)。

ちなみに、ドスマルシェとリンリンがイトコ同士。イトコの娘と結婚したのがドスマルシェで、母親のイトコと結婚したのがコンポート(5親等)。

ついでに語ると、リンリン母(正体は人魚)はバッキンの姉だと考察。語尾のインが共通。リンリン母と前髪が同じ。


【ビッグ・マムの息子の妻たち】
作者が孫キャラを紹介できない理由も当チャンネルは説明できる。まずは、ルフィ達やこれまでの登場キャラが孫だからだ。そして、例えばカタクリの息子2人や娘6人を紹介すると、カタクリの妻は誰? という疑問が次に来るのは明白。以下が当チャンネルの発見した妻。
●ペロスペローの妻……テラコッタ(現イガラムの妻)
●カタクリの妻……アキリア(コロシアムでレベッカをサポートした女闘士。シャンディア出身でラキ、ワイパー、カマキリの母親。更にはマキノの母親。なお、カタクリの前に夫は2人)
●オーブンの妻……ブロッカ(白ひげ団のオバサンで、船医の可能性。くまの妻でローの母親だと考察。オーブンとの子はバッファロー)
●オペラの妻……シンドリー(舞台女優でペローナやパンナの母親、ホグバックとの息子はステリー)
●デンの妻……トキ(つるやガン・フォール、ギオン、トキカケの兄弟)
つまり、ビッグ・マムの息子の妻は、これまでに登場した中年女が正体。
●ガラの妻……恐らくミンク族の女
●クラッカーの妻……ミンク族の女
●モスカートの妻……トンタッタの女:ビアン? 娘はノルマンド(小人で蝶の姿)だが、名前では明らかにノーランドの子孫。トンタッタにノーランドの子孫がいるのはおかしいので、ビッグ・マムが直接「ノーランドの子孫で小人の男」という夫を迎えることはできない。つまり、一旦、ノーランドの子孫(クロッカス)を夫としたマムがモスカートを産み、モスカートがトンタッタ女と結婚して初めてノルマンドが成立する。ノルマンドはニセ38女として紹介されている。
●サンマルクの妻……コンスターチ(ニセ11女として紹介されている)
●ダイフクの妻……ネギ熊まりあ(45)? ネギ熊まりあには次男までいることは公式。まずい料理を作るのが得意な料理人。息子はバラティエ料理人パティ(29)。16歳で産んでいることになるが、ワンピースの連載初期の情勢では、母親がオバサンを前提に16歳時の母がセーフ。コビーの母親ヒナや、たまねぎの母カリファも16歳出産。親子関係は伏せたまま完結なので、16歳出産は闇のまま成立。

ちなみに、ビッグ・マムの真の娘たちの夫は、もっと充実した形で特定できる。
長女コンポート……ドスマルシェ
次女オルビア……クザン、考古学者男 ※考古学者と再婚したがその夫は死亡
3女アマンド……ギン ※鬼夫人に対して鬼人
4女アン……パガヤ、ウルージ ※アン・ボニーは離婚歴あり
5女ボニー……赤犬、藤虎、ギャバン、ペコムズ、ジンベエ ※マムのように夫沢山、子沢山
6女デボン……ビスタ
7女ルージュ……ロジャー
8女ブリュレ……ドフラミンゴ、ディーゼル
9女ソラ……ジャッジ
10女オトヒメ……ネプチューン
11女ティティ……コブラ
12女イナズマ……モモンガ
13女ベルメール……モーガン ※モモンガとモーガンは兄弟で、イナズマとベルメールは姉妹
16女シナモン……キャンサー?
17女スカーレット……キュロス
20女アルビダ……センゴクの孫息子コビーを夫候補として確保するも失敗、バギーと結婚できた?

ルフィがこれまで関わってきたキャラの全員が1つの家族(ワンピース)だと把握できることになる。


シャーロット・ノルマンドの素性を特定【ワンピースネタバレ考察】


【誤誘導各種】
●スナックとババロアが同年齢30歳……当チャンネルとしては、違う父親の子は同時に妊娠しないと考察している。同時妊娠の前提だと、スナックとババロアが父親が同じになってしまう所が誤誘導。単純に小数の概念で解決。例えば、30.9歳と30.1歳。作者は物語内の現在の日付と、キャラの誕生日を把握して年齢を設定している。

●年齢にデタラメが記してある……そのデタラメ情報を元に、娘キャラも加味して双子だとか4つ子だとかを考察して生まれた順番とかを決めようと模索している人もいる。はっきり言って、絶対に整合しない。ましてや父親の特定は無理。
一方、構想資料のデタラメ年齢を信じると、モンドールとスムージーの年齢関係が変わってしまう。具体的には、モンドールはスムージーを姉貴と呼び、スムージーはモンドールを呼び捨てるので姉弟のはずが、モンドールが2歳も上になるという矛盾が出てくる。つまり、少なくとも年齢は虚偽だと確定する。年齢が虚偽ならば、もう他の要素も信用に値しない。

●マガジン4では娘の年齢は不明だったのに、当チャンネルが「年齢不明なのは誤誘導の証」と記したためか、マガジン5では把握可能に。事後対応なので、むしろ、ますます不自然。まあ、そもそも構想資料なので、年齢が違っても偽者がいるという事実に比べれば大した話ではない。

【その他】
●マガジン4と5には1ヶ月以上 空いている。
ビッグ・マムの息子たちを先に紹介するのではなく、娘たちを先に紹介したのには理由がある。息子たちは、確かにおでん、ティーチ、フランキー、チョッパーなど重要キャラだ。だが、娘たちのほうがネタバレ要素が強烈なキャラばかり。なんせ、ナミ、ルフィの母、エースの母、サボの母、サンジの母、ロビンの母、ビビの母、オトヒメ、レベッカの母、ベルメールなど、核心にモロ直撃なので、娘を優先させた作者がいる。

●ニセ娘とニセ息子を発表することで、本物の娘や息子を隠すだけでなく、「本物の夫を隠す」という利点も発生する。むしろ、作者は夫を隠したい場合もある。具体的には、ガープやセンゴクはビッグ・マムの夫の1人。というのは、仮にナミ、ソラ、オルビアやダダン、ボニーなどをビッグ・マムの娘だと認識できたとしても、その父親は依然として不明で、更なる考察が必要となる。ナミとかソラさえ防いでおけば、ナミの父親がガン・フォールで、ソラの父親がセンゴクという連鎖的なネタバレを防げる。


当チャンネルの語るビッグ・マムの真の息子達


★が当チャンネル説

長男ペロスペロー……シュトロイゼンが父親
次男カタクリ、3男ダイフク、4男オーブン……クローバーが父親
5男オペラ、6男カウンター、7男カバレッタ、8男カデンツァ、9男ガラ……クローバーが父親
10男クラッカー、11男デン★……クローバーが父親
12男ヌストルテ、13男バスカルテ……トムが父親
14男ティーチ★、15男ノアゼット……シキが父親
16男モスカート……クロッカスが父親
17男ロシナンテ★……ホーミングが父親
18男フラム★……ベガパンク(ツキミ博士)が父親
19男モンドール……ギバーソンが父親
20男ショット★、21男ズコット★、サンマルク……カイドウが父親
23男バサンズ……イワンコフが父親
24男ダクワーズ……マゼランが父親……マゼランは凍らされていてその期間は年齢停止
25男スナック……ドラム前王が父親
26男ババロア……エリザベロー2世が父親
27男ワンゼ★……ゼフが父親
28男カトウ……シャンディア酋長が父親
29男シブースト……リュウグウ王国・右大臣が父親
30男ネロ★……ミホークが父親
31男キッド★……モリアが父親
32男ブラウニー……ヒルルクが父親
33男レザン……ジャッジが父親
34男マスカルポーネ……ガン・フォールが父親
35男ユーエン……エネルが父親
36男~40男:ニューイチ、ニュージ、ニューサン、ニューシ、ニューゴ……ピエクロが父親
41男デリンジャー★……エリザベスが父親
42男アングレ……ヘラクレスが父親
43男チョッパー★……ミヤギが父親
44男にんじん★……メリーが父親
45男ドルジェ、46男ドラジェ……ボビンが父親

【ニセ息子の正体】
14男ドスマルシェ……コンポートの夫、ブルックとバッキンの息子
17男コンポ……コンポートの息子
18男ラウリン……ブリュレの息子
20男ハイファット……コンポートの息子
21男タブレット……ブリュレの息子
27男カンテン……コンポートの息子
29男モンブ……ペロスペローの息子
31男モービル……ブリュレの息子
41男ヌガー……カタクリの息子
43男ウィロ……モンドールの息子
44男ドシャ……ビッグ・マムの ひ孫

【理解を深めるための思考手順】
ビッグ・マムの概念は人喰いババアとして、かなり初期から存在していた。
ビッグ・マムの息子だとコミックで語られ、当チャンネルも息子だと認めているキャラクターの父親に注目してもらいたい。物語の初期から全般に渡って登場しているキャラクターとなる(クロッカス、ヒルルク、ガン・フォール、エネルなど)。ビッグ・マムの夫は、ビッグ・マム編のずっと以前から登場しているのだから、ビッグ・マムの息子や娘も、初期から登場しているのが自然。そう考えた時、偽者の存在が理解できる。


ビッグ・マムの子供達の子供達(孫達)【ワンピースネタバレ考察】


2018/12/23

シャーロット・フランペの謎を特定【ワンピースネタバレ考察】

アニメでも登場した36女フランペ(33女は誤記)。父親はトンタッタの王ガンチョだと解説。画像あり。


シャーロット・フランペ


シャーロット・フランペ
年齢は15歳。
可愛い顔に、表裏の激しい性悪すぎる性格。

当チャンネルでは、ナミはビッグ・マムの娘だと考察しており、フランペの性格は、ナミの初期性格に通じるものがある。

ナミに近い目と顔立ち、瞳の色も一致。
ナミの髪に差し替えたら、もはや区別はできない。


ビッグ・マム42歳
母親も全盛期には痩せた美人なので、ブサメンの娘がいたら夫のブサイクが出てるのが基本。

なお、夫が魚人の血を持つ人間の場合には、子供たちには夫の顔すら出ない。


体型はトンタッタ(虫系)
体格は一般の人間サイズ。
後ろ髪は蝶の口みたい。

チューイング・ガムが好きなよう。


トンタッタのフラッパー(男)
模様や体型が一致。名前までも同等。


父親はガンチョ(トンタッタ王)


トンタッタ長ガンチョ
ガンチョという名前は、ダジャレでガム・チューイング。フランペと合致。


母違いの姉マンシェリー
ガンチョの娘。チユチユの実(父の名も含め、チューイング・ガムを連想)。
マンシェリーの髪にもフランペの髪にも花がある。
レオからだけだが、「憎らしくてワガママで意地悪で気まぐれで怒りん坊」と呼ばれる。まさにフランペの性格。


33女は誤記で36女が正解
ジャンプ本誌で33女というミスをし、コミックでは36女に直っている。その後にアニメのシーンで再度ミス。
アニメのスタッフは、ビッグ・マムの娘たちの配置を理解していないことが判明!

アニメ公式サイトでも33女だと記されていて、事務的でポリシーはなさそう。



ジャンプ本誌の時点で誤記だったので、即日で訂正されている。
33女は35女プリンの姉だが、33女が15歳だと、プリンは年下ということになる。そんなプリンがサンジと結婚するというのは、子供向けアニメでは不謹慎なので、元々間違いだし、訂正が行われた。

作中に年齢が出たのは、実はフランペだけ。(他のキャラはコミックの読者コーナなどで語られただけ)。かなり意味があるといえる。


フランペが36女である重要性


37女ウエハース
彼女は本物の37女。
ミンク族でチョッパーと双子だと堅く考察。壁の裏に隠れる姿が一致。頭巾で耳やツノを隠しているということに。
実は巨体だそうだ。

チョッパーが17歳というのはガセ。2年前の15歳というのはトナカイ換算で、いわばチョッパー固有の成長度合い。実際にはウエハースもチョッパーも13歳だと考察。


誤誘導目的で作られたような書籍があって、ビッグ・マムの娘たちの空欄に偽者達が勢揃いなんて状況がある。

当チャンネルの分析では、37女ウエハースだけは本物で、他は偽者。38女にはトンタッタのノルマンドが誤誘導されている。


シャーロット・ノルマンド
誤誘導を信じると、
36女フランペ……トンタッタ
37女ウエハース……ミンク族
38女ノルマンド……トンタッタ
となり、なぜトンタッタが連続していないのかという疑問が出てくる。
当チャンネルが堅く考察した38女はキャロットで、
36女フランペ……トンタッタ
37女ウエハース……ミンク族
38女キャロット……ミンク族
となり整合。
43男チョッパー、37女ウエハース
38女キャロット
44男にんじん
のミンク族の子4人が連続となる。


キャロット
12歳だと考察。

キャロット → キャット(+D) → ネコ
ネコマムシとビッグ・マムの娘だと考察。

キャロット=ニンジン(母音はinin)
リンリン(母音はinin)
ニンジンとリンリンは韻を踏んでいる。
もちろん、ウソップの故郷の少年にんじん(11歳)は弟で、ビッグ・マムの夫はメリー(ミンク族)

子供のリスト(順番も加味)は
35女プリン
41男デリンジャー
36女フランペ
42男アングレ
43男チョッパー、37女ウエハース
38女キャロット
44男にんじん
45男ドルジェ、46男ドラジェ
39女アナナ(末っ子)
のような構成が真相。バッチリと、チョッパーの妹にキャロットが来る。


シャーロット・ノルマンドの素性を特定【ワンピースネタバレ考察】
同じくトンタッタだが、ノルマンドはノーランドの子孫で、17男モスカートとトンタッタ女との娘。38女という情報は強烈な誤誘導。


父違いの姉達のリンク


プリンの父親・三つ目族の男(ビッグ・マムの夫)を特定【ワンピースネタバレ考察】


シャーロット・ブリュレの隠し子達~父親と夫(ビッグ・マム8女)【ワンピース考察】


鬼夫人アマンドの正体を特定~隠し子が続々「ワンピースネタバレ」


ビッグ・マムの娘達39人の一覧リスト《ワンピース・ネタバレ考察》