2017/10/22

大食らいのキャラクター集合【ワンピース】

ワンピースの大喰らいのキャラクター大集合。

モンキー・D・ルフィ

おなかが減るとよだれがタラリ。飢えると精神がおかしくなって、チョッパーが食い物に見えてしまう。食って満たされると、目がきらきら。









シャーロット・リンリン(ビッグ・マム)

スイーツ限定だが、ルフィを思わせる食いっぷり。おなかが減るとよだれがタラリ。食べないと精神がおかしくなり、満たされると大喜びというのもルフィにそっくり。要するに、ルフィの婆ちゃん。(ルフィの母親がリンリンの娘)










ジュエリー・ボニー

ルフィの食いっぷりを思わせる。食べる量が半端じゃない。好物のピザを中心に食べ物なら何でも食いそう。ルフィの母親ではなく伯母が正解。ルフィの母親の姉で、ビッグ・マムの娘。

通り名は「大喰らい」だが、ジュエリーも愛称だと考察。本名の姓はモンキーかシャーロット。
食い逃げの常習犯で、エースの母親。













ポートガス・D・エース

ルフィ程ではない気するが、かなりの大食らい。食い逃げの常習犯で、ボニーの息子。エースの本当の母親はルージュではないと考察。












マーシャル・D・ティーチ

チェリーパイのことが多いが、かなりの大食らい。
ビッグ・マムのように指輪だらけ。金獅子のシキとビッグマムの息子。つまり、ボニーは父違いの姉で、エースとは叔父と甥の関係。

パイを食う様子は、パイとピザの形が似ていることもあり、ボニーとそっくり。姉を愛人にしようとした。もちろん、姉ということは知らず、若返っていることも知らなかった。

ルフィのように歯が再生するからこそ、歯並びが頻繁に変わる。ルフィの親戚・叔父でもある、

年齢は40歳。ボニーと戦った時に2歳位若返ったと考察。






ワポル

金属や木材なども含め、何でも食うが、悪魔の実の能力によるもの。

なんと29歳。











【食いしん坊程度】

シュガー

いつもグレープを食べている。シュガーはドフラミンゴとココロの娘だと考察。姉のモネはココロとトムの娘で、任務失敗でドフィに消されてしまうような立場。

スポンサーサイト



2017/10/19

色の名前を持つ登場人物(ワンピース)【考察】

色の名前が付く登場人物。大半のキャラは料理の色や食用色素の意味。白ひげ、黒ひげなどは通り名なので除外。

ポートガス・D・ルージュ

ルージュはフランス語で赤
プラリネ・ルージュという菓子があるので、ビッグマムの娘
推定年齢44歳前後(死んでいるが生きていた場合の換算)










ホワイティベイ

ホワイティが白なので、白ひげの娘だと考察。母親クロコダイル。








アルビダ

ヨーロッパの言語で白を意味する
近い言葉にアルビノ
❤マークがトレードで、太りやすく、ビッグマムの幼少期のようにソバカスなので、マムの娘だと考察。ホワイトデー生まれで、白イチゴの意味かな。フルーツ・お菓子の材料=ビッグ・マムの娘。
父は白ひげで、母はリンリンか。デブスで政略結婚できず、マムから飛び出した。





ブルーノ

意外に若く32歳。
ホットプレートのメーカーにブルーノというのがある。

シャクヤクとレイリーの息子だと考察。
ブルーノもシャクヤクもバーの店主。シャクヤクの夫はレイリーのみで導ける。









スカーレット

娘のレベッカ

スカーレットは真紅の意。
また食紅の原料にスカーレットという名称がある。
髪の色もピンク系だし、ビッグ・マムの娘。
レベッカはマムとリク王の孫娘。

娘レベッカが16歳なので、スカーレットは35歳くらい。















ヴィオラ(ヴァイオレット)

ヴァイオレットは青紫。
ヴィオラは食用花で、シロップ漬けにして食べる。
水玉ワンピースがビックマムと共通だが、ビッグ・マムの姉ココロがヴィオラの母親。
姉はスカーレット。姉は36歳くらいだが、ヴィオラは29歳。母違いの姉妹だと考察。









セニョール・ピンク

46歳。
バンダナは水玉だし、海パンは★マークだらけ。

妻はルシアン。
ホワイト・ルシアンというのは、生クリームを入れたコーヒーカクテル。

ピンクと食との関連としては、ピンクソルト(桃色岩塩)。


母親はエルミー、父親はタマゴ男爵。





鬼人のギン

ギオンとカイドウの息子だと考察。
更には、ゾロの父親だと極めて堅く考察。


小紫

ギオンと光月スキヤキの娘だと考察。

名乗ってはいるが、本物の光月日和ではない。

2017/10/15

99%の人が気づいていないワンピースの秘密~強烈ネタバレ

強烈なネタバレの目白押し。釣りネタではなく、本気の理詰め話。オセロの表と裏が一気に逆転! 全てユーチューブ。

ゾロの母親は鬼夫人アマンド

レイリーの妻の1人に人魚ココロ

ココロはトムとも子供を作った

麦わらの一味は全員が牛乳で欠けた歯が治る

義兄弟3人は血縁者

ロジャーが本当に好きだったのはダダン

ポートガス・D・ルージュはビッグマムの娘

エースとルフィは人物が入れ替わった

エースもガープの孫

エースの母親はジュエリー・ボニー

黒ひげティーチは姉ボニーを愛人にしようとした

エースには兄がいる

エースにはチムニーという妹がいる

ガープの妻はビッグマム

ダダン(本名アン)とボニーは双子姉妹


ジュエリー・ボニーの夫は3人

革命家モンキー・D・ドラゴンは元海賊

モンキー・D・ドラゴンは婿養子

カタクリの裂けた口と歯は口裂け族ではなく魚人

ニコ・ロビンの父親は青キジ・クザン

シャンクスはコミック第1話の時点で悪魔の実の能力者

シャンクスの両親はレイリーとシャクヤク

マムの夫ジャッジに仁義が不成立~マムの娘ソラを妃にしたから

コビーの母親はヒナ、ヒナの母親はビッグマム

ヒナの話は2本のムービーで完結。
ヒナの父がゼファーというのはミス考察で、センゴクがヒナの父。
センゴク=メガネ男=コビーは孫

黒ひげの両親は金獅子のシキとビッグマム

ナミはビッグマムの娘で人魚の血筋

ビッグ・マムには ひ孫がいる

カップル厨のカップリングは近親

チョッパーとキャロットは本当の兄妹

https://rr.img.naver.jp/mig?src=https%3A%2F%2Fi.ytimg.com%2Fvi%2FVeYtA0eqPhM%2Fmaxresdefault.jpg&twidth=300&theight=300&qlt=80&res_format=jpg&op=r 


麦わらの一味は全員親戚

※ご注意

話題にする場合には、当ページやユーチューブの各ムービーへリンクしてください。

ムービーのリンクを優先でお願いします。ムービーを埋め込む必要は無く、テキストリンクとかで大丈夫です。
2017/10/12

ブルックの家族・子供と秘密(ワンピース:ルンバー海賊団)【考察:ネタバレ】

ブルックの父親はロックスで母親はDr.くれは。妻はバッキン、息子はホグバック、イガラム他。ブルックはルフィの親戚。ルフィはリンリンの孫息子で、リンリンの叔父がブルック。


生前のブルック

サングラスに注目。

ワンピース初期構想(連載前)のブルック
なんとワンピース連載開始前に、「骨の姿の音楽家」というイメージイラストが存在する。つまり、初期の時点からブルックの子孫を登場させることが可能。

画像ではナミとサンジの間にいる。


ルンバー海賊団・ヨーキは銀斧


キャラコのヨーキ


銀斧の正体を特定《ヨーキ》~レイリーの父親【ワンピースネタバレ考察】
銀斧がヨーキという情報は当チャンネルが世界初で唯一。もし、同じことを語る人がいたらパクリ。
日本語が深く分からないと解けない暗号なので、世界のどこかで他言語の誰かが発見することも無い。


ファンイラスト~ルンバー海賊団


gule-nana様作

作者サイト
http://sratsneves.web.fc2.com/


yohoho様作



矢車サトル様作



ブルックの母親は くれは!


ドクトリーヌ・くれは
くれはの夫はロックス。ブルックの父親はロックス。

生前のブルックと同じサングラス。
【ク】は共通文字、ルは右側が【レ】、ツの左上は拡大で【ハ】。
ブルックという文字はクレハで構成されている。

Dの意志を継いだ息子のブルックやロジャーの死で諦めていたが、ロジャーの息子ルフィにDの意志を見た。


ブルックはビッグマムの叔父?!


ブルックの家族考察~ビッグ・マムの叔父が正体?【ワンピース098】 - YouTube


リンリンの母と父
父はアラバスタ王子、母はリュウグウ王国の王女だと考察。



リンリンのお父さんの帽子と、ブルックの帽子が近い。
リンリンはブルックを抱きしめて一緒に寝ており、お父さん代わりになったのがブルック。
ブルック90歳、リンリン68歳。

38歳には肉体が滅びる。それまでには子孫を残せる。
出典 www.amazon.co.jp


ミス・バッキンはブルックの奥さん


ミス・バッキンは人魚


真珠ネックレスと、まだらは人魚・魚人の証
ブルックは魚人島で寛いでおり、魚人島は第二の故郷のようなもの。
奥さんが人魚だからだと考察

ひ孫娘のミュークルと同じ髪型

この女が悪役なので、ブルックの子孫には敵役がゾロゾロ


ホグバック、イガラムは息子



体型が魚=人魚の血筋
サングラスでブルックやバッキンの家族
サングラスの形は生前ブルックと同じ

ウィーブル(バッキンが連れていた、白ひげよりも若い白ひげみたいな男)とは後ろのふさふさが同等。

シンドリーとの息子にステリーがいる。
出典 www.amazon.co.jp


イガラム
音楽系がブルックと一致。

中世の音楽家みたいな髪型。


スコッパー・ギャバンは息子


モンキー・D・ドラゴンの正体・過去はロジャー海賊団メンバー・ナンバー3(スコッパー・ギャバン)、映画ストロングワールド(STRONG WORLD)0巻・0話【ワンピース065】 - YouTube
バッキン → キッバン → ギャバン


ブランニュー、Tボーン、マッハバイスは息子、ブロッカは娘


ブランニューはブルックの息子
55歳となる。


T・ボーン大佐(53歳)
ブルックとバッキンの息子かな。
出典 www.amazon.co.jp


マッハバイスは息子
年齢は52歳なので、ブルックの息子が可能。
金髪とサングラス、バッという文字がバッキンと共通。
出典 www.amazon.co.jp


ブロッカ
ブロッカは白ひげ配下の女海賊となる。
ブロッカにも夫がいて、子供キャラも登場済みだと考察。

ブルックの娘は50.8歳以上なら成立。充分に該当範囲だ。母親はバッキンとなる。

トラファルガー・ローの母親かな。夫はくま。


ウィーブルは白ひげとバッキンの息子ではない
ウィーブルは白ひげの息子ではない。
ブルが付くので、ブルックとの息子の1人(死亡した)を白ひげに見えるようにゾンビにした? 死体から造った頭をすげ替えたゾンビ?

ホグバックが噛んでいるというか、ホグバックはバッキンの息子。
出典 www.amazon.co.jp


ルッチはブルックの子孫


41巻391話より
中央の黒い帽子の男がブルックそっくり。電伝虫をギターみたいに伸ばす。この男がブルックの息子で、ルッチの父だと考察。
参考までに、左がスパンダムの父スパンダインで、右がカリファの父ラスキー。


ルッチの年齢は30歳
髪質と服装が同等。名前の「ルッ」が共通。

ルフィはぶん殴ったが、ブルックが仲間になる前なので仕方がない。
出典 www.amazon.co.jp


息子かも……ボルサリーノとベン・ベックマン


黄猿ボルサリーノの正体~ベルメールとイナズマの父親【ワンピースネタバレ】
ブルックの妻バッキンのようなサングラス。
ボには「ブ」のパーツが有る。「ル」は共通。サの横棒を回転で「ツ」。リーを合体させると「ク」。ボルサリーがブルックになる。ミス・バッキンがイムとロックスの娘だと考察。イムの血筋なので海軍に入れた。


ベン・ベックマンはブルックの息子?
ベックン → バッキン で語呂が同じ。
ギャバンのようにオールバック。若い頃は黒髪で、サングラスをすれば、ギャバンと見分けはつかない。

50歳なので、ジョンとバッキンの息子かも知れない。

「作中でも最もIQが高い人物」と8巻で説明があるベン・ベックマン。クラウンやホグバッグと一緒に生まれているとすれば、頭がいいのも納得。

というか科学者? ベンの銃は高性能とか、狙ったら追いかけるとか。頂上戦争で黄猿を牽制する何かを持っている。
出典 www.amazon.co.jp


ブルックの家族に関するガセ


青キジは息子ではなく甥
ブルックの息子、孫息子が青キジ説(クザンの父親、祖父がブルック説)は却下。

共通点は確かにある。当チャンネルとしては伯父と甥の関係だと結論。
●氷の技
●モジャモジャの頭
●顔つき、特に唇
●サングラス
●ブル→ブルー→青

わざと似せているとも言えるので、作者が家族関係を間違う誤誘導を設定したのだろうか。

青キジの父親はセンゴクで、母親はつるだと考察。センゴクはビッグ・マムに捕まり夫にされ、つるはホーミングに捕まり妻にされた。クザンは放浪の旅に出てもおかしくない。つるとブルックが、母違いの妹と兄の関係。つるとブルックの名前も似ている(語呂だけでなく文字の形)。


麦わらの一味の家族(ワンピース)【考察】


ミス・バッキンの正体を特定~ブルックの妻、隠し子続々【ワンピースネタバレ考察】


2017/10/05

鳥の名前を持つ男女キャラクター(ワンピース)

くいな、たしぎはイワンコフの娘。キウイとモズは双子ではない。ロビン、アイサはビッグ・マムの孫娘。


ニコ・ロビン



ロビンとはヨーロッパ・コマドリのこと。
なお、父親は青キジで、鳥の異名。本名はクザンとなる。
出典 www.amazon.co.jp



出典 www.amazon.co.jp


ニコ・ロビンの正体と家族(クローバー博士の孫)【考察】


アイサ



アイサとはカモに近い鳥。

アン(ダダン)とウルージの娘?
出典 www.amazon.co.jp



出典 www.amazon.co.jp


たしぎ



タシギという鳥もあるし、シギという近い鳥がいる。

コウシロウの娘・くいなとそっくり
メガネッ娘なので、たしぎもコウシロウの娘だと確定的
深く考察したら、母親はイワンコフだと判明した
祖父はセンゴク、祖母はつる

23歳確定
出典 www.amazon.co.jp



出典 www.amazon.co.jp


イワンコフの正体を特定【ワンピースネタバレ】


くいな



クイナという鳥がいる。近い鳥のヤンバルクイナが有名。

コウシロウの娘、母親はイワンコフだと判明した(IWANKOFUはKUINAを含む)
たしぎとそっくり
死亡しているとされるが、女として葬式しただけで、男として生きている
母親がイワンコフなら、それはあり

ゾロより少し年上で、生きていれば23歳? それともたしぎとは別に生まれた妹で22歳?
出典 www.amazon.co.jp



出典 www.amazon.co.jp



たしぎとくいなは同一人物でも双子でもなく……(コウシロウの娘)~鳥の名前の女キャラクター【ワンピース093】


くいな(ゾロの昔なじみ)が●●になってワノ国で再登場?【ワンピース103】 - YouTube
なんと生きて男として登場?


死亡した女キャラクター(ワンピース)


イワンコフの能力で男になったキャラクター【ワンピース考察】


キウイ



キウイフルーツの名前の元となった果実に似た鳥がいる

モズは双生児ではなく姪。
出典 www.amazon.co.jp



出典 www.amazon.co.jp


モズ



モズは肉食の小鳥。

キウイは双生児ではなく叔母。
出典 www.amazon.co.jp



出典 www.amazon.co.jp


14年前のキウイとモズ
現在23歳で問題なし

鼻を除き、くいな・たしぎとそっくり
髪の色も同じ!

モズは青キジ(母はつる)とオルビアの娘。
キウイはビッグ・マムの娘で、くいな・たしぎは、女イワンコフの娘。3人の父親はコウシロウ。


ノジコ



コウシロウの娘? それとも髪が青なので青キジとニコ・オルビアの娘(ロビンの妹)? クザン・ロビン・ノジコ……いずれも3文字で、2文字目が濁点。

オルビアの娘で、ロビンの妹を推奨。オルビア(意味:金色ビール)がビッグマムの娘。

ナミはビッグマムの娘で、オルビア、キウイ、モズの妹だと考察。となると、ノジコはナミの本当の姪となる。
出典 www.amazon.co.jp



ロビンと同格の鳥と言える。
キウイとは明らかに異なるとも言える。
出典 www.amazon.co.jp


コウシロウ



鴻(こう)とはオオハクチョウのこと。鴻+白+鵜でコウシロウ。
出典 www.amazon.co.jp


つる



ウォシュウォシュの実の能力で洗濯する。
おとぎ話の、鶴の恩返しと、桃太郎の洗濯婆さんの属性を持つので、更にかぐや姫の属性を持つかも。つるは名前から空島出身の可能性。
青キジの母親であることは、強く確定的(扉絵にプライベートシーンあり)。コウシロウの母でもある?(センゴクもコウシロウもメガネなので、コウシロウの父はセンゴク)
出典 www.amazon.co.jp


ドンキホーテ・ドフラミンゴ


ドフラミンゴの家族(妻・子供)や秘密を特定【ワンピースネタバレ考察】
フラミンゴ=紅鶴、娘のシュガーは砂糖鳥


ヒナ



コビーの母親だと考察。夫はスモーカー。
母はつるだと考察。父はセンゴク。
出典 www.amazon.co.jp


ヒナは元・大将・ゼファー(ONEPIECE FILM Z)の縁者【ワンピース112】 - YouTube
この話はガセで、普通にセンゴクの娘?
センゴクも大将を経ており、メガネだし、コビーの祖父としてマッチ


ヒナドリ
鳥の雛という意味。
出典 www.amazon.co.jp


コビー


語呂合わせになっている。ハチドリというのは、ハミングバードだが、ハチだけだと「ビー」。

ハチドリのヒナ → コビー
もちろん、ヒナの息子。


カラス



革命軍。まあどうせ、つるの息子とかだろう。


ガン・フォール



雁(がん)というカモみたいな鳥がいる。ガンが名前で、フォールは神の座から落ちたという意味では?
ビッグマムの夫の一人で、27女ジョコンドの父親っぽく、更にナミの父親っぽい。
アイサという、ガンに近い鳥がいるので、アイサの祖父の可能性。

つるは名前から空島出身の可能性があり、ガンの姉?
出典 www.amazon.co.jp


ナミ


ナミセキセイインコやナミジュウシマツという鳥がいる。
ナミは空島の血では鳥(ガンの娘の証)で、ナツミカンの意味では果物(リンリンの娘の証)。


ナミは人魚、ナミはビッグマムの娘(ワンピース)


アマゾン


アマゾンで始まる鳥は多彩。
スカイピアにいるので、鳥の名前で妥当。
ガン・フォールや「つる」の母親だと考察。


ウルージ



鵜(う)という鳥がいる。つるの息子だったり、アイサの父親だとしたら、ウは鳥の意味。

ビッグマムの娘婿(ダダンの夫)の可能性。となるとマムの義理の息子(タダンはビッグマムとは決別しているので無縁とも言える)。
出典 www.amazon.co.jp


フクロウ



口がチャックの男
フクロウの年齢は30歳。恐らくコウシロウとイワンコフの息子。
コウシロウから「ロウ」、イワンコフから「ワフ」を取り出すと「フワロウ」。ワとクは、字の下手な人だと区別がつかない文字。つまり、フクロウ。夫婦のローマ字からは、FUKUROUがあっさり取り出せる。

50歳くらい同士の夫婦から問題なく30歳が誕生。そういえば、フクロウも顔がでかかったなぁ……。
出典 www.amazon.co.jp


光月トキ



トキは「桃花鳥」とも書くので、モモの助の母親としてマッチ。お鶴として生きていると考察。

お鶴はそんなに大物には見えないので、大昔の人間ではなく、総計40年を超えた程度だと考察。海軍のつると姉妹の可能性も。


果物の名前を持つ登場人物(ワンピース)


色の名前を持つ登場人物(ワンピース)【考察】


2017/10/03

ナミは人魚、ナミはビッグマムの娘~ナミの父親とナミの母親【ワンピース】

ナミの母親はビッグ・マム! ナミ人魚説とビッグ・マムの娘説には関係があり、事実だと判断できる。シャーロット・ナミ(ナツミカン)がナミの本名・フルネーム。ナミの父親や兄弟姉妹の正体も特定。


ビッグ・マム42歳
もうこの時点で、ナミの母親の顔として問題ないよね。

ハートの口紅をチェック。ローラ(マムの娘)やボニー、チムニー(ボニーの娘)、ココロもこの口紅。鬼夫人アマンドは首にハートの紅。

ナミが拾われたのは「オイコット王国」。ビッグ・マムと戦争をして滅ぼされたと考察。その時にビッグ・マムはナミを失った。成長したナミはオレンジ村で初登場。

ワンピースマガジン4,5(関連書籍)のビッグ・マムの子リストは、あくまで「構想段階の資料」と注意書きがある。当チャンネルの血縁関係が真相ということで。


マガジン4は誤誘導
magagine45.png

ビッグ・マムの39人の娘が公開されたと称するページの冒頭より。
マガジン4の121ページ。

本編の設定画(子供達)ではないことは確定した。

大幅に変更と、正直に語っている。多少の違い程度ならば、こんなこと書かなくていい。というか、本編の娘たちを見せてよ(ナミとか ソラなので、見せられるわけがない)。

購入者は「本編の娘たち」を見たいはずなのに、全く別の構想資料と称した偽者が紹介される時点で著しく疑わしい。出版時期はビッグ・マム編の途中ではなく、完全に終わってからの出版なのだし。

内容としては、ビッグ・マム編の途中で公表しても、なんらネタバレ要素(意外な子供がいる)はない。


42歳のマムの体型
もうこの時点で、ナミの母親の体型として問題ないよね。

シュトロイゼンによってセムラにされたカルメルや孤児たちをリンリンは食ったので人喰い。ドラゴンボールでも、お菓子にされた人間が食われるシーンがあり、その表現は大丈夫。

ウソップの故郷編は3巻から開始。少年たちは「人喰いババア」の話をする。つまり、ワンピースの初期からビッグ・マムの構想はあったということ。その娘としてナミを登場させてもおかしくない。少年たちはナミを人食いババア扱い。

そして、ナミは人を食ったような性格。特に初登場から暫くの間、正式に仲間になるまで。


目(瞳)の色はナミと同じ
これまでの冒険で髪を伸ばしたナミがいるが、髪質もビッグ・マムと近い。
もし、ビッグ・マムの髪がオレンジ色だったら、もう誰にでもナミの母親だと分かるので、ピンクなのは仕方ない。なお、ボニーやベルメールの母親だったり、しらほし姫やレベッカの祖母だからピンクなのだ。

逆に言えば、マムの髪の色がオレンジになるだけで、ナミがビッグマムの娘だと決まってしまうくらい、他の証拠が揃っている。実はオレンジ色になるシーンが有るのだ。


プリンの瞳とも近い
顔つきや性悪さもプリンとナミで一致。髪から後ろのテールを取ってしまえば、ナミと近くなる。

コミックでは色がないので、顔アップになると、ハッキリ言って区別できない。

なお、プリンの父親はペル。髪の色も同系だし、プリンから文字を1字ずつずらすとペルになる。(ンの次は無し)
ペルこそが三つ目族の男。この話はプリンのまとめでどうぞ。

ビッグ・マムの夫は、過去の既出キャラだと判明する。もちろん、ナミの父親も(後述)。


プリン?
プリンと見間違った人いるでしょ?

白黒のコミックにしたら、まず区別は不可能。


東京ガールズ・コレクション(Tokyo Girls Collection)
ナミがなぜか王冠で、しかもビッグ・マムの髪を思わせる肩からの装飾。白い服に赤いスカートだが、色を混ぜるとピンクで、ビッグ・マムの衣装色。

トットランドの女王リンリンの娘の証。

なお、装飾はドフラミンゴと類似だが、ドフィはナミの父方のイトコとなる。ただ、今回はビッグ・マムの娘だという話をしたい。

ワンピースは当初6巻くらいで終わるだろうという作者の想定で作られている。つまり、ナミ登場の時点で、ナミの父母は構想にあって当然。


ここでビッグ・マムが人魚ハーフだと理解


ビッグ・マムが巨体の理由~半人魚姫が正体!?~超音波で泣き叫ぶしらほし姫と同じ【ワンピース066】 - YouTube


次にナミが人魚の血筋だと理解


ナミは酒豪~大酒飲み女(酒好き女)は、おおむね人魚の血筋【ワンピース090】 - YouTube


酒飲みのリンリンとカイドウ
息子は「大酒のバスコ・ショット」だと堅く考察。

大……ビッグ・マム
酒……カイドウ ※海童という酒がある

カタクリはカイドウの母違いの弟(父親は同じく、クローバー)。
カタクリとカイドウを親子だと信じたい人もいるが、作者が(伏せ字ながらも)否定している。似ている理由は兄と弟だから。詳しくはカイドウやカタクリのまとめで。


大酒飲みのナミ
胸にはビッグ・マムのシンボル「ハート」。


ナミが人魚
麦わら劇場モンスタータイムでナミは人魚だった。
ナミが人魚の血筋だと把握しても、その先に進まねば意味が薄い。親が魚人の血だという方向になる。

当チャンネルではナミの父親ではなく、母リンリンこそが魚人の血筋だと特定。

追記は実施しているが、当まとめは「2017年10月3日」に初公開。管理画面にちゃんと残っている。ユーチューブのムービーも2017年。


そしてナミがマムの娘だと理解


リュウグウ王妃は果物名でビッグ・マムの血筋【ワンピース091】 - YouTube


シャーロット家・次女モンデはアマンドの次女【ワンピースネタバレ考察】
ナミの位置以外にも、ビッグ・マムの娘リストに偽者が混ざっている話。というか、ナミの話よりも、こっちの方が面白いので、ナミのまとめを読んだら、ここに戻ってきて欲しい。


首紅の女アマンド(ビッグ・マム3女)
ナミは(敵としてだが)アマンドに後ろから抱きしめられる。赤子の頃にも抱っこされたと考察。

なお、ナミは8女ブリュレにも抱っこされている。


ビッグ・マムの編 終了直後のナミ
ハートのワンピース。
ビッグ・マムのシンボルであるハートを装着。ビッグ・マム本人の口紅や、3女アマンドの首紅がハート。単なるハートではなく色や形、大きさが完全一致。

泥棒猫ナミが通称だが、猫のフランス語はChat(シャ)で、女性形だとChatte(シャット)なので、ほとんど補完。ナミもどうせDなので、シャDット → シャロット。ドロボウからロを取得してもいい。

棒は「ー」で伸ばす文字。
ドロボウ→Dロー
猫→シャット
泥棒猫ナミ → シャーロット・D・ナミ
我ながら完璧だ。(語りたい場合には、当チャンネルへリンクを)
まだ証拠が欲しいのかな? 後30くらいあるけれど。


929話表紙
ナミはガトリング砲という武器を持っている。これはビッグ・マム海賊団の兵器。本編では空島の武器を持っているが父親が空島出身(後述)。

ちなみに、フランキーは37という文字になっているが、既に37歳だと考察。フランキーはビッグ・マムとベガパンク(ツキミ博士)の息子だと特定。この話はフランキーのまとめで。

フランキーは子供の頃に捨てられているので、ナミの誕生には立ち会えなかった。

サイボーグ → Cybernetic Organism → Cyarot→ シャロット


ナミが人魚の血筋でマムの娘である根拠リスト


時に、娘
84巻847話より。
もちろん、意味としては、女、小娘など、女性を呼ぶ代名詞としての娘だ。しかし、言葉遣いは特別に綺麗ではないマムの言葉に、わさわざ「娘」を選ぶ以上、作者に理由がある。

作者は関連書籍(マガジン4)で、不自然にビッグ・マムの娘達を埋めてきたが、シャーロット家から出た女たちは欠番ではなく、ビッグ・マムの孫で代用を作者が実施した模様。ナミの素性は当まとめこそが真相。

ナミの素性が完璧に当チャンネルで暴かれた後、ずっと空欄だったナミの位置に、変なキャラが「構想段階の資料」という誤誘導で埋まったことこそが、むしろ、ナミがビッグ・マムの娘である証拠。


「もう用済み」と冷たい目
ナミがあまり使わない「用済み」という言葉をわざわざビッグ・マム編で出してきた。「ーーもう」までも共通。

ちなみに、シーザーもビッグ・マムの夫の1人なので、母リンリンからも、もう用済みと言われたのだろう。娘は25女ミュークル。手長族=エビの魚人の血、シーザーの頭はエビ。

公式年齢をそのまま信じると、当時のシーザーは15歳だが誤誘導。時超えとか若返りで解決。もちろん、自分の作った硬化ガスで固まってしまったとか、モンドールの本に閉じ込められた(その間は年齢停止)という思考でもいい。


歳を取らない → 年齢がずれているキャラがいる → 親子関係を隠す
公式年齢は嘘ではないものの、(登場キャラがとにかく血縁関係なのを隠すための)誤誘導なので把握を。なお、「構想段階の資料」「本編では異なる場合」と称して公表された年齢には虚偽が混ざるので、事実ではない。公式=事実というのが先入観。


天候まで操るナミ
ビッグ・マムも太陽(プロメテウス)や雷雲(ゼウス)を操る。

ナミの父親は空島ルーツ。ゼウスの態度はナミが誰なのかをリンリンが認識するヒントだった。
食いわずらいでおかしかったので、ナミと接触している時点では気づけなかった。冷静になって、ナミが娘だと把握できた。自分の血筋でないと、ゼウスがなつかない法則をリンリンは理解している。


返して貰わなきゃならねえもの=娘
麦わらに不当に奪われた物ならば、奪い返すとか、荒い表現でいいはず。ゼウスは戻ってくるのが当然なので、返して貰う必要すらない台詞「てめェも戻ってこいよ」がワノ国編で登場。ゼウス以外にも、戻って欲しい存在がいることに。

そして、麦わらのおかげで生き別れた娘に会えたとしたら、麦わらルフィをその部分だけは尊重して「返してもらわなきゃ」という柔らかい表現になる。

シャーロット・D・ナミが本名なのは確定的だとしても、マムの娘なのか孫娘なのかは実は定まっていない。ナミがマムの孫娘ならば、直接の親が返してもらうべきで、ナミは娘だと判明する。


ナミが記憶にない赤子の頃に可愛がってもらった
ローラと会うのは初めてではない。
更には、ナミが気前良すぎる。

影の時は記憶をなくす設定なのだから、少しでも覚えているのはおかしい。つまり、ローラが影の時の記憶ではなく、子供の時の記憶。

ローラ達は麦わらの一味に救われているので、むしろローラこそが麦わらの一味に礼をせねばならない立場。お礼そのものを不思議がるローラ。赤ちゃんの時に可愛がってもらったお礼だ。


●女性の本性を察するサンジがナミに人魚をイメージした
●相手の本質を見抜くルフィが、魚人の絵に「なみ」と記した
●ナミ登場の回で、ゾロがナミについて「天候まで操るのか……その女」とあった。天候を操る魔女として登場しており、ビッグ・マムそのもの。
●酒飲み女はだいたい人魚
●人魚のしらほしが、ほっとして母の面影を感じた
●しらほしと境遇が一致する表現がある=人魚と親戚(人魚そのものの証拠ではなく近親の証拠)
●魚人が好む水玉の衣装や真珠のアクセサリをナミがすることがある
●麦わら劇場モンスタータイムでナミは人魚だった
●ナミの肩のタトゥが魚っぽい
●ビッグ・マムもナミと同じような位置にタトゥー
●「時に、娘」とナミは呼ばれた
●ウソップの故郷の少年達が、ナミを見て、「鬼ババァ」と叫ぶ。人喰い鬼婆(魂を食うビッグ・マム)のこと。
●人魚ハーフの血と証明できるビッグマムのビブルカードを使いこなした
●ビブルカードなしに、マムの眷属(ゼウス)を操った
●最初からビブルカードなしでもゼウスなどを従えることができたのに、あえてビブルカードが原因かのような誘導があった理由は娘だから。
●マムの娘の空欄と、ナミの母親不明が同時に成立
●拾ったのは3歳位のノジコなので、両親が健在でもナミは孤児になれる
●天候を操る能力がマムと共通
●拳で殴るのが共通(ナミの拳はミスター2の頭にも決まった)
●計略で相手をハメるなど性悪(魔性)
●ナミという文字パーツの一部を回転させると「リン」。
●ナミのナを20度回転、ミを60度回転させると、「リン」のパーツを発見できる。
●リンは元素、アルミナは酸化アルミニウム(金属アルミ=単体元素の原料)。アルミナを逆読みでナミ。
●瞳の色がマムと一致
●ナミの意味は波であり夏みかんの意味(魚人を連想し、果物はマムの娘の法則に沿う)
●しらほしはナミチンという名だと思っていた(ナチミンさん→ナチミサン→夏みかん)
●マムのシンボルはハート。ハート型の果物=りんご。リンリン=りんごりんごで、果物繋がり
●どんどん成長するバスト(2年前86、現在98^^;)
●ローラと義姉妹を強調される(ローラは姉)
●ローラがナミに対し「どこかで会った気がする」と語る(50巻486話)
 もちろん、ゾンビのときに会っているのだが、それ以前にナミが0歳児の時にはローラは6歳位で、妹として可愛がっていたからこそのセリフ。ナミはぎゅっとローラを抱きしめ、ゾンビのときに会ったくらいにしては大げさなシーン。
●ナミがローラに財宝を渡す(小さい頃に可愛がってもらったお返しの意味もある)
 ローラのほうが麦わらの一味に恩を返すような立場なのにナミは渡した
●ビッグ・マム編が終わった後、マムとカイドウとの会話で、麦わらに「返してもらいたい物がある」とマムは語る(娘のナツミカンだと気づいた。単純に奪い返す対象ではなく、持ち主のルフィを尊重せねばならない何か)
●前髪が人魚の尾っぽになっているベルメール(ベルメールは姉)
●ボニーの帽子は魚の口の形(ボニーは姉)
●人魚ココロの孫娘チムニーは足のある人間(ナミも人魚ハーフの娘)
●プリンの性悪さとシンクロ(プリンは妹:目の色や形も近い)
●フランペの性悪さとシンクロ(フランペは妹:目の色や形もそっくり)
●ナミの顔に似た姉妹や姪が何人も見つかる
●ナミと容姿がそっくりのコアラは魚人空手をマスター(コアラは姉)
●ナミと容姿がそっくりのコアラの名前構成は、小+アラで、アラという魚の子供(父タイガーは鯛+ガーでガーという魚がいる)
●ナミスズメダイという、腹がみかん色の魚がいる。割りと可愛い系の魚種。
●麦わらの一味は全員が牛乳を飲んで歯が再生(87巻読者コーナー)
 ナミも再生する体質=人魚の血
●ナミはよく白眼に歯がギザギザになる
 サメの特徴=人魚の血
●ナミは目玉が飛び出る
 魚の特徴=人魚の血
●ビッグ・マム編の序盤から中盤は特に、ビッグ・マムの血縁者が麦わらメンバーの命をあまり取ろうとしない(生け捕りの上、本に閉じ込める)。麦わらメンバーも、敵対相手(ブリュレ)とギャグシーンが多い。
●ナミの父親だと考察できるキャラ(後述)とそっくりな様相の27女ジョコンドがいる
●29女ジョスカルポーネが20歳で、空欄の28女にうまくマッチ
●ビッグ・マムの子供だと考察できるチョッパーやキャロットと全く同じ反応をナミだけがする(ビッグ・マムからブルックを救うシーン:その場のペドロやジンベエはしない)
●舌出しで追いかけてくるマムのシーンで、ナミも舌出し


8巻より
●魚という漢字は「ミ」と読む(しかも、「ミ」というパーツを含む)。人は「ナ」というカナに近い(下手な字だと区別できない)。つまり、人魚は「ナミ」。


【サンジについて補足】
ナミに人魚をイメージしたといっても、「サンジが思っただけ」という思考は誤り。サンジはヴィオラの本心を見抜いたり、ベビー5やイチカ達メダカの人魚は近親だと見抜いて目がハートにならない。つまり、女性の本心や本質を見抜く目がある。また、「人魚でもないナミに人魚をイメージする」という無駄なシーンを作者が作る意義が存在しない。やはり人魚と関係あるからこそのシーン。作者は無駄な表現はしないと語っている。また、サンジだけでなく、相手の本質を見抜くルフィまでもナミに魚人を見た。ルフィは後に万物の声も聞けるようになる。この2人の態度が無意味である可能性が重なることは、まずあり得ない(意味があることを強調したい作者の意図が浮かぶ)

●猫はフランス語の女性形だとChatte(シャット)。ボウは「ー」で、ドロボウ → Dロー。泥棒猫ナミ → シャーロット・D・ナミ
●泥棒のフランス語はvoleur。Chat voleur → Chalote
●泥のさんずいは「シ」、猫の獣偏に「ヤ」、尼に「ロ」、苗に「ッ」、木に「ト」……泥棒猫ナミ → シャーロット・ナミ
●ナミ40歳、60歳の想像画4点があり、4つ共に肩出しがビッグ・マムと共通。
●マムはワノ国では、麦わら一味の味方フラグ。ナミの母親のみならず、キャロット、フラム、チョッパーの母親だし、ルフィ、ゾロ、サンジ、ロビンの祖母。更には、ジンベエのオバでブルックの姪。(最初から当チャンネルは仲間になると分かっていた。)
●ワノ国編の表紙でビッグ・マム海賊団の兵器をナミが持つ。
●人食いのリンリンに対し、人を食ったような性格のナミ。
●ナミが唐突に「もう用済み」とか「死ね」とか、ビッグ・マムと同じ言葉を使う。
●ナミの幸せパンチに対して、パンチが得意なマム。
●ゼウスに対して、「アタシの友達になるか、それとも死ぬ?」と質問。「ライフ オア トリート」みたいな選択肢を突き付ける所が一致。
●ビッグ・マムの娘達に抱っこされる。
●ビッグ・マムの子孫だと確定したキャラに、実はオレンジ色の髪のキャラが極めて少ない。オーブンくらい。娘だと明確になったキャラには、オレンジ髪が1人も見つかっていない。娘だとばれないよう、ありがちな髪の色をあえて避けた逆の証拠。
●ロマンスドーン(ワンピースの雛形)の麦わら少年の相棒はアンで餡。ビッグ・マムの娘の名前法則。顔と髪色はナミにそっくり。(この麦わらはロジャーのことで、赤毛のアンはダダンだと考察)
●ナミの母親がマムだと、序盤からの仕込みという歴史があり、説得力がありつつ、それまで想像できなかった読者は作者に感銘を受ける(全く伏線がなく、急に現れた母親では台無し)。
●作者から名前は生まれてすぐに付けるとあるので、命名者は実母。ナミが村に来たときは嵐なので、名前がナツミカンでも、文字が掠れたり滲んだりで全部は読めない。ナミは自分の名前を言ったが、ベルメールやノジコは、ナツミカンを聞き取れなかった。
●ナミュールという白ひげ配下の魚人がいて、ナミの本名がナツミカンならば、かぶりまくりのナミュールという名前があっても問題なし(作者の頭の中で、ナミ=ナツミカンだからこそ、ナミュールという命名に抵抗がなかった)
●シャーロット・カトウというミカン頭の男がビッグ・マムの子にいる。防具はナミの父親(後述)とそっくり。ミカンと関係するキャラとビッグ・マムが関わった証拠。
●ローはほぼ全てのキャラを「称号(特徴、あだ名、通称、姓)+屋」で呼んでいる。
 ナミはナミ屋→ナミは本名ではなく通称
 ゾロもゾロ屋なので名前は略称?
 スナッチ(捨名っ知)という掛け声には名前を捨てる意味があるし
  「ゾロトゥナー」(アマンドで作ったケーキ)とか
  「カイゾロ」が本名だとか(カイドウがゾロの祖父)
 当チャンネルの最新考察では、「シャーロット・D・カイゾロ」が本名で、名前を捨てて、魁ゾロ → ロロノア・ゾロと名乗ったと分析。ナミは幼い時に親とはぐれて苗字不明。ゾロも名前を捨てて本名不明となると、同じ苗字=親戚だからこそ。ナミの甥がゾロで、ゾロの叔母がナミ。フランキーは親(ビッグ・マム)に捨てられているが、本当はシャーロット家。
 サンジだけは家族が明かされたと思うのは早計。ソラの両親が明かされていない。当チャンネルでは、ソラはナミの姉でビッグ・マムの娘だと堅く考察。ソラの父センゴクが育てたので、シャーロット家ではないだけ。


笑顔のナミ
ベルメールを先にビッグ・マムと黄猿の娘だと把握できると話は早い。ママとはぐれたはずのナツミカンが、笑顔でいられる理由は、「人の気も知らない」が理由ではなく、ママに似た実姉がそばにいるので安心できていたから。

しらほしが、母オトヒメの面影を持つナミで「ほっ」とする理由と同じ。

ノジコに関しても、ナミの実姉オルビアの娘なので、マムの孫娘ノジコがいれば、ママの面影があり、安心できていた。

当時はすでに、みかん色の髪がしっかり生えている。約20年後に再会したら、母リンリンはナミが誰なのか、冷静になった後は気づけたのだ。


【ナミの名前について補足】
「名前って生まれてすぐつけるよね!?」 (コミック82巻120ページのSBS)

1歳前後のナミが「アタシなみ」と名乗れるわけがないという思考の場合、名前のカードがあったり、名札の木などに刻まれていたと判断できる。そして戦場の混乱や嵐の後には、ナツミカンの名前の一部しか残らないというトリック。1歳前後のナミがベルメールの「名前は?」に対し、「な#み@$」と、自分の名前を言えたという思考でもいい。1歳になると、意味のある言葉を話せるのが一般的。ベルメールはナミの発した「ナツミカン」(「ナッミキャン」のような発音)を「ナミちゃん」と聞き取ったのかも知れない。「ちゃん」は不要だと判断し、ナミが本名だと解釈したという場合もあろう。



髪の中心部にはナミの髪の色に近いエリアもある。夜だからこの色であって、昼間だと実は全般的にナミとそっくりの色では?

舌出しもナミの癖の1つ。
ルフィの癖でもあり、ルフィはビッグ・マムの孫息子。
火の技だとも解釈でき、火拳のエースやサボも、ビッグ・マムの孫息子。

ナミの話に戻し、瞳の色に加え、実は髪の色までもナミと重なるシーン。

ナミは優しい母の顔しか知らないので、この顔で迫ってきたら、とてもじゃないが自分のママだとは気づけない。


火拳のエース
昼間の炎はナミの髪の色。

ガープの異名はゲンコツのガープ。
ゲンコツ=拳

リンリン → 燐々 → マッチの原料にも使われる可燃性の物質が燐(りん)

ビッグ・マムの火と、ガープの拳で火拳のエース。
エースの母親はビッグ・マムの娘。エースの母親の父母がガープとリンリン。


幸せパンチ
ビッグ・マムはパンチが得意。


マザー・カルメル
魔女のような人物。
ソルソルの能力も魔女という印象を高める。受け継いだリンリンも魔女に等しい。カルメルを食うことで、リンリンにカルメルが宿ったのかも。

一方、ナミも初期は魔女と呼ばれていた。

●魔女系の設定がリンリンとナミで一致。

カルメルはリンリンの母親ではないが、祖母など血縁者の可能性も。カルメルにはお金に汚いところがあり、ナミのひい婆ちゃんとして違和感はない。

カルメルは巨人と仲がいい。
可能性の具体例だと、カルメルの夫がロックスで巨人もしくはハーフ。カルメルとロックスの息子が、リンリン父のような位置。そうなると、リンリンの婆ちゃん、ナミのひい婆に。


カルメル → カノレメル
カルメルという文字の中に、実はリンリンという文字を発見できる。カノの部分はリンが重なった文字、レメルの部分にもリンが発見できる。
カメ(kame)とナミ(nami)は(am)が一致。カの中に「ナ」のパーツがあり、ルメルを回転すると「ミ」のパーツ。

●たくさんの証拠(作者による母娘表現)がありつつ、更にナミに全く別の母親がいることは考えにくい。
●ずっと空欄だったナミの位置に、変なキャラが「構想段階の資料」という誤誘導で埋まったことこそが、むしろ、ナミがビッグ・マムの娘である証拠。もし、資料通りの構想があったのならば、マム編の初期から、全キャラをバッチリ紹介してゆけばいい。つまり、構想資料は存在していない。この状態で、ナミがビッグマムの娘ではない(仮定)ならば、ずっと空欄のままでいいはず。にもかかわらず、ありもしない「構想資料」という言葉を使うからには、なにか事情があることになり「ナミがビッグマムの娘ではない」という仮定が矛盾。となると、ナミがビッグマムの娘だからこそ、変なキャラが埋まるハメに。
●ナミがリンリンの娘という反証(否定の証拠)は構想資料(マガジン4,5)のみ。つまり、構想資料自体が偽物ならばバッチリ → 構想資料が虚偽(誤誘導)だという証拠。

【母娘補足】
最終話のオチは、「読者にバレたら変更する」と語る作者だが、ナミの母親がバレても、それを変えるわけにはゆかない。最終話が変わってもワンピースの話は崩壊しない(変更というより追加だから)。だが、ナミやルフィの母親が変わったらこれまでの表現が無意味だし、元々読者に血縁関係を明かすつもりがないので、変更はないということ。

「最終話のオチがバレたら変える」という意味だが、例えば、「海が1つになる」がバレたとしよう。しかし、海が1つになるシーンを省く必要はなく、その設定も導入しつつ、新たに編み出した最終オチも描けば、特に矛盾は存在しない。しかし、20年以上前からナミの母親はビックマムだと決まっていて、その真相に沿って物語が進んでいたのに、変更して母親をミス・バッキンとかにすることは作者の許容範囲を超えてしまう。次の例だと明確。ルフィの父親はロジャーに決まっているのに、それを暴かれたからといって、変更というわけにはゆかない。極めつけは、もし作者が変更したのであれば、「構想資料」という名目で、関連書籍でナミがマムの娘に位置しておらねばならない。

ちなみに、当チャンネルの管理人が作者ならば、ビッグ・マムの娘39人というのはプリンの嘘でしたとか、勘当した子は非カウントだとか、成長した子供だけをカウントしているという変更を加える。過去の日本では小さい子供は、まだあの世の住人みたいな感じで、人間とはみなしていなかった。その設定を取り入れるだけ。ナミが娘という部分を変えるのは愚。
(変更する場合の話であって、当チャンネルとしては、作者は何一つ変更していないと結論)

【ビッグ・マムの子供たちの容姿】
作者が子供だと明記しているキャラの容姿を見ると、父親が違うにしても、見た目が違いすぎる。ここで物語視点で考察すると、ビッグ・マムが魚人の血を引くからだと説明できる。そして、次に作品視点になってもらいたい。「隠し兄弟姉妹、隠し親子が居て、容姿が違うので、血縁を見抜くには高度な考察が必要になる」という事実を取り出せれば万端だ。


左下の金髪人魚の名はソラ・アニメ573話
サンジの母ソラが姉ボニーの能力で、寿命を受け取った姿。更には、ローによって病気を治してもらった。ローもソラもジェルマ嫌いで話が合いそう。
サンジの母ソラが人魚で、ナミがソラの妹ならば、ナミに人魚をイメージしやすい。

なにげに一番先頭にいるのがソラ。視線の方向を考えると、先頭の中央だと把握できる。本当は一番重要な人魚でトップに位置するのに、見た目、スミっこにされている事こそが、むしろサンジの母である証拠。

役割がほとんど同一の人魚をたくさん出した理由は、ソラをコッソリ仕込むためだと結論。

サンジがよく出すハートはビッグ・マムの血筋の証。


サンジの母ソラは人魚、生きている、ビッグ・マムの娘【ワンピースネタバレ】
ナミがちょっと年を取ったような顔のソラ、同じく母はリンリン
サンジがナミに人魚をイメージした理由は、母のソラが人魚で、その妹がナミという解釈でもO.K.
マッチ棒でソラという文字を作り、一部の棒の角度を変えるだけでナミという文字に。
実はビッグ・マムの偽娘が紹介される関連書籍を作者サイドが用意した理由は、当チャンネルが28女ナミを特定したからではなく、9女ソラ、次女オルビア、7女ルージュ(ルフィの母親)、38女キャロットなど、ナミやベルメールも含めてことごとく完璧に発表したから。ナミだけならまだしも、ソラやオルビア、ルフィの母親はそのままにはしておけなかったのだ。


●リンリンの子供に、魚人の特徴を持つキャラが多すぎる。(夫に魚人ばかりではおかしい)
・カタクリはオオカミウオの口裂け
・オペラ達5つ子の頭のイボはダンゴウオ
・デンはオオカミウオの人魚
・アマンドは体の細長い魚シラウオという刀を持つ
・オトヒメ(夫・魚人トムとの娘)は金魚の人魚
・プラリネはシュモクザメの半人魚
・ソラ(夫・センゴクとの娘)は半人魚(この項目の↓に画像あり)
 (ソラ自身はマム、オトヒメ、しらほしと泣き方がそっくり)
・プリンの顔がフグのように膨れるし、舌や目玉も飛び出る(圧力不足で飛び出る魚)
・オペラの更に娘のペローナだが、目玉が飛び出る
・ボニー(マムの娘)の更に娘のチムニーだが、歯がギザギザになり目玉が飛び出る
・ボニーの更に娘のケイミーだが、人魚そのもの
・ボニーの更に息子のエースだが、白眼に歯がギザギザになる
・ブリュレやアマンドは、シラウオのような細長い身体
 アマンドの息子ゾロは、白眼に歯がギザギザになる、歯も再生
・ソラ(マムとセンゴクの息子)の更に息子のサンジだが、白眼に歯がギザギザになる、歯も再生
・コアラ(マムとタイガーの息子)は、魚人空手マスターで、白眼に歯がギザギザになる
・ティティ(マムとシキの娘)の更に娘ビビは、白眼に歯がギザギザになる
・ポワールはアンコウやオオカミウオのように大口の歯ギザギザ
・出っ歯リボン娘(10歳ちょいくらい)の歯が高速再生
・モロに魚人の少年(マムの孫息子)が、末娘アナナ達と遊んでいる
・サンゴ頭の息子バサンズがいる
・バスカルテはカニ系の手に歯がギザギザ
・デリンジャー(夫・エリザベス:カマバッカ金髪との息子)は闘魚の半魚人
・チョッパー(夫はミヤギ:チョッパーとスクラムを組んだミンク族の医者)の歯が再生、白眼に歯がギザギザになるし、目玉も飛び出る。ちなみに、ランブルとは闘魚のことで、兄デリンジャーと同じ魚種。
・フランキー(夫はベガパンク)の歯が再生
・ワンゼ(夫はゼフ)の目が最初から飛び出ている
・ティーチ(金獅子のシキとの息子)の歯が再生
・ティーチは3つの心臓=イカ・タコに3つの心臓=魚人の性質

ナミは人魚というタイトルで読んでもらっているが、ナミは人魚の血を持つ人間だと、当まとめを作る前から把握している。ナミが人魚そのものかという問いには否となる。


黒ひげの正体がヤバイ~ケルベロスではなくイカ・タコの魚人【ワンピースネタバレ】
混血なので、魚人が出たのは心臓の数と歯が再生する所、鼻の大きさなど。というか、マムの顔を男にしたら黒ひげでしょ。こういうのがバレたら、作者サイドは構想資料と称して対策しないといけない。


麦わらの一味は全員が牛乳を飲んで歯が再生する!?~ウソップと黒ひげに共通点?【ワンピース118】 - YouTube


【ローラの言葉について補足】
ナミとゾンビローラがスリラーバークで会っている可能性は元々高い。にもかかわらず、ローラが「どこかで会った気がする」と語るのは実は不自然。「ここスリラーバークで会ってない?」のようなセリフが最適なのに、「どこかで」と語る以上、全く別の所で過去にということになる。

ナミにはスリラーバーク以外に心当たりがないということは、余程に幼い時期の話。

視点を変えると、ローラがナミの実姉でない場合、作者はローラに「どこかで会った気がする」というセリフを作る必要がない。つまり、ナミがビッグ・マムの娘である証拠。

しらほしのセリフ「ほっとする」も、ローラの「初めて会った気がしない」も「私達、親戚よね」という意味であり、ナミの切り返しのセリフは誤誘導ということ。もし、ナミのセリフがないと、読者に考察されてしまうから。しかし、当チャンネルにしてみると、そのナミのセリフによって、むしろ考察が進んだ。作者の誤誘導は、ある一定の考察水準からは、逆効果になるというわけだ。

ローラへ……ローラ、また会えて嬉しい → じゃあ、他の所でも会ってるのね → 血縁だ
しらほしへ……境遇が似ているからかな → じゃあ、境遇以外の理由もあるのね → 血縁だ

☆ローラとハク(千と千尋の神隠し)☆
千と千尋の神隠し(ジブリのアニメ)を知っている人を中心に、このブロックを語る。ヒーローのハクは自分の名前も思い出せないのに、ヒロイン千尋に対して「小さい頃から知っている」という。これは設定に反している。しかし、一説ではハクの正体は千尋の兄で、死亡して神になった。川の水面に伸びる子供の手は兄のものだという裏設定を表現しているからだ。母親が千尋に冷たい理由は、千尋のために息子を失ったからだという。
要するに、ローラの演出はジブリのアニメと同じというわけだ。更に追求すると、兄の存在やハクとの関係を明確にせずに物語は終了した。ナミとローラが実の姉妹というのも、隠されたまま終わりと言える(当チャンネル級の考察者や、それを理解できるセンスのある人だけ伏線回収できる)。

【サンジについて補足】
ナミに人魚をイメージしたといっても、「サンジが思っただけ」という思考は誤り。サンジはヴィオラの本心を見抜いたり、ベビー5やイチカ達メダカの人魚は近親だと見抜いて目がハートにならない。つまり、女性の本心や本質を見抜く目がある。また、「人魚でもないナミに人魚をイメージする」という無駄なシーンを作者が作る意義が存在しない。やはり人魚と関係あるからこそのシーン。作者は無駄な表現はしないと語っている。また、サンジだけでなく、相手の本質を見抜くルフィまでもナミに魚人を見た。ルフィは後に万物の声も聞けるようになる。この2人の態度が無意味である可能性が重なることは、まずあり得ない(意味があることを強調したい作者の意図が浮かぶ)


数学的アプローチ


ナミがマムの娘説について30項目以上語ったが、1つでも正解していれば説が成立する。確率計算の得意な人は、全て外れている確率を計算してみよう。苦手な人には答えを書いておく、外れている確率はゼロだと。

なお、数学的センスのある人だと、
泥棒猫ナミ → シャーロット・D・ナミ
が偶然に成立する確率自体が、まずあり得ないことを把握できる。後はビッグマムの娘なのか、孫娘なのか、姪なのかを議論すべきなことが分かる。他の証拠はことごとく娘を示しているので、改めて2親等以降を考察する必要性に欠ける。

【数学に理解ない人の思考】
証拠1……あるかも
証拠2……あるかも
証拠3……あるかも
証拠4……うーん
証拠5……こんなもんは証拠じゃない
途中までは良かったのに、証拠5で駄目だと思った。よって、不成立……のように判断しがち。
しかし、数学的に数値化すると
証拠1……0.5
証拠2……0.5
証拠3……0.5
証拠4……0.1
証拠5……0.01
成立確率は1-0.5x0.5x0.5x0.9x0.99=88.9%
つまり、9割の可能性で正解。
数学に理解がないと、成立のために、「すべての要素が納得できる(高確率な)必要がある」と思いこんでしまう。実は程々なのが10個であっても、もうその説は揺らがない。

次のように考えると分かりやすいかな。証拠が10個そろっている説をパクって、11個目のデタラメ証拠を追加して発表したとする。デタラメ証拠があることで、成立していた説が無効になることはない。言い換えると、「うーん」と思う証拠は無視するだけでよく、信じられそうな根拠だけを頭の中で集結するのが正解。

【確率の合計は必ず1(100%)】
ナミの母親の考察でありそうなのは

○ビッグ・マム……3%
○ベルメール……3%
○オイコット王国の王族で未だ登場していない……3%
○かぐや姫で未だ登場していない(もしくはトキ)……3%
○人魚(オトヒメ)……3%
○戦争で亡くなっている……3%
こんな所かな? どれも可能性は小さいので、尾田先生が明らかにするのを待ちましょう。

上の思考は不成立。合計は100%になる必要がある。ナミの母親に限らず、ゾロの父親とか、他の考察でも同じ。ついでに語ると、作者はナミの母親を作中で(サンジのように)明確にするつもりは無い。


ナミ?…答えはアン(若いダダン)
アニメ497話より
ナミの姉がアン(ダダン)
彼女も人魚の血なのでお酒のみ
アンの妹(ナミの姉)にオトヒメやイナズマがいて、彼女達も酒好き

髪の色も目の色もナミとダダンで一致。若い頃だと、顔つきも一致。男を殴る癖も共通している。これはもう、近親となろう。ナミの母親を探している人が、ダダンを見逃すとは、どこを探しているのだろう? 実際には姉にせよ。


アン(ロマンスドーン)
NAMIを逆読みで、I 'm An。ロマンスドーンのヒロイン・アンの逆読みをワンピースのナミとした。


娘じゃない説を片付ける


当まとめを読めば、そうそう反論はできないだろうが、「ナミはビッグマムの娘」程度の話を別の場所で断片的に聞いて反論はあり得る。もし、友達などに口頭で話して反論があったら活用をどうぞ。

●ナミは戦災孤児であって捨て子ではない。戦争で死んだが両親はちゃんといたはず→
戦災孤児の定義だが、親が行方不明になったり、はぐれた場合でも該当する。親が死んでいる必要は無い。
戦争そのものにマムが関わっていた。
 そのドサクサで捨てられたか行方不明になったか。
 ベルメールがその状況を戦災孤児と判断しただけ。
戦争で死ぬ程度の一般人がヒロイン・ナミの両親のわけが無い。
 一般人が両親ならば、ナミには正体という概念が存在しないに等しい。
 一般人が母親ならば、実母が殺されるシーンを描けばいいのであって、育ての母親が殺されるシーンである必要が無い。(育ての母親よりも印象的な実母がいる証)
拾ったのはベルメールではなく、3歳位のノジコ。ちょっとリンリンから目が離れた隙に、ノジコが親なしと判断して勝手に持ってきた可能性。(ノジコは巨体の化物をナミの母親だと認識できなかった)
※そもそも、ベルメールですらビッグ・マムの娘(父は黄猿ボルサリーノ)なのに、ナミが急に無名の両親はあり得ない。他にも、ゾロは鬼人のギンと鬼夫人アマンドの息子、ロビンとノジコは青キジとオルビアの娘、フランキーはベガパンクとリンリンの息子、ジンベエはレイリーとココロの息子、ブルックはバッキンが妻でドラゴン、ベックマン、ホグバック、マッハバイスの父親など、麦わらの一味にはちゃんと家族がいる。

●家族を大事にするビッグマムが自分の娘を捨てるとは考えられない→
マムの息子フランキー、キッド、チョッパー(名前すら付けてもらえず)は捨てられた。マムの娘ルージュ、コアラ、キウイもおそらく捨てられた。
要するに、捨てられていない子供達がマムの近くに残っているだけで、捨てていない子供がいるという証拠しかない。
23女ローラに関して死ねと語った。殺し屋まで送ると宣言。
食いわずらいでおかしくなったら、何をしでかすか分からない。
16男モスカートはマム自身にあっさり死の直前まで追い込まれた(死んでもおかしくなかった)。別に家族を大事になんてしていない。
更には冷静になってからも、モスカートのことをなんとも思っていない。
政略結婚は子を大事にしているとは言えない。
22女シフォンに対して顔を殴る虐待。
8女ブリュレも不自然に老いていて、マムにお仕置きを食らった可能性。
望んだ子ではない場合には捨てる
 フィッシャー・タイガーとの子は魚人を期待したのに人間だったコアラはポイ
 モリアとの子は蛇首を期待したのに人間だったユースタス・キッドはポイ
捨てるつもりがなく戦争のドサクサで失ったのかも知れない。
 拾ったのはベルメールではなく、3歳位のノジコ。ちょっとリンリンから目が離れた隙に、ノジコが親なしと判断して勝手に持ってきた可能性。
※以上、ナミをマムの娘じゃないと誤ると、ますます誤認を増やす原因になる。

●何故わざわざ東の海まで行って捨てたのか分からない→
マムの配下はたくさんいるので、マムの配下が捨てに行けばいい。
戦争があった時にマムが東の海にいた。
捨てた後、東の海に流れ着けばいい。
捨てるつもりがなく戦争のドサクサで失ったのかも知れない。
 妊娠中のマムが戦争をして、当地でナミを産んでしまった。そしてノジコが持ち出した。
コウシロウはセンゴクとつるの息子でマムの夫の1人、キウイを産んだ(東の海にも、ちゃんと政略結婚の価値のある人物はいる)
捨てたことが前提になっているが、ノジコが持ってきてしまっただけ。
読者には分からなくても、作者には分かっている(とっくに作ってある)。「一部の読者がわからないこと」と「作者が作っていないこと」を混同してはならない。

●ナミは古代兵器ウラヌスなので、母親はかぐや姫のはずだ!→
空島の血は父親が持っている。
かぐや姫の子孫がマムの夫の1人という思考で「ウラヌス」も成立。



●あんな性悪デブスがナミの母親のわけがない→
性悪なのはナミも同じ。というか遺伝。
胸のでかさは、むしろ遺伝している。
マムは若い頃はデブスじゃない。
48歳のマムがナミを産んだ頃。
天候を操る能力も習得済み。

美少女プリンの母親なのだから、別にナミが生まれてもいい。夫の顔次第。


痩せたビッグマム68歳
ナミのお母さんでも、老いたらこんなもんだろ。

ナミと接触しても反応しないシーンを作るために食いわずらいを設定したのだろう。

ワノ国では記憶を失う。娘のナミや息子のフラム、チョッパー、キッド、キラーに気づかないようにするトリック。ちなみに、モモの助とお玉(真の日和)、おトコはビッグ・マムの孫。

ワノ国の鬼ヶ島では、ビッグ・マムの娘となるナミとキャロットは、やはりマムと顔を合わせず、やり過ごした。


オペラの娘パンナ
●28女はパンナだと、マガジン4に記されている→
マガジンには、「構想段階の資料」「本編は別にある」と記されている。
当チャンネルが28女ナミを暴いてしまったので、その1年後だが誤誘導されてしまった。

バンナというのは現実の舞台女優の名前。パンナの母親は舞台女優シンドリーで、父親は5男オペラ。ペローナの実の姉妹ということに。


偽28女の存在により、当チャンネルを知らない人がナミの真相に到達するには、途轍もない弊害があるとは思う。だが、強烈に意地悪なこの誤誘導によって、当チャンネルには分かったことがある。ナミに限らず、親子関係を隠したまま完結することが確定的で、次の可能性としては最終話付近で「登場人物はみんな家族。それがワンピース」という展開になるかのどちらか。実はナミの素性や家族だけが隠されているのではなく、名前のあるほぼ全キャラクターの家族が隠されているとか偽られている。たまに、ウソップやロビンの母親は確定したりするが、じゃあ、「バンキーナとオルビアの両親は?」となると、途端に「バンキーナの両親はバッキンと白ひげ、オルビアの両親はクローバーとリンリン」という真相を隠される。(モンデはアマンドの次女が正解で、リンリンの次女はオルビア)

パンナは本編では名前すら出ていないチョイ役。
1.パンナが構想段階から28女……だったら、ナミの位置を空白にせず、パンナ登場の時点で28女だとハッキリ語ればいい。
2.ナミが28女というのが真相……「構想段階」という言葉を利用してニセ28女を紹介できる。
3.ナミが28女だったけれど、作者は変更した……ならば構想段階の資料の28女がナミのはずで、ナミが紹介されねばならないので矛盾。

ナミとビッグ・マムは血縁者だと考えつつ、当チャンネルの28女説を信じられないなら、仕方ないので、ビッグ・マムの孫娘だと信じるしかあるまい。「ビッグ・マムの子孫が、海賊団の外にいる」ということを理解してもらえるなら、詳細の合致に至らなくても、「ナミ以外の当チャンネルの説」が把握できるので、致命的状況ではない。この際、母親はダダン(アン)でもいい。パガヤは当チャンネルでは、ガン・フォールの息子でダダンの元夫だと考察しており、空島の血もナミが受け継げる。

他にもルージュの娘という話でもいい。もちろん、ルージュはビッグ・マムの娘。プラリネ・ルージュという菓子があるし、ビッグ・マムの幼少期はルージュのような顔面そばかす。更には、コンポートの娘でもいい。ナミがフルーツ好きというのは公式で、フルーツ大臣の長女コンポートと関係する。

●ナミはビッグ・マムの孫娘だ!→
血縁を認めるなら、そう信じていて構わない。
ただ、ナミの父母らしきビックマムの子供が見当たらない。
 ダダンとは髪の色も同じだし、若い頃はナミと似た顔のダダンの娘と信じるのは自由。
 なお、当チャンネルでは、ダダンの娘は、コニス、ジーナ、ミス・マンデー、アイサだと特定。
  ナミが彼女達の姉妹だと信じるのも自由。(当チャンネルでは彼女達は姪だと結論)
 当まとめはビック・マムの子供85人中全員を埋めた。更には夫の43人も埋めた。
また、オトヒメもマムの娘だが、しらほしとナミがイトコ同士程度では、しらほしがナミを見てほっとしない。母オトヒメの妹だからこそ、ナミに母の面影を感じられる。
「麦わらに返して貰わなきゃならねえもの」という表現もあり、娘のほうが的確。孫娘なら、直接の親がまずは対応すべき。
せっかく28女が空いており、マムの孫娘か娘かの選択では、娘で問題ない。

【ナミはシャーロット家】
猫がシャットなので、泥棒猫ナミ → シャーロット・D・ナミ……は堅い
暗号のように隠されている以上、リンリンのシャーロット家だからこそ。
もう一度、孫娘の可能性について語ると、ナミの母親ならば、ナミの父母(どちらか)はある程度、目立っているはず。アラフォーより上の世代で目立っていたのは、目立った順に
次男カタクリ……あれだけ目立っているのにナミとの接点なし
8女ブリュレ……ナミとの接点はあり、抱きかかえられた
長男ペロスペロー
11男クラッカー……正常な精神状態で殺そうとしている
4男オーブン……ナミと髪の色は一致
3男ダイフク
5男オペラ……容姿が違いすぎるし、ペローナの父親
3女アマンド……アンという文字を含み、抱きかかえられた

この中にナミの親らしき人は見つかったかな? 多少似ていても、それは兄姉だから。彼らには、(オペラを除き)娘を失ったような描写はない。彼らの中から親らしきキャラが見つからない場合には、素直にナミをリンリンの娘だと思おう。マガジンの構想資料が嘘だということだ。

●本当にマムの娘ならホーミーズが反応しているはず →
本国のホーミーズが生まれた時期はナミを失った後かも知れないし、ナミが産まれた時には外界にビッグ・マム達はいたのだから、本国に残されていたホーミーズ達の知るすべはない。また、ブリュレとかも気づかないのだから、知能が低いホーミーズに気づける能力がそもそも存在しない。


●マムは一度捨てたものに未練あるキャラじゃなさそう →
何の根拠もない。むしろ、ジェルマに関して20年以上、根に持っていたと考察。ジャッジがビッグ・マムの夫だった時期に、ソラも妊娠させた浮気者をずっと恨んでいたのだ。

●他の娘にはブスやフツメンが多い→
夫の顔次第。というか、全員がナミに似ていたら、読者にバレバレなので、作者はブスやフツメンを入れるしかない。それに、プリン、フランペ、ミュークルがいる時点でこの話は無意味。スムージー、シナモンも35歳ながら美女の域。末娘アナナも10歳未満ながら、可愛い系。カタクリの6女カスタードも可愛い。若いリンリンが美人である以上、むしろ夫のブサメンが娘に出る可能性の方が高い。

●サンジの出生が判ったばかりで、すぐにナミの母って言うのは急展開すぎる→
「ナミがビックマムの娘という真相」と「真相が明かされること」とを混同している。また、「サンジの母ソラがセンゴクとビックマムの娘」そして「サンジの父ジャッジがレイリーと先代女王エルミーの息子」という真相が明かされておらず、サンジの家族はまだ、不完全にしか判明していない。ちなみに、麦わらの一味のブルックより前の仲間に関し、ビッグ・マムの子供の空欄に本人もしくは本人の親が来るように必ず空いている。なお、ブルックはビッグ・マムの叔父で、ジンベエは甥だと考察。言い換えると、ナミだけビッグ・マムの娘なら納得できない場合でも、ナミ以外がビッグ・マムの親戚だと把握できた場合、ナミだけが外れることがむしろあり得ない。最終ポイントはリンリンとナミの血縁ではなく、ルフィとナミの血縁(甥と叔母)。
それからワンピースはビッグ・マム編で8割進捗だと作者からある。残りは2割なので急展開があっても自然。

●マザー・カルメルは身なし子売り、他の子もビッグ・マムの本当の子供でないのでは?→
85巻の作者コメント……『ビッグ・マムは現在68歳で約42年間、毎年子供を産み続けましたが、子供の数は85人、双子や3つ子はざらにいます。一番多いのは18歳の兄弟姉妹、男女5人ずつの10つ子です!!まさにビッグ・マム!!』
つまり、全員がマムの子供。そもそもナミの母親否定に繋がっていない。

●ナミの名前はベルメールが付けたのでは?→
作者からナミに関して「名前って、生まれてすぐつけるよね」とある。(コミックス第82巻120ページのSBS) ナミがベルメールの手に渡ったのは、約1歳の時。

●ナミの名前にアマンド、ブリュレ、ガレットなどが反応しないのはおかしい→
ナミの本当の名前はナツミカン。ベルメールの性格なので可愛く略したのか、名付けの文字が一部しか読めなかったのか。ナミが村に持ち込まれたときは嵐だった。文字が薄れるのは妥当。ナミの部分しか聞き取れなかった可能性も。作者がどう表現するかの段階(ナミ登場の時点で仕込んである) なお、前例としてダイの大冒険がある。主人公ダイは本名ではなく、本来の名前の一部であるDしか読めなかったから育ての親が付けた名前。

●しらほしが親近感を感じた理由は、ポセイドンに対するウラヌスだ→
しらほしは「ほっ」とした。兵器同士がほっとするのは別の理由(血縁)。なお、当チャンネルでも、ナミがウラヌスだと判断している。ゼウスが従属というのが大きい。ポセイドンしらほしは海王類を従え、ナミは天候を従えるという具合。

●ナミはローの妹ラミだ!→
ラミはミス・ゴールデンウィーク(ミスター3の相棒で絵描き娘)として生きているので、ラミ=ナミは不成立。ローは相手を「あだ名や特徴」+「屋」で呼ぶ。ナミ屋と呼ばれるので、本当の名前はナミではないという証拠が増える。

●ナミはエースの妹でルージュの娘だ(Nami を逆読みでI'm An)→
ルージュはナミの姉。また、アン(ダダン:D + A :エース + D + An)もナミの姉。ロジャーはアンが好きだったが人妻だったし、同じ海賊団のルージュ(アンとは四人姉妹)を妻とした。


【ワンピース】性悪女(魔性女)キャラ集合


ナミの父親はガン・フォール!



ナミは空島で修行しており、空島に血のルーツがあるイメージも強い。

当管理人は、まずは空島のガンフォールがナミの祖父だと考えた(父の父)。ガンはいきなり高額なお金を要求してきた(実際には無料になり、すぐにお金の件では引き下がったが。ナミに自分と親近感を得たのでタダにしたのでは?)

結論としては、ガン・フォールとリンリンの娘がナミ。ナミが夏みかんに対し、フォールは秋。(み)かんとガンの語呂が近い。秋みかん → みかんフォール → 神ガンフォール。また、ガンフォールとナミには会話シーンが目立つ。更には、2人きりの共同で戦闘している。お金にがめつい所も共通。
神とナミの語呂が一致(母音が同じ)。
出典 www.amazon.co.jp



ピエールの柄は水玉で、しかもリンリンの服の配色と同じ。
相棒(妻)が人魚関係を表現

ガン・フォールの構想の時点でビッグ・マムの構想もあったということ。いや、ナミ登場の時点で仕込んでいた。いやいや、ビッグ・マムの構想はワンピース連載前からあったという結論に。ちなみに、ブルックは連載前に構想があった。物語では四皇の概念の方がブルックより先に登場している。

カミとナミは韻を踏んでいるだけでなく、文字の「カ」から右棒を除去して「ナ」になる。除去した部分は「ノ」。カミ → ナミの(親)

ロックス=岩→ガンで、ガン・フォールはロックスの子孫だと考察。ナミのひい爺ちゃんはロックス!
出典 www.amazon.co.jp


女神様かい?(トの康)
神の娘なので、神の血を引く女。持ち上げて女神。
ワノ国なので、「天女(てんにょ)」という表現が妥当にもかかわらず、「女神」には意味があるのだ。

単なる空島人と神ガン・フォールの違い。碓かに神の方が格上にせよ、天と地の差ではなく、あくまで資質の違い程度で決まっていた。エネルも同様で、神というのは天地創造の神ではなく、一般人よりも格上という意味の仏教的な神となる。仏教では神のずっと上に仏が存在する。エネルのずっと上にイムがいるのだ。

神ゲームとか神アニメという言葉があるが、宇宙創造の神ではなく、一定の水準を破っているという意味だ。漫画の神様、手塚治虫で明確。


「娘」と「変な騎士」で呼び合う父娘
ちゃーんと、ガン・フォールもナミを娘と呼んでいる。ビッグマムと同じ演出というか、ガン・フォールの方が先だけど。

変という漢字の中に「父」というパーツを発見。このパーツでもう確定的なのだけど、ついでに語ろう。「な」はナミの「ナ」だし、騎という字には「ミ」と「ノ」のパーツが有る。まとめて、変な騎士 → ナミの父。

「変な騎士」と「変な父」は語呂が合う(韻を踏む)。

ここでも数学の話だけど、当チャンネルが父と母だと疑ったキャラが、見事に両者共にナミを「娘」と呼ぶ確率を計算してみよう。もちろん、猫=シャットだし、変な騎士という字に「なミノ父」が含まれる確率とかも入れると説が成立だと分かるよね。


ネットの疑問で「このページを見たけど、ガン・フォールはナミを娘だと気づけなかったのだろうか? そんなシーンは無かったので(違うと思います)」なんてのがあったが、現在このページを見ているあなたもこの意見はおかしいと思うだろう。マムに子供ができたら、ガン・フォールは捨てられるのだから、ナミの名前すら知らないかも。ナミが生まれるまで夫婦を続けたとも限らないわけだし(当チャンネルの考察では、ナミを産んだ後も次の子を続けて作ったと分析)。そもそも、本名はナツミカンだし。

もっと言うと、ちゃんとガン・フォールは「娘」と呼んでいるので、気づいていると解釈すればいいだけ。(当チャンネルでは気づいていないと考察)

改めて読み直すと、初対面のガン・フォールに、ナミがよく反応したり、話しかけている事実が把握できる。

当チャンネルでは、ロックスの息子ロジャーの息子がルフィだと特定している。一方、ガン・フォールもロックスの孫息子。つまり、ルフィからはイトコとなる。
ルフィはもちろん「おっさん」と呼んでいる。ガン・フォールの世代ならば、「じいさん」でもいいのに、イトコだからこそ「じいさん」と呼ばないのだ。

リンリンには輪輪の他に、りんご・りんごの意味があるのかも。りんご=ハートの形に近いフルーツ。フォール(秋)が父で、リンリン(リンゴ)が母で、ナツミカンが娘。

父娘が呼び合う画像はナミとガンが一緒に戦うシーン。28巻より。


27女シャーロット・ジョコンド(Joconde)


C家27女シャーロット・ジョコンド
お菓子のジョコンドとは、オレンジ色のケーキ。

一目瞭然だが、騎士のような兜がガン・フォールの娘の証。武器もガン・フォールとソックリの槍だと後に判明。

空島とも政略結婚は必要なリンリン。

ナミは28女だと考察。双子ならジョコンドの年齢も20歳ということに。ナミと誕生日が違っても、早産とかその手のトリック。7/3がナミの誕生日だが、例えば、6/29のように月をまたいでしまうと、多くの人は双子だと気づけない。「生まれが40日差の双子」とかだと、5/23などになってくる。

ガンフォールはピエールに乗るが、ジョコンドもなにか馬みたいなのに乗っている。



ジョコンドの髪の色は、レモン色かな。コミックではブスに見えたが、ワンランクはマシだった模様。

髪が空島人の翼みたいに見えるのは、気のせいかな?(翼をイメージしたに決まっているだろ)

というか、翼を髪で隠しているのでは?

ガン・フォールと同等のランス(武器)もチェック。
空島のコニスとほぼ同じ髪色。コニスはガン・フォールの弟パガヤの娘だと考察。つまり、コニスはジョコンドやナミのイトコ。

それからフランキーと全く同じ目。フランキーの実の妹がジョコンド。もう、ナミがマムの娘だと考えられない人はいないだろうから、フランキーの話でいいくらい。


「こんなブスがナミと双子のわけがない」と普通の人は思うだろう。だからこそ、このキャラが双子だと断言できる。作者は大衆の先入観を回避しようとする癖があるのだ。当チャンネルはジョコンドが出る前から、ナミはマムの娘と語っていたので、本当のジョコンドは、もっとナミに似ていたのかも。(誤誘導のためにジョコンドの容姿がナミから遠くなった)

ちなみに、24女をコアラ(23.9)、26女をキウイ(フランキーの妹分)だと考察しているので、ジョコンドがナミの双子の妹という線を排除している。なお、25女はミュークル(父親がシーザーなので、卵子から育って、装置で誕生したかで25歳)。

ジョコンドは語呂合わせ(ダジャレ風に)すると、女コンドルで鳥の名前だと考察。コンとガンの語呂もある。ガンも鳥の名前だし、ナミセキセイインコやナミジュウシマツなど、ナミの付く鳥もある。ナミは空島の血では鳥(ガンの娘の証)で、ナツミカンの意味では果物(リンリンの娘の証)。

数学的な思考が得意な人は分析してみよう。ナミの父親疑惑のある男とそっくりな様相で鳥の名前が含まれるの娘ジョコンドが確定している場合、ナミがその前後に収まる確率、しかも、すぐ下の29女がナミと同じく20歳であるという確率を。次はジョークだが、そんな確率を踏まえ、ネットでナミがビッグ・マムの娘だとバレてしまった場合に、隠したい作者サイドが関連書籍で誤誘導する確率もついでに計算すると面白いかな。「ナミはマムの娘かも」という1行の噂程度ならば無視できても、当チャンネル級の「ナミがマムの娘である証明」は別だ。

ナミの父親を軽い気持ちで考察する人もいるが、20歳のナミの父親だから40~50歳くらいかなのように語っている事がある。当まとめ管理人ですら、そう思って、最初はガンを祖父だと思った。しかし、当まとめやジョコンドを見れば、その考えは誤りだと判明する。リンリンも68歳なので、母親も40~50歳どころか、70歳近い老婆が真相となるわけだ。同じく週刊少年ジャンプ掲載だった聖闘士星矢でも、ジジイが老いてから子供をたくさん(男児だけで100人)作っていた。

ジョコンドはちゃんと育てていることから、ナミは捨てられたのではなく、ノジコが誘拐してしまったからだと結論。「ビッグ・マムが実娘のナミを捨てるわけがない」という思考は、ナミがビッグ・マムの娘だという反論としては、あまりに馬鹿げているということに。

【もしもナミが母とはぐれていなかったら?】
ビッグ・マムの娘としてプリンやフランペ達を従え、妹たちよりも性格の怖い魔性の女としてルフィたちの前に立ちはだかり、ルフィやサンジたちを翻弄したろう。サンジの結婚相手の候補はナミ。そして、最終的にはプリンみたいに涙と鼻水を垂らして改心して、結局、麦わらの一味に。


ナミの実兄フランキー(真の18男)
988話で、ついにナミがフランキーをアニキと呼んだ。
涙目なので人物が分かりにくいが、頭の花でナミだと分かる。


作者の不可解な表現を解説


【作者は なぜナミが娘だという証拠を大量に残したのか】
読者の考察力ではバレないと思ったからが理由。作者はこれまで、つるの子孫、レイリーの子孫に対し、証拠をたくさん描いてきたが、ネットの考察は全く真相に到達できていなかった。答えがロジャーという簡単な考察なはずの、ルフィの父親ですら、読者の99%はドラゴンだと考える水準。「父はロジャーでしょ」と的確な考察者が指摘しても、「違う、45巻にドラゴンだとガープのセリフにあるので確定。ちゃんと読みなさい」という反応が中心。これまでと同じような表現でもバレないと思っていた所に、当チャンネルが登場したという具合。

【作者は なぜナミの素性を明らかにしないのか】
作者の気持ちの問題なので当チャンネルはそこまで特定はできない。しかし、予想はできる。
まず、ナルトの祖母について語りたい(ナルトを知らない人は、祖母が明確になっていないという前提で読み進めて欲しい)。ズバリ「綱手」がナルトの祖母だ。そうなると、綱手の恋人・加藤ダンがナルトの祖父(父方)ということになる。また、女好きであちこちに子供を作ったと考察できる「自来也」もナルトの祖父(母方)だ。
さて、ナルトの作者は、なぜ祖父母を明かさずに完結したのだろうか? 尾田氏がナミの素性を明かさない理由と同じだと推察できるのだ。すなわち、麦わらの一味は確かに全員が親戚なんだけど、それを明かさずに物語を進めることが演出だからだ。作者にとって「親戚である真実を明確にして驚かせる」よりも「実は親戚なんだけど、読者の誰も気付かずに終了」の方が愉快。いつまでも謎として話題になる。それが理由としか言いようがない。なので、当チャンネルのように、ナミの素性を完全に暴いてしまった情報に対し、偽りの28女を用意してもおかしくないのだ。

別まとめに詳しく証明しているが、サンジの母ソラは魚人島で登場済みで、サンジと再会を果たしている。しかし、母と息子再会の感動シーンを描くことが作者にとって楽しいのではなく、とっくに再会しているのに、読者の誰も気付かずに完結を楽しもうとしていたわけだ。もしくは発見した逸材が現れて、その知性水準の人物が作品を深く読んでくれたことに感激しようとしたとか。

手品を考えると理解がしやすいかな。種のすべてを発表して、その種の内容に感嘆させることがマジシャンにとって誉れなのではなく、種があることすら気づかせず、何一つ、観衆がトリックを解けないことが誉れなのだ。

一方では、話題性を作るために、あえて種明かしをしない表現を実施した。



こんな風に、つるの息子がドフィだと表現しているにもかかわらず、当チャンネルですら、10年以上、こんな簡単なこと(ドフィの母親がつる)を気付けなかった。

ちなみに、フラミンゴの和名は紅鶴。弓の糸は「つる」という。

上記の手品の話に絡めると、一旦、種があるとバレたが最後。当チャンネル級の考察者には、暴かれてしまうというわけだ。


公式画像より
人魚の王ネプチューンだが、髪の色はナミと完全一致。更には、誕生日がナミと人魚王で一致し、公式サイトでは、ナミのズボンと人魚王の下半身の色や形状を一致させた画像を並べた。

当チャンネルによって、数年前から人魚説は完璧に証明されている。よって、今更、隠しても仕方ないから、一致させたのだろうか。あるいは、当チャンネルを知らないファンに対し、「ナミの父親はネプチューン」という誤誘導があるのかも。ネプチューンの妻オトヒメも酒飲みだし。ナミの母をオトヒメに誤誘導しているのかも。なお、オトヒメは10女でナミの姉となる。


人魚王の武器はカタクリの武器に近いが、ナミの兄カタクリは、もちろんリンリン由来の魚人の血。

ネプチューンは公式では70歳。年齢は信用できないが、ネプチューンの父親もしくは祖父はロックスで、ロックスの孫息子にガン・フォールがいて、ネプチューンの親戚がナミということに。

ナミの父親はガン・フォールだと証明済みだが、ナミの父親を探している人が、ネプチューンを見逃すとは、どこを探しているのだろう? まあ、ダダンとナミ程には似ていないが、しらほしが親近感を得ている描写もあるわけだし。

多くの考察者は「既に登場しているキャラにナミの父親がいる」という思考になっていないので、ガン・フォールはもちろん、誤誘導級のネプチューンすら近親だと認識することができない。根底には「父親ならば、父親だと判明するシーンがあるはず」があるのだ。当チャンネルでは「ワンピースでは近親を隠される。家族こそがワンピースの1つの正体だから」だと強く宣言したい。公開されている家族は、「1つの家族」に読者が気づかない程度のダミー。家族がゼロだと怪しまれるわけだし。

ちなみに、ダダンとネプチューンの髪質、髪色は極めて一致。当チャンネルでは、ダダンの父親はガープだと、極めて堅く考察。ガープの祖父がロックスだと考察。ゲンコツのガープが異名だが、ゲンコツ(グー)の英語はロックで、ガープの先祖だと判明する。ガープは肉親を逮捕したことに。ルフィを捕まえようとしたガープなのだから、先祖を捕まえてもなんの矛盾もない。むしろ、尾田トリックというのは、「父や祖父を捕まえるわけがないので、ガープの父や祖父がロックスのわけがない」という先入観を利用する。話が逸れたが、ダダンとネプチューンも近い血縁という話に繋げる。


ナミの意外な親戚


ナミの叔父パガヤ
おじさんと呼ぶのは叔父だから。

フォールの母違いの弟となる。


ナミの叔母アキリア
秋=フォール。ガン・フォールの母違いの妹だと考察。リは「ノ」を含む、アは「イ」のパーツ → アキノイ → フォールのイ → ガン・フォールの妹

空島のラキの母親でもある。ハルタという白ひげ配下の少年剣士もアキリアの息子?

ワイパーも息子。
WAIとAKI とNAMI は母音が一致。

アキリアの母親はバッキンだと考察。


マキノはナミのイトコ
マキノの母親はアキリア
アキリアの娘、31歳

アキリアのアの下の棒を回転させるとマ
リから左上の縦棒を除去するとノ
つまり、マキノという名前が登場

父親は村長の息子でロジャー海賊団なので空島へも行った

マキノはバッキンの孫娘ということに。名前の語呂は確かに似ている。
出典 www.amazon.co.jp


ナミの祖父母を特定


アマゾンという空島老婆は予想では93歳のはずが、79歳と発表された。まあ、どうせいつもの年齢誤誘導だ。
●娘にトキがいるので、娘と一緒に時超え(トキは大昔から来たと自称しているだけで、近年の人間だと考察)
●くれはを引き連れたロックス海賊団には、くれはを若返らせた能力者がいる。(後にボニーが能力を得る)

この程度の設定追加で「ナミの婆ちゃん」という証拠を大半の人から隠せるのだから、実施したのだろう。


ナミの婆ちゃん・アマゾン
ガン・フォールの母親? お金にがめつい。
しかも、腕にナミのタトゥーみたいな、ほくろがある。

アマゾンは10億エクストルを請求したが、ナミは10億ベリーを請求したシーンがある。

Amazonから文字を取り出すと、Nam。ギリシャ語ならAmazonisなので、Namiは完璧に取り出せる。

アマゾンで始まる鳥の名は多数。(アマゾンカッコウなど)

つる(76)の母親にもなろう。つるはナミのオバ。つるの息子がドフラミンゴ(紅鶴)なのでナミとはイトコ同士。

アマゾンはカルガラの娘ムースの子孫かな。


ムース(ご先祖様)
ナミやロビンの ご先祖様。
ロビンの祖母はつる……アマゾンの娘

実はゾロの父方のご先祖様でもある。
ゾロの祖母はギオン……アマゾンの娘


ナミの爺ちゃん・ハレダス(97歳)
同じく空島の老人。ナミの師匠。
ハレダスの顔で97歳なのに、ガン・フォールが60歳代というのは不自然。当チャンネル対策に年齢操作された可能性。

妻のアマゾン(空島ババア)もハレダスと同世代だと考察。(公式年齢は誤誘導の結果)
となると、ナミの爺ちゃんはハレダス。

ハレダスの父親はロックス、母親はDr.くれは。
ダの文字には「ク」のパーツが存在。
ハレダス → ハレク(ス) →  クレハ


娘さん(娘Son=息子の娘)
ナミを「娘さん」と呼ぶ。Sonはカナ読みでは「サン」で、息子の意味。
要するに、お爺ちゃんの所で世話になっていたわけだ。

ハレダスが科学者なので、科学で分析しよう。
当チャンネルが、ナミの父母だと判断したキャラが「娘」と呼び、ナミの祖父(父の父)だと判断したキャラが「娘son」と偶然に呼ぶ確率を計算してみよう。確率はゼロ、要するに、計算上は当チャンネルの説が確定する。


ナミの祖父母(リンリンの両親)
黒帽子の男はブルックの兄など、血縁者だと考察。
帽子のみならず、コートや靴もブルックと一致。髪質も強いパーマでブルックに近い。
母のほうが人魚だと考察。リンリンはハーフなので、魚人が出るか、人間が出るかは不明で、リンリンには人間が出て、ココロには人魚が出たと分析。(リンリンはココロとは姉妹だと判断)

父母の少なくとも一方が魚人でないと、巨体は生まれない。


リンリンの両親(ナミの祖父母)
母親はソバカスだと確定。ルフィの母親ルージュの特徴でもあり、ルフィのひい婆ちゃんということに。

人魚の中にソバカス女が目立つので、やはり母のほうが人魚。妹にバッキンがいると考察。

母と生き別れた設定がナミとリンリンで共通。

父の方は、ロジャーとブルックの様相が混ざった感じ。カルメルとロックスの息子という可能性も。

【最新考察】
父親……アラバスタの王子(父親はロックスで母親は姫か女王)
母親……リュウグウ王国の姫で人魚

娘ココロはアラバスタの姫でレイリーを夫に迎え、レイリーは王に。


ナミ:40歳と60歳(作者自身による想像)
個人的に注目したのは、スムーズに行った60歳ナミ。ちょっと若いミス・バッキンみたい。
当チャンネルでは、リンリンの叔母がバッキンだと考察している。ナミからは大叔母という血縁となる。

何かあった40歳は、ダダンみたい。

肩までしか描かれていないが、高齢でも肩出しがビッグ・マムと共通。


イム様の正体を分析~秘密と謎を解明【ワンピースネタバレ考察】
ナミを逆読みで「I'm AN」? ナミを逆読みでイムだ! ナミのご先祖様がイム。ガン・フォールの先祖もリンリンの先祖もロックス!


ナミがビッグ・マムとガン・フォールの娘だとバレたけれど、作者は変更していない。もし、変更してナミの母親をミス・バッキンにしてしまったら、今度はミス・バッキンの娘たちと整合できなくなるので、変更自体がナンセンスというわけだ。

【空島ルーツのキャラの系譜】 ※年齢は作者の誤誘導もあるので注意
ハレダス(97)……父はロックス、母はくれは
アマゾン……夫はハレダス ※公式年齢は当チャンネル対策、93歳くらい
ガン・フォール(68)……アマゾンとハレダスの息子
シャンディア酋長(65)……アマゾンとハレダスの息子 ※同上
パガヤ(54)……バッキンとハレダスの息子、ダダンの元夫 ※ナミはおじさんと呼ぶ
コニス(21)……パガヤとダダンの娘
アキリア……バッキンとハレダスの娘、カタクリの妻 ※54歳くらい


ガン・フォールの正体を特定~ナミの父親【ワンピースネタバレ考察】
空島編で登場したキャラの血縁関係は、ガン・フォールのまとめでどうぞ。


シャンディア酋長
65歳というのは納得できない。

当チャンネルが血縁を暴き出した対策として、「空島にエネルが来た時に、フォールやアマゾン達と時超えで一時的に逃げた」とか、そういう設定を追加したと考察。


シャーロット・カトウ(Charlotte Katou)
ビッグ・マム28男で28歳。

父はシャンディアの酋長で、カボチャを栽培している。
シャンディアの酋長は、紫とオレンジ色のマントをしている。

ここでもミカンとガン・フォールのような防具が登場。

ナミの実兄で7~8歳差。赤ちゃんナミは可愛がってもらったので、ミカン好きになったのかな。

こんな奇抜なキャラより、フランキーの方がマムの息子だと受け入れやすいはず。


ナミ前後の姉と妹そして兄と弟



まさか、この2人が父母を同じくするナミの弟と妹だとは誰も思わないというトリック。多くの大衆は先入観で「父親まで同じわけがない」と思うはず。だからこそ、この2人がガン・フォールとリンリンの子供たちだという証拠になる。

作者は大衆の裏を掻くあまり、「作者はわざわざ先入観の裏を表現してくる」という法則を当チャンネル級の考察者には見抜かれ、「裏を掻いている事実」が、むしろ証拠になってしまうのだ。

29女ジョスカルポーネと27女ジョコンドは「ジョ」で始まる所が一致で父も同じだと推定できる。つまり、28女も同じ父親。


【マスカルポーネとジョスカルポーネの父親】
首が長い理由は胴体の長い魚人の特徴が出ただけで、ナミと同じくガン・フォールが父親。ジョコンドとナミが双子(もしくは早産などでずれ)で、蛇首の双子は別の出産。つまり、ガン・フォールとの結婚は、1年以上続いたということに。(3女アマンドの首が長い理由はシラウオの魚人の血。)

当まとめの考察(小数以下の誤差は許容)は……
20女アルビダ(27.5)……父はニューゲート
21女プラリネ(27.0)……父はレイリー
22女シフォン(26.0)、23女ローラ(26.0)
24女コアラ(23.9)……父はフィッシャー・タイガー、魚人空手マスター=血の4分の3が魚人
25女ミュークル(25)……父はシーザー・クラウン ※
26女キウイ(22.6)……父はコウシロウ
27女ジョコンド(20.8)……父はガン・フォール、様相が鎧兜(かっちゅう)
28女ナミ(20.8)……父はガン・フォール
29女ジョスカルポーネ(20)……父はガン・フォール
30女~34女……リボン頭の少女達(18 x 5)、父は大手葬儀屋ドラッグ・ピエクロ
35女プリン……父はペル

※ミュークルは実験で卵子とシーザーの細胞を合成。卵子を取り出した時点から25年経っているが、装置で育つ。コアラよりも後に生まれたのでコアラより歳上なのに妹。ただ、当チャンネルがビッグ・マムの娘の真相を暴いたからこそ、ミュークルの年齢が25になっただけで、本来は21だったと考察。作者は誰と誰が血縁者という設定は、まず変えることはないが、兄弟の順番くらいは変えると分析。

【男児との交差】
27男ワンゼ(29)……父はゼフ
28男カトウ(28)……父はシャンディアの酋長
29男シブースト(26.5)……父はリュウグウ王国の右大臣
30男ネロ(24.6)……父はミホーク
31男ユースタス・キッド(23.2)……父はモリア
32男ブラウニー(22.0)……父はヒルルク
33男レザン(21.4)……父はジャッジ
34男マスカルポーネ(20)……父はガン・フォール

子供が半魚人・半人魚の場合、マムは妊娠期間が半年なのではなかろうか。実は子供の年齢35歳付近にも早産が続く時期がある。その当時は戦争ばかりしていたことが要因だとする。26歳付近では、もはや高齢出産だから早産ばかりという解釈でもいい。しかし、「子供が半魚人・半人魚の場合、妊娠期間は若い頃でも半年が標準」でも解決する話。更には、プラリネなど、半人魚はある程度成熟した卵で生まれる可能性も。最も説得力があるのは、「人間は通常は9ヶ月は腹にいるけれど、半人魚や半魚人の場合には4ヶ月~半年が標準」という法則だ。


ナミ? いやフランペの顔を合成しただけ
色もフランペ(マム36女)のそのまま。
つまり、瞳の色が同じ。


シャーロット・フランペの謎を特定【ワンピースネタバレ考察】
トンタッタ王ガンチョがフランペの父親だが、ガン・フォールとガンの部分が被っている。ガン→岩→ロックスというわけで、ガンチョもロックスの息子か孫息子。となると、ナミとフランペは単純に父違いの姉妹ではなく、父同士が近親なので、父違いながらも似ることに。


フランキーはナミの実の兄で、チョッパーは実の弟、キャロットは実の妹


キャロットはビッグマムの娘(スーロン・ミンク族)~チョニキは実の兄【ワンピースネタバレ考察】


フランキーの父親はベガパンク、母親はビッグ・マム【ワンピースネタバレ】
ナミが生まれる前にフラムは捨てられているので、妹ナミの誕生を知らない。いや、むしろ、ナミと関わらせないように、フランキーを捨てられた設定にした。


古代兵器プルトン、ポセイドン、ウラヌスの正体・場所・人物を特定【ワンピースネタバレ】
ナミは古代兵器ウラヌス


ビッグ・マムの娘達39人のリスト《ワンピース・ネタバレ考察》
外部サイトリンク(当チャンネル管理)


2017/10/01

死亡した女キャラクターの一覧(ワンピース)

死んでいる、殺された、他界・死去した女姓キャラのリスト。画像もあり。名前があるキャラクターが主体。


麦わらの一味は不死身?!~全員が魚人の血【ワンピースネタバレ考察】
不死身なキャラもチェック。


ポートガス・D・ルージュ


シャーロット・プラリネはポートガス・D・ルージュの妹で、ルージュはビッグマムの娘【ワンピース026】 - YouTube



ロジャーの赤子に悪魔の実の能力で寿命を提供して、寿命が尽きて死亡。(赤子の命1週間プラスにつき、ルージュの命1年マイナス)

プラリネ・ルージュという菓子がある。

ビッグマムの娘……次女、4女~7女はプリンの結婚式に来ていない=死んでいるかマムとは決別している(3女はアマンド)

当チャンネルがビッグ・マムの本当の娘たちを公表したので、関連書籍の中には、誤誘導目的で、ニセ娘が紹介されるものもある。構想段階という言葉を利用し、孫娘達が埋まっている。
出典 www.amazon.co.jp


ジュエリー・ボニーの能力とポートガス・D・ルージュの能力は寿命移動~悪魔の実の能力覚醒(年齢操作ではない、トシトシの実?)【ワンピース067】 - YouTube


ポートガス・D・ルージュ(エースの母親とされる)は悪魔の実の能力者


アマゾン・リリーの先代女帝(実は男として生きている)


クロコダイルこそがアマゾン・リリー先代女帝、ホれた相手は白ひげ【ワンピース135】 - YouTube


ベルメール



魚人アーロンに殺された。

作者からナミについて「名前って生まれてすぐに付けるよね」とあるので、ナミは本当の親が付けた。
ただ、ベルメールが認識したのは名前の一部の可能性も。ナミを拾った時(嵐の日)にNatumikan(ナツミカン)の一部しか読めず、ナミと名付けたとか。

ビッグマムの娘疑惑。髪の色がピンク系でリンリンに近い。スカーレット(マムとリク王の娘)と同等の髪色。

黄猿ボルサリーノ(若い頃にタバコを吸う)の娘だと考察。(アーロンと因縁)

ベルアメールで画像検索すると、スイーツが確定する。スイーツ=マムの娘の名前。生きていれば40歳。9女~13女に位置する。
出典 www.amazon.co.jp


ベルアメール
マムの娘ローラの名は別にロール(ケーキ)ではない。ベルメールにアが付属しても許容範囲。お菓子ブランド名なので、むしろアを取らないと連載がまずかった。

エクレアもあり、エクレア=イナズマで、イナズマもビッグ・マムと黄猿の娘。
出典 www.amazon.co.jp


ベルメールに夫と隠し子がいた!【ワンピースネタバレ考察】


ビクトリア・シンドリー


リュウグウ王妃は果物名でビッグ・マムの血筋【ワンピース091】 - YouTube



舞台から転落してこの世を去った。

Sindhri = マンゴー
乙姫 = マンゴー(ビッグマムの娘で父親はトム)

ココロとレイリーの娘? シン=ココロで、レイリーのような金髪に顔の傷。レイリーとはリーが共通。
ココロ→シン + レイリー = シンドリー

ホグバックは勝手にシンドリーとの子供を作っていて、その名はステリー(現ゴア国王)。
いや、ホグバックとの子供は既にできていたが、医者として信用を失っていたので求婚は拒否。新たな婚約者に嫁いだ。
出典 www.amazon.co.jp


スリラーバークで登場した女は皆ビッグマムの血筋【考察】


ステリー・ゴア王国王はシンドリーの息子【ワンピースネタバレ考察】


光月トキ


光月トキの正体を考察~素性を特定【ワンピースネタバレ】


ルシアン


Russian
セニョール・ピンク(現在46歳)の元妻。
息子はギムレットで赤子の内に死亡。

目の色はシアン色から来ているのだろうか。

ルシアンのスペルはRussianでロシアのこと。
ロシアンハートというカクテルがあり、ハート=心
母親はココロで父親はリク王だと考察。

ルシアン(酒) → リクール → リク(王)


ヴィンスモーク・ソラ(実は生きており、しかも若返っている)


ソラはサンジの母親~センゴクの系統~サンジはルフィのイトコ【ワンピース128】 - YouTube


ヴィンスモーク家(ジェルマ66)サンジの正体と家族(ベビー5とキラーも子供?)、一家の娘と息子


悪の世界にも仁義はある筈(はず)!~母リンリンからソラ(海の戦士ソラ)に乗り換えたジャッジに仁義はない!【ワンピース102】 - YouTube
サンジの母親の秘密解明


サンジの母ソラは人魚、生きている、ビッグ・マムの娘【ワンピースネタバレ】


オトヒメ



ホーディ・ジョーンズに暗殺された。

ビッグマムの娘だと分析。シャーロット・オトヒメがフルネーム。10女に位置すると考察できる。
娘のしらほしは、マムの娘と考察できるナミに母親を感じて、ほっとした。ナミはオトヒメの妹で、しらほしの叔母だから。

OTOHIMEの一部にTOMが存在。つまり、父親は魚人トム。リンリンは半人魚(の血を持つ人間)。つまり、オトヒメには人間の血も交じる。人間との共存を訴えて当然。

乙姫というマンゴーがある。果物=ビッグ・マムの娘。

目と髪の色は姉ソラとそっくり。
出典 www.amazon.co.jp



人魚姫・しらほし姫はビッグ・マムの孫娘~オトヒメは国産フルーツの愛称【ワンピース082】


スカーレット


スカーレット
ディアマンテに殺された。
レベッカの母親でリク王の娘。
ビッグ・マムの娘だと考察。政略結婚でリンリン自身がリク王(当時は王子様?)を夫とし、スカーレットを生んだ。ドレスローザはビッグ・マムには頭が上がらない。

スイーツではよく材料になる食紅の意。

妹のヴィオラは髪の色が違うし、リク王の次の王妃(ココロ)だと考察。



レベッカ(リク王の孫)はビッグ・マムの孫娘~スカーレット(食紅)とヴィオラ(食用花)はマムの娘【ワンピース072】


くいな(実は生きていた)


くいな(ゾロの昔なじみ)が●●になってワノ国で再登場?【ワンピース103】 - YouTube



階段から転んで死亡。死体も墓もあるので、たしぎとは別人。
たしぎと似ているが、実はキウイやモズとも似ている。
生きていれば現在22歳くらい。

女として死んで、葬式も挙げたというオチか。あるいは、母イワンコフに蘇生してもらい、男になることで命が助かった。

鴻(コウ)というのはオオハクチョウという白い鳥のこと。鴻+白(鳥)+鵜。つまり、コウシロウは鳥の名前。また、コウシロウと青キジは、センゴクとつるの息子たちだと考察。
出典 www.amazon.co.jp


14年前のキウイとモズ
現在24歳くらい。
たしぎ、くいな……コウシロウと母イワンコフの娘たち。
キウイ……フルーツの名前とくれば、ビッグ・マムの娘疑惑。コウシロウが父。
モズ……キウイのオジとなる青キジの娘。姉妹にはロビンやノジコがいて、2人は鳥の名前。



たしぎとくいなは同一人物でも双子でもなく……(コウシロウの娘)~鳥の名前の女キャラクター【ワンピース093】


くいな は生きていた?!~ワノ国で男として再登場【ワンピースネタバレ】


鳥の名前を持つ女キャラクター(ワンピース)


ロジおばさん


ロジおばさん
ロビンの育ての母親。
バスターコールで死亡。


マザー・カルメル



マザー・カルメルの正体と消えた理由~ビッグ・マム(リンリン)に食われたのか、食われていないのか結論【ワンピース051】
シュトロイゼンにお菓子にされ、リンリンに食われて死亡。
記憶はプリンが書き換えた?


マザー・カルメルの正体は天竜人【ワンピースネタバレ】


ニコ・オルビア



バスターコールで死亡。

オリヴィエ・クザンというワインがあり、元夫はクザン(青キジ)。つまり、ロビンの父は青キジ。ストーカーではなかった(笑)

ロジャー海賊団の考古学者だと考察。ワンピース到達後にオハラに戻って暗殺された。

ビッグマムの次女だと堅く考察。
出典 www.amazon.co.jp


ビッグ・マムの次女はニコ・オルビア【ワンピースネタバレ考察】


バンキーナ


ウソップの母親バンキーナ
バンキーナとは波止場の意味。バッキンの娘?
夫ヤソップはロックスの血筋。

【関連する余談】
今から考えると、オルビアも含め、「麦わらの一味には普通に母親がいるんだよ」と思わせつつ、実はナミの母親がビッグ・マムという仕掛けを隠すためだと考察。フランキーやチョッパーの母親もビッグ・マム! ホールケーキ・アイランドにフランキーが行けるわけがない。


ネフェルタリ・ティティ


ビビの母親の名前はティティ
ビビの母親。アラバスタ王妃。
ビッグマムの娘なので、アラバスタに政略結婚させられた。
黒ひげティーチと名前が似すぎ、年齢も同等なので双子と判断。つまり、ティーチもビッグ・マムの息子。あの顔では、他の兄弟に政略結婚の座を埋められ、マムから飛び出した。ティーチの過去は涙を流していた。
父は金獅子のシキ。指揮 → 指導 → ティーチ → 乳 → ミルク → マムの子供の名前法則
SIKI、TITI、VIVIは見ての通り、母音が連続して同じ。


モネ


ジュエリー・モネ(考察の名前)
心臓を潰されているので、恐らく死んでいる。

シンドリーと同じく、ココロの娘。
妹のシュガーもココロの娘だが、シュガーの父親はドフラミンゴ。
出典 www.amazon.co.jp


モネとシュガーとヴィオラの正体は3姉妹【ワンピースネタバレ考察】


トラファルガー・ローの母親と妹ラミ


トラファルガー・ローの母親と妹ラミ
トラファルガーが苗字だろう。
ただ、ローには隠し名ワーテルがあり、ローは拾い子だと考察。育ての両親と、その娘とで暮らしていた。

ローとは全く似ていない家族。
ローの本当の父はくまで、母親はビッグ・マム!

ローとは似ていないが、ドクトリーヌ・くれはと、前髪がそっくりの母。そして、後ろ髪がツインテールで同じなのが娘。くれはのやしゃご(孫の孫)など、子孫だと考察。


ミス・ゴールデンウィーク=ラミ
ジョーラの孫娘だと考察。
アニメでの容姿はやや幼く見えるが、口調は大人びており、コミックで見ると、特別にそうは思わなかった。
年齢は18歳だと公表されたが、変わっていると考察。

ローの妹ラミとは髪色とツインテールが一致。絵の具は「ラミ」ネート・チューブに入っている。ローの育ての母親は、ジョーラの娘ということに。ジョーラの弟が元名医ホグバックなので、特に違和感はない。

ローの(義理の)妹ラミはちゃんと生きているというわけだ。というか、ローの妹ラミとしてミス・ゴールデンウィークを再登場させたと考察。
出典 www.amazon.co.jp


ちなみに、ビブルカード(関連書籍)で次々と年齢が発表されるが、当チャンネルがキャラの素性を暴いていた場合、高確率で年齢を操作されてしまう。当チャンネルが外れているのではなく、作者が知られたくない情報を封じる目的だと判断。

作者サイドは当チャンネルの考察力の高さをすでに知っている。当チャンネルの考察力に合わせた誤誘導を実施し始めるているというわけだ。


トラファルガー・ローの正体・家族を特定【ワンピースネタバレ考察】


ワンピース・医者・医師キャラクターの一覧


死亡した男キャラクターの一覧(ワンピース)