2017/12/30

キャロット~月の獅子スーロン・ミンク族うさぎ【ワンピース考察】

キャロットはビッグ・マムの娘でルフィの叔母。ナミの妹。

キャロット

人参のことで、キャロット・プリンなどスイーツの材料になる。

戦うときはグローブをはめるが、その事によってエレクトロという電撃が一般のミンク族と同等にまで高まる。つまり、ハーフだから得意ではない。

キャロットはネコマムシとビッグ・マムの娘で、ミンク族ハーフとなる。構想資料では、キャロットを隠すために、デタラメの38女が紹介されたが、その場所がキャロット。

キャロットは人間換算で15歳だと公表された。
キャロットの公式年齢は、どうせウサギ換算の年齢なので、生まれた年月に対応していない。生まれてから12~13年が正解。

月の獅子スーロン

満月を見ると月の獅子スーロンに変身する。

チョニキ = 実は本当の兄

2年前に15歳というのは、トナカイ換算の年齢。よって、実年齢は17歳ではない。
考察ではチョッパーは13歳で、妹のキャロットをアニキと呼ばせた。

もしかすると……チョッパーの前世は青鼻の人間で、フーシャ村村長の息子。マキノの父は死亡したチョッパー。













トナカイ・チョッパーの父親だと考察
青鼻ではないが、なんとメガネが青鼻みたいだし、トナカイとは割と近い種族で医者

ビッグマムの夫の1人で、リンリンはチョッパーの母親。ミンク族が産まれなかったので捨てられた。

キャロットは麦わらの一味になる?

ならばルフィとは血縁者で、ナミと同じくルフィの叔母となる。

スポンサーサイト



2017/12/21

革命軍コアラは人魚・魚人、コアラはビッグ・マムの娘(ワンピース)

コアラのマーチというお菓子がある。お菓子名=ビッグマムの娘。魚人空手使い=人魚の血筋。アラ=魚。


コアラは半人魚でビッグマムの娘

magagine45.png


ナミとそっくりな容姿。
人魚説のあるナミに対し、魚人空手をなぜかマスター。
人魚ハーフとなるリンリンの娘。

コアラは正確には4分の3が人魚。姿や脚は人間だが、血のほとんどが魚人なので空手をマスター。

コアラにはコアラのマーチというお菓子の意味。そして、コ+アラで、アラという魚の子供という意味がある。アラというマイナーな魚がいて、稚魚はコアラとなる。(アジならばコアジになるのと同じ語源)

タイもアラもスズキ目という分類。


アラ

ara.jpg出典 www.zukan-bouz.com

ビッグ・マムには捨てられたか、はぐれたか。
魚人が生まれて欲しかったのに、人間だったという理由だけで捨てられたか。
それとも、魚人だと思ってコアラを海に投げ込んだら、溺れてそのまま行方不明とか。
戦争などのドサクサで、惜しくも失ってしまったというのもある(それだとナミと同じだが)。

ナミはコアラの妹

サボとのカップルは不成立

コアラの父親はフィッシャー・タイガー


他のまとめを見れば判明するが、ビッグ・マムの娘達だと、当まとめ管理人が語るキャラクターの大半に対し、父親(リンリンの夫)も特定している。そして、多くのキャラは隠し父親とは接点がある(ナミとガンフォール、ゾロとギン、ロビンと青キジ、ローとくまなど)。

コアラの父親も登場済みで、しかも接触が深いキャラだという観点で考察。

タイガーは動物に対し、コアラも動物。タイの魚人だが、同じくスズキ目のアラの人魚の血を引くのがコアラ。また、リンリンと政略結婚の格を持ち、コアラの父の世代で、コアラと関わった中年男キャラはフィッシャー・タイガーのみ。
お互いに関係は知らない。


フィッシャー・タイガーは60年前の誕生。黒炭せみ丸と人魚バッキンの息子かな。

黒いヒゲが特徴で、黒ひげ(黒ずみシキの息子)の親戚は堅い。


フィッシャー・タイガーを売ったのは偽母

コアラの故郷の何者かが海軍に報告してタイガーはやられる。コアラの本当の父親を察してか、コアラの偽母が海軍へ売った。それを知ったコアラは、偽母から去って革命軍へ。魚人との関係を修復しようとする理由は、人間の姿ながらも4分の3の人魚の血。

コアラの名前は魚そのものの名前。あらは「魚荒」のような漢字(魚偏に荒というつくり)。
タイガーはトラの意味に思わせて、タイ+ガーで、ガーという魚の意味こそが主体。

コアラがリンリンに捨てられた理由は、魚人との子なので魚人を期待したのに、人間が産まれたのでポイかな。リンリンは息子のモスカートを殺して冷静になった後も知らん顔。娘のローラに殺し屋を送ると宣言するような非道な女。

コアラはルフィの叔母

コアラの母親が偽物で、真の母がビッグマムという真相に到達することが考察スタートの決め手。

コアラのみならず、多くのキャラクターに、なんらかのトリックが仕掛けられていると考えることで、人物関係が明確になる。

トリックの理由は、ビッグ・マムというのは、連載前からのワンピースのキモで、ルフィの祖母がビッグ・マム。初期のヤソップ(マムの息子)やアルビダ(マムの娘)の時点で、おじおば、いとこが続々と登場しているのがワンピース。

コアラだけ特別に、ルフィの叔母というわけでないのだ。

前例:聖闘士星矢

聖闘士星矢では、日本人の主人公の他に、イケメン、フツメン、ブサメン、巨体、オカマ、ハーフ、同じ母の兄弟……など続々と登場したが、実は父親は1人の老人男だった。

差し当たり5人集合しているが、実は兄弟。各者登場時には、全く他人に思えた。もちろん、連載開始前には作者が仕込んでいた。

ワンピースは6巻くらいで終わると考えていた作者・尾田氏。実はルフィのイトコがヤソップで、ゾロ、ウソップ、サンジもイトコ、アルビダとナミは叔母でした。ラスボスのビッグマムがルフィの祖母でした……で終わるはずが、ロビンとかビビとかイトコを増やして、90巻とか続いているだけの話。

2017/12/04

青鼻チョッパーと赤鼻バギーは兄弟【ワンピースネタバレ】

チョッパーのヒトヒトの実の人格は実在する人間。双子の兄弟が道化のバギー。

青鼻のチョッパー

実年齢は約13歳、ビッグ・マム43男

2年前に15歳というのは、トナカイ換算の年齢。よって、実年齢は17歳ではない。

一般的なチョッパーとは食材をバラバラにする調理道具。バラバラの実のバギーと属性が一致。額の白い×と帽子の色の赤に注目。

調理器具名=ビッグマムの息子の法則。トナカイ自身がビッグ・マムの息子。

甘いものも好きで、「甘い」とハートを発する所は母リンリンと一致。相当憎い、食った後は「幸せ」と語り、もうマムそのもの。

ランブルという技が出るので、ランブルフィッシュの魚人の血だと考察。ランブルフィッシュには青い種類がある。日本語では闘魚で、デリンジャーもビッグ・マムの息子となる。

ミヤギ(ミンク族の医者)

トナカイ・チョッパーの父親だと考察。ビッグマムの夫の1人。
(当まとめ管理人は夫43人をバッチリ埋めていて、彼が欠けると42人になってしまう)

青鼻ではないが、メガネが青鼻風。



道化のバギー

バギーは村長スラップの息子。

額には×の傷に、白いのを塗ってごまかしている。チョッパーとは白い×が共通。青い髪と赤鼻は、チョッパーの頭部の赤と青鼻の色の配置が逆になっているだけ。

チャドル・バギー……脂肪の多い牛のあばら肉(トモバラという部位の霜降り牛肉)のこと。バラバラの実のバラは、あばらのバラということになる。

チャドル・バギーは、食べやすいようスライス(チョッパー)してあることが多い。

首には真珠のネックレスをしていて、魚人族は結構な割合でしている。頂上戦争では、脈絡なく歯が当日再生している = 魚人の血 → 母は人魚の血

スタッフは知っている

したたかに、バギー調のチョッパーぬいぐるみを販売。

チョッパーのヒトヒトの実の人格は実在した人間(ロジャー海賊団の船員として死亡してトナカイ・チョッパーとして転生)と考察。








父親はスラップ(フーシャ村村長)

バギーのシャツの柄と全く同じ(帽子とズボン、父からシャツを借りた域)。帽子の形がチョッパーと近い。

音楽ベース用語では、スラップ=チョッパー






母親は先代村長の娘?

ガープの兄なのにウープが姓なので婿養子。
妻は先代村長の娘だろう。

バギーは562話(57巻)では歯が欠けていたのに、568話(58巻)では再生している。当日で再生=魚人の血→母は人魚の血

トナカイ・チョッパーの母親はビッグ・マム。

ビッグ・マム37女ウエハース

頭巾の下はミンク族の耳やツノだと考察。
壁の横に隠れる癖がチョッパーと一致、双子だと考察。


麦わらの一味は全員が牛乳を飲んで歯が再生する!?~ウソップと黒ひげに共通点?【ワンピース118】 - YouTube

トナカイ・チョッパーの妹はキャロット

キャロットもビッグ・マムの娘。12-13歳位でプリンの妹だと考察。ギャグシーンで目が飛び出たり、半人魚リンリンの娘だからこその遺伝。

年下のはずのチョッパーを唐突に、アニキ呼ばわりしだす。チョッパーは、本当に兄貴だからこそ。デレッとしたり、チョッパーと似すぎている。

現在38女の欠番は、マムの孫娘が担当。







人間チョッパーの娘はマキノ

ウープ・マキノが正体

村長の帽子はマキノのバンダナと全く同じ配色。

チョッパーは食材をスライスする調理器具。マキノは資材などをフライスする企業。チョッパーとは音楽ベース用語。マキノの工房とはベース機器のブランド。

もっと見た目で証拠を示したいのだが、なかなか見つからない。マキノの衣装だが、青と赤のものがあり、青鼻と赤鼻が近親だという表現。上が青で下が花。ダジャレでは青鼻=チョッパー。

31歳が確定した。