2020/02/23

光月日和の正体~お玉が本物、小紫は偽者【ワンピースネタバレ考察】

光月の血を残すために、日和と小紫は人物が入れ替わったと考察。小紫は影武者。日和とお玉は同一人物。モモの助が気づかない理由や、本物の日和・お玉の年齢の謎もバッチリ解説。


お玉こそが日和


お玉=日和
子供の頃の日和とお玉の顔は似過ぎ。


きびだんごの お玉
きびだんごは漢字で「吉備団子」

吉備 → 岡山
岡山の県花は「桃の花」 → モモの助の近親

というか、きびだんごと言えば桃太郎。お玉には犬や猿も配下についた。暗号を解読しなくても、最初からモモの助の近親に決まっている。


吉備団子=ヒヨリ
順読みで(文字を入れ替えること無く)、回転することもなく、ヒヨリのパーツが登場。

「おたま」には、「ひりよ(ひより)」が隠れている。「ヒリヨ(ヒヨリ)」も発見できる。りだけ90度回転させて登場。

当チャンネルは小紫が作中に登場しても、日和ではなく、お玉=日和だと語り続けてきた。一瞬たりとも小紫を日和だと思ったことはない


光月家が帰ってきたら、覚えてろ
初登場時より。光月家の関係者は明白。

「法に触れる暴言」という言葉に注目。このセリフ以外も8歳にしては、難しい言葉を使っている(この理由は、当まとめを読んでゆけば分かる)。

お玉は賢い子と言える。空腹に耐えられなくなって、愚行というのはあったにせよ。


椿(つばき)の種類
「玉の浦・タマノウラ」の他には、椿には「桃色侘助・モモイロワビスケ」と「日和紅・ヒヨリベニ」という種類がある。更には「玉姫」まで存在。

椿には「コウヨウ デン」という種類もある。おでんの名前も椿。ちなみに、トキや鶴女は鳥の名前なので、母方にちなむと鳥の名。

ひより → ひよどり
もものすけ → 桃花鳥
トコ → tocoという外国の鳥

なぜ植物の名前が含まれるのかを述べると、おでんの真の父がクローバー博士だから、クローバーという花の咲く植物にちなんで。


当初の日和はシルエットのみの登場
実はもう、この時には、日和(お玉)と小紫は入れ替わっていたのかな?

実は小さな女の子に対し、「日和」と直接に語られたシーンは無い。この場にいたのは、すでに「小紫(と名乗ることになる娘)」かな。

なお、河松はトラフグの魚人だと確定した。人間の顔の判別は不完全。


がさつな日和(お玉)
日和のシルエットが解けても、なぜかしばらくは目をつぶった日和しか登場しない。小紫とは別人だとこれでは判断しにくい。
読者に慣れさせた後に、目を開けた日和を登場させる演出。

いきなり、目を開けた日和を読者が見たら、お玉そのものだもんね。そもそも、ワノ国編の前半に登場する小紫が日和ならば、影絵のトキの横にいる小さい娘の顔を描いてもおかしくなかった。

皆の知る日和はお転婆だった。兄への飛び蹴りも実施。お玉と態度がそっくりだ。影武者の小紫も、まねて飛び蹴りをするようになった? いや、同じ場所に2人いつつ、決して同じコマには入ってこないトリック。


日和は おテンバ
日和は生きているとモモの助が河松から聞いた時に、なぜかお玉はいない。玉なら、偽者だと一瞬で見抜く。なんせ日和はお玉なのだから。

玉がいたら、玉の反応を作者が描かねばならない。

玉がいないだけでも確定的なのに、この直後に、玉がまたやってくる。わざわざ日和生存に喜ぶシーンから玉を外したのだ。

全員が「日和=大人」を認識してしまった。よって、読者も登場人物も含め、この後は玉の顔を見ても、日和だと思うことがより困難となった。


お玉は武士の娘
おでんの娘なので、もちろん該当。

玉という字は、テの下にンを置いたような文字。
お玉 → おテン → おテンバ → おデンノ

料理のスキヤキには玉子が付き物で、スキヤキと玉が関連ワードだ。料理のおでんには、もちろん、煮玉子。


元気になったお玉
しばらく、目が開けられない(作者の都合で)。
すぐそばに、母親(後述)がいるからだ。


モモの助はなぜ気づかない?


いる高さが違う 玉と もも君
お玉とモモの助のシーンでは、お玉が物思いにふけた顔の上に「(日和は)どこかで必ず生きていると拙者は信じておる」というセリフが吹き出しで出る。そして、モモの助は、お玉の顔を見ずに会話している。位置も離れている。アニメでは振り返り、チラ見しようとしても、いる高さが違うので、顔認識は無理。

本当にお玉とモモの助が無関係ならば、負傷した お玉が目覚めるシーンとかで、モモの助とバッチリ顔合わせし、会話すればいい。このシーン以前にお玉とルフィが一旦、別れているが、別れずにモモの助と顔合わせしても良かった。そうではない事自体が、お玉=日和であるという道理。


何が何でも モモ君は妹の日和を見ない
せっかく、日和がモモの方を向いてくれたのに、目を瞑って「たー!! とー!!」
他には横に並びつつ、日和を見ない。(視野角が180度)

どっちが面白い?
1.小紫が出た時点で、大半の考察者が日和=小紫だと叫び、見事に的中。作者、涙目。

2.大半の考察者が、日和=小紫の予想が当たったことに興奮したり、「やっぱりね」と冷笑しつつ、実は大外れで、お玉に関して計算ミスをしまくり、なんとお玉が日和なのが正解。作者「ウフフフフフフフフフ」


ところで、チョッパーのニンニンみたいな幼さを考えると、公式の17歳というのは実年齢ではなく動物換算、当チャンネルでは13歳だと堅く分析。一方のお玉は、年上かのように落ち着いて歩いている。

【先入観トリック】
尾田氏がよく使うのは「先入観トリック」。次がトリックの例
一緒に行動したり会話する=顔を見ている
実は一度もモモの助はお玉の顔を見ていない。遠くからチラ見くらいは仮定できるにせよ。

なお、日和を26歳の姿だと信じるモモの助が「お玉が日和の訳はない」と一旦、思い込んだ以上、お玉の顔を見るシーンがあっても、作者には言い訳が成立する。というのは、当チャンネルが既に「モモの助はお玉の顔を見ていない」と語ってしまった以上、作者はモモの助がお玉を見るシーンを作るに決まっているからだ。モモの助とお玉が合流するシーンから(現実で)何ヶ月も経った後、「動揺しているモモの助はお玉を横から見たが、その時のお玉は目を瞑っている」というシーンが登場した。成長(衰弱)し、目を瞑った横顔では日和だと認識できなかっただけ。作者の後出しなので、「お玉が日和だと強力な考察をされたので、その対策をした証拠=むしろお玉が日和である証拠」でしかない。

更には、大人の姿で日和が生きているとモモの助は連絡を受けているので、今更、日和とお玉がソックリ似ていることを知っても、「お主が日和?」ということにはならない。


お玉の年齢の伏線を回収


20年前のお玉(真の日和)
トキが辞世の句を読むシーンで、手を合わせて目をつぶる少女がいて、それが(小紫と入れ替わった)お玉(本物の日和)。

日和(お玉)の母親はトキではなく、鶴女なので、冷静にトキの最期を見守った。日和の父はもちろん、おでん。

影武者(小紫)と入れ替わっていて、日和はすでに安全地帯に。老婆が保護者。


お玉は4年近く前に5歳
にもかかわらず、先日8歳の誕生日が訪れた。
つい数年以内に時を超えたことは確定的。


【日和の26歳と お玉の4年近く前に5歳】
モモの助の話では、日和は時を飛んでいない前提で26歳だという。一方、お玉の師匠・飛徹の話では4年近く前に5歳となる。実は単純なトリックで、小数の概念を把握することが決め手。後は方程式(不等式)を解ければバッチリ。

錦えもんは「我らにとっては、ほんの数ヶ月前の出来事」と語っていて、実際には20年+数ヶ月前の出来事。つまり、日和はその時に5歳(5.7年間 生きている)。

エースと会った後のお玉が6歳の誕生日を迎えたとして、364日の時を飛んで、誕生日の前の日に来たとしよう。この場合「1日しか経っていないのに、次の誕生日なので7歳」と「時を飛ばさずに365日経った日が誕生日(誕生日が変わる、365日の成長で7歳)」の2つのケースが考えられる。誕生日直前から直後へ飛んだ場合、「700日も経って、次の誕生日」があり得る。当チャンネルでは、「誕生日が来て年齢が加算」&「700日も経って、次の誕生日」だと考察。

トキの能力は鶴女が受け継いだ。

【伏線回収】
あくまで誕生日が来たから8歳になっただけ。誕生日を飛び越えて時を超えたとしたら、9年以上生きつつ、やっと8歳の誕生日なんてことが起き得る。

20.3年前に5.7歳のお玉。エースと会える時代に飛んだが、誕生日を過ぎていたので、エースと会う頃には約6.5年間生きているのに6歳の誕生日が来ていないので5歳と名乗る。村が襲われたり、エースに会いたい娘を見た鶴女(お鶴)はお玉(真の日和)をまた2年位飛ばすも、また誕生日が過ぎた時期へ。8歳のモモの助よりも確実に年上になっているが、やっと8歳の誕生日。

時を超えた以上、「8歳の誕生日には8.00年生きた」というのは先入観。
当チャンネルでは9年以上生きていると考察。ワンピースでは肉体年齢が優先なので、お玉は9歳!

数字の苦手な人が、日和と お玉を結び付けられなくなるような細工こそが、日和とお玉が同一人物である証拠。もし、2人が無関係ならば、数字の苦手な人でも計算できるよう、余裕のある数字を割り当てたり、そもそも26や5、8という数値を指定しなくてもいい。日和とお玉が同一人物だからこそ、数字の苦手な人がアッサリとはまるトラップを仕掛ける必要があるというわけだ。

●モモの助の妹でもなんでもない場合……そもそもお玉の年齢を発表する必要が無い。ほとんどのキャラは作中に年齢が出ていない。関連書籍とか、読者コーナーでひっそりと語られるだけ。
●モモの助の妹・日和の場合……年齢トリックを仕掛けて、モモの助の妹だと考察できないように年齢を明確にする。

説明的な話があったり、トリックがあること自体、作者が隠したい何かがある証拠。そのトリックを分析すれば謎が解けるという図式。「モモの助の妹だからこそ、妹だと考察しにくい表現を実施」というわけだ。

【説明的なセリフの多い お玉】
言葉のなまりはあるものの、知識が豊富で、とても8歳になったばかりとは思えない話しぶり。アニメを見ると、その思考が強まった。まあ、当チャンネル説の9.5歳でも、8歳とそんなに変わらない気がするが、実は当チャンネルの説は、お玉は「26歳の部分も持っている9.5歳」が真髄。玉手箱でドロンと26歳の妖艶なクノイチになると予想しているのだ。もちろん、当チャンネルがイキナリ特定したため、しのぶの「ジュクジュクの実」というのを後出しし、そっちにするのかも知れない。

モモの助だって、8歳にしては女に興味があり過ぎで、正体は約28歳だと考察している。



時超えは幻想で、玉手箱でドロンと大人のモモの助に?
当チャンネルが見破ったので、しのぶのジュクジュクに変更かな?

ナミにボコボコにされることは確実。


【ワンピース】光月モモの助とワノ国の光月一家【ネタバレ考察】


おでんの家族・家系図
拡大可能

ちなみに、光月スキヤキは光月姫と光月クローバー(婿養子)との息子。


小紫は誰?



霜月康イエと、海軍・桃兎ギオンの娘だと堅く考察。

康イエ……太鼓持ち(男の芸者)
ギオン……お座敷遊びの全てに精通(関連書籍に明記)

小紫は桃色のバラを頭に。桃兎ギオンと繋がる。

狂死郎は康イエの家臣(姿が近いキャラが居る)。
康イエの指示で、花魁・小紫としてデビューさせた。身内には日和を名乗らせ、日和の命を間接的に守る指示も受けている。


偽者なので会えない
小紫がモモの助や家臣に会ってしまうと、ニセの日和だとばれてしまう。モモの助達のテンションは下がりまくることになるので、会うわけにはゆかない。

お玉は家臣の中では唯一、菊之丞とだけ会っている。お玉が他の家臣と会っていないのも、日和である証拠。


小紫が日和を名乗ったとなると、お玉と日和は人物が入れ替わったのだ。お玉こそが小紫の本当の名前? いや、当チャンネルでは、玉は日和が新たに名乗った名前だと考察。

小紫はモモの助のことを兄だと何度も強調したり、「父おでん」のような説明的なセリフが多い。こういう場合には、義理が確定的。「父おでん」というのは、ペロスやカタクリ、クラッカー、スムージー、ブリュレが「ママ・リンリン」「母リンリン」と呼んでいるようなもの。また、ルフィがエースをどう呼んでいたか思い出してみよう。

それから、おでんの名前の部分は「デン」。よって、父の名に「お」を付けて「おでん」と呼ぶのはおかしい。小紫がおでんの実の娘ではない証拠。


幼少期の小紫も目をつぶる
目を開けた小紫の幼少期を読者に見せてしまうと、日和ではないことが、読者にバレてしまうから。

お転婆ではなく、お淑やか。

子供の頃の小紫には、河松に自分は日和だと名乗ったシーンは無い。大人の小紫は自称したが。

魚人・河松は、人間の顔の区別は不完全。チョッパーが偽ゾロなどを本物だと信じたのと同じトリック。なお、ルフィも偽ゾロと偽サンジを、おかしいと思いながらも、一応、信じていた。


ワノ国・小紫の正体を分析~日和ではない【ワンピースネタバレ考察】
小紫の娘が お玉という説も、上のリンク(小紫のまとめ)で完全却下。

4年近く前にお玉は5歳。
26歳の女は4年近く前に22歳。
日和がお玉の母親だとすると、
22歳で5歳の娘の母親
17歳で0歳の母親
?歳で子作り
もうこの時点で、かなり若ママ。
それでも思考を続けたいのかな?

詳しくは、物凄い長文と参考画像で上のまとめにあるので、閲覧中の当まとめではお玉の素性を中心に語る。


小紫は日和に成り代わった


何かあった時、光月の血が途絶えないように
近い年齢の小紫と、日和が入れ替われば、もっと強力に血を途絶えさせないことができる。

小紫がとっさに嘘をついたというより、日和を守るための作戦と言える。万一、日和に暗殺命令が出たとしても、小紫が日和を名乗っていれば、小紫がいなくなることで、日和が死んだと思い込ませることができる。

もし、小紫が性悪の嘘つきだと信じたくない場合には、「成り済ます作戦」を信じるといい。

そして、お玉は元々は濃い水色の髪だったが、紫に染め直したというわけだ。小紫は本来の日和の色に染めた。


吹き出しで日和と紹介の無い小紫
小紫は日和に「成り代わった」。お互いにチェンジに気づいている。

ちなみに、エースとルフィは「入れ替わった」とか「すり替わった」に該当。エースの真の父はドラゴンで、ルフィの真の父はロジャー。お互いにチェンジに気づいていない。


自称でも吹き出し
ナゾムズでさえ、吹き出しで紹介されるのに、小紫には「光月日和」という紹介は無し。

同じく自称でも、他人をかたる場合には、吹き出しでは紹介できない。自称ナゾムズは、既存のキャラに成りすましているわけではないので、吹き出し対象。

ルフィからはペコマムシと呼ばれるので、ネコマムシの息子かな。


正体を現したら、改めて吹き出し
小紫は日和ではないので、吹き出しで紹介するわけにはゆかない。


すでに小紫とすり替わっていた証拠
おでん城が焼かれる時、小紫も日和も現場にいたという思考でもいいが、焼き討ちの時に備えて、予め日和は鶴女に保護されていたのかな。トキやモモの助、小紫のすぐ側に、日和と鶴女がいたという思考でもいい。

焼ける城のシーンでは、トキにくっつく、しおらしい女の子なので、日和のオテンバとは違う。

モモの助は日和の生存を信じているわけだが、焼ける城でトキといたのは小紫なわけで、本物の日和が脱出しているからこその確信かな。

それから、小紫は「父おでん」とは発言するのに、「母トキ」とは語っていない。日和の母親はトキではないからだ。


光月おでん(人魚デン)のメモ


光月おでんの現在の顔
モモの助と目が全く同じ。
ひどいブサイクではないが、ハンサムからは遠い。

なお、光月スキヤキの実子ではなく、トキの能力の副作用で過去に飛んだビッグ・マムの子だと堅く考察。おでんの父親はクローバー博士で、母親はリンリン。

おでんはスキヤキに追放されたが、リンリンも故郷から追放されている。クローバーと同じく研究者でポーネグリフも読める。

元々、ビッグ・マムの息子なので、光月スキヤキは義理の親。トムも義理の兄弟。

62歳だが、過去に飛んでいる(本当はもっと若い世代として生まれた)。

シャツの紋はクローバーだが、田(でん)の字にも見える。


デンの若い頃
ほっぺの膨れがお玉と一致。

油で足を駄目にしたので、人魚の足と付け替えてもらった。

目のペイントをチェック。

20年前のおでんは、20年後のことを知っているかのようなシーンが何度かある。



ほっぺの膨れが若いデンと一致。
お玉こそが本物の日和。


モモの助とお玉の ぐきゅるるる
コミック855話のタイトルは「ぐきゅるるる」。
作者は適当に擬音を記したのではなく、意識して実施。
近親を表現するために使用。


人魚デン=おでんのメタ推理的な証拠だが、実はグーグルで「光月おでん」を検索しても、絶対に人魚デンが出てこない。当チャンネルが排除されているわけではなく、他のまとめの画像はトップに出ることさえある。

グーグルの画像検索は完璧ではなく、光月おでんで検索して、違うキャラが出るような実態(ロジャーとか鶴女、トコ、赤犬、センゴクが出たりする)。つまり、グーグルの人工知能は「光月おでん」という文字が記された周辺の画像を「光月おでん」として扱う。

にもかかわらず、消されたかのように人魚デンの画像が検索で出てこない理由は、作者サイドがグーグルに要請したから以外には考えられない。

探してゆくと、実は当チャンネルのデンのまとめに挙げた画像も出てくるのだが、鶴、玉、菊の3人の画像という有り様。当チャンネルが表示されてなお、人魚の画像だけ出ないという状況なのだ。


光月おでんの正体を特定~ビッグ・マムの11男【ワンピースネタバレ考察】
【デンの立ち位置】
モモの助たちは20年後とかに飛んでしまったので、少なくともそれまではワノ国にいるのは危険。玉手箱を持って魚人島へ逃れていた。父クローバーのように、研究者の道を進む。


イヌアラシとネコマムシの過去、おでん
赤で囲ったキャラは河松。

デンも半人魚という異形だったので、差別をしなかったのかな。

ちなみに、作者から「30歳で足が生えるのは女の人魚だけ」という表明がある。

話は逸れるが、ネコの方は女で、イヌと元夫婦だったと考察。モモの助の「あんなに仲が良かった」という説明的なセリフを回収できる。また、ペコマムシの父母が特定できる。道理でルフィ達の強い味方になったわけだ。

ネコマムシの旦那のように、オスを連想させているが、メスだからこその称号。異説では旦那は女を意味する(一般的には男)。


トキの能力で未来から人物がやってきてしまう
画像はボニーの能力。子供や老人が混在している。つまり、年齢を移動する能力。移動した時(年)はプラスマイナス・ゼロ。ボニーも時を操る能力者と言える。

トキの時飛ばしは実は人物が未来へ行って完了ではなく、未来から想定外の人物が過去へやってくると考察。20年前に5人飛んだことにより、未来からやってきた人物とは
●ビッグ・マム11男デン
●イゾウ
●オロチ
●ホワイティベイ
だと考察。5人飛んでいるので、他にもいるだろう。20年前にトキが未来へ飛ばすことで、過去へ飛んだ人物がいるのだ。それがデン。


トキを母上とは呼ばない日和



トキが日和を出産したシーンは無い。日和は突然 現れている。

とにかく日和には目を瞑るシーンが多い。

日和はトキには、あまりくっつこうとしない。
まあ、焼け落ちる城ではトキに寄り添う小娘がいるが、その時点では小紫。

トキを母上と呼んだシーンもない。
もちろん、義理の母なので、当チャンネルがこういうことを書くと、母上と呼ぶシーンが出たりする。(追記……やはり、すぐに呼ぶシーンが登場。以前からスタッフが当チャンネルを見ている)

日和の父親はおでんだが、母親は別。
お玉は賢いが、トキはあまり賢い女には思えない。


【ワンピース】光月トキは生きている?~鶴女に能力が移行【ネタバレ考察】
トキが800年前の人物ではなく、せいぜい76年前の人物だという話もしている。鶴女や海軍のつるの姉妹だと考察。
トキの能力で未来へ行ける条件は、その人物に寿命が残っているかどうか。これまで時を超えていて、負傷したトキには、もう寿命が残っておらず、20年後には飛べなかった。
800年前の生誕は自称の偽証。


お玉の母親(日和の母親)は鶴女


3人合わせて、光月家の紋章
単純に本物の日和がお玉だというトリックだとバレやすいが、実はおでんの妻はトキだけでなく、妾(めかけ)として鶴女がいるのだ。

錦えもんとの再婚は、おでんの娘・日和を産んでトキに預けた後。

鶴と玉はちゃんと接触したシーンがありつつ、なぜか顔を見る機会がないようなシーンばかりとなれば、近親ということに気づいてないからこそ。

ちなみに、光月おでんで検索すると、当チャンネルまとめの この画像が出てくる。人魚デンがなぜか出てくれないのだ。


914話 おこぼれ町より
お鶴の着物の帯と、お玉のツギハギの布が一致。お鶴の髪飾りは上等で、庶民ではないことも分かる。

実はお玉が毒から開放された後、お玉はお鶴の前では、一度も目を開けていない。最後は白目。つまり、お鶴の顔をまともに見ていない。

首を絞めるシーンだが、「女とはどうあるべきか」に関して娘へのしつけならその行為は許される。人様の子供の首を絞めるのはヤバイ。お菊(男装の剣士)は お玉の正体を認識できていないと言える。当時は表向きには男の侍だったので、幼少のお姫様の顔をじっくりという機会は無かったのだろう。

お鶴の やや古風な思考も、時を超えた証拠。



お玉は こんな風に目をつぶったり、頭を伏せたりと、お鶴の顔を見ないのだった。時にはお鶴の方が顔を背ける。

そして、お鶴の方は、誕生日にうまいものを食う お玉を見て涙まで出す。お菊の台詞にもあるが、飢えてる少女は無数にいるのだし。これはもう母娘でしょ。

このシーンの時点では、もう当チャンネルは、お鶴とお玉が血縁者で、共に光月家だと語っていた。

ワノ国にはチョッパーやミンク族の医者ミヤギ、ローなど医者だらけなのだから、お鶴の出番は本来は無い。にもかかわらず、出るとなれば、母親以外には考えにくい。

は? お玉が小紫の娘? もうそう思わないよね。
このシーンを忘れていただけだよね?


初めてお鶴が出るシーンでは、お玉は直前に気絶(それまでは、ルフィに8歳とは思えない知識をベラベラと披露)。意識のある時点で、お玉とお鶴が顔を合わせない時点で確定的。当チャンネルでも、お鶴の登場直後では母娘特定は無理だったが、お玉の治療後には把握した。

【アニメ版】
おでんの過去編に加え、アニメを見て思ったのだが、お鶴の顔を見ているかうんぬんではなく、赤ちゃんの頃におでんが引き取ったので、お玉は母の顔を知らないという設定に変更したのかな。元々、4年近く経っているので、お玉が母の顔を忘れて認識できなかったという設定でもいいけど。

わざわざアニメでお玉がお鶴を見るシーンを作るということは、当チャンネルの暴いた真相をわざわざ回避しようとしているからだ。ビッグ・マム編では当チャンネルは、もっと強烈にワンピースの血縁関係を暴いたが、明らかに当チャンネル対策の誤誘導がアニメに幾つも登場しており、当チャンネルがびっくりしてしまった(原作には誤誘導がないのに、アニメではある)。当チャンネルがアニメや原作のネタを提供しているようなもの。

アニメでは、お玉の目がぼやけてるシーンがあるので、ぼやけていて気づかなかったという設定かな。近視という裏設定でもいいけど。とにかく、原作には、お玉がお鶴を見るシーンはゼロなのに、アニメではしつこいくらい見ている。そんな偶然はあり得ない。

当チャンネルが間違っているわけではないので把握を。むしろ、正解しているからこそ、発表した考察が次々と崩されると判断。当チャンネルがコミックだけを見て完璧に証明した内容が、アニメや関連書籍(構想資料)で、なぜか1つ1つ崩されるなんて現象は確率的にあり得ないのだ。人魚デンの画像もグーグルから消えているし。

文章で理解できない場合には、金田一少年の事件簿の「首吊り学園殺人事件」をコミックでもドラマでもいいので知って欲しい(アニメには無い)。ワンピースの設定の正解を知っている人物がいるからこそ、当チャンネルの発表内容の正解をことごとく狙うことができ、当チャンネルをテストでいえば0点という認識に(一部の読者を)誤誘導するのだと把握できる。

【犬猿雉(きじ)】
お玉の味方に犬と猿がついたが、雉がまだ加わっていない。いや、そうではなく、母親である鶴女は当初から味方についている。つまり、お玉がお鶴の所へ解毒しに行くシーンで、すでに3つの動物は揃っていた。

自称・鶴女であって、実はキジが本名という思考でもいい。


時を超えたので見た目が変わらない鶴女
トキの能力は鶴女が受け継いだ。

ちなみに、海軍つると双子で、ギオンの姉だと考察。
つまり、小紫と日和はいとこ同士。時代が違っても別人だと見抜ける登場人物もいれば、同一人物だと勘違いする登場人物がいる、絶妙な血縁。

玉も小紫も泣くのを我慢したり、泣かないと宣言したりと、実は共通点がある。


鶴女の手引で逃亡
ルフィとゾロのホーキンス戦で、ホーキンスは「誰かが手引をすることで、奴らは逃げ切る」と語る。しかし、唐突に逃げ切っていて、どうして逃げられたのか、なんの説明もない。

これは鶴女による時飛ばしだと考察。
時を飛んだので、ホーキンスは追えなかったのだ。
この考察ができており、ある程度目立つ考察者は当チャンネルのみ。(当チャンネルは、他に見たことがない)

そして、鶴女はお玉の知り合いを宣言。母親だからというわけだ。

お鶴といういいオバサンがいるのだから、子供は誰? と考えた場合、お玉が筆頭。

お鶴は薬の知識が豊富で、賢いお玉の母親に整合。モモの助の母はトキなので、別段、賢くはない。


防衛能力は無さそう
あっさり命を奪われる立場。
時超えが能力だからこそ。

トキが生きているという説があるが、トキ=鶴女という形ならば成立したが別人が確定した。トキと鶴女は別人となると、トキが死んだことは確定的。

なぜトキが20年後に行かないのかというと、元々、寿命の範囲でしか未来に行けない能力だから。トキの寿命は、怪我をしていたのもあり、すでに残り僅かだった。おでんに会うまでに20年以上超えていて、約55歳が彼女の寿命だったのだ。(800年前というのは自称であって事実ではない)


日和の祖母はビッグ・マム


腹を満たし鼻水を垂らして笑む日和の祖母
アゴの横が膨れ、鼻水や口の周りの汚さも一致。

誕生日に前が見えないくらい涙を流して喜ぶ姿は、お玉とリンリン(6歳)で一致。


デンの母親はビッグ・マム
デンに兄がいるとしたら、クラッカーとかカタクリ。

3男ダイフクと耳飾りが完全一致。クラッカーとは、目のペイントが(若いおでんと)一致。クラッカーのニヤケとデンのニヤケも一致、歯並びも共通。ビスケット兵とデンは目元以外、顔の基盤が同じ。当初のクラッカーの姿がビスケット兵で、デンと似過ぎていたのでイケメンに変更したのかな。

10男クラッカーとデンは双子で、クラッカーの髪色とお玉(本物の日和)の髪の色は一致。

デンはポーネグリフが読める。光月家で勉強したので妥当。また、父親はクローバー博士。

ビッグ・マムは、日和やモモの助の婆ちゃんということに。


血縁表現
モモの助は極限の空腹で、食ってはいけないもの(人造悪魔の実)を食った。お玉も極限の空腹で工場の排水を飲んでしまった。

3親等の姪とかに、この表現を入れても仕方がない。

ちなみに、ビッグ・マムから見て、ルフィやゾロは2親等、お玉も2親等。ゾロにもワノ国でぐぎゅるるるるのシーンがある。

ビッグ・マムの笑い方「ハハハマママ」→ハハノママ→(ルフィの)母の母
なお、ゾロの母の母、サンジの母の母、ロビンの母の母もリンリン。まさにハハハマママのビッグ・マム。


飢えて冷静さを失うモモの助
お玉そのもの。
というか、お玉もモモの助も、ビッグ・マムそのもの。

モモの助は龍だが、龍の関連ワードに玉がある。
料理のおでんには お玉(道具)や玉子が付き物。小紫では、その手の関連ワードが出てこない。

当チャンネルの予想通り、おリンさんと、玉、モモは仲良しに。不自然に、おリンとモモ達が仲良くなった理由を血縁で回収。

日和だとすればビッグ・マムの孫であるはずの小紫は、おリンと全く関わっていない。共通点も皆無。となると、小紫は孫ではなく日和でもないから。



顔が引っ張られて伸びる=ルフィの親戚だからという表現。

デンの妹ルージュの息子がルフィとなる。光月日和はルフィのイトコ。要するに、ルフィと親戚であることを隠すために、日和=お玉を隠されるのだ。同様に、ルフィの母親ルージュを秘密にすることで、ルージュの母ビッグ・マムがルフィの祖母であることを隠す。


頬のチーク(頬紅)が一致
【ビッグ・マムと玉の共通点】
●頬の目立つチーク
●ぐぎゅるるるると腹が鳴る
●飢えで冷静さを失う
●口にしてはいけないものを口にした(玉は毒水を飲んだ)
●幼い頃に両親と別れている
●(ワンピースには)珍しく、誕生日イベントがある:最高に幸せな気持ちに
●腹いっぱい食えて、前が見えないくらいに嬉し涙を流す
●目も開けられない大口の笑顔で鼻水
●腹が満たされた時の口の周りの汚さとアゴ横の膨れ
●お玉が受け取るリンゴに対して、おリン
●手を地面に着いたまま泣く


小紫にはビッグ・マムとの、この手の共通点(目立つチークなど)が皆無。一方では、小紫にはギオンとの共通点だらけ。なお、そう当チャンネルが書いた途端、小紫にもチークが描かれた(作者がごまかそうとした)ので、もはやお玉が日和だと更なる証拠に。他には、ぐきゅるるるの話を当チャンネルがした途端、玉の腹が「ぎゅるるるる」と鳴るようになり、冒頭の「ぐ」が消えた。当チャンネルが発見した証拠を、わざわざ消しに来ること自体が、お玉が日和である証拠なのだ。

なお、おリンと小紫も親戚同士ではある。
小紫の母ギオンの祖父がロックス
リンリンの父親の父親がロックス
つまり、ギオンとリンリンがイトコ同士。


おリンさんと子孫たち3人
●チョパえもん……おリンとミヤギ(ミンク族の医者)との息子
●モモ君……おリンとクローバー博士の息子デンの息子
●玉……おリンとクローバー博士の息子デンの娘

お菊はおリンとは近親ではない。

モモの助は、なぜかお玉の方を常に向いていない。横からチラ見はあったにせよ、実は一度もお玉の顔は見ていないのだ。


日和の祖父はクローバー博士(おでんの真の父親)


クローバー博士の家族を特定~カタクリや光月おでんの父【ワンピースネタバレ考察】
お玉の祖父が、この男ならば、たとえ8歳でも難しい言葉を使うことだろう。もちろん、当チャンネル説では見た目が9.5歳の26歳が正体だが。

次男カタクリ~11男デンまで、全てクローバー博士が父親で、母親はもちろんビッグ・マム。ビッグ・マムは、最初から夫を捨てる女ではなく、一人の夫(クローバー)でたくさん子を産む。


【確率の勉強】
当まとめでは、お玉こそが日和だという証拠を大量に用意した。
中には「なんだ、こりゃ」という印象を持った根拠もあるだろうか。
しかし、逆に言えば、他の証拠は「あり得るかも」というわけだ。

「なんだ、こりゃ」であっても、確率がゼロという意味ではなく「5%の可能性でしかない」のような評価となる。成立に対してマイナスになるわけではなく、微量だがプラスになる。それから、「なんだ、こりゃ(成立確率5%)」であっても、証拠が20個の場合、「どれか1つでも正解している確率」の計算式は
1 - 0.95^20 = 0.64
となり、実は説は64%の確率で正解する。
当チャンネルの出す証拠は「あり得るかも(成立確率30%)」が中心なのだから、説の正解確率はいつも95%を超えている。(手抜きのまとめもあるが、低い確率の場合、まとめ自体を作らない)


【あるかも知れない反論を崩す】


当チャンネル説は
●本物の日和は お玉
●お玉は9年以上生きている8歳
●小紫は日和に成り代わった
●髪の色はチェンジしたか、回想シーンではすでに入れ替わっていた
となる。


◆日和の髪が青緑◆
人物が入れ替わる作戦なのだから、髪の色も変えた。

というか、アニメの時点では髪色を変えないと、入れ替わりトリックがバレてしまう。日和と小紫を交換した設定だからこそ、作者は髪色を変えることになったのだ。

城が焼ける回想シーンではすでに小紫と入れ替わっていたという思考も、今の所は成立する。


アニメのスタッフが関係を理解してない
アニメのスタッフまでも、小紫を日和だと思いこむことがあり得る。

左の男はモービルという20歳代前半のキャラだが、43歳のはずのブリュレを呼び捨ててしまっている。

コミックでは「ブリュレ……」のようにセリフがあり、「……」の中には、「母さん」とか「ママ」が含まれていると考察。つまり、ブリュレの息子が母親の名を発したシーンなのに、アニメのスタッフは呼び捨てるというミスを実施したわけだ。

アニメはあくまで原作の二次創作。矛盾が発生した場合、原作を優先としたい。


金髪のレイリーが黒髪
まだレイリーの設定が決まっていなかったので、黒髪になっていた。


◆もも君と呼ぶお玉◆
兄ならあり得ないという主張は出そうだが、お玉の方が長く生きているとなれば、お玉こそが姉。もも君で問題ない。

ちなみに、このシーンでも、お玉の顔を断固として見ない。


950話
更に物語が進み、やっと日和の横顔を見たモモだが、日和は目をつぶっている。また、モモの助は動揺している。

当チャンネルが「モモの助は玉の顔を見ていない」と指摘した後の出来事。わざわざ、当チャンネルの証拠を潰しに来ている。

最初から玉が目を開けて、冷静なモモの助が玉の顔を正面から見ればいいのに、気づけないシチュエーションばかり。

アニメでちゃんと見るシーンが出るかも知れないが、モモの助はどうせ近視! 父デンもメガネ男なわけだし。


作者は親兄弟の関係を隠す時には、相手の呼び方をあり得ない所に持ってくる。例えば、レイリーの娘ハンコックは、レイリーを呼び捨て。妹たちも「レイさん」とかで、お父さんとは呼ばない。レイリーの母親が人魚で、ハーフ魚人のレイリーは見た目が人間というだけ(ハンコック姉妹の見た目が著しく異なる理由)。当チャンネルでは、ハチ(タコ魚人)もレイリーの息子だと考察。母親はシャクヤク。ハチは父レイリーを呼び捨て、母をシャッキーとあだ名で呼ぶ。

踏まえると、お玉がわざとらしく「もも君」と呼ぶこと自体が、作者がなにか隠したいからこそ。「妹が兄を君付けで呼ぶはずがない」という《先入観》こそが、作者のよく利用するトリック。むしろ、現実の妹が兄を君付けで呼ぶ場合が結構あるのではなかろうか。

読者大衆が「妹ならば君付けは無い」と思うならば、作者は呼び捨てを設定するはずというメタ推理でもモモの助の妹・日和はお玉。

仮に、お玉がモモの助の正体を知らないとする。同じ年の男の子にならば「もも君」と呼んで当然。次に、日和だからこそ、モモの助の正体を知っているとする。しかし、自分が日和ということを、今は打ち明けるべきではない。つまり、知らない振りをすることになる。となると、やはり「もも君」と呼ぶしかない。不自然さがあると考えること自体が先入観というわけだ。「もも君」こそが、今は正体を明かせない日和の、最も的確な呼び方なのだ。

暴れん坊のおでんの娘なのだから、兄を呼び捨ててもおかしくないような血筋だ。更には、当チャンネルでは、デンの母親はビッグ・マムだと考察している。もも君なんて、むしろ可愛い呼び方のはずだ。呼び方程度で、兄妹の関係は消えない。

そして、すでにお玉が9年以上生きているとなれば、モモの助は弟同然。9歳なのにお玉の体が小さい理由も言わなきゃならないの? お玉はずっと栄養失調だったでしょ? 印象も変わったのだ。

【ありそうな反論リスト】
●お玉はモモの助を「もも君」と呼んだり、兄の呼び方ではない。日和ではない。 →
単純に8歳でも、お玉はモモの助と同じ年齢に並んだという自覚が強い。殿と姫で、立場として、そう変わらない。同じ年で、差し当たり妹とは名乗れない状況で「もも君」は別におかしくない。
男女の差もあるが、サンジは3歳差の姉レイジュを呼び捨てている。同じ年に並んで、もも君なんて可愛いもの。更には、お玉が誕生日のすぐ先に時超えを2回し、9年以上生きている8歳ならば、モモの助は年下。むしろ、当チャンネル説の「9年以上生きた8歳」の証拠が君付け。

●日和が生きて26歳となれば、20年前に6歳。4年近く前に5歳の時点が存在するお玉では成立しない。 → 20.1年前と3.9年前に5.9歳だとして、エースが迎えに来るよう、母の鶴女に約1.8年後へ飛ばしてもらえばいい。2.1年前に5.9歳ならば、現在の8歳が成立。
小数を使わない考え方としては、8歳の誕生日を迎えたお玉は初登場時、もうすぐ誕生日の7歳。18年飛んでいるとして、20年前には、もうすぐ誕生日の5歳。エースと会ったときに5歳の時期がある。
さて、「20年前に6歳、4年近く前に5歳」のような意見を出す人は、5.00歳と5.99歳が同じく5歳という表現である根本的な道理を把握していない。また、20を20.00だとしか認識できていない(小数の概念が無い)。なお、各数字は固定ではなく、小数を調整して最適解を見つけてもらいたい。当チャンネルは20.3年前に5.7歳という解を、最適値として挙げておく。


●お玉はモモの助と直接会っているのに、自分が妹だとは名乗り出なかった時点で日和=お玉の線は消えた(あえて嘘をつく意味もない) →
それが急に小紫=日和にはならない。日和が子供のまま生きているとなると、時飛ばししたであろうトキのことを聞かれるのは明白。鶴女が能力を継承しているとなれば、死亡が確定する。モモのやりがいは消失するので語れない。また、お玉がモモの助と直接会いつつ、顔を見ていないシーンが存在する事自体が、日和=お玉である証拠。お玉が日和の娘程度のどうでもいいキャラなら、そもそもシーンや存在自体が不要。

●2年成長した程度なら、モモの助は妹だと気づけるはず。モモの助は お玉に反応がない。 →
お玉とモモの助のシーンでは、モモの助はお玉を見ていない。位置も離れているし、いる高さも違う(チラ見しても、ちゃんと見えない)。モモの助は修行で手一杯で、お玉には興味なさそう。一方では、お玉の顔は複雑な心境が出ている。ビッグ・マムとワニの上に乗っているシーンでも、モモの助は修行していて、お玉の方を見ていない。

なお、当チャンネルでは、2年成長したのではなく、4年くらい衰弱したと考察。誕生日が来たら年齢が増えると思っているのがお玉で、5.7歳の時に「誕生日を少し過ぎた日付」に飛んで、9ヶ月以上経過しエースと会い、更に母・鶴女によって、2.2年後の「誕生日を少し過ぎた日付」に飛んだら、お玉は9.5年生きているのに8歳の誕生日となる。モモの助と接触していた当時5.7歳だったので、4歳くらい年をとっている。栄養失調の状態で4年だ。

●ウォーター7編(フランキーが仲間になる)では、敵ボスが誰なのか、読者の反応とかで作者はルッチだと決めた。お玉の変更もあるのでは? →
誰がボスになるのか、決めていなかった編があるという事実があるだけで、ワノ国でキャラクターの役割が変わる根拠として決定的ではない。それから、血縁は変わらないと考察。例えば、ルッチがブルックの孫、パウリーがレイリーの息子という血縁は最初から決まっていて、誰をボスにするか決めていなかったという事実があるだけ。
次の例なら明白。ルフィの父親は最初から最後までロジャー。読者の反応で、ドラゴンに変更はあり得ない。誤誘導はもちろん実施。というわけで、お玉の血縁は変わっていない。

作者の誤誘導の実績はある。当チャンネルでなくても、お玉が日和だと考察されていたので、小紫を出してきた。考察者やファンの99%は、一斉に小紫を日和だと思い込んだので成功。

●お玉は東北っぽい話し方だし、リンゴを持つので、鈴後出身だ。 →
師匠が飛徹なので、飛徹の故郷が鈴後という話。ルフィと話す飛徹は標準語だけど、お玉と二人切りの時は、なまっているのだろう。現実でも、身内の前ではなまりまくっていて、お客さんの前では標準語なんてのは、よくある話。

●作者は「みんなが予想していたら、ストーリーを面白い方向に変える」と発言した →
正体を変更したら負け。絶妙な誤誘導を実施し、みんなが信じている所から離れさせるのが勝ち。まさに今回の話。モモの助の妹・日和は、お玉だと結構な割合で予想されてしまった場合、面白くするために、小紫という見当外れの人物に日和を名乗らせて誤誘導した。お玉=日和は変わっていない。

●お玉の髪は紫なので小紫の娘だ →
小紫と お玉はイトコ同士が正解。トキの髪色がまだ不確定だが、判明しているキャラだけで考える。お玉が紫の理由は、父おでんと双子の兄弟となるクラッカーの紫色が出ている。お玉の伯父がクラッカー。

●日和の正体として お玉はもう外れた →
第928話「花魁 小紫登場」の時点で候補として外す理由が作者に存在しない。もっと引っ張ってからでいいはずなのに。逆読みでは、外してくる人物こそが正解なので、お玉が日和だと確定したシーンでもある。

●小紫は日和で、お玉は日和の更に妹、トキとおでんの娘。 →
トキとおでんの子(日和より年下)はトコが該当。お鶴がお玉(日和)で泣いているので、日和はお鶴とおでんの娘で解決。

【お玉と似ている日和の顔が出た理由】
ネットの考察で目立った所は、当チャンネルを除いて「小紫が日和だ」と信じている。よって、そっくりな顔を出しても、同一人物だと判断できないと作者が判断したから。


そもそも年齢は作中に稀(まれ)
ナミ、ゾロ、サンジ、ウソップなど、作中(本編)には一度たりとも、年齢が出たことはない。ナミなんて18歳で酒も飲んでるし。

ルフィの12年前の年齢はトリックのために出ている。つまり、年齢が出る場合はトリックの場合が中心。


ルフィが光月おでんの生まれ変わり説を検証【ワンピース都市伝説考察】
おでんとビッグ・マムの共通点とかはこちら。あまりに多いのでびっくりするはず。


お玉(光月日和)が11人目の仲間になる?!【ワンピースネタバレ考察】


スポンサーサイト



2020/02/22

傳ジローの正体はコウシロウ~狂死郎ではない【ワンピースネタバレ考察】

傳ジローは誰なのか? 傅ジローの正体はコウシロウだと解説。両替商の狂死郎ではない理由も述べる。兄弟説や霜月コウ三郎の息子説も解説。


傳ジローの顔


ほんのりタレ目で、丸みを帯びた目。
口は裂けていない。

傳ジローは愛着が持てる顔と言える。
海軍のコビー系の顔だ。

買い物がズルイくらい上手。


たしぎとの関係は後述


眼鏡を上げる仕草が一致。
やや垂れ目。

剣の買い物が上手。

たしぎとの関係は後述と書いたが、鋭い人は もう続きを読まなくても分かるでしょ。傳ジローの正体が誰で、狂死郎のわけがないことを。

傳ジローはコウシロウが正体で、作戦で狂死郎と人物が入れ替わった。そして、狂死郎が小紫や錦えもん達を信用させるために、傳ジローを名乗っただけ。


顔の違う人物が、実在人物の名を自称しても、同一人物で確定ではない。


ゾロを名乗ったマンジャロウ
このキャラ(髪型、髪色、上半身の服まで同じ)がゾロを自称してもゾロではない。顔の区別が不完全なチョッパーがゾロだと信じたとしても、このキャラがゾロで確定するわけではない。

チョッパーなど異種族は、人間の顔の違いをあまり把握できない(多少はできる)。魚人が人間を区別する場合も同様。

マンジャロウが「オレはゾロ」という態度でも、読者は信じなかった。理由は顔が違うからだ。にもかかわらず、同様に狂死郎が「オレは傳ジロー」と発言して、なんで読者は信じるのやら。

ウソップは修行の2年間で太ったので、ゾロだって太ることはあり得る。顔が違うことこそが、読者の別人認定の要因。


バルジモアのフランキーと偽フランキー
2年後に現れた時、顔が変わってもおかしくない状況なのに、更には(フランキーを自称する男は)フランキーだと紹介されているのに、読者・視聴者は、フランキーだと信じなかった。髪色はもちろん、服装や髪型のセンスまで同じなのに読者・視聴者は誰も信じず、信じたチョッパーを笑った。

顔が違うという状況は、別人を確定付ける強力な証拠なのだ。別顔の狂死郎が傳ジローを自称した程度でどうなるものではない。

偽者を信じた場合、なにか原因がある。チョッパーならば人間ではないとか、小紫ならば本物の日和ではないとか。


一時的に目が吊り上がることはある
誰でも怒りで目が吊り上がるシーンはある。
しかし、その目が固定されることは異常(馬鹿げている)。


傳ジローが狂死郎だと言われる根拠(ガセだが主張のまとめ)


髪の生え際(ぎわ)が近い
これは微妙。全く違うわけではないにせよ。
また、20年の間に、むしろ前髪後退しているべき。

たとえ生え際が近くても、髪型のセンスが違いすぎる。更には服装のセンスが違う。

狂死郎は口裂けだし、顔の縦横比で、横が小さい。輪郭が異なる。

生え際が近い理由は、誤誘導キャラだからこそ。本人の証拠という解釈が誤り。

かつらを取った状態が地毛の色だと仮定すると、青紫ということに。この理由は後述。

両替商というのは、要するに銀行経営者。


お金を借りる傳ジロー
主張……傳ジローはワノ国中を歩き回り、金を借りたり返したり。

反論……一見、お金を扱うので両替商のように思うが、このセリフは借りたり返している一般人の立場なので、両替商(金貸し)とは立場が全く逆。もちろん、出世して両替商になることはできるが、借りる立場そのものは、証拠ではない。

現実に直すと明白。消費者金融で借りたり返している人間は、金を貸す勉強になってるわけでもないし、金貸しの立場とは真逆で繋がらない。


将軍の犬=スパイ
主張……犬には忠実な下僕という意味もあるが、「スパイ」という意味もある。だから傳ジローだ。

反論……スパイなのは認めるが、傳ジローである根拠としては薄い。

主張……おでん将軍の犬(下僕)なんだ。

反論……死んだおでんには何も報告できない(犬になれない)。モモの助はまだ将軍ではない。おでんは人格者なので、家臣を犬扱いはしない。家臣は自らを犬だと卑屈にならなくていい。むしろ、おでんの犬ではない証拠が、このシーン。仮におでんの意味でも、赤鞘である必要はない。例えば、康イエの家臣とか。


アニメの主題歌では赤鞘の酒天丸の後ろに狂死郎がいる
反論……確かにいる。登場の順でたまたま、酒天丸と一緒になったか、誤誘導があるかのどちらか。肯定派の論調だと、仮に主題歌で狂死郎が単独で描かれ、酒天丸の次に登場しても、「酒天丸の次に登場したので傳ジローだ」と主張するだけだ。小紫は単独で描かれるとして、一体、狂死郎は誰と一緒に描かれれば別人判定なの? その話なくして、「酒天丸と一緒だったので傳ジロー」は不成立。

どうせ、狂死郎が出ていなくても、肯定派は「正体が傳ジローだからこそ、あえて出していない」と言うだけなのだから。


【その他】
●狂死郎はモモの助達の味方っぽい(トキを奥方と呼んだ、オロチに関し裏で悪口、小紫を斬った風に見せかけた、小紫の落とした判じ絵を秘密にして小紫に返した、味方であるゾロとは戦いたくなかった「やめておけ、浪人」)
反論……味方なのは認めるが、傳ジローである根拠としては薄い。傳ジローならば味方だろうが、味方だからといって傳ジローには限定されない。例えば、康イエの家臣でも味方確実。

●傳ジローは おでん達の金を管理しているっぽい
反論……誰かが管理せねばならないなら、よく借りていた傳ジローがやるしかない。貸す立場の狂死郎とは結びつかない。傳ジローは現代に直すと「経理」に過ぎない。

●きょうしろう と でんじろーは名前が似ている
反論……後半が似ているのは確かだが、対抗馬がコウシロウなので、単に似ているだけではコウシロウ説に対して優位にはならない。

●性格は20年の間に悪くなった(変わった)、だから狂死郎だ
反論……性格が同じでも狂死郎で、性格が違っても狂死郎だという論法はおかしい(性格に関係なく傳ジローならば、性格は根拠にできない)。性格のみならず、顔やセンスまでもならば、なおさら。肯定派の主張は、前提に「狂死郎だ」とあるだけで、根拠と混同している。前提が狂死郎ならば、結論が狂死郎なのは当たり前。前提の時点でミスっている。

●人相は20年の間に悪くなった(変わった)、だから狂死郎だ
反論……顔が同じでも狂死郎で、顔が違っても狂死郎だという論法はおかしい。顔が違う同一人物の場合には、妥当な老い方だとか、顔に隠している部分を作るとか、名前を一致させるとか、作中で同一人物だと即座に説明するのが、一流の漫画家による表現の鉄則。デブ女海賊アルビダは、痩せても名前はもちろん同じで、即座に同一人物と明かし、変わった理由も表現された。康イエとトノ康も、直ちに同一人物だと表現され、多少の人相は変わっているが顔の原型は同じ。

●顔や人相が変わった理由はこうだ、だから狂死郎だ
反論……顔が変わった根拠が存在しないので、その理由付けをしても無効。顔が変わった理由に対して「狂死郎だから変える必要があった」というのはおかしい。今度は狂死郎である根拠が必要になる。顔が違うけど狂死郎である根拠に対し「顔が変わった」という説明では無限ループ。前提と結論を常に逆にしているので、肯定派は迷走する。

主張……「顔が変わった理由は狂死郎だから」「狂死郎である理由は顔が変わったから」……これは根拠と結論が無限ループしている。

それから、顔を変えるだけでオロチを騙せるのならば、忍者の雷ぞうこそが適役だ。

●怒りの感情でイキナリ顔と人格が変わった、だから狂死郎だ
反論……顔でも性格でも、一致するならば同一人物を主張するのもいいが、違う場合には「違っているが変わった」なんて主張は、同一人物の証拠にならないことを把握を。同一人物だと作中で確定した場合に、「変わった」を主張できる程度の話。「こんな顔の場合には別人認定」という説明が全く存在しない。顔が違っても傳ジローならば、ドフラミンゴでも成立してしまう。顔が違う場合に同一人物という主張をしたい場合、同時にドフラミンゴやミホークではない説明もしないといけなくなる。他のキャラ全般に対し、顔や髪型を変えた傳ジローではない証拠も「顔が変わった論」には必要なのだ。更には、怒りで顔が変わらないキャラ(一時的に変わっても当然のごとく戻る)ばかりなので、なぜ狂死郎に限って変わって固定されたかの根拠も重要。要するに、成立はまずあり得ない。

以上の顔の話をまとめる。「顔が違うけれど傳ジロー」という話をしたいならば、顔の違う別キャラ(ドフィとかミホークとかクロコダイルとか……)も全員チェックし、傳ジローなのか、そうでないのかを調べないといけない。そのチェックが無いのに「顔は変わったんだ」と語る説は却下。ましてや、様相が近い「コウシロウ」がいるのだから、なおさら。

更には、顔が想定外に変わったのならば、逆にいつ元に戻るかも想定外となる。そんなリスクを抱えつつ、オロチの側にいることは不可能。最初からオロチの知らないあの顔だから成立する。

●傳ジローと狂死郎は顔の造りが似ている
反論……全くもって似ていない。「顔(人相)や性格は怒りで、もしくは20年で変わったんだ」という言い訳のほうがマシ。


ソックリ(www)な傳ジローと狂死郎
狂死郎の目の角度。これだけ吊り上がったキャラは、ワンピース全キャラチェックでも、そうそういない。傳ジローは口裂けもなく、吊り目さが皆無で丸目なのに、狂死郎と似ているなんて、妄想が度を超えてしまっている。

狂死郎は顔がキモイが、傳ジローは愛着が持てる。

「顔が全く違うけれど狂死郎だ」という話が、根拠として不成立なことは発言者も気づきやすいので、顔が同じだと思いこむことで、説を成り立たせようとする盲目的な説。


この例ならば似ているとか同一人物と認定できる
金獅子のシキが黒炭家だと考察できる。

妥当な老い方で、口元や眉が一致。鼻は角度の違いで一致。そして、前髪はちゃんと後退している。同じ方がおかしい。

シキのような特徴的な眉ならば、一致する場合に根拠の1つとしてもいいが、線一本の眉が一致しても、あまり意味は無い。

傳ジローの顔は怒りで変わったという迷走もあるが、シキが悔しさで顔が変わらなかった理由も必要になる。要するに、顔が変わった論は不成立。

それから、本当に同一人物という演出を作者がしたいならば、顔を変えるなんてやり方は愚。シキのように、一致する顔をコッソリと描くのが一流。


この例ならば似ているとか同一人物と認定できる
これだけ似ていて、同一人物を主張できる。

おかしなのは、これだけ似ているお玉と日和を別人だと思いつつ、なんで、傳ジローと狂死郎が似ていると思えるのか謎。作者の尾田氏が妖術でもかけたのかよ。

この似具合では、康イエの部下や魚人の河松に区別はできない。小紫を名乗ることになった少女が狂死郎に会うのは7年後なのでなおさら。

トキは最期のシーンで辞世の句を発するが、その時にお玉らしき人物が、目をつぶって手を合わせている。

狂死郎は(勘違いにせよ)日和と再会できて感激したのだから、顔が戻るべき(傳ジローではないので、そうならない)。


キラー=ギン説(完全終了)
説は根強く続いていたのだが、キラーの素顔が出た時点で、流石に完全終了となった。

顔の違いは全てを打ち消すのだ。顔が違っていても、狂死郎だとしつこく言い続けるのは、キラー=ギン説の主張者よりも迷走が止まらない。

キラーとギンの顔の違いについて、若返ったとか、目が似ているとか、眉が似ているとか、サンジの施しによる感動で顔が変わったとか、無価値な話をされても困るのだ。


傳ジローと狂死郎が別人である根拠


傳ジローが どこにいるのか知らない
狂死郎と「いい仲」の小紫が知らないのはおかしい。
もちろん、小紫は嘘つきなので、小紫の嘘だと信じる人には微妙だろうが。なお、小紫の嘘を信じるならば、まずは日和と名乗ったことを嘘だと判断すべき。

面白いのは、当チャンネルがこの場所でこの話をした途端、(当時の)最新号で「狂死郎が小紫に、味方にも傳ジローだと話してはいけないと語るシーン」が登場。作者サイドは当チャンネルをベースに誤誘導を作っていることが確定的。

当チャンネルの考察力をベースに作者が誤誘導を作ると、他の考察者はことごとく誤誘導される。


護衛の中に狂死郎が?!(おでん処刑前)
当チャンネルが「小紫はおしとやかなので日和ではない」と書いた途端、日和の影武者(小紫)も飛び蹴りを実施。すでに影武者と入れ替わったシーン。今回はその話ではなく護衛の侍について。

康イエの家臣にも、立派な武士が揃っているので、その中に狂死郎がいてもおかしくない。そうなれば、狂死郎と傳ジローは別人ということに。

差し当たり、画像の左端のキャラに注目。


お忍びの狂死郎(現代)と20年前の護衛
左側の狂死郎は、いつもの髪から前方のかつらを除去すると、この髪型となろう。傳ジローとは似ても似つかない。

右側の笠の男。鼻からアゴの形や、髪の輪郭が、お忍び狂死郎っぽい。

笠の影だから髪が黒いだけ。また、室内でも笠なんておかしい。まるで狂死郎の髪型を隠すためにかぶらせたよう。

一方では、現場にいる日和(すでに影武者)が、この男の顔を確認できないという状況でもある。

康イエの家臣で、裏切っていないとなれば、モモの助の味方なのは妥当。また、この場で偽者の日和の顔を見ても、影武者だと気づけない。


過去の狂死郎?
康イエと馬で護衛に向かうシーン。970話より。
康イエが一番目立っているが、次に目立つのはこのキャラ。というか、康イエとこのキャラだけ、頭部が描かれている。

康イエの家臣ならば、赤鞘の紋章なども知っている。

ちなみに、康イエ達は、おでんの処刑時にも問題なく城の中で生活していた。当時の康イエには、オロチ達の魔手は延びていないのだ。

おでんの処刑後、康イエ達も攻撃を受け、ボロボロになった狂死郎と傳ジローがお堂(閻魔堂)で一緒になり、入れ替わった展開を読み取るべき。


丑三つ小僧と繋がる康イエ
丑三つ小僧は自分だと康イエは名乗り出るわけだが、名乗り出る直前の時点で狂死郎が捕まると、長年の作戦が無駄になる。つまり、狂死郎の正体を知っている康イエが動いた。

狂死郎が康イエの家臣である証拠だらけ。


赤鞘と手合わせしたい
赤鞘が身内ではなく、自分とは別のような言い回し。腕に自信のある康イエの家臣ならば、おでんの家臣たちと腕くらべをしたいのは妥当。

狂死郎が赤鞘の一員ならば、メンバーとは一緒に鍛錬している。わざわざ手合わせする必要はない。赤鞘のメンバーの一部は未来へ飛んでいるのだから、当時と実力が変わっていない。そんな相手に「オレは20年間で強くなったから、仲間に実力を思い知らせてやる」というのは、おかしい。

光月家という言い回しも身内外の言い方だし、亡霊というのも身内には失礼。味方ながらも、赤鞘達にライバル意識を持つ立場と言える。

狂死郎は酒を飲んでひっくり返っている無作法な奴。


【その他】
▼ずる賢いが、女性には縁が薄い傳ジローに対し、女性を管理する遊郭を経営する狂死郎の手腕が不一致。例えば、傳ジローに「若い女性を誘って彼女にして、遊郭へ導くシーン」や「お金を工面して女性を人身売買するシーン」があれば、かなりの証拠になったが、もちろん無い。

▼女性を利用して稼ぐ傾向が、他の赤鞘衆や おでんの生き方にマッチしない。少年誌では具体的に表現しなくても、ワノ国の遊郭で実際に行われてることは、史実(現実)と同じなのだから。モモの助達に対し、「小娘同然の女性にオンナを売らせて資金調達しました」は不成立。

▼酒を飲んで寝てしまう居眠り狂死郎に対し、不意に寝る描写が皆無の傳ジロー。

▼傳ジローは50歳代前半の年齢だが、狂死郎はそこまで年配ではない。20年前当時、20歳程度な康イエの家臣ならピッタリ狂死郎の世代。

▼作中で傳ジローが錦えもんから語られた時、傳ジローのシルエット(影絵)が狂死郎とは全く違う。その後、シッカリと傳ジローが描かれ、別人顔が確定となった。

▼そもそも傳ジローと狂死郎は顔が違う。輪郭や口の裂け具合も違うし、特に目が全く違う。顔が似ていると語る主張は、サングラスを取ったシーンを忘れた迷走。ついでに、髪の色も違う。

▼オロチはおでんをライバル視している。髪型を変えた程度で、赤鞘を配下にするなんてあり得ない。康イエの家臣までは顔を覚えておらず、花街(芸者街)で稼ぐ人材というのもあり、オロチは狂死郎を配下にした。

▼錦えもんのことを頭の切れる男と称する狂死郎。本物の傳ジローならば、錦えもんにアドバイスしていた知恵袋が自分だと認識しているわけで、間違えるわけがない。実際の錦えもんは、集合場所を間違えたりと間抜けで、パンクハザードで登場して以来、一度も頭がいい所を見せていない。むしろ、毒水を飲んだりと間抜けな所ばかり。

▼少年時代とはいえ、傳ジローは「全ての愚かな大人達を見下すオレが唯一尊敬できるのが おでん」といつも思っていた。すでに錦えもんとは知り合い。となると、錦えもんに対し、頭が切れるとか傳ジローが思うわけがない。

▼狂死郎が錦えもん達に自分が傳ジローだと名乗った後、「やはりあんたは尊敬に値する」と発言。傳ジローは おでん以外への尊敬がまずあり得ないのに、錦えもんを尊敬だなんて極めて不自然な言動。作者は明らかに楽しんでいる。こんなにも「傳ジローじゃないよ」という証拠を出し続けているのに、読者が傳ジローだと信じる事を予想しているわけで。

▼狂死郎の身長は304cmに対し、少年時代の傳ジローは大人の女性にも負けている。

【コメント】
狂死郎ではない確定要素があまりにも多いのに、狂死郎を傳ジローだと思っている人ばかりで、世間(大衆読者の考察水準)が嫌になるくらい。まあ、そういうネットの状況を見ていたからこそ、任せておけないと思い、2017年に当チャンネルが誕生したわけだが。

【当チャンネル対策か強力な誤誘導が】
コミック973話で、狂死郎とデンジローが並ぶシーンがついに登場。当チャンネルがこのまとめを作っていたから、このシーンが出た可能性も。

お堂で実際に起きたことだが、本物の傳ジローであるコウシロウが狂死郎に資金調達を託し、コウシロウはワノ国を出た(ある方法で:後述)。お堂で2人は会合した後、入れ替わった。狂死郎はニセの日和(康イエの娘)を日和だと信じて小紫と名乗らせた。本物の日和はお玉。

「怒りという妖怪に取り憑かれた」という自称シーンがあるが、ワノ国にいる妖怪は、全て悪魔の実や人工の悪魔の実によるもので、妖怪そのものは存在していない。つまり、迷信。

普通に読むと、傳ジローが狂死郎を名乗ったかのように思ってしまうが、お堂での入れ替わりが正解。やはり、当チャンネルの説を作者サイドが見ていて、読者が信じないように仕向ける誤誘導が存在する。当チャンネルが正解しまくっているからこその現象だ。これまでも、ボニー、ギオン、トキ、ギン、お玉、小紫で当チャンネルの説を信じないように仕向ける誤誘導があった。

当チャンネルの説は、単純にコウシロウが傳ジローという話をしているのではなく、コウシロウの両親や妻子まで完璧に特定している。更には狂死郎の両親や婆ちゃん2人までも特定。むしろ、その手の真相こそが、作者サイドは知られたくないのだ。

【2人の目的と作戦】
コウシロウは海外で人材を育てるという重要な任務を遂行したい。狂死郎が傳ジローの身代わりになるために、顔が変わったことにした。

【小紫(と名乗る事になる小娘)との再会】
小紫個人に傳ジローを自称した狂死郎がいることと、狂死郎の正体が傳ジローであることとを混同してはいけない。


小紫のみに傳ジローと名乗る
小紫「傳ジロー!?(のわけないよね、顔キモッ)」
小紫「ほんと!?(なに言ってんだ、こいつ)」

小娘の小紫でさえ疑っているのに、読者は素直に信じまくった。さすがはオダッチ。

姫に会えて感激なのに、なぜ狂死郎の顔は戻らないの? この後13年も、(日和の影武者だけど)姫を護衛するという誇らしい任務に就いているのに、全く顔は戻らなかった。最初から傳ジローではないから、戻るわけがない。
少女の小紫ですら、不可解に思っていた。にもかかわらず、読者が信じるというマジック。要するに、読者を誤誘導させる目的が第一。

なお、小紫は日和の影武者なので、傳ジローという名前自体を知らなかったこともあり得る。


閻魔堂で打ち合わせた傳ジローと狂死郎
お堂で2人は打ち合わせる。狂死郎が傳ジローに成り済ますために、傳ジローは自分の情報を狂死郎に教え込んだ。

人物チェンジは頭の切れる2人の作戦。

にもかかわらず、このコマを99.99%の読者は同一人物だからこんな風に描かれたと錯覚した。

「よし、これからのオレは、傳ジローの2代目として生きてゆく。狂死郎という名前を名乗りつつ」が、このコマの解釈として正解。

ワンピースにはナレーションもあるのだから、ちゃんと解説すべきなのに、誤誘導(演出)なので解説が無い。


コウシロウこそが傳ジローである根拠


漢字のパーツでコウシロー
キョウシローは無理だった。專の部分に「キ」も「ヨ」も「ウ」も、パーツとしては存在するが、キヨウの3字を同時に取り出すことができないのだ。

「傳」は「伝」の旧字体なので、伝ジローだとも解釈できる。「云」と「公」は近い文字(汚い字とか達筆だと区別できない)。また、「云」と「゛」をくっつけると「公」が浮かぶ。伝ジロー → 伝゛シロー → 亻公シロー → コウシロウ


服に赤鞘
赤鞘九人男である傳ジローと合致。しかも、足には三日月の紋(判じ絵の柄)がある。
もう、これで決まったようなものだけど、続々と証拠を増やしてゆこう。

ちなみに、年齢は51歳。まあ、時超えもあるのだから、いくらでも変更できるのだけど。

年齢がマイナスになる場合には、非常にたくさんのパターン。
●ボニーの能力
●トキの能力
●モンドールの本にコレクション
●石化
●氷漬け
●シーザーの硬化ガス
明確ではないが
●おもちゃになる
●影を抜かれる


コウシロウの足と、他の赤鞘の足


指導者コウシロウ
先生と呼ばれるシーンが多数。

コウシロウはシモツキ村では、先生だった


他人を教育できる指導者
狂死郎は頭は良い方だろうが、特別に頭脳が優れる描写は無い。また、指導の描写もない。

なお、頭のいい者同士の作戦で、人物入れ替えを実施したと考察。ただ、狂死郎は錦えもんに対し「頭が切れる(頭がいい)」と本気で発言するので、コウシロウほどには頭が良くないと考察。

傳ジローは作法の指導をしているが、狂死郎は酒を飲んでひっくり返っている。


髪型はコウシロウとほぼ同じ
オールバックにおさげが完璧に一致。髪留めも同じ。

狂死郎と傳ジローの生え際の比較なんて、なんの証拠にもならないことに。

現在のコウシロウはもちろん、前髪が後退し、視力も衰えた。

ナデナデされる菊之丞に注目。侍になる「男」にこの態度は不自然。男の子にならば肩や背中を叩くべき。イゾウは男だが、菊之丞は女だと考察。

お菊(菊之丞)の声優は女性(伊瀬茉莉也)。イゾウの声優は男性。


拙者♡
菊之丞は「拙者♡」のように発音している時期もあり女だとして、女子にも優しい傳ジロー。一方の狂死郎は、女子にオンナを売らせて、お金を回収する外道。

女の子の頭ナデナデの傳ジローが、同じような世代の女の子へ「スケベ ジジイに接客してこい」はあり得ない。そんなの、おでんに申し訳が立たない。


傳ジローがコウシロウだと、門下生を大量に引き連れてワノ国に登場なんて面白いシーンが作れる。狂死郎にはワノ国での役割があるので、同一人物だと外国から援軍という役割分担ができない。

視点を変えると、コウシロウだとバレていたら、援軍を引き連れてくる展開が予想されてしまう。となると、狂死郎だと思わせるトリックが必要。お金を扱わせたり、主題歌で酒天丸と同じコマに出た理由は誤誘導となる。

なお、コウシロウがルフィに力を貸すのは、ワノ国編ではなく、世界政府を倒す時という可能性も。というのは、おでんはデンとして生きていることをコウシロウが知り、ワノ国は狂死郎と他の赤ざやたちに任せたということも考えられるからだ。

コウシロウが海外へ脱出できた理由。妻イワンコフによって、一時的に女になって脱出したのかな。とっくにイワンコフと結婚済みだったというわけだ。

当チャンネルは決定的な経緯を発見した。コウシロウがビッグ・マムの夫になったのだ。娘は真の26女キウイ(22歳)。公式でコウシロウの娘となる「くい」な と「キウイ」は名前の発音が酷似する。無理矢理ビッグ・マムの夫にされたのではなく、コウシロウの作戦だと考察。見事にワノ国を出たコウシロウは、サクッと逃亡したか、ビッグ・マムに捨てられるのを待ったか、伯父・コウ三朗の待つシモツキ村へ向かった。

【錦えもんは本当に頭がいい?】
錦えもんと傳ジローはデンの家臣になる前からの知り合い。
近くにいるコウシロウの頭脳が光っていて、錦えもんが頭がいいかのように外部には解釈されていたのでは? 港の結集では、判じ絵の意味を間違えていた錦えもん。明らかに顔の違う狂死郎を傳ジローだと誤解したし。なお、傳ジローしか知らないことを狂死郎が知っていた理由は、閻魔堂で傳ジローが狂死郎に自分のことを伝えたから。

錦えもんは集合場所を間違っていたわけだが、雷ぞう、河松、イヌアラシ、酒天丸から、錦えもんがミスしたことを追求されている。要するに、彼らからは頭の切れる男だとは認識されていない。


平凡な身長の傳ジロー
コウシロウは身長184cm、狂死郎(2代目・傳ジロー)は304cmとなっている。

少年時代は大人の女性にも負けている身長。304cmはおかしい。

ジャンプのコミック982話の後にワノ国の年表が出るが、もちろん傳ジローが狂死郎になった項目は、一切、存在しない。


容姿は確実にコウシロウ
傳ジローの持っている刀がコウシロウの「和道一文字」っぽい。

傳ジローが狂死郎だと信じ込んだ読者でも、コウシロウと傳ジローが兄弟だと考えたり、似ていることを把握している場合も。

画像の左下、素顔や表情がコビーに似ているが、当チャンネルでは、コウシロウの母つるの娘ヒナの息子がコビーだと考察。つまり、コウシロウの甥がコビーという推察に合致する。

さて、傳ジローは身なし子という紹介になっている(たしぎの次に解説)。


コウシロウの娘たしぎ
傳ジローの眼鏡を上げる仕草、どこかで見たはずと思ったら、たしぎだった。考察というのは注意力が大事で、記憶力が決め手。

たしぎは2年後には、後ろ髪がおさげとなる。

たしぎの母親はイワンコフ、父親はコウシロウ。妹は緑牛となった くいな。

緑牛は「お姉ちゃんが、あーん」と語るので、姉のいる人物。

お父さんが眼鏡を上げる仕草を、娘のたしぎはマネしている。

くいなも たしぎも つるも鳥の名前。
たしぎは漢字で田鴫で、田ジローというパーツが発見できる。

現在のたしぎは、コウシロウの母つるの所にいる。
出典 www.amazon.co.jp


つるの息子なのに、コウシロウが身なし子の理由


母つるがホーミング聖の妻になった時期
画像は天竜人ホーミングの妻になった時期よりは若いが、若い つるのイメージにどうぞ。

コウシロウや現在の たしぎのように髪は おさげ。

身なし子というと、両親が死亡したと先入観で感じてしまう。コウシロウの場合は「母親が略奪された」が正解。父親も略奪された(後述)。当チャンネルでないと、とてもじゃないが考察しきれまい。

当チャンネルの愛好者ならば、身なし子の理由は説明なしに分かったかな。


海軍おつるさんの正体を特定~隠し子が続々【ワンピースネタバレ】


つるとホーミングの息子ドフラミンゴ
ドフィがつるに頭が上がらない理由は、つるはお母さんだから。フラミンゴ=紅鶴、つる(弓に張る糸)に対してイトイト

ドフィの行動には、つるが付きまとう。つるの初登場時にもドフィがいる。
捕まった後には、つるに新聞の差し入れを希望し、ちゃんと牢獄でも新聞を読んでいたドフィ(つるの依頼を受けた看守とかが実施)。息子にそれくらいのサービスはするし、息子も母ならばしてくれると思って希望した。

天竜人がDというのはおかしい。つるがDだから、ドンキホーテ・D・フラミンゴとなる。
出典 www.amazon.co.jp


ドフィの母代わりの女は、ドフィの実姉
つるの前に妻としたバッキンに産ませた娘だと考察。母つるは去ったので、姉が母親代わり。

ホーミングとバッキンの前髪をミックスすると、天竜女の前髪に。

ちなみに、ドフィの弟ロシナンテはビック・マムとホーミングの息子。ビッグ・マムの真の17男となる。


バッキンの若い頃
天竜人が人魚に迫るシーンは既出。

ホーミングの目は確実にハート。
しかし、飽きた(逃げた)ので、つるに乗り換えた。
そして、つるのウォシュウォシュの能力で天竜人達は善人になってしまった。

ちなみに、バッキンは狂死郎の祖母だと考察(後述)。

というわけで、コウシロウが身なし子でも、矛盾は無し。


ドフラミンゴの家族(妻・子供)や秘密を特定【ワンピースネタバレ考察】
ドフィの妻は、ブリュレ、ココロ。娘はシュガー。傳ジローの話より面白かったりして。


つるのウォシュウォシュ
極悪人でも心が洗われ善人に。

ホーミングはもちろん、ドフィの母親代わりの天竜娘までも善人の理由は、つるの能力。


サングラスを上げる つる
傳ジローもサングラスを上げる。
傳ジローはサングラスやメガネを外したことがない。
一方の狂死郎は、一度もメガネ類を身に着けない。


母と再会したクザン(コウシロウの弟)
コウシロウも再会したろう。

クザンも幼少期に荒れていたが、父も母もいなくなったから。コウシロウやクザンの父については後述。

先入観で、身なし子はもう二度と親と再会しないイメージがあろう。だったら、とっくに再会済みが真相。

つるの不自然なポーズに注目。息子の側でリラックスというのもあるが、分娩台ポーズだと考察。青キジを出産したという暗喩だ。青キジの方も胎児ポーズ。1つの舟=体が1つだった。水=羊水(胎児の浮かぶエリア)。

そして、その後、竜(天竜人)が、つるを狙うのだ。オダッチは何も考えていないと思っているファンも目立つが、作者は相当に考えていて、人物関係は複雑だってば。


狂死郎の素性


狂死郎の正体は、金獅子のシキと老婆の芸者(提灯ババ)の息子。狂死郎は日和の顔をシッカリとは知らないので、7年後、日和を名乗る小紫を日和だと信じた。しかも、小紫の方も傳ジローをあまり知らないので、狂死郎を傳ジローだと信じた。


服の紋に注目
○の中に●のデザイン。
魚の目をイメージしており、父母や先祖が魚人ということに。
タコの吸盤とも解釈でき、黒炭家の証。

居眠り狂死郎 → Inemuri Kyousierou → Kurosumi no Ie → くろすみのいえ → 黒炭家

もはや芸術の域(当チャンネルが)。


ヒョウゾウ(39歳)
居眠りする癖がある。
ヒョウモンダコの魚人。狂死郎のように酒飲みで、狂死郎の服の紋と形とスケールが完全一致。狂死郎の兄だと考察。

狂死郎の本名はヒョウシロウ?

トキの護衛時に19歳くらいで、20年経って39歳が狂死郎の年齢。傳ジローとは、何もかも不一致。

仮に狂死郎の年齢が50歳だと発表されても、当チャンネルが間違っていたわけではない。むしろ、当チャンネルが正解していたので、「トキの能力の副作用で狂死郎も過去へ飛んだ」という設定を追加するだけの話。


提灯ババ
狂死郎の母親かな。
提灯の「チョウ」と「キョウ」は語呂と文字の形が近い。
提灯ババの母親がバッキン。父親は光月クローバー? クローバー博士の後ろ髪と通じるものがある。

狂死郎が光月に味方する理由は、母親にある。バッキンは光月スキヤキの元妻だと考察。

「きょうしろ」というのは大豆の品種「京白丹波」で、クローバー(マメ科)と植物つながり。


バッキン
○の中に●のデザイン。
バッキンの孫息子なので、狂死郎は近いデザイン(ヒョウモンダコ)。
すでに示したよう、バッキンの正体は人魚。

ちなみに、ジャッジの祖母(元ジェルマ女王)だと考察。時を超えたので、極度のヨボヨボ老婆ながらも、生きている。右腕は失っているはず。服の紋が赤髪だし、シャンクスの祖母でもあると考察。


ソラとジャッジの娘達
名前の付け方も含めて、ジェルマの血筋で、バッキンと同じ紋の帽子をイチカがかぶっている。また、バッキンとほぼ同じ形の帽子。

こんなに可愛い人魚達なのに、サンジは全く反応せず。妹だからで完全に伏線回収。

イチカ、ニカ……ヨンカツー
1x2x3x4+42=66

ニカとサンカの帽子の色は、雲と空でソラに繋がる。

ソラがサンジを捨ててでもジャッジから逃げた理由は腹に5つ子がいたから。

詳しくはソラのまとめでどうぞ。

狂死郎の髪が青紫の理由は、ワノ国の純血ではなく、ジェルマとのハーフだから。


クローバー博士の家族を特定~カタクリや光月おでんの父【ワンピースネタバレ考察】


自称・光月おでん(ヤマト)
おでんに憧れて、おでんを名乗るヤマト。
同様に、傳ジローに憧れて、傳ジローを名乗っているという解釈でもいい。
そもそも、傳ジロー自体がコウシロウの偽名なので、傳ジローがいなくなった以上、狂死郎こそが現在の傳ジローという解釈でもいい。


名前が改まったら吹き出しで紹介
狂死郎は傳ジローに成りすましただけなので、吹き出しでは紹介がない。誰かに成り済ますわけではない自称は吹き出しになる。

ちなみに、小紫も日和に成りすました。吹き出しで「光月日和」と紹介はない。

ポーラという名前を自称……吹き出しになる
正体はダブルフィンガー(コードネーム)……吹き出しになる


傳ジローしか知らないことを知る理由
閻魔堂でコウシロウと狂死郎の2人が会合した時に聞いたから。

いずれ狂死郎が傳ジローとして合流するときのため、本物の傳ジローであるコウシロウが、錦えもんに信じてもらうためのカードとして教えた。

ここでも面白い演出を発見。河松は日和と小紫の区別はつかなかったが、傳ジローと狂死郎の顔の違いは区別できることに。異種族の河松でも別人だと分かるのに、読者は引っ掛かった。


どっちが本名なの?(傳ジローなのかコウシロウなのか)


コウシロウ
目を細めてニンマリ。


1巻で出てくるようなキャラクターの別名を、作者がずっと抱えていたとは考えにくい。

また、コウシロウの名は、鴻(こう)と白でオオハクチョウという鳥の名前。傳ジローでは、鳥の名前(つるの息子の証)にならない。

傳ジローは自称(おでんの本名デンを付けたかった)、または拾った人が付けた名前。他には、フルネームを漢字にすると、傳とも読めるカナだとか。母つると再会して、本来の名前を知ったとか。

ナミも元々はナツミカンだったのに、ベルメールによってナミになったと考察。作者の頭の中での前例はある。

【メタ推理】
実はワノ国編が始まる前に、当チャンネルは光月おでんの正体を人魚デンだと証明していた。一方、ワノ国編になり、やたら同じ名前が登場するようになった。

※既存キャラに対し、ワノ国で登場という形で記す
●海軍のつるに対して、茶店のお鶴さん(本名は鶴女)
●くまに対して、クマ五郎
●マルコが治療していたスフィンクスの「タマ」に対し、お玉(本名は日和)
●ビッグ・マム将星スムージーに対し、鉄筋のスムージ
●白ひげ団スピード・ジルに対して、馬娘のスピード
●中将トキカケに対して、トキ、時ジロー

当チャンネルがとっくにおでんの正体を暴き、生きていることを証明してしまっていたので、「同じ名前、似た名前は普通にあるよ」という誤誘導のために、傳ジロー(でんじろー)なんて、紛らわしい名前を設定せねばならなかったと分析。

しかし、これまでの物語では故意に同じ名前なんて存在していなかった(正確には「ピサロ」という名前がミスで1件だけかぶっている)のに、急にワノ国で同じ名前ばかり出てきたことこそ(作者がミスするわけない)が、ますます「おでん=デン」の証拠となる。

というわけで、コウシロウが本当の名前。


傳ジローは自称?
おでん(デン)と傳ジローが初めて接触したシーンだが、その時にはすでに信望者だった。名無し、もしくはコウシロウが、憧れたデンに次郎を付けて名乗っただけとも考えられる。名前があまりにも偶然に一致するからだ。自分自身には「お」を付けて「おでんじろー」と呼ぶわけがない。

視点を変えると、おでん処刑前の時点で自称の偽名。オロチから隠れるために偽名を使う必要がない時点で偽名の理由は、読者に本名を知られたくないから。そういう観点でもコウシロウだと判明する。

傳ジローが錦えもんに対し「頭の切れる男」「尊敬に値する」と言うわけがない。狂死郎説は作者の誤誘導の結果。当チャンネルこそが正解。


錦えもんを尊敬する狂死郎
おでん以外を見下す傳ジローのワケがない。

傳ジローならば、錦えもんの頭が平凡なのは分かっている。


皆に知性を疑われる錦えもん
ただでさえ、傳ジローが他人を尊敬することは無い。赤鞘の他のメンバーに、頭脳に関しては軽視されている錦えもん。そんな彼の知性に対する賞賛や尊敬なんて、傳ジローに取って絶対にあり得ない。

ここまで読んで、まだ傳ジローが狂死郎だと信じている人っているのかな?


康イエの家臣・狂死郎ですら、オロチに頭を下げるのは悔しい。
全ての大人を見下す傳ジローが頭を下げるのは無理。もっと自分に最適な行動でおでんに仕えるべき。それが、ワノ国を出て強い侍達を育成すること。

【傳ジローが偽名となると】
元々、傳ジロー自体が自称なので、傳ジローの名前を譲渡することすらできる。黒炭ヒョウシロウという名前を捨てた狂死郎が更に傳ジローになったとしても、「ワンピースには同じ名前のキャラクターはいない」という法則が成立する。

ガン・コウシロウ → 傳ジロー → 霜月コウシロウ
黒炭ヒョウシロウ → 狂死郎 → 傳ジロー

よって、コミックの読者コーナーとかに傳ジローとあっても、元々の傳ジローではなく、傳ジロー2世みたいなものだと解釈しよう。日本には襲名という儀式があり、先代の名前をそのまま受け継ぐ習わしがある。

ついでに、霜月の姫と結婚して姓が変わったコウ三朗。
ガン・コウ三朗 → 霜月コウ三朗 → 天狗山飛徹

【傳ジローの名前は受け渡された】
まとめ読者はもう、コウシロウが傳ジローだと理解しているだろうから、最新考察(96巻登場時点)を語る。傳ジローの名前は狂死郎に譲渡してしまったと考察。よって、過去編で登場した傳ジローは間違いなくコウシロウなのだが、既に名前を狂死郎に渡してしまった。現在の傳ジローが誰なのかという話になると、なんと狂死郎こそが傳ジローとなる。

なぜ、この話をするのかと言うと、コウシロウの身長は184cmで過去編の体型を考えると、もちろんマッチする。一方、現在の傳ジローの身長は306cmとなっている(96巻)。要するに、元々、傳ジローという名前自体が、コウシロウという本名を嫌ったための自称というわけだ。

他の考え方としては、妻イワンコフのホルモンで、身長は変えられるのかも。傳ジローの好物は「牛すじ」で、これは狂死郎のことではなくコ"ウシ"ロウのことかも知れない。緑牛くいなの父でもあるので、牛が関わるのだ。

なお、初代・傳ジロー、2代目・傳ジローという考え方でいいのだが、結局の所、当チャンネルが正体を発表したからこそ、そういう形になった可能性もある。そもそも、2代目だとしても、錦えもん達や子供の頃の小紫に対して、傳ジローを名乗る必要性は必ずしも高くない。遊郭の経営者として小紫を保護したり、狂死郎一家の頭として錦えもん達に加勢しても、物語の方向性は同じだ。


コウシロウは おでんをへの尊敬を中止?
怒り悲しんだコウシロウだが、おでんが死んだと思った以上、もはや、おでんに ちなんだ名前である傳ジローを名乗るのは中止し、傳ジローという名は捨てた。

そして、傳ジローに憧れた狂死郎が、傳ジローを名乗り二代目に。

なお、このシーンは、当チャンネルが完璧に正体を暴いていたので、作者が誤誘導のために設定したシーン。いわば、当チャンネルのお蔭で誕生したコマ。なのに、当チャンネルには、なんら謝礼金とかがない。


ルフィが光月おでんの生まれ変わり説を検証【ワンピース都市伝説考察】


人斬り鎌ぞうへの誤誘導


人斬り鎌ぞう
顔が出るまでは、人斬り鎌ぞうが傳ジローではないかと、ネットでは噂になっていた。傳ジローがワノ国にいるという思考だ。

言い換えると、傳ジローの正体をコウシロウから遠ざけるためのトリックだった。コウシロウだと物語まで予想されてしまうので、まずは鎌ぞうという誤誘導があった。

この観点でも、狂死郎が傳ジローではなく、コウシロウこそが傳ジローとなる。


人斬り鎌ぞうの正体はキラー
鎌ぞうの正体は外人のキラーだった。

そして、同一人物なので、サクッと吹き出しで紹介される。傳ジローを名乗った狂死郎や、日和の影武者・小紫には、この手の吹き出しの紹介がない。


自称ナゾムズ
自称でも、作中に実在の別人に成り済ますわけではないのだから、吹き出しでちゃんと紹介される。狂死郎は傳ジローの偽者なので、「傳ジロー」という吹き出しの紹介は無い。

偽フランキーとかは、読者が偽者だと見抜けるから吹き出しで紹介された。しかし、読者が見抜けないのに吹き出しにしたら騙しだ。近年は、あまりにも裏切る騙しは控えたいのが作者。真相を明かす時に読者は不快となるからだ。


狂死郎とコウシロウが兄弟説は却下


コウシロウの父はセンゴク
年齢は79歳。丸メガネや、ひげのおさげがコウシロウのイメージ。目を細めて、にんまりも一致。

コウシロウの大白鳥に対して、センゴクはカモメ。

千石鶴という小説があり、つると元夫婦。
(ホーミングの妻にされたので離婚)

更には、センゴク自身がビッグ・マムの夫にされたので、つるとセンゴクの息子たち(コウシロウ、クザン、ウルージ)は身なし子だったり散り散りに。

ちなみに、センゴクとビッグ・マムの娘は真の9女ソラ。サンジ(3)に対してセンゴク(1000)。


●コウシロウ……母親はつる、父親はセンゴク
身なし子の理由は、つるはホーミング聖に妻にされ、センゴクはリンリンに夫にされたから。

●狂死郎……母親は提灯ババ、父親は金獅子のシキ、祖母はバッキンと黒炭ひぐらし

「キ」ョウ「シ」ロウ → シキ
バッキンは時超えで年齢はシキの母親世代に到達していない。シキとバッキンはロックス海賊団で身内だった。 バッキン → 罰金 ※お金の関連ワード
シキはもちろん、狂死郎のような傾奇者(ヤクザ)のような格好。「金」獅子に対して、お「金」を扱う狂死郎。死鬼に対して狂死。指揮に対し指導者(教師)。

なお、当チャンネルでは、つるとシキはイトコだと考察。
●つる……母親はアマゾン、祖父はジーベック(父ハレダスの父)
アマゾンは時超えなどで年齢はつるの母親世代に到達していない

●シキ……母親は黒炭ひぐらし、祖父はジーベック(ひぐらしの父)

というわけで、コウシロウと狂死郎は親戚。よって、狂死郎と傳ジロー(過去のコウシロウ)に微妙な共通点があったとしても、親戚だからであって、兄弟ではないし本人でもない。

シキは名前や衣装がワノ国風だし、スキヤキと名前が似ている。
●スキヤキ……母親は光月家の姫、父親はクローバー博士(クローバーの父はジーベック)

ヤスイエとスキヤキは「ヤス」の字が一致。キの字は「エ」のパーツを含む。
●霜月康イエ……母親は霜月家の姫、父親はコウ三朗(コウ三朗の父はジーベック)


光月の姫と黒炭ひぐらし
姫は若母と老婆だが、時代が違うので、姫同士はだいたい同じ年。

ひぐらしがカイドウをワノ国に呼び込んだ。ひぐらしがジーベックの娘ならば、カイドウも快く引き受ける。

ひぐらしが100年くらい前に誕生しているとして、ひぐらしの母親はDr.くれは? 「日暮らし」に対して「暮れは」。日暮らしとは「夕方」のことだし、「暮れ」にも「夕方」=1日の終わりの意味。死期(シキ)は一生の終わり。


マネマネの能力者ひぐらし
コウシロウとイワンコフの息子がMr.2ベンサム。
コウシロウ経由でベンサムに渡った。
当チャンネルの説以外で、ベンサムに渡る理由付けは成立しない。

鴻(白鳥)=スワン、"イワン"コフ → スワン
ベンサムの衣装はスワン(白鳥)


黒炭ひぐらしの正体を特定~シキの母親、くれはの娘【ワンピースネタバレ考察】


【傳ジローはコウシロウの兄弟説を却下】
傳ジローは狂死郎ではないけれど、コウシロウ本人でもないという思考だ。そして、容姿が似ているのでコウシロウと兄弟ではないかという説だ。

当チャンネルの思考を語る。コビーの伯父がコウシロウ。傳ジローはコビーに似ているので、傳ジローもつるの血を引くことになる。しかし、傳ジローでは、鳥の名前を作ることができない。また、作者は狂死郎へ誤誘導しようとしているので、正体が既出キャラだからこその演出。コウシロウの兄弟ならば、傳ジローはワノ国での新キャラとなる。新キャラだと仮定すると、狂死郎へ誤誘導する意義が存在しない。

一方、狂死郎でもないという考え方なのだから、現在の傳ジローがワノ国編で登場していないのは不自然。また、コウシロウの兄弟ならば、そう紹介すればいいはず。イゾウと菊之丞は(義理だけど)兄弟だと紹介されたではないか。コウシロウと兄弟ではないからこそ、そんな紹介がない。

他には、狂死郎でもなく、コウシロウと傳ジローも別人では、何も面白くない。

更には、現代のコウシロウが赤鞘の服を着ている。(これだけでイキナリ決まるくらい)
というわけで、傳ジローはコウシロウ本人だと結論。

【霜月コウ三郎の息子説】
50年以上前にワノ国を違法出国した「霜月コウ三郎……刀職人」の息子がコウシロウという説もある。傳ジローならば、身なし子の理由は父親の違法出国ということに。コウシロウは傳ジローと別人ならば、特に矛盾は存在しないので説が進んでしまう。

当チャンネルでは、コウシロウの父も母も特定している。しかし、霜月コウ三郎の息子説では、父親だけを空想している程度で母親の概念が存在しない。

更には、コウシロウの父親がコウ三郎ならば、作中でそう紹介すればいいはず。トノ康とトコは(義理だし、年の差があり過ぎだけど)親子だと紹介されたではないか。コウ三郎と親子ではないからこそ、そんな紹介がない。

ここで、当チャンネルではメタ推理(読者や作者視点)で解決。霜月コウ三郎なんて名前が出たのは、当チャンネルが つるやコウシロウの家族をバッチリと語った後に出た話。つまり、当チャンネルの説を知らない人や、付いてこれない人が、見当外れの親子関係を妄想するように作者が用意した誤誘導。


刀鍛冶・天狗山飛徹=霜月コウ三郎
当チャンネルでは、飛徹=霜月コウ三郎で、自分の話をしていたと考察。やたら刀の由来とか使用法に詳しいわけだし。

出国した……多くの人は先入観でワノ国に居ないと考えるはず。だとすればワノ国に戻っていることが真相。そして、該当するのは、いまだ謎の人物である飛徹。

ちなみに、空島人かな。コウ=鴻は成立するので、つるの兄弟の可能性も。要するに、コウシロウのオジ。

三郎が漢字なのに、コウがカタカナというのが不自然。鳥の名が隠れているから。


霜月牛マル
飛徹の息子だと考察。

「う四」丸に対して、こ「う三」郎


妻のおばば(20年前)
霜月の姫で、牛マルの母親だと考察。口元が一致。飛徹は婿養子の夫。
少年は牛マルの息子で、隣りにいるのは20年前のお玉。

お玉が飛徹の所にいる伏線もバッチリ回収。


霜月コウ三朗の正体を特定~天狗山飛徹【ワンピース ネタバレ考察】


なぜ狂死郎の正体が傳ジローだと勘違いする主張が出たのか


20年前の閻魔堂から狂死郎が登場するよりも前から、「狂死郎が傳ジローだ」と叫ばれていたが、なぜ、そんな思考をしていたのか?

1.論理学を把握していないから

※矢印(→)は「ならば」と読むといい。他には「となると」「という事は」でもいい。
矢印だけでも感覚はつかめる。

★成立するのは
現在の傳ジロー → 味方だと思われる
であって、矢印が逆になった場合には何の根拠もない。
誤考察者の主張には
味方だと思われる → 現在の傳ジロー
みたいな意見が目立つ。

他の例だと
★味方の傳ジロー → 髪型を変えるはず(正体がばれないように)
は成立するが
髪型を変えるはず(正体がばれないように) → 味方の傳ジロー
は根拠が極めて乏しい。

★味方の傳ジロー → 小紫と組んで悪党から金を巻き上げる
は成立するが
小紫と組んで悪党から金を巻き上げる → 味方の傳ジロー
は根拠が極めて乏しい。

★味方の傳ジロー → 小紫の判じ絵を報告せずに彼女に返す
は成立するが
小紫の判じ絵を報告せずに彼女に返す → 味方の傳ジロー
は根拠が極めて乏しい。

★犬には「スパイ」という意味もある
傳ジロー → スパイ
は成立するが
スパイ → 傳ジロー
は不成立。

★傳ジロー → トキを奥方と呼ぶ
は成立するが
トキを奥方と呼ぶ → 傳ジロー
は不成立。

★傳ジロー → オロチを裏で悪く言う
は成立するが
オロチを裏で悪く言う → 傳ジロー
は不成立。

★狂死郎 → 性格が変わった
は(狂死郎という前提が正解していれば)成立するが
性格が変わった → 狂死郎
は妄想 極まりない。

狂死郎説の主張は、内容の8割が論理学的に不成立の話をしている。

なぜ不成立なのか意味が分からなかったら、論理学を理解していない証拠。
次なら分かる? 前提 → 結論 のように記す。
犬 → 動物 ……成立……ロボットの犬とか例外はあるとしても根拠としてよい
動物 → 犬 ……不成立……極めて主観的な妄想、猫とかキリンとか無数にあるわけで


2.都合の良い解釈をする、逆の意味の用語を混同する
★「赤鞘の亡霊と手合わせしてみたい」と語る狂死郎だが、赤鞘ではない根拠にもかかわらず、「他の赤鞘と早く会いたい」のような意味だと曲解。

これも実は論理学の把握ミスが原因。
傳ジローは狂死郎のはずだ → 「他の赤鞘と早く会いたい」の意味だ
実はこの矢印は成立するのだが、左側の「傳ジローは狂死郎のはずだ」自体が間違っているので、矢印以前の問題。
次の
「他の赤鞘と早く会いたい」の意味だ → 傅ジローは狂死郎のはずだ
こそが主張者が証明すべき本来の式だが、「他の赤鞘と早く会いたい(狂死郎が赤鞘)」の根拠がどこにも存在しない。前提と結論を混同しているわけだ。

★顔やセンス、人格が似ていないのに、似ていると自分を洗脳
顔の輪郭(縦横比)、目、口、何一つ 一致していないのに、似ていると思い込んでいる。
服装や髪型のセンスが違い過ぎるし、女を芸者として働かせて金を稼がせるなど、人格も全然違うのに、なぜか同一人物だと思い込む。性格は変わることもあるだろうが、その可能性だけを頼りに、顔の違いまで目をつぶる。
傳ジローと狂死郎の誕生日もどうせ違うが、「狂死郎として生まれ変わった日が誕生日」という言い訳が予想できる。(なお、別人だけど、あえて同じ誕生日にしそうなのが作者)

顔と性格に関して、一致するならば同一人物を主張するのもいいが、違う場合には「違っているが変わった」なんて主張は、同一人物の証拠にならないことを把握を。同一人物だと作中で確定した場合に、「変わった」を主張できる程度の話。矢印が逆なのに混同し、不成立に気づいていない例でもある。

★お金を借りている「債務者」に過ぎない傳ジローと、両替商として お金を貸す「債権者」になる立場の狂死郎とを混同する。「経理」と「銀行家」とを混同する。


3.オダッチが読者の一般的な論理学能力を見抜き
お金を借りる傳ジロー → 両替商の狂死郎だ
のような誤誘導を設定しているから。

実は当チャンネルですら、考察前には「お金の印象」で、傅ジローはコウシロウに似ているけど狂死郎だと思っていた。他のキャラの考察に忙しい(当チャンネルは過去編のキャラもバッチリと固めてゆく)ので、傳ジローは後回しになっていた。しかし、一旦、ターゲットを定めたら、当まとめのようにバチッと過去キャラを噛ませて証明してゆく。


ワノ国・居眠り狂死郎の正体を分析~金獅子のシキの息子【ワンピースネタバレ考察】


傳ジロー=狂死郎だと起こる矛盾



小紫の正体を日和だと信じ、傳ジローが狂死郎だとすると、主君の娘である日和を遊郭で働かせることになってしまう。おでんの配下に、そのような人材がいるのは極めて異質。

傳ジローがコウシロウの場合、現在の傳ジローが「主君の娘を遊郭へ」というトンデモな行為を回避できる。


日和の現在は お玉
お玉の正体は日和だとして、康イエとギオンの娘が小紫だと考察。要するに、日和の影武者が小紫。


実は「主君の娘を遊郭へ」というトンデモ行為を狂死郎は実施している。しかし、モモの助達の味方ではあれど、身内ではないので、トンデモ人物がいてもいい。狂死郎は血筋ではバッキン(ジェルマ)の娘とシキとの息子なのだから「主君の娘を遊郭へ」こそが合致。

また、狂死郎の場合には主君の康イエが生きており、独断ではない。康イエの指示という形で、不自然さが消える。傳ジローだと、主君おでんがいないのに、独断ということになる。

ちなみに、狂死郎は小紫と「いい仲」だと考察。主君の娘を女にしたトンデモでもあるのだ。現代のヤクザも、自分の女や妻を、現代の遊郭(風俗)で働かせるので合致。


ワノ国・小紫の正体を分析~日和ではない【ワンピースネタバレ考察】
光月家が絶えないように、髪の色も含めて日和に成りすましているのが小紫。お玉も別人として生きているので、髪の色を染めた。


光月日和の正体~お玉が本者、小紫は偽者【ワンピースネタバレ考察】


シャンクスが傳ジロー説


主張者の言う根拠は、大半が論理学の逆の矢印を正しいと思い込んだ妄想。

素性を隠したい傳ジロー → 赤い鞘以外の剣を装備する は成立だが、逆矢印は駄目。そして、こんな式を認めたら、手持ちの剣が赤い鞘だろうと赤い鞘じゃなかろうと傳ジローということになってしまうし、剣以外を使っても、「素性を隠したい」という言い訳を認めることになってしまう(認められないので却下)。

シャンクスが傳ジロー → 現在は四皇編でシャンクスが出る は成立だが、前提(左辺)が根拠ゼロだし、逆矢印は駄目。

シャンクスが傳ジロー → まだ登場していないのも納得 は成立だが、前提(左辺)が根拠ゼロだし、逆矢印は駄目。

シャンクスは公式で39歳。もちろん、過去に飛んで少年でもいいが、シャンクスの少年時代の姿はあるわけで、傳ジローとは見た目が違いすぎる。まあ、一応、当時の鞘の色は赤だけど、顔が違うのでは話にならない。

ここからは当チャンネルの特定した素性。
シャンクスの父親はレイリーで、母親は元女帝シャクヤク。
レイリーの父親は銀斧ヨーキで、母親はバッキン(要するに、レイリーは狂死郎のオジ)。シャクヤクの父親は黒炭せみ丸、母親は バッキン。せみ丸の父親はジーベック(作者が関係を匂わせる)で、母親は 元女帝くれは。いずれも傳ジローと繋がらない。

傳ジロー=コウシロウ説に関し「根拠がない」みたいな、訳のわからない主張に限って、シャンクス説だから呆れる。本気では考えておらず、注目やアクセスを集めるだけのデタラメと言える。いや、そう思ってもいいのだが、「作者サイドからデタラメを発信するよう依頼を受けた」とまで考えている。もし、デタラメ主張者がスタッフ(編集者とか)や作者と交流があれば確実。
当チャンネルも、作者から直接に納得できる仕事を受ければ、一気にデタラメになる覚悟はある。まず最初に「ルフィの父親はドラゴン」に訂正し、次は「小紫=日和」に訂正かな。「ボニーはくまの娘」「ゾロやナミの父母は、いまだ不明」にしてゆかないと。


麦わらの一味の家族【ワンピース都市伝説 考察】


スコッパー・ギャバン説


モンキー・D・ドラゴンの過去~海賊スコッパー・ギャバン、ロジャー海賊団ナンバー3【ワンピース考察】
当チャンネルのこのまとめを見ていれば、出てくるわけがない発想。


コウシロウの正体を特定~革命軍? 緑牛?【ワンピースネタバレ考察】
コウシロウの妻子はこちらのまとめでどうぞ。意外なキャラも続々と登場。


【ワンピース】赤ざや九人男のメンバー全員集合【ネタバレ考察】


2020/02/21

【ワンピース】黒ひげ海賊団バスコ・ショットの正体はカイドウとビッグ・マムの息子【ネタバレ考察】

黒ひげ海賊団・大酒のバスコ・ショットの正体は、カイドウとビッグ・マムの息子で、ボニー戦で年齢が変わっていると解説。


大酒のバスコ・ショット



両親の少なくとも一方は酒飲みだと堅く考察できる。

髪の毛で隠しているのか、2本の角みたいのがある。


酒好きのリンリンとカイドウ
カイドウはビッグ・マムの夫の一人。
特にカイドウが大酒飲み。ルフィの前に現れたときも酔っていてた。
子供は酒好きになることが強く推察できる。

カイドウの持つ ひょうたんをチェック。


海童(かいどう)という酒


クッキー・ショット
カップの形をしたクッキーで、カップごと食べられる。

ビッグ・マムの子供の名前は、スイーツや食材、調理具となり、ショットもバッチリ該当。


ビッグ・マムの子供資料は誤誘導
マガジン5でビッグ・マムの子は46人、全員リストアップされたが、「本編ではない何か」。

マガジン4では娘達がリストアップされたが同様。ナミとかを隠すため。


酒豪のナミ
酒豪ナミの兄だから、大酒のショット。

ちなみに、アニメで飲んだのは酒ではなくなっている。アニメだけのファンだと、ナミが酒豪だと知らないかも。

ナミはビッグ・マムとガン・フォールの娘。マム28女。これだけの酒豪がオイコット王国の王女なんて説はデタラメ。

27女ジョコンドはガン・フォールのような姿をして馬に乗っている。しかも、空島人の翼のような髪の形。


バスコ・ショットの年齢は38歳
ビッグ・マムのような歯と鼻や舌出しに加え、カイドウのひょうたん(ショットがワノ国に無関係ならば、酒が入るのはビンやタルでいいはず)。

通り名の「大酒」に対し
大……ビッグ(ビッグ・マム)
酒……カイドウ
で、父母を表している。(他のキャラも本当の苗字とかが隠れていたりする。泥棒猫ナミ → シャーロット・D・ナミなど)

ボニーと戦った時に、一瞬だけ能力を食らったのか、4歳分の年齢が増えたと考察。生まれたのは34年前。
出典 www.amazon.co.jp


ビッグ・マムの息子の空欄◆として
11男◆……45歳
12男ヌストルテ、13男バスカルテ……42歳
14男◆、15男ノアゼット……41歳
16男モスカート……40歳
17男◆……39歳
18男◆
19男モンドール
20男◆、21男◆
22男サンマルク……34歳
があるが、当チャンネルでは、「17男や18男(38歳でも問題なし)」ではなく、「20男と21男(34歳程度)」の空欄だと考察。理由は17男にコラソン(ドンキホーテ・ロシナンテ)、18男にフランキー(フラム)がいると堅く考察しているから。また、22男サンマルク(カブトに角2つ)の父親を同じくカイドウだと考察しているから。


22男サンマルク
カイドウのタトゥーであるドクロに加え、2本角。
ビッグ・マムの子で34歳は本編で確定。

サン → 酸 → acid(アシッド) 
→  caid(カイド)


21男?ズコット(Zuccotto)
ひげの配置は違うが、カイドウのひげを思わせる。

20男がショットだった場合、21男がズコット。順番は逆かも知れない。

ズを分解すると、「ー」+「イ」+「゛」
並び替えて、「コイドー」。カイドーの息子の名前としてバッチリ。

ショットと語呂が合うし、サンマルクとは「カトリックの菓子」という点で一致。

カトリック → カトいッウ → カイトッウ → カイドウノ ※ツを「゛」と「ノ」に分解


ボニーの能力は寿命移動(年齢移動)


大喰らい(ビッグ + ガプッ)
ショットが4歳プラスということは、誰かが4歳マイナスになっている。
いや、黒ひげ団員全体で、混合して年齢が変わったと考察。

ここで光月トキの能力を考察。誰かを未来に送ったら、副作用で誰か(指定できない)が過去に戻ってしまうと考察。おでん、イゾウ、オロチは、本人達やトキの意志に関係なく、未来からやってきたと分析(この話は別まとめで)。

ボニーの父はガープ、母はビッグ・マム。
大喰らい……大(ビッグ・マム) + ガプッと喰らう(ガープ)
真の年齢は46歳程度。
出典 www.amazon.co.jp


ボニーは黒ひげ団と戦った(2年前)
ボニーは何もできなかったわけではなく、黒ひげ達を老人や子供にしようと能力を使ったが、中途半端に年齢が移動しただけで終わった。

当時のティーチも39→38歳に変わったと考察。
そして2年後に40歳というトリック。本当は41年前の誕生。

ボニーが海楼石で封じられても、変わった年齢は固定されたままだと堅く考察。例えば、エースのメラメラでヤケドしたキャラが居るとして、エースを海楼石で封じて、ヤケドが治るわけがないのと同じ。

次も明白で、光月トキが人物を20年後に飛ばしたが、光月トキを海楼石で拘束したり彼女の死で、みんな20年前に戻るわけがない。


ジュエリー・ボニーの能力によって年齢(寿命)が変わっている登場人物【ワンピースネタバレ】


カタリーナ・デボンの年齢は36歳
顔はビッグ・マムから筋肉質に顔が四角くなった感じ。口裂けや歯の形は一致。

ボニーと戦った時に、一瞬だけ能力を食らったのか、8歳分の年齢が減ったと考察。生まれたのは44年前。

デボンはガープとビッグ・マムの娘だと考察。
更には、サボの真の母親だと分析。
そりゃ、年齢を誤誘導されがち。

若月 → ムーンキッド → モンキー・D
「狩り」の解釈は難しいが、カリ=インドの母神=マム。他にも、作者が用意した暗号があるかも。

ガープの娘だと、ルフィの敵にはなりにくいが、次のような闇を持てば成立。女なのに醜く生まれて、政略結婚の材料にもならないと、母にも捨てられて闇落ち。
出典 www.amazon.co.jp


4女アン
同世代のビッグ・マムの娘には、こんな美人な4女アンとか5女ボニーとかいるのだから、6女デボンなんて要らないビッグ・マム。ちなみに、7女はルージュ(フツメン)、8女はブリュレ(子供の頃は美少女)。9女はソラ(美人)、10女はオトヒメ(美人)、11女はティティ(ビビの母で美人)、12女はイナズマ(まあ美人)、13女ベルメール(美人)、14女スムージー(美人)、15女シトロン(痩せれば美人)、16女シナモン(美人)。
デボンは涙目。他の姉妹もブスばかりならまだしも。

ダダンは「ボス猿 + カーリー」という称号で、デボンは「ムーンキッド + カリ」という称号。父母を同じくする姉妹。


カタリーナ・デボンの正体を特定~サボの母親、ビッグ・マムの娘【ワンピースネタバレ】
6女の空欄に入る。カスタードはカタクリの6女。
デボンは黒ひげ団の6番船の船長で、監獄のレベル6にいた。
収監された理由は、美人をあの世に送りまくっていたから(関連書籍より)。
妹ブリュレのように、可愛らしい性格ならともかく、人格もヤバイ。


ドクQの年齢は28歳
黒ひげ団の船医。いかにもヤブ医者。
確かに病人とはいえ、この顔で28歳は老け過ぎ。
元々は38歳くらいで、ボニー戦で10歳若返ったと考察。そして、カヤ(19歳:ウソップの故郷の医者志願少女)の死んだと言われる父親だと考察。

キューの「キユ」を1文字、若い文字へ ずらすと「カヤ」。

動きの鈍そうなキャラクターは年齢変化が大きい。ボニーの能力を長く食らったことと合致。年齢がプラスになるキャラだが、サンファン・ウルフ(99歳)へ移動したのかな。

ドクQの父親はヒルルク(ヤブ医者)で、母親はバッキン?(当チャンネルでも未特定)
出典 www.amazon.co.jp


公式でも全く信用できない
モモの助の初登場時の肩書は、錦えもんの息子だった。

錦えもんはモモの助を様付けで呼び始めたので、義理の息子ですらなく、「口裏合わせ」だった。

公式というのは、現在、作者がファンに信じてほしいことでしかない。

ショットの年齢を38歳、デボンを36歳、ドクQを28歳だと信じて欲しい作者がいる実態があるということ。偽りの年齢を読者に信じて欲しい場合、大きな要因は血縁関係を隠す時。


麦わらの一味と黒ひげ海賊団との血筋比較(考察)


●ルフィ……ガープの血筋……デボン
●ゾロ……カイドウの血筋……ショット、ヴァン・オーガー ※オーガーは鬼に相当する魔物
●ナミ……ビッグ・マムの血筋……ティーチ、デボン、ショット
●ウソップ……バッキンの血筋……ドクQ、ジーザス・バージェス、モリア ※ジーザス→神→ゴッド・ウソップ
●サンジ……ヴィンスモークの血筋……シリュウ ※名前の中に数字&喫煙(スモーク)
●チョッパー……ビッグ・マムの血筋……ティーチ、デボン、ショット
●ロビン……空島の血筋……ラフィット
●フランキー……ビッグ・マムの血筋……ティーチ、デボン、ショット
●ブルック……ジーベックの血筋……サンファン・ウルフ
●ジンベエ……レイリーの血筋……アバロ・ピサロ ※ピサロという文字にレイリーというパーツあり、更には回転するとココロというパーツもあり。ジンベエも含め、父母はレイリーとココロ。心は漢字の組み合わせで「ジン」と読む。ベ(レ + リ)エ(イ + ー)で、レイリーというパーツ。

麦わらの一味と、黒ひげ海賊団は対(つい)になっている。

麦わら一味にはビッグ・マムの直接の子が3人、黒ひげ団にも3人。
14男ティーチ、20男ショット、6女デボン
28女ナミ、18男フラム、43男チョッパー(名も付けられずに捨てられたミンク族とのハーフ)

【まとめ作者コメント】
ビッグ・マムの夫は全員が既出キャラだと、2017年の時点で気づいていたので、カイドウも夫だとプリンの話(夫が43人という話)の時点で分かっていた。ただ、サンマルクの名前と年齢が出るまでは、カイドウとの子供までは特定できなかった。子供にバスコ・ショットがいることに気づいたのは2020年・初頭の出来事。


黒ひげ:マーシャル・D・ティーチの母親はビッグマム【ワンピースネタバレ】
ティーチの母親もビッグ・マム。14男が空欄なのは、黒ひげティーチがいるから。父親は金獅子のシキ。11女ティティと父母が同じ。

黒ひげやデボンの帽子の下には水玉のバンダナがあるが、リンリンも同じ。


ビッグ・マムの息子(子供)46人に誤誘導【ワンピースネタバレ考察】
当チャンネルに来たら、必読のまとめ。


ビッグ・マム(シャーロット家)の息子達39人の一覧リスト
当チャンネル管理なので、どうぞ。


2020/02/19

ルフィが光月おでんの生まれ変わり説を検証【ワンピース都市伝説考察】

ルフィと光月おでんが関係している? 似ていて、転生したという噂が流れている。茹(ゆ)だる油の中で煮られても平気なおでんと、不死身に思えるようなルフィ。似ていることを認めつつ、実は近親だから似ていると解説。おでんの息子がルフィ(ルフィの父親はおでん)はガセ。


ルフィと おでんの関係は生まれ変わりではない



ルフィと似ている所が複数あるのは事実。
似ている点を挙げつつ、似ていない点は却下しつつ、なぜ似ているのか、なぜ生まれ変わりではないのかを語ってゆく。


光月おでんの現在人魚デン)

生きているので、「ルフィは生まれ変わり」という概念がまず成立しない。もちろん、おでんがゴムゴムの能力のわけがない。また、人魚なのに浮き輪をしているので、別の能力者。

おでんが海へ違法出国を試みた回数は38回で、全て生きて戻ってきた。人魚の血筋ならば、溺れることがない。

水路工事でヘマをした際には「そのまま水路で海外へと逃亡」した。水路を移動できるのも人魚の特徴。また、海外まで到達できるのは人魚が故。

ちなみに、目の形はモモの助と完璧に一致する。


錦えもんの息子・モモの助
完全に嘘だった。
ワンピースのキャラ紹介は、年齢も含めて信じてはならない。

関連書籍なんてのは、当チャンネルとかが暴いた真相を封じるために存在する。

エースも含め、偽りの家族を紹介される理由は、「1つの家族」がワンピースの正体の1つだから。


光月おでんの正体を特定~ビッグ・マムの11男【ワンピースネタバレ考察】
20年前のおでんは、20年後のことを知っているかのようなシーンが何度かある。過去へ飛んだと考察。


人魚は顔が変わる
おでんの下半身は油で ゆでられた後遺症を持つ。
ローの能力(の前任者)によって人魚の尾になったか、(おでんは人魚ハーフなので)元々人魚の足に変形できるのかな。


ルフィと似ている点


まずは喰らい方
●ルフィも おでんも豪快に大量に食う
●食いながらしゃべる


食いながらしゃべるルフィ


熱油に耐性のおでん


凍っても復活するルフィ
凍った他にも、不死身と勘違いするような強靭なシーンがルフィには多い。特にクロコダイル戦。

おでんは油でゆでられても、耐えていた。

●ルフィも おでんも強靭な肉体を持つ



●ルフィは「おれの仲間になれ」に対し、おでんは「おれの"侍"になれ」

お前らがいいとか、そういうセリフもルフィと一致。


破天荒で自由人
●ルフィも おでんも自由人で破天荒


●リーダー格(他者を魅了する)……ただし、この手のキャラは多い。黒ひげとかシャンクスとか、端役のフォクシーとかホーディも該当。
●仲間(配下)が9人……おでんには赤鞘九人男
●周りを味方につける
●女にもてる……ルフィはビビ、しらほし、レベッカ、日和(お玉)、ハンコックなど。(まあ、全員がルフィのイトコだけど。)
●人の下に付かない
●冒険好き
●帽子をシッカリかぶる所

【似ていない点】
▼おでんとルフィの髪型のセンスが違いすぎる。

▼ルフィは素手で攻撃、おでんは剣士。
武器が著しく異なるのは、生まれ変わりではない証拠。

▼ルフィは女に興味なく、おでんは相当に女好き。
おでん15歳
山寺の住職を脅し隠れ住む
都の女達をさらいハーレムを築く
女達の恋人達との戦い「ハーレムの乱」

ここでコメント。生まれ変わりを仮定して、女好きという属性が異なったら、不成立が確定的。まあ、おでん=デンなのだから、とっくに不成立なんだけど。親兄弟ならば、この属性が違っていても関係が成立する。となると、ルフィとデンは親戚だと考えた方が的確。


麦わらの一味は不死身?!~全員が魚人の血【ワンピースネタバレ考察】


ルフィの祖母はビッグ・マム


【ルフィとビッグ・マムの共通点】
ビッグ・マムは食い意地が張って大食らいで、食うと大喜び、食わないと精神がおかしくなる。腹が減ると、ぐぎゅるるるるという音文字。飢えると目玉ぐるぐる。暫く食わないだけで身体がガリガリ、食うとすぐに元の体型。よく舌を出し、よだれを垂らす。無鉄砲で強情で子供じみている。普段は温厚だが、不機嫌にさせると強烈な睨み。すぐ寝る。ここまで全て、まんまルフィの特徴。他にも、海賊王になりたいとか、人種差別をしないとか、まさしくルフィの主義。美的感覚は狂っておらず、プリンをキモイと思うマムに対し、痩せたアルビダを美人と認識するルフィ。

多くの場合に帽子を頭に着けている。
自分の呼び方……おれ
「眠い、腹減った、眠い、腹減った」のようなセリフを吐く。ビッグ・マムはワノ国で。
同一シーンとしては、ワノ国に入って溺れ、海岸で寝ている展開が完全一致。

ルフィのレッドホークは火の技。リンリンも火の技を使う。

ルフィは人の3倍のエネルギーを消費する(作中で明確になった)。この体質はビッグ・マム由来。防御力の高いビッグ・マムに対し、何度も立ち上がるルフィ。驚異的な体の強靭さが共通。

ビッグ・マムには人魚姫(ビッグキスの人魚)の血が流れている。しらほし姫と泣き叫びの超音波が同一で、海賊旗に陽樹イブ。両親が人間サイズなのに巨体というのは、隔世遺伝する魚人の特徴。一方のルフィは牛乳を飲んで歯が再生したり、F型(魚型)の血液を魚人ジンベエから輸血される。ルフィの魚人の血はビッグ・マムがルーツ。

とにかく似まくっているが、ルフィの母親の母親がビッグ・マムという結論。

ついでに語ると、ビッグ・マムと王直トムの娘がオトヒメで、オトヒメの娘がしらほし。ルフィとしらほしはイトコ同士。ナミはビッグ・マムとガン・フォールの娘で、オトヒメの妹がナミ。しらほしは、母の面影を持つ叔母のナミを見てほっとした。当チャンネルの説で完璧に伏線回収。


ルフィの祖母(おばあちゃん)が特定できた【ネタバレ考察】
ルフィの母親はポートガス・D・ルージュ。その母親がビッグ・マム。ルージュの父親がガープで、娘の(成長した)顔すら知らなかったのがガープ。


赤子の顔だけは見られたパウンド
ガープはルージュが生まれたときにさえ、立ち会えなかったのかも。名前さえ知らなかったとか。

牢獄のロジャーとガープは会話するが、この時に、初めてルージュの素性を知った。

ルージュに会いに行ったら、自分の娘だとガープが気づいたという設定でもO.K.


牢獄のロジャーとガープは会話
ガープはロジャーの妻子なんて、守るつもりはなかった。しかし、自分の娘と孫ならば、全く話が違う。

ロジャーの自信はそれだった。
(妻ルージュから、彼女の父がガープだとロジャーは聞いていた。)

は? モンキー・D・ドラゴン? ルフィの義理の父親に決まってるでしょ。というか、ガープが「父の名はドラゴン」と言っただけでしょ。ドラゴンはルフィの義理の父(血縁は薄いながら、子育てに参加)ですらない。

ロジャーこそがルフィの父親。


ビッグ・マムの子供資料の前書き
本編の内容を知りたいのがファンなのに、なぜか構想資料を突きつけられている。内容は却下となる。

モモの助の素性など本編でさえ、だまされてしまうのに、構想資料なんて信用に値しない。

国内外のWikiやファン運営サイトには、構想資料(ニセの子供達)が記されているだけなので注意。


おでんとビッグ・マムに共通点が多彩


ルフィとおでんの似ている点なんて、実は少なめだったり、多数のキャラに当てはまる項目が中心。
むしろ、おでんとソックリなのはビッグ・マム。


「腹減った」と語るおでん


5歳で熊を撃破したリンリン


4歳で熊を撃破した おでん
家臣の「彼の人生」という言葉に注目。スキヤキの実の息子を「彼」はおかしい。養子が確定的。



10男クラッカーと若いおでんの目が近いし、デンの耳には3男ダイフクと全く同じの金輪ピアス。

クラッカーもダイフクも、父親はクローバー博士だと極めて堅く考察。
当チャンネルでは、おでんは10男クラッカーと双子で11男だと考察。父親も同じくクローバーで、考古学者属性がデンとクローバーで一致。


デンは海の森研究者(考古学者・博士)
シャツの紋章に注目。クローバーの葉がハートで構成されている。

クローバーの葉 → 父クローバー博士を意味
ハート → 母リンリンを意味

クローバーの葉は、田のような形。おでんは漢字では「御田」。

は? 光月スキヤキ? 義理の父親に決まってるでしょ。

カタクリの英語は「ドッグトゥース」。オオカミウオが連想できる。デンはオオカミウオの人魚。

デンの髪はクローバー(シロツメクサ)の花がモデル。花の色が紫、黄色、オレンジの種類もあり、カタクリ・クラッカー、ダイフク、オーブンの髪の色と一致。


クローバー博士の家族を特定~カタクリや光月おでんの父【ワンピースネタバレ考察】
髪型だけで、クラッカー、ダイフク、オーブンを思わせる。シャツの模様はカタクリのタトゥーと一致。

若いおでんの髪を上から見ると、クローバー博士っぽいのかな。

ちなみに、カイドウとビッグ・マムの息子は、黒ひげ海賊団の「バスコ・ショット」。ひょうたんの酒を持ち、ビッグ・マムのような顔をしている。


知性派の側面
ビッグ・マムから暴れん坊を受け継いだとして、父クローバーからは知性派の属性を受け継ぐ。

ここがルフィとは決定的に違う所。
デンの生まれ変わりでもないし、デンはルフィの父や祖父でもない。

おでんの顔の横に♪マークがあるが、ビッグ・マムは歌好き。


【ワンピース】黒ひげ海賊団バスコ・ショットの正体はカイドウとビッグ・マムの息子【ネタバレ考察】


ピンチなのに寝たり膨れるデン
ビッグ・マムも敵地(ルフィのいた牢獄)で暴れた後に寝出した。鼻ちょうちんも一致。

水膨れのデブりかたは、ビッグ・マムの体型を思わせる。

剣士という共通点もあるが、剣士はたくさんいるので、あえてリストに追加しないでおく。


【デンとリンリンの共通点】
●幼い頃に両親と暮らせなくなった
●幼い頃に熊を倒す
●別れた時の両親は健在
●暴力事件を起こす
●暴力事件により故郷を追い出される
●育ての親に迷惑を掛ける……カルメルとスキヤキ
●腕にハートのタトゥー
●帽子を深くかぶる
●横髪がモジャモジャ
●デン→臀(でん)、リン→リンパで、人体の一部。モモの助は腿(もも)、お玉は「○玉!」……もちろん、目玉のことだよ^^
●デンとリンの語呂が合う
●デの濁点を拡大すると「リ」みたない文字。デン → テリン
●デンもリンも元素の名前(の一部)。モリブデン と 燐。「森」の研究者「デン」でモリデン。
●ビッグキスの血を持つリンリン、オオカミウオの血を持つデン
●食い過ぎて膨らむリンリンと、水膨れのデン
●王(大名)の資質
●民衆に警戒されつつも慕われる
●腹減ったが口癖
●ガツガツと結構な量を食う
●ピンチなのに寝る
●寝るときは鼻ちょうちん
●おでんの顔の横に♪マークがあり、リンリンは歌好き
●異性好き……15歳でハーレムのデンに対し、46人も夫を迎えたリンリン
●異性を略奪する……デンは都から、リンリンは各国から
●物凄く防御力があるリンリンに対し、油で茹でられても耐えられる おでん

以上

デンは名前からしてDの一族。
次は漢字や文字からパーツを取り出す。
海の森研究しゃ……氵=シ、しゃ→シャ、石→ロ、毎→ツ、开→ト、の→D
海の森研究者デン → シャーロット・D・デン

おでんは単にビッグ・マムと似ているだけでなく、ビッグ・マムの息子たちとの共通点が幾つもある(兄弟の証)。更には、おでんの子であるモモの助とビッグ・マムの共通点、お玉(真の日和)とビッグ・マムの共通点などもあるので、「おでんの母親はリンリン」で確定的。

ビッグ・マムは68歳に対し、デンは62歳。最適な11男に対し、年齢だけを見ると当てはまらない。
デンは何らかの理由で過去に飛んでしまったと考察。過去から来たトキと、未来から来たデン。本来、出会うはずのないカップルが誕生した。

どこかに過去に飛ぶ能力があるというより、トキの時超えの副作用とか、ワノ国自体が過去に存在するとか、時を超える空間(ヨミの国など)を通ることで、デンが過去へと分析。なお、配下のイゾウと、宿敵のオロチも未来からやってきたと考察。ワノ国に時間の秘密があるのかな? いや、光月トキの能力の副作用だと考え直した(根拠は次の項目)。


ボニーの能力は年齢移動


子供と老人が混在
ボニーの能力は年齢を自在に操るのではなく、寿命を移動する能力だと堅く考察。
みんな老人とか、みんな子供ということはできないのだ。移動した年齢を合計すると、プラスマイナス・ゼロ。鳥など、動物の寿命を使うこともできる。

さて、トキの能力で誰も彼も未来へ送ったとして、そんな物理法則に反したことが起きてもいいのだろうか? 副作用として、想定外の人物が過去へ飛んでしまうのではなかろうか。その人物が、
ビッグ・マム11男デン
ボニーと藤虎の息子イゾウ
レイリーとシャクヤクの息子ローチ(オロチ)
というわけだ。飛んだ年月を合計するとゼロになる。


20年後の未来へ5人が飛んでいるのだから、残り2人、20年を逆上った未来からの来訪者がいるはず(当チャンネルでも未特定)。


結論:ルフィの母ルージュの兄が おでん


光月おでんとの関係はルフィの伯父
ルフィの母親はビッグ・マム7女で生存換算で44歳(実際には22年前に死亡=ルフィの真の年齢は22歳→公式でも信じてはいけない法則に合致)。

おでんはビッグ・マムの11男(クラッカーと同じ45年前に誕生)で、過去のワノ国へ飛んだので現在は62歳。

ルフィと おでんは近親だから共通点を作者が描いたのであって、生まれ変わりではない。

ほっぺの膨らみに注目。お玉も きびだんごの時に膨れる。本物の日和はお玉で決まり。


ルフィの母親はルージュが正体~ルフィのお母さんを特定【ワンピースネタバレ考察】


おでんの娘には お玉



ほっぺの膨れがデンと一致。
お玉こそが本物の日和。

料理の おでんには、煮た玉子が付き物。玉うさぎという桃もある(モモの助の妹の証)。


お玉のような頬チーク


お玉=日和
ちなみに、小紫はギオンと康イエの娘だと考察。

ギオン……お座敷遊びの全てに精通
     京都の祇園(ぎおん)=芸子街
     京都では芸者のことを芸子という
康イエ……太鼓持ち=男の芸者


ワノ国・小紫の正体を分析~日和ではない【ワンピースネタバレ考察】


2020/02/16

麦わらの一味は不死身?!~全員が魚人の血【ワンピースネタバレ考察】

ゾロが死亡? 死んだはずのキャラ。麦わらの一味は、全員が不死身と間違うくらい体力・生命力・回復力がある。魚人の血を引くからだと解説。


何度も死んでいるはずのルフィ


体が貫通
クロコダイル戦


水分がなくなっても復活


お湯に浸けただけで復活
凍ったルフィ。


カタクリもびっくりの生命力
もはや、ゴムでは説明できない。

牛乳で歯が再生
単なる回復力だけでなく、歯まで再生する。


驚異の生命力を持つゾロ




燃えたはずのナミが平然と



ビッグ・マム編で、本に閉じ込められた時。


サンジはタバコが焦げるだけで溺れない


黒焦げになったはずなのに
エネル戦で黒焦げになったのに、立ち上がる。


水中でノックアウトなのに復活
アーロン一味のクロオビ戦。


人間のはずのロビンも死なない



ここでクロコダイルが手加減する必要は全く無い。


お湯に浸けただけで復活
凍ったロビン。


雷に耐性があるロビン
ルフィはゴムだからと言い訳できるが、ロビンが唐突に雷に耐性。


ウソップの骨が再生


まずは歯の再生
1日くらい後にケロッと歯が再生している。

なお、鼻の長さで、ウソップが魚人の血を引くことは想像しやすい。


後頭部直撃
もちろん、しばらくして立ち上がって色々としゃべる。


頭蓋骨も難なく再生
この後の復活は もはや笑える域。


魚人の体は強靭


魚人トムの生命力
主人公メンバー以外にも、生命力が強いキャラがいて、その筆頭は魚人。


フィッシャー・タイガーの生命力


サンジの母親ソラは人魚
こりゃ、サンジは水中に耐性があろう。


光月おでんは人魚
お玉(真の日和)の父親だと極めて堅く考察。


バッキンの正体は人魚
サンジとゾロの曾祖母で、光月家と関わって時を超えた後はウソップの祖母になったと考察。

老婆になったバッキンには右腕がないので、シャンクスの祖母だと考察。シャンクスの父レイリーの母がバッキン。


ロックス・D・ジーベック
髪はイソギンチャクとか、ウニ、ハリセンボンをイメージしている? つまり、魚人の血を引く表現。なお、巨人の血も引くと考察。

バッキンの父親だと分析。バッキンの母親はイム。


ミス・バッキンの正体を特定~ブルックの妻、隠し子続々【ワンピースネタバレ考察】


歯が治るのは魚人



アーロンが即座に歯を再生させた。
ルフィ達は魚人そのものではないので、栄養補給したり、しばらくしてから治る。


麦わらの一味は全員の歯が再生する
87巻62ページより

読者「第858話でルフィとブルックが牛乳で歯を治すシーンを見て思ったのですが……麦わらの一味は皆、牛乳で歯を治すんですか?」
尾田「はい。治るよねー。ルフィ達は変な人なんですよ。」

漫画だから治るのでなく、一味は全員が歯が治る設定だから歯が再生する。


魚の眼


ルフィの目は魚の眼
○の中に、一周り小さな●が描かれる。これは魚の眼。

フィッシャー・タイガーが、まさにこの目。


シーモンキー
エビ系の海洋生物。
つまり、モンキーと魚人は繋がる。
出典 www.amazon.co.jp


麦わらの一味は全員が魚人の血を持つ


麦わらの一味の父母に関しては、当チャンネルの別まとめで証拠を述べている。
まだ仲間になっていないキャラも、仲間になった場合に備えて。

血液型……F=魚人、S=空島、XF=人間と魚人の混血、X=人間

●ルフィ……母ルージュの母がリンリン。リンリンはビッグ・キスの魚人の血を引くので、人間なのに巨体。歯の再生もビッグ・マム由来の魚人の血。魚人ジンベエからF形(魚型)の血を輸血される。
血液型……F型

●ゾロ……母アマンドの母がリンリン。父ギンの祖母が人魚バッキン。
血液型……XF型

●ナミ……母がリンリン、父は空島のガン・フォール。両者ともに、ナミのことを娘と呼ぶ。
血液型……X型

●ウソップ……母バンキーナの母が人魚バッキン。
血液型……S型

●サンジ……母ソラが人魚。父ジャッジの祖母が人魚バッキン。
血液型……S(RH-)型

●チョッパー……母がリンリン、父はミンク族のミヤギ。両者ともに、チョッパーと仲良く行動。
血液型……X型

●ロビン……母オルビアの母がリンリン。
血液型……S型

●フランキー……母がリンリン、父は科学者ベガパンク。海賊の親とは、ビッグ・マムのこと。
血液型……XF型

●ブルック……父はジーベック、母はDr.くれは。 ※ルフィの父ロジャーの母親もDr.くれは。つまり、ブルックはルフィの伯父。
血液型……X型

●ジンベエ……魚人そのもの。母が人魚ココロ。父レイリーの母が人魚バッキン。
血液型……F型

●ビビ……父コブラの母ココロが人魚。母ティティの母がリンリン。
血液型……F型

●キャロット……母がリンリン、父はネコマムシの旦那。 ※ネコ=キャット 母はシャロット
血液型……F型

●お玉(日和)……父デンが人魚。

【コメント】
●ジンベエと同じ血液型・F型に、ルフィはもちろん、ビビやキャロットがいる所に注目。また、XFも半分は魚人という意味。

●ウソップの先祖がノーランドだとして、ノーランドが空島で子供を残せば、子孫のウソップにも空島型(S型)が出る。

●みんな魚人の血を引くから、不死身に近かったり、歯が再生するという事実もあるが、視点を変えると、「みんな親戚だから」が理由。

●ゾロとルフィの似ている所……潜入作戦でも、自分の素性を敵に隠そうとしないなど無謀。結構食う。

【一味以外で不死身の噂やネタにされるキャラ】
●サボ……真の母デボンの母がリンリン。真の父ビスタの母が人魚ココロ。

●ペル……母は三つ目族の女。父レイリーの母が人魚バッキン。

●ロー……母ブロッカの母が人魚バッキン。


ビッグ・マムの子の資料は信頼性ゼロ
当チャンネルの語るビッグ・マムの子たちこそが「本編の話」。


麦わらの一味の母親達を特定【ワンピースネタバレ考察】


麦わらの一味の父親達を特定【ワンピースネタバレ考察】


2020/02/11

自来也の正体はナルトの祖父(爺ちゃん)~千手扉間の子孫【NARUTOボルトネタバレ考察】

ナルトの母クシナの父親が自来也だと考察。自来也の子供はクシナだけでなく、あちこちの里にいて、孫世代もいると解説。


自来也の正体はナルトの実の祖父


ナルトの師匠・自来也
具体的には母クシナの父親が自来也だと分析。

ナルトの師匠であり、父親代わりであり、名付けの親でもある。

自来也の年齢は初登場時51歳。当時のナルトは12歳。年齢差は39歳なので、祖父だと公表しても問題ない年齢差となる。

顔の赤い線に注目。この模様がある場合、自来也の先祖もしくは子孫。

ガマ仙人が異名。


自来也ポーズのナルト
ナルトの写真ポーズ。
自来也が仙人モードで顔にペイントだらけになる所も一致。


うずまきクシナ
クシナの母親がうずまき一族だと考察。
なお、自来也自身はクシナを自分の娘だと気づいているとは限らない。クシナも自分の父親を気づいているとは限らない。もちろん、知っていてもいい。

名前の由来は、櫛名田姫(くしなだひめ)?


自来也 → クシナ + ナルト
jiraiya3.png

赤色系の部分がクシナで、黄色系の部分がナルト

「じ」ら「い」や → じい(ちゃん)

「ら」という字は、汚い字や達筆だと「ち」と区別できない。

じちいや → じいちゃ(ん)

「仙人」も達筆だと「ナルト」と読める。亻の部分が突き出て「ナ」になり、山の部分が離れると「ル」、人は「ト」。

(ガマ)仙人 → 先人 → 先祖 → 祖父

ガにもマにも「フ」のパーツが有る
ガマ → 父(フ)2つ → 祖父


仙人モードでは瞳が - の形に
自来也は作中で「ナルトの師匠であり父」と称される。父のいない者の父代わりになれるのは、オジや祖父が筆頭。

また、娘の産んだ子供は父(産まれた子にとっては祖父)が名前をつける風習・慣例が日本にはある。


自来也っぽい瞳

自来也っぽい瞳

出典

twitter.com

うずまき クシナ物語『ナルト-疾風伝- ナルティメットストーム3』では仙人モードを披露。

涙の位置に注目。普段の自来也にある顔ペイントの位置と完璧に一致。

それから、目の周りが我愛羅(があら:風影)みたいな所にも注目。髪の色も我愛羅と一致(理由は後述)。



態度がサクラに似ているので、サクラの親とクシナは親戚かな。

ポイントだが、両親共にうずまき一族でなくても、子供には うずまきが出ることも。これはうちはなど、他の家でも同じだと考察。

白目で大口を開ける様子は自来也にもある。


ナルトのエロさは自来也由来
漫画やアニメを見直すと、ナルトと自来也の似ている所が幾つも見つかるはず(言動や思考パターン)。読者自身で探してみよう。
出典 www.amazon.co.jp


自来也の若い頃
このイケメンに迫られれば、あちこちの里の娘さんが子供を産むことに。オッサンになってナンパが成功しなくなった原因は、ジジイだからであって、若いイケメン時代は受け入れてもらえる確率が高かったろう。


自来也の色香で女がはしゃぐ
何人の女が はしゃいだのだろう?
もちろん、子供もたくさんできた。
17巻より

画像では手が隠れているが、ナルトの写真ポーズのように、手のひらを突き出すポーズ。


ナルトの物語での年齢差
老人ではなく、まだまだ若い柱間に、既に幼児の綱手が孫娘として存在。つまり、昔の日本みたいに15歳とかで親になっている。

自来也がナルトの祖父にしては若いと思ったら、柱間と綱手の関係で解決。


恐らく自来也の子(若輩の場合には孫)


うずまき一族の長門
うずまき一族は確定している。
うずまきナガトがフルネームでは?
クシナの兄弟で、ナルトのオジということに。

雰囲気は控えめだが、自来也ポーズも実施する長門。


長門の妻は小南
娘はカリンだな。
小南の方はサクラの親と親戚だと考察。

コナンとクシナは文字の形が近い。
クを回転すると「コ」、「ナ」はそのまま、「ン」とシは点1つ違い。


うずまき一族の香燐
要するに、うずまきカリンでしょ。
自来也の孫娘でナルトのイトコということに。父は長門、母は小南。

長門も含め、うずまき一族なのに苗字を秘密にされる理由は、うずまき姓だから。そして、ナルトの近親だから隠される。

サクラの娘サラダと似ている。
メガネが無かったら、クシナと見間違うから、作者は掛けさせたのだろう。


小南と長門は似ている
前方以外、髪型がハッキリ言って同じ。母親は違うにしても兄弟姉妹では? スウェーデンでは、片親違いの兄弟姉妹は法的に結婚できる。ナルトでは血縁関係を秘密にするのだから、片親違いのカップルがあっても明かさないので成立。

というわけで、小南の父親も自来也だと考察。自来也の漢字の中に、コナンというパーツを発見できる。

サクラの娘・サラダと、小南の娘・香燐が似ている伏線も完璧に回収。当チャンネルが世界初。


香燐(カリン:うずまき一族)の素性を特定【ナルトボルト考察】


弥彦
髪型(髪質)がソックリ。
自来也の息子だろう。

要するに、暁のメンバーとなった弟子の3人は自来也の子たち。

長門や自来也が弥彦とナルトを重ねる理由は、弥彦とナルト自体が近親だから。


砂隠れのバキ
オッサン自来也顔。
初期(中忍試験)から登場しており、もちろんキバ(犬使い)も登場済み。そんな初期に、名前が かぶったキャラをミスで登場させるわけがない。

顔のペイントもキバと同等。


犬塚キバ
まさかの自来也が父もあり得るし、世代としては孫でもいい。

バキを逆読みでキバという関連もある。名前が共通し、顔の赤線が偶然一致することはなく、血縁者だから一致。バキがキバの父親?

キバの父親は公式で、「妻から逃げた」とある。


薬師カブト
カブを一字前にするとオビ。
つまり、カブトの父親はオビト。


うちはオビト
母親はうちは一族だが、父親は自来也だな。唐突に白髪になった理由は、自来也の息子を表現している。

トビを名乗っており、扉間(2代目火影)の子孫だと考察。自来也自体が扉間の子孫。


サクラの父親も自来也の子?
父親は春野キザシ
母親は春野メブキ

サクラが迷い込んだ「月読」の世界では、なんと父キザシが四代目火影になっており、波風ミナトの代わりに英雄として戦死していた。それだけの血統があると言える。オッサンっぽいが、ミナトと近い世代?

ミナトの母親は綱手だと確信している。
母メブキの方はミナトと双子。つまり、綱手の娘。ミナトとメブキは文字の形が近い。

キザシはうずまき一族の血筋? 髪色が、うずまき一族の「赤紫色」+自来也の「灰色」。クシナの兄かな。「クシ」の1つ前の文字は「キサ」。


はたけサクモは兄か弟?
はたけカカシは自来也の甥ということに。

サクモは「木ノ葉の白い牙」という異名を持つ凄腕の上忍。他国にも知られていた実力者。ポッと登場したのではなく、自来也の兄弟で、先祖に千手扉間(2代目火影)だと納得。


ここで、当チャンネルの考える火影の血縁。(根拠は他のまとめにあるので、当チャンネルがどう思っているかの表明)

 初代・柱間……ナルトの父方の祖母・綱手の祖父で、ナルトのひいひい爺ちゃん
二代目・扉間……ナルトの父方の祖父・加藤ダンや自来也の祖父で、ナルトのひいひい爺ちゃん
三代目・ヒルゼン……クシナの祖父で、ナルトのひい爺ちゃん
四代目・ミナト……ナルトの父
五代目・綱手……ミナトの母親で、ナルトの祖母
六代目・カカシ……二代目の ひ孫あたり、自来也の甥でナルトのイトコオジ
七代目・ナルト……初代と二代目の玄孫(孫の孫)

要するに、初代(ナルト)の血縁者しか火影になっていない。
となると、たとえ作中の架空の世界でも、作者が馬の骨を火影にするわけがない。春野キザシも火影の直系だから、作者は架空の世界で火影に割り当てたのだ。

【カカシとの血縁】
カカシの父・はたけサクモは、少年時代のカカシの父親の割りには老けている。カカシの母親が若くて、自来也の娘(うずまきの血)だと仮定する。その場合には、カカシはナルトのイトコ(4親等)。イトコオジ(5親等)よりは、血が近くなる。

カカシという文字の中に、クナシというパーツが隠れている。並び替えてクシナ。


サソリの父親はうずまき一族?
クシナや長門の兄弟の可能性。

サソリの正体はオッサンではなく、ナルトよりちょっと年上程度の若いイケメンだったし。


うちはミコト
多分、サスケの母も父親は自来也。オビトの姉妹かな。

ミコト → コミト → オビト
コミトとオビトは韻を踏む。

要するに、サクラもサスケもナルトのイトコ。

それから、初代の妻の名は「うずまきミト」。ミトの子孫がミコトでもある。

ちなみに、サスケの父フガクは意味が山のこと。ヒルゼン(3代目)も山の意味なので、ヒルゼンの息子か孫息子。


秋道チョウザ
顔ペイントだし、うずまき一族の髪色。
痩せれば自来也顔。
クシナや長門の兄弟だと推察。


秋道チョウジ
顔に渦巻なので確定的。

この調子だと、同期はイトコばっかだと推察できる。
ヒナタさえもイトコかも知れないし(ヒアシの妻=ヒナタの母は自来也の娘)、そうでなくてもハトコなど。

現実でも忍者組織は親戚ばかりだと推察でき、その事実を作品にしたとも解釈できる。


カルイ
うずまき一族の髪。
ジライヤ → ヤライ(ジ) → カルイ

木の葉隠れの同期どころか、他里の同世代にもイトコ(オジ・オバ)がチラホラということに。


羅砂(らさ:があらの父親)
うずまき一族の髪色と自来也の髪色を混ぜた色。サクラの父と同じ。

羅砂もどうせ息子でしょ。


我愛羅(があら)
我愛羅の目の周りのペイントが仙人モードの自来也やクシナっぽい。オッサンになった我愛羅の前髪はクシナっぽい(オバに位置)。前髪は初代・火影の妻ミトに近い。

愛を強調するが、JIR"AI"YAのパーツ。
疾風伝(ナルトの青年時代)の我愛羅は、サソリに似ている。

義理の息子としてシンキがいる。NARUTOでは、息子とあっても義理があり得る。


以上。

自来也の子孫がこれだけしかいないという意味ではなく、全キャラチェックで、50人級の隠し子たちを発見できると想定している。


先祖はカグヤと扉間


大筒木カグヤ
白髪の女で忍者の始祖の更に母親。すべての忍者はカグヤの子孫。
自来也やナルトのご先祖様でもある。というか、忍者全員のご先祖様というわけで、元々、登場忍者は全員が親戚。


千手扉間(2代目)の子孫を特定【ナルトネタバレ考察】
顔の赤い線と髪質と銀髪とイケメンが一致。火影級の実力や木ノ葉隠れの里出身も共通。ムッツリ助平だと予想。


ナルトの ひい爺ちゃんも特定できる


※この話は綱手のまとめ(末尾にリンク)で詳しく語る。

ナルトの父親は、公式で波風ミナトという男。4代目火影となる。
波風ミナトの母親が綱手だと極めて堅く考察。となると、ナルトのもう1人の祖父は加藤ダンとなる。そして加藤ダンの父が志村ダンゾウだと考察。

一方、3代目火影・猿飛ヒルゼンの妻がうずまき一族で、その娘がクシナの母親(ナルトの祖母・自来也の妻の一人)だと考察。つまり、猿飛ヒルゼンも、ひい爺ちゃん。

というわけで、ナルトのひい爺ちゃんの4人の内、2人は特定できた。


志村ダンゾウ
若い頃は初代の柱間にそっくり。

志村という漢字を分解。ナルトというパーツが発見できる。
士 → ナ
心 → ル
木 → ト

自来也や綱手、長門などの苗字を秘密にしつつ、志村や加藤なんて、平凡な苗字を付ける理由は、文字パーツに「ナルト」を埋め込むため。加藤は読者が自分で「ナルト」のパーツを見つけてみよう。他のまとめには、回答がある。

ナルトは顔の左右に3本の線があるが、老いたダンゾウの顔にはシワという形で存在。

木遁使いで、柱間の息子だと推察できる。柱間はもちろん、ナルトのひいひい爺ちゃん。


猿飛 → ナルト
これはズバリ。

ナルトは3代目を「火影の じいちゃん」と呼ぶ。

猿 → ヒヒ
猿爺ちゃん → ひひ爺ちゃん → ひい爺ちゃん


ナルトの父方の祖父母はこちら


綱手の婆ちゃんはナルトの本当の祖母【ナルトボルトネタバレ】
当チャンネルの自来也説に疑問がある場合には、綱手のまとめを読んで欲しい。綱手のまとめに、「ありそうな反論」へ回答している。


ナルトの祖父母(家族)を特定【ナルトボルトネタバレ考察】
もうひとりの祖父は加藤ダン。


【ナルト】老人キャラまとめ【ボルト】

2020/02/10

ゴンの師匠ビスケの正体はゴンの祖母?!【HxHネタバレ考察】

ハンター×ハンター・ゴンの師匠ビスケ(ビスケット=クルーガー)が、ゴンの母親の母親(お婆ちゃん)である可能性を示唆。


ゴンの師匠ビスケ(ビスケット=クルーガー)


ビスケの年齢は57歳
物語で若作りのキャラが居る場合、多くのケースで登場人物の誰かの母親(後述)。

ビスケに関しては、ゴンの母親の母親、つまりゴンの祖母だと予想した。

ゴンは12歳くらい。母親が32歳前後だとして、57歳ならば母の母になれる。
クルーガーという姓だし、ゴンの父親ジンの母親という可能性は考えない。ビスケはジンの話でも、特に親フラグが発動していない。もちろん、ビスケは妻(ゴンの母親)でもない。


初登場ではゴンの隣
同行しているキルアを差し置いて、いきなり隣り合わせ。

14巻、ジンの用意したゲームのプレイ序盤で初登場。


正体はゴツイ女

ビスケット=クルーガーのように苗字があるわけだが、HxHでは苗字が存在しない脇役キャラが中心(クラピカとか)。にもかかわらず、苗字が割り当てられる場合、多くの場合に主人公の近親だから。

もし、割り当てないと、ゴンの苗字「フリーク」を想像する人が出てしまう。しかし、当チャンネル流の考察だと、他のキャラに苗字がないのに、特定キャラに苗字があって主人公と違うこと自体が近親の証拠になる。

自分で「ゴツイ」と語る
ゴンの祖母はゴツイというわけだ。

ここで「ゴツイ」という文字の形に注目「ゴン」というパーツが順読みで発見できる。余りは「、」と「イ」。次は苦しいがイを交点で3つに分解して「、」を右上に付けると「バ」。続けて「ゴン婆」。

ゴツイ → ゴン婆 → ゴンの婆ちゃん


右のゴツイ女はビスケ
雰囲気とやり口がゴンとソックリ。

作中をくまなく探せば、このような証拠が後5つくらいは出てくると予想している。

【メモ】
ビスケットの語源はビスキュイ
ビスケットは日本語では乾蒸餅

クルーガーはドイツ語で賢い


ゴンの母親は誰?


父親ジンの妻は誰なのか?
当チャンネルでは、このキャラがゴン母親シーラだと予想している。

実はこのキャラクターは誰なのか、ファンの間でも特定できていない。物語と無関係なキャラが表紙になるわけもあるまい。

なお、ビスケの娘ではなく、ビスケ本人の若い頃という思考も出る。ただ、快活なビスケの若い頃がこれというのはマッチしない。髪の色はビスケに近いながら同じではない。服装のセンスも違い過ぎる。

15巻の物語はビスケと修行するシーン。


母親シーラの母親がビスケだと当たりを付けた。

ちなみに、ゴンの祖母が出ているならば、ゴンの祖父(ビスケの元夫)も出ているはず。

【明かされるとは限らない】
ゴンの祖母がビスケというのが裏設定だとしても、その真相が浮かされるとは限らない。明かされぬまま完結はあり得る。ドラゴンボールの人造人間16号(筋肉質で赤毛のモヒカン)は、実はドクターゲロの息子がモデルとなっている。その真相はPS4のゲームで明かされた。

一方、ナルトの祖母(父ミナトの母)は綱手で、ナルトの祖父(母クシナの父)は自来也だと極めて堅く考察。ナルトの祖父母も明かされぬまま完結した。


【HxH】ゴンの母親の正体を特定~シーラ【ネタバレ考察】


幽遊白書(作者は同じ)の主人公の母親


浦飯温子
主人公の幽助が14歳(14.0~14.9)に対し、母親・温子は29歳。つまり、温子が13~15歳の時に幽助の胎児が存在している。

ビスケがゴンの先祖という真相は作中には明かされないのだから、何歳で生んでいてもいい。

ビスケや母たちが15歳出産でも、流石にビスケがゴンのひい婆ちゃんは無理だった。ただし、温子と同じ時期の場合、ビスケが45歳の時に既に15歳の孫娘がいる計算が成立し、その孫娘はゴンの母親になれる。幽遊白書の設定ならば、ビスケはひい婆ちゃんもあり得る。

ゴンに母が登場していない理由は、かなり若い裏設定で、その世代を昨今の少年漫画の情勢では表現しにくいからだとも推測できる。


【ここで考察のポイントを】
●ハンター×ハンターの作者は、若ママに全く抵抗ない。
●主人公の近親が登場しても、真相が明かされぬまま。
●少年漫画なので公表はできなくても、裏設定として主人公の母や祖母が若ママでいい。

●親子関係に関し、少年漫画の常識(年齢を理由)で不成立としてはならない。

次に
●時間の経過が違う空間
●能力によって年齢が停止……氷漬け、封印など
という要素もあり得る。よって、ますます、年齢差を理由に親子関係を不成立にしてはならない。


佐藤黒呼(幽遊白書)
初代・霊界探偵。
作中では、幽助との関係は全く語られていないが、幽助のオバだと考察。
髪の色が完全一致。

幻海も幽助の婆ちゃんとか、その手の人物。
要するに、幽遊白書でも親戚が続々だと考察。


若作りの女キャラは主人公たちの母親か祖母


リサリサ(ジョジョ)
2部の主人公ジョセフの母親だった。
しかも、ジョセフの師匠。
当時50歳。


綱手の婆ちゃんはナルトの祖母(考察)
作中にヒントはあるが、関係ズバリのようには表現されていない。

この説を唱えているのは、当チャンネルが主体。(他に存在しなければ、当チャンネルが世界初)


綱手の婆ちゃんはナルトの本当の祖母【ナルトボルトネタバレ】


Dr.くれは はルフィの祖母(考察)
ルフィの真の父ロジャー(77歳)の母親。
141歳だが、何度も若返ったので、77歳の息子を産める。
例:77年前に20歳~30歳くらいの肉体年齢

この説を唱えているのは、当チャンネルが世界で初めてで主体。

ワンピースが他の作者と違う所は、若作りの時に生んで、その後に年老いて、見た目が老婆という演出。


Dr.(ドクトリーヌ)くれはの正体~数々の医者達の先祖【ワンピースネタバレ】


シャクヤクはシャンクスの母親(考察)
くれはとジーベックの孫娘だと考察。

主人公の最大のライバルと思われるシャンクス(39歳)の母親という形で、若作りキャラ=登場人物の母親が成立。


シャッキー(シャクヤク)の正体を特定~隠し子が続々【ワンピースネタバレ】


幻海(幽遊白書)
幽助と瞳の色が一致。
幽助の婆ちゃんかな。
ひい婆ちゃんでもいいけど。
出典 www.amazon.co.jp


人造人間21号(ドラゴンボール)
16号(筋肉質で赤毛のモヒカン)の母親だと確定した。

当チャンネルでは、17号、18号の双子の母親だとも語っている。更にはブルマのオバ(父親の姉妹)だと考察。トランクスと双子が似ている伏線を回収。


人造人間21号の正体は18号の母親?【ドラゴンボールファイターズ】


【幽々白書】仙水忍の正体は幽助の叔父? 佐藤黒呼は叔母?【ネタバレ考察】