2019/05/27

イゾウの正体を特定~ボニーと藤虎の息子【ワンピース都市伝説考察】

白ひげ海賊団所属のイゾウ(ワノ国の女形の姿)は藤虎イッショウとジュエリー・ボニーの息子。光月イゾウが正体。お菊の肉親とか兄弟という説や赤鞘九人男という話はガセを利用した誤誘導。未来から過去へ飛んだ男。


白ひげ団・16番隊隊長イゾウ



桃色とか藤色系の衣装。
口にはハートの口紅。
履物は ぞうりかな。腰の帯が朱色系だと把握を。

【追記】
イゾウがワノ国の過去シーンに登場しているが、過去に飛んだ設定を追加したと考察。血縁関係は当チャンネルの説が真相で、弟の菊之丞というのは、義理の関係。

過去へ飛んだ原因は、モモの助達5人が20年先の未来へ飛んだからで……次の1か2のどちらか
1.20年前のイゾウが更に過去へ飛んでしまった
2.2年前のイゾウが40年前に飛んでしまった

おでんも過去へ飛んだ(後述)。
出典 www.amazon.co.jp


イゾウの出身はワノ国
身長は192cm。

歴史上の人物に以蔵という侍もいるが、拳銃2丁の姿は坂本龍馬がモデルだと分析。以蔵+龍馬がイゾウのモデル。

なお、史実の以蔵は居合いの名手。龍馬とも交流があった。


ギオンとは?
イゾウに雰囲気が似ているし、ワノ国風の名前。
当チャンネルでは、イゾウの祖母だと考察。
ワノ国でトキと交流があり、時を超えたので、まだ若い見た目。

元々は光月スキヤキの妻で、カイドウの略奪妻となり、時を超えた後は霜月康イエ(ハリネズミの康)の妻になったと堅く考察。その後にまた時を超えて海軍へ。

ギオン → キオン゛ → キゾオ → イゾオ


イゾウの幼少期
ワノ国で芸者みたいな修行をしている。
ギオンというのは、京都の芸者(舞妓)の街。


【ガセを利用した展開】イゾウは おでんの家臣で時を超えた?



ワンピース943話では、康イエ(ハリネズミの康)の周りに、おでんの家臣たちが集まるシーンがある。その場にイゾウっぽいキャラクターがいる。しかし、その人物は桃兎ギオンで、イゾウの祖母だと解説してゆく。

なお、時系列としては、「康イエの前に賊シーン」の以前から、当チャンネルは「康イエの妻はギオンで、藤虎の息子がイゾウ」と発表していた。そんな時に、シーンが描かれたという順番。



錦えもん達は縄で捕まっているものの、イゾウに似たキャラは後ろの方にいて縄の有無が不明瞭で帯だと解釈できる。これがトリックで、縄で捕まっているのではなく、様子を見に来た嫁さんギオンが後ろに描かれているという表現。

口紅がハートでないのは確か。

視線が泥棒たちに向いており、康イエの奥さんギオンが泥棒たちを見に来たシーンだと判断。


全く同じシーンが短期間に2回は不自然
しかも、今度のイゾウみたいなキャラは、泥棒達を見ておらず、当チャンネルの指摘を回避して表現されている。

要するに、当チャンネルの影響で描かれたシーン。

考え方としては、先のシーンではギオンで、次のシーンではイゾウ。実は別の人物を同じ位置に描いたトリックだと解釈してもいい。


【追記】
当チャンネルで過去のワノ国にいたのはギオンだと真相を暴くと、作者はネットのガセ(イゾウだ)を利用して、本当にイゾウにしてしまうトリックが実施されることが判明した。実はこれまでにも、くまとボニーのトリックなど、当チャンネルの暴いた真相をごまかそうとする誤誘導が描かれている。

当チャンネルの語る血縁関係には、影響ないので把握を。

イゾウの真相を解明した当チャンネルに対抗して作者が誤誘導した証拠としては、康イエの前に賊が引っ立てられ、「金はくれてやる」というシーンが作中に2回もあるから。凝縮されていて無駄なシーンなんて無いはずのワンピースに、同じシーンが2回ある理由は、イゾウの正体というかギオンの正体をごまかしたい以外にはあり得ないのだ。

作者は無駄なシーンは描かないと宣言している。しかし、ギオンの正体をごまかせるならば、全然無駄ではなく有効で、実施したと言える。

言うならば、作者にとってイゾウよりもギオンの正体がバレている状態が痛いのだ。当チャンネルでは、ギオンはカイドウの略奪妻で、ゾロの祖母で、小紫と錦えもんと赤犬と藤虎の母親だと語っている。これを打ち消すためにイゾウを利用したわけだ。だが、論理学的には、賊に金をくれてやるシーンでイゾウがいたとしても、ギオンがカイドウの妻、ゾロの祖母、小紫と錦えもんと赤犬と藤虎の母親という話とは、なんら矛盾しない。「イゾウが居た」と「ギオンが居ない」はイコールではないのだ。

なお、ギオンはギオンで、このシーンの近くに居たとも判断できる。同じシーンに見せかけて、人物は入れ替わっているというトリックもできる。

当チャンネルの開設当初、勘違いしていたことが1つあって、それは次。
●当チャンネルがどんなに真相を暴いても、作者は全く動じずに、最初の設定を貫く
実際には、作者サイドはネットの考察を見て、取りあえずは誤誘導をして、誤誘導では防ぎきれない場合にのみ、設定を変えてくることが確定的に。設定を変えるといっても、実質は「設定の追加」となる。「特に年齢操作がない設定」から「過去に飛んだを追加」という事に。

【過去に戻る設定】
過去に戻る能力は無いと推定しているが、過去に戻ってしまう場所とか、副作用みたいなのは、ワンピースの世界に存在すると考察。
●ワノ国は時の存在しないヨミの国と繋がっていて、そこを通った。
●光月トキの時を飛ばす能力の副作用として、全く別の人間が未来からやってきてしまう。

イゾウやおでん、オロチは未来からやってきた。

ネットのつぶやきでは、トキの時超え能力はチート(インチキ同然)と冷視される域。しかし、当チャンネルでは、別の人が未来から来てしまう副作用があり、未来へ飛んだ人は玉手箱でドロンと老いると考察している。つまり、チートではなく、物理法則を考慮した能力だと分析。

未来から来た人は……
1.最小で赤子まで若返ってしまう
2.そのままの姿で過去へ(おでん達はたまたま幼少期だった)
のどちらか。


イゾウの父親はイッショウ藤虎


正体は光月イッショウ
ワノ国風の様相や、髪の色、名前などがイゾウと共通。鼻緒のある和風の履物が一致。

父親はスキヤキ、母親はギオンだと考察。
要するに、光月イッショウ。

刀術としては居合いが得意。史実の以蔵と共通。

藤虎の衣装の白と紫の色を混ぜると、イゾウの衣装色。

見たくないものはワノ国の惨状や、カイドウに女として辱められた母ギオン。


カイドウの娘ヤマトの正体(自称:光月おでん)を解説【ワンピースネタバレ考察】
スキヤキの妻ギオンがカイドウに略奪されて生まれた娘がヤマト。ギオンとの共通点は上のリンクで。ヤマトはイッショウの妹となる。イゾウの叔母。


イゾウの母親はボニー


ボニーの性転換画像(中段右)

出典:onepiece-log.com

現在の年齢で性転換されており、その姿は40歳代中盤のオッサン。つまり、正体は40歳代のオバサン。

イゾウがボニーの息子となれば、過去へ飛ぶ前にも年齢操作が可能。

一例
●ボニーがイゾウを50歳に老いさせる。
●50年前にジャンプし赤子になる。
●12歳くらいの少年のイゾウが38年前に存在できる。
●トキの(後継者の)能力で15年後にジャンプ。
●現在は25歳くらいの見た目。

他の一例
●過去に飛んだ40年前のイゾウは少年。
●近年に母のボニーと中年イゾウは再会して若返る。
●現在は25歳くらいの見た目。


イゾウとボニーの共通シーン
エースの真の母親はボニー。天竜人の会話(変わり果てた息子の話)を聞き、エースを思い出してボニーは泣いた。

エースも白ひげに息子にしてもらう前は、白ひげに対して憎んでいたので、兄と弟の共通点とも言える。

ボニーとイゾウは、目を開けたまま、チラリと涙を見せる。許さないという感情で涙という共通点。

魚の種類にボニーというのがあり、ワンピースでは魚人の血を持つのがボニー。


弟エースを救出に来たイゾウ
エースの父親はスコッパー・ギャバンで、父違いの兄弟となる。



イゾウは過去編の時代に少年なので、現在はかなりのオッサンのはず。焼け落ちる城からトキによって飛ばされた中にはイゾウはいない。にもかかわらず、現代のイゾウは20歳代の見た目。ボニーによってオッサンから若返った設定を追加したと考察。イゾウの母親がボニー。つまり、ボニーの関係者だからこそ許される。

もちろん、トキや後任者(お鶴)の能力によって20年後に飛んでいたとしても、血縁は当まとめの話から変わらない。

イゾウと菊之丞は実の兄弟ではないからこそ、アッサリと記される。
イゾウと菊之丞は本人自体が兄弟ではないことを知っているのか、アッサリと別れ別れに。


ボニーと くまには近い血縁なし
ボニーと くまとに、不可解なシーンがあるが、全く関係は定まっていない。

ボニーと くまには近い血縁はないと堅く考察。当チャンネルがエースの母親だと証明したので、作者によって読者はおかしな方向へ誤誘導された。

くまの息子はロー。「く」と「マ」の字をくっつけると、「ロー」という文字になる(45度回転)。ナマの英語は「ロー」。

くまの父親はタマゴ男爵。タマの部分に「クマ」というパーツがある。くまの母親は「おおぐま座」を意味するエルミー(白ひげ団にいる婆)。

ボニーの称号は「大喰らい」
大……ビッグ・マム(母)
喰(ガプ)……ガープ(父)

ここまで完璧に語っていたら、作者は誤誘導したくなる。


ジュエリー・ボニーに隠し子が13人・夫が5人【ワンピースネタバレ考察】
イゾウやエースだけがボニーの息子ではなく、ボニーには10人以上の子供達を当チャンネルは特定。

イゾウの正体を隠すために若いのではなく、エースの母親でガープの娘だから若く描かれている。ルフィの伯母に当たる。そして、夫が5人はいて、10人以上の子を持つ。


子供と老人が混在
ボニーの能力は年齢を自在に操るのではなく、寿命を移動する能力だと堅く考察。
みんな老人とか、みんな子供ということはできないのだ。移動した年齢を合計すると、プラスマイナス・ゼロ。鳥など、動物の寿命を使うこともできる。

さて、トキの能力で誰も彼も未来へ送ったとして、そんな物理法則に反したことが起きてもいいのだろうか? 副作用として、想定外の人物が過去へ飛んでしまうのではなかろうか。それが、
●ビッグ・マム11男デン(おでん)
●ボニーと藤虎の息子イゾウ
●レイリーとシャクヤクの息子ローチ(オロチ)
●クロコダイルとニューゲートの娘ホワイティベイ
というわけだ。飛んだ年月を合計するとゼロになる。


兄弟姉妹はイデオとミキータ(ミスBT)


破壊砲イデオ
イデオは22歳(端数も把握を)。イゾウと近い名前。口を閉じて発音すると区別はできない。

手長族というのはエビ・カニの魚人の血筋。イゾウと似ない理由は魚人の血。
ボニーの母親(後述)が魚人の血筋。

ハカイ「ホ」ウ イ「デオ」 → ホデオ → ホニ゛ー → ボニー

パンチが得意な理由は祖父(ボニーの父)にある。

チョンマゲとは違うが、マゲもある。
出典 www.amazon.co.jp


ミキータ
ミス・バレンタインのこと。ミキータは24歳。
ボニー顔やタンクトップの衣装に加え、重力を操る所は父親イッショウの下位互換能力。

キの下の棒を折り曲げると「ホ」、タは「〃」のパーツを含む。
ミキータ → ミホー〃 → ホ〃ニー

ミキータとミホークは文字が似ているが、父娘ではない。参考までに、ミホークの息子は、海イタチのネロ。ペローナはミホークの姪。

藤虎という漢字の中に、ミキータという文字を発見できる。差し当たり、月の部分にミが隠れている。残りは、まとめ読者でどうぞ。
出典 www.amazon.co.jp


ミキータ
茶色い上着と帽子かぶりがボニーと一致。

変装時にはへそ出しでボニーと一致。


開脚のミキータ
脚を開いて浮かぶシーンが何度かあるが、ボニーの脚開きを思わせる。

ちなみに、ボニーとジンベエの娘がケイミー。ミキータの文字を並び替えて、キミー → ケイミーというオチ。ミキータの妹がケイミー。

キは「イ」の部分を含む。三は「ゾウ」と読む。
ミキータの、キとミでイゾウを取り出せる。


ワンピースの家族紹介や発言は義理などデタラメ


お菊は義理の弟(妹)
正体は女で、男として育てられたと考察。
菊は花なので女ヶ島の血筋。母親はシャクヤクで父親はレイリー(人魚の血を持つ)だと分析。親の人魚の血により長身が出た。ちなみに、人魚シャーリーも、レイリーとシャクヤクの娘。

身長は287cm。
イゾウの実の弟だとすると、菊之丞の長身が不自然。
また、菊は女ヶ島系の名前だが、イゾウには花の名前が連想できない。


父は父でも義理の父
スキヤキとデンも義理の親子。家臣がおでんのことを「彼」と呼んでいるので確定的。若殿様ではなく、おでんという養子の紹介。

デンは未来からの人間で、母親はビッグ・マム、父親はクローバー博士だと堅く考察。関連書籍に「構想段階の資料」があり、ビッグ・マムの息子たちが語られるが、おでんの入る部分などは偽者。

実の子に関し、0歳からの行動を改めて聞く必要なんて無い。実の息子ではないからこそ、スキヤキは「あっけらかん」としている。

スキヤキが赤ちゃんとして誕生するシーンすら有るのに、おでんには誕生シーンが存在しない。


エースは兄ちゃんなんだ
トリックどころか、ダマシの域だった。

お菊がイゾウを兄さんと呼んでも、一切、信用ならない。


錦えもんの息子モモの助
お鶴の正体がトキならば、お鶴の再婚相手である錦えもんの息子なので嘘ではなかった。しかし、トキとお鶴は別人。義理ですらなくデタラメ(読者に信じて欲しい誤誘導)。


ワンピースでは、実の兄弟姉妹は秘密で、義理の兄弟姉妹を中心に作中で語られる。公開される親兄弟は、多くの場合に義理(もしくは片親違い:ドフィとロシー)。

理由としては、ワンピースの意味は「ひとつなぎ=1つの家族」で全員が血縁者。よって、実際とは違う親兄弟をあえて公表することで、真相に到達しにくいようにするため。全員が親戚なので、偽の親兄弟でもイトコとか血縁者で似ている。年齢操作(過去や未来に飛ぶ)も、1つの家族を隠すためにある。

一方、ズバリと家族関係を当てられ、その内容が連鎖的に主要キャラの血縁関係を暴く場合、作者によって誤誘導が起きる。ボニーとくまは無関係なのに、繋げようとするシーンが登場した。ボニーは身近な人物を年齢操作できるわけだし、核となるキャラ(ルフィの年齢を変更した)なのだ。

作者の描く内容を変更させられるくらいの強烈な考察ができるのは当チャンネルのみ。


イッショウの母親はギオン


桃兎ギオン
彼女こそが康イエの過去シーンにいたイゾウっぽいキャラ。康イエの元妻なので、その場にいて当然。イゾウと似ている理由は、イゾウの婆ちゃんだから。

弟には茶豚トキカケだと極めて堅く考察。姉のトキの能力で2回以上の時超えをしたので、ギオンは若い。おでんの妻トキは身近というか姉妹。

ギを分解すると、「イ」と「シ」のパーツに分かれる。
ギオン→イシオン→イシォン→(その発音は)イッショウ(と同等)

イゾウの婆ちゃんはギオン。母音(iouとion)の発音は近い。
出典 www.amazon.co.jp


桃うさぎ・ギオンの正体を特定~小紫の母、トキカケの姉【ワンピースネタバレ考察】
スキヤキとの子……錦えもん、サカズキ、イッショウ
カイドウとの子……ギン、ガイモン、バレット、ヤマト
レイリーとの子……戦桃丸(レイリーの弟がボルサリーノなのでオジキと呼ぶ)
康イエとの子……小紫
カイドウに略奪されたため、スキヤキとは別れることになり、未来へ飛んでレイリーの浮気相手になったり、康イエの妻に。
赤犬サカズキが海賊を憎む理由は、カイドウに母親を奪われたから。藤虎も辱められた母は見ていられない。


ボニーの母親はビッグ・マム


ビッグ・マム海賊団特有のケーキの船
ボニーの短パンの半分は黄土色~朱色(イゾウの帯色)。


シャーロット家・次女モンデはアマンドの次女【ワンピースネタバレ考察】
構想資料のビッグ・マムの娘たちには、偽者だらけだと解説。


ビッグ・マムの子供資料を公開する前書き
「構想段階」だし「大幅に変更になっている場合が」と、ちゃんと大きな抜け穴を用意してある。好意的に捉えると、本編とは異なるという告白。

マガジン4と5にある。

購入者は「本編の娘たち」を見たいはずなのに、全く別の構想資料と称した偽者をつかまされた。海外のWikiにまでも偽者が記されている。

海外の人間は特に、この注意書きを理解できていない。

と思っていたが、海外のWikiすら、海外担当スタッフの仕事だと推定。乗り込んで編集歴を見れば分かる。一般人が直した数分後に、ヌシみたいなIDにアンドゥ(元に戻す)がされている。


ハートの口紅は祖母と母から
ボニーの父親はガープだと極めて堅く考察。
ボニーはルフィと似ているが、伯母という近親だから。
イゾウの祖父はスキヤキとガープということに。

当チャンネルがボニーの正体を完璧に暴いたため、くまとの誤誘導シーンが登場した。

構想資料で、リンリンの娘に偽者が紹介されただけで、これだけ似ているリンリンとボニーを他人だと思える人は不思議。

ボニーの顔とイゾウの顔はそっくり。
もちろん、ビッグ・マムからも遠くない。ギオンの雰囲気+リンリンの顔でイゾウとなる。

ビッグ・マムはビッグキスの魚人ハーフ。


ボニーとジンベエの娘チムニー
イゾウと同じくハートの口紅。

チムニーはお母さん(ボニー)の短パンと全く同じ柄と配色の服を着る。

イゾウの父違いの妹となる。

ボニーの娘がチムニーというのは、理解しやすかろう。すると判明することがある。ワンピースでは、親子関係は秘密なのだと。チムニーが今後の物語に今更関わるとは思えない。血縁を秘密にする理由は、すでに話したよう、全員が親戚だから。


ボニー食いのガープ
エースはボニーの息子。
ルフィはボニーの妹ルージュの息子。
サボはボニーの妹デボンの息子。
ルフィ達は3人共にガープの孫で、イトコ同士。

イゾウにとって、エースは弟(父違い)、ルフィとサボはイトコ。

ガープはゲンコツのガープと呼ばれ、パンチが得意。イデオがパンチのチャンピョンなのも納得できよう。

ちなみに、ゲンコツ(グー)の英語はロック。つまり、ガープはロックスの子孫だと推察。ガープは孫のルフィを捕まえようとしたのだから、祖父とかに位置するロックスを捕まえても問題なし。というかガープは自分の祖父を知らないとか。



ジェム(Mr.5)は赤犬とボニーの息子。エースの兄に位置し、上半身裸な所や能力の系統も近い。
ちゃんとガープ食い(ボニー食い)しているジェム。鼻ほじりもガープの癖と一致。ロックス(先祖)の髪の癖も出ている。

ミキータの方も、だいたいボニーの服装と一致。

こんな露出度の高いジェムとミキータが一緒に暮らしても間違いが起きない理由は、兄と妹だから、

ちなみに、ミス・GW(絵描き娘)はローの妹ラミだと考察。絵の具はラミネート入り。そう発表したら、作者サイドに年齢トリックを入れられたが、そんなことでは別人にはならない。

年齢操作や時超えまである世界では、公式年齢なんてなんの信用もない。


ジュエリー・ボニーの謎を解明~ビッグ・マムの5女【ワンピースネタバレ考察】


ジーベック
ジーベックこそ、ハリネズミみたいな髪型。康イエやスキヤキの先祖だと考察。

ジーベックは自由奔放な海賊。各地の女を現地妻にしたと極めて堅く考察。ジーベックの息子の一人がクローバー博士で、光月家の姫と結婚した。


ジーベックの正妻はくれはで、次の子供たちの母親はDr.くれは。Dr.には博士の意味がある。くれはは「紅葉」で花の咲く植物=女ヶ島の元女帝。

クローバー博士
シュトロイゼン
ブルック
ジョン
ひぐらし
せみ丸
ロジャー
ヒルルク ※クローバーの息子の可能性も

全て花の名前を含む。正確には、バラの種類などの名前の場合も。ヒルルクは「昼顔」+「ルクリア(桜)」。

ジーベックの現地妻や元正妻には、カルメル、イム(離婚)などもいる。
イムの正体は人魚で子供として「ビッグ・マムの母親」やバッキン(各地の男と子供を作った)、トム(王直でオトヒメの父)、ヨーキ(銀斧で現地妻が多いレイリーの父)などを産む。

一方、女王イムも夫がたくさんで、ジーベックや五老星との子孫たちが次。登場済みの天竜人や各国の要人。
登場人物の全員が親戚という話が理解できてこよう。


スキヤキの誕生
父親が描かれていない所に注目。
光月の姫がスキヤキを産み、スキヤキの父親はワノ国外部の人間(ジーベックの息子クローバー)だと推察。

ワノ国では世継ぎは男でなければならないと分析。しかしながら、世継ぎを産むのは光月家の女でもいい。

現状だと、光月家の跡継ぎは男のモモの助でないといけない。しかし、世継ぎは日和の息子など、姫が産んでもいい。


反面、ジェルマは原則は女王だと考察。これは男が戦場に行くことが通常だから(男の王だと死亡のリスクがあるが、女王ならば安全な所にいる)。もちろん、世継ぎに王の資質が無い女ばかりの場合には、ジャッジのように男が王になる場合も。

当チャンネルでは、前女王はエルミー(ジャッジの母)で、更に前の女王はバッキン(エルミーの母)だと考察。


【ビッグ・マムとギオンの血縁】
実はリンリンとギオン自体が親戚。
ビッグ・マムの祖父……ロックス(ジーベック)
ギオンの祖父……ロックス(ジーベック)
つまり、いとこ同士。


オロチや おでんについて


オロチというのは大蛇のことだが、英語ではボア。ハンコックの兄だと考察。38年前に若造として存在するのは年が離れ過ぎなので、過去に飛んだと分析。女ヶ島がルーツのキャラは、花の咲く植物の名前が関わる。ハンコックは「クコ」という薬膳の女王。オロチは「ローチ」という多肉植物(ワノ国なので「お」は接頭語)。

おでんはビッグ・マムの11男だと考察。年齢が合わないので、過去に飛んでいると結論。未来を知っているからこそ、20年後の話を妻のトキに伝えた。

となると、他にも過去に飛んだキャラが居てもおかしくない。


オロチの呼び方
「お前」……ひぐらし
「オロチ様」……せみ丸
お前の「お」も本来は丁寧な意味だが、実際には相手を軽く扱う時に「お前」と呼ぶ。一方、オロチに「お」をつけて呼び捨ては、実は不自然な呼び方なので、せみ丸の方は「オロチ様」と呼ぶ。

ちなみに、「オロチ」とか「おでん」と呼ぶ内・呼ばれる内に、名前の全体を「オロチ」だとか「おでん」だと思う人が増えて、定着したと分析。

なので、ロジャーや白ひげも、デンという名前ではなく、おでんが本名だと思っている。


ワンピースの年齢トリック


ブクブクの能力(19男モンドール)
年齢操作というと、ボニーを思い浮かべてしまう。だが、時超えはもちろん、ブクブクやヒエヒエなど、年を取らない状況になる能力が幾つも存在。


【イゾウの年齢トリック】
ボニーとイッショウの息子として誕生
過去へ飛んで、菊之丞(レイリーとシャクヤクの娘)と義兄弟に
おっさんになったが、母のボニーによって若返って現状の姿

【解説】
ワンピースでは年齢トリックがあまりにも多く、それだけ多数のキャラが二重年齢を持つことが導ける。何度も述べるよう、名前のあるキャラは全員が親戚なので、親兄弟だと推察しにくいように、年齢という引っかかりやすい所を操作するのが作者の癖。

顔つきが似ていて、格が一致し、年齢が親子としてマッチしていても、多くの場合に読者は親兄弟を見抜けない。例えば、シャンクスの父親がレイリーだとか、ハンコックの母親がシャクヤクだとか。ましてや、年齢トリックを入れられたら、当チャンネルとその読者以外は、まず無理。

【具体的なリスト】年齢が変わる要因
・ボニーの能力
・コールドスリープ(青キジの能力)
・石化(ハンコックの能力)
・硬化ガス(シーザーの発明)
・タイムスリップ(トキの能力)、誕生日を過ぎた日付に飛ぶ(お玉)
・ホビホビなど能力の副作用(シュガーの呪い)
・転生による年齢分配(タマゴ男爵の能力)
・動物の人間換算年齢(チョッパー、キャロット)
・本に閉じ込められて成長や老いが止まる(モンドールの能力)
・不老手術
・若返りホルモン(イワンコフの能力)
・女として生きている期間が年齢で、残りの年は男の人生なので除外(イワンコフの能力)
・寿命を吸われて老いる(ビッグ・マムの能力)
・熟して老いる(しのぶの能力)
・影を抜かれて年齢が停まる(モリアの能力)
・医療装置や氷結装置などで眠りに就く
・融合して、誕生日は融合した日に、年齢は平均値に(ティーチとサッチ)
・封印されて年齢停止
・単なる自称(登場人物が意図的に語ったもの、勘違いで主張したものを採用)……ドラゴンボールでは主人公は14歳と名乗るも、数え間違えという設定で12歳になった。(打ち切られていたら14歳で完結)
・アニメは二次創作なんだという観念を裏で持ち、原作とは違わせる。……フランペがなぜか33女。
・「構想資料」という言葉を利用した偽りの年齢を作者が意図的に(20歳前後の見た目なカタクリの6女カスタードがなぜか45歳。グッズのビブルカードには出さずに真相を判明させない)
・ワノ国から繋がるヨミの国には時間が存在しないので、そこを通ったら過去に戻った。
・トキの時超え能力の副作用で、想定外に過去へ飛んだ(デンやイゾウ、オロチなど)

リストは以上。
そして、当チャンネルが親子関係を暴いているキャラで、作者に都合悪いものがあれば、たちまち上のいずれかの設定を導入されてしまう。Wikiに「誰が何年前に生まれた」という情報があるが、信用してはならない。ルフィ自体が22年前に生まれたロジャーの子が正体なのに、19年前という誤誘導が記されているだけなのだから。また、Wikiを更新している人物も、単なるスタッフの可能性も。Wikiを使いこなせるファンならば、ボランティアのWikiではなく、自前のサイトで広告収入を得ればいいのだし。

ワンピース系ユーチューバーでも、企画で「ワンピースのWikiに書かれていることでクイズ」のような状況。相当なファン・活動家でもWikiの情報を利用する立場であって、書き込む立場ではないことが判明する。

Wikiにはパソコンのパーツの解説も存在するが、新型が出ても一向に更新されなかったりと、各分野にボランティアがいるというのは幻想。各分野に自分の都合で記す者が結構な割合で存在。


イゾウが白ひげ団にいる理由
赤鞘男としておでんに仕えたはずのイゾウが不自然に白ひげの所へ。
この理由だがメタ推理では、エースの兄としてエースを助けに行く人材イゾウが白ひげの船にいることを描いてしまったので、白ひげの船を好きになったことにせねば整合しないから。ボニーの息子で元々はワノ国の過去に関わるはずのない人間。当チャンネルはボニーの血縁関係には力を入れているので、特に精度が高い。

作者がギオンの正体をごまかすために過去へ飛ばした設定を追加したものの、白ひげの船に乗る理由を設定せねばならなくなった。


帯刀するイゾウ
武器は変わってもいいのだが、元々のイゾウは刀が武器。

当チャンネルが何を語りたいのかだが、同じ話となる。
当チャンネルがギオンの正体を暴いてしまったので、誤誘導のため無理にイゾウを登場させた。よって、不自然な状況が次々と発生したという話。

●現代のイゾウの見た目が若過ぎる(年齢変更が裏であるにしても、そのことは明確になっていない以上、やはり不自然)
●おでんに仕えていたし、白ひげを憎んでいるのに、唐突に白ひげの配下に(本来はその時代には少年~青年のイゾウはいなかった)
●武器が刀から銃に変わった(本来は銃が武器なのに、ワノ国の過去編に出してしまったので、唐突に刀になった)


まとめ


イゾウの父母……イッショウとボニー
父方の祖父母……スキヤキとギオン
母方の祖父母……ガープとリンリン
父母が共通の兄弟姉妹……ミキータ、イデオ

康イエの過去シーンに居たイゾウっぽいキャラは、イゾウの祖母で当時は康イエの妻ギオン。しかし、ネットで暴かれたのでイゾウということになった。
なお、作者はネットに散らばるガセを利用して誤誘導することが判明している。例えば、ギン=キラー説という、取るに足りないガセを利用し、2人に同じ年齢を設定した。

イゾウが お菊(菊之丞)の弟という説はガセを利用した誤誘導。親戚で5親等だと当チャンネルは考察。

◇オマケ◇
【将棋の駒と光月家】
王……おでん(食べ物のおでんは漢字で「御田」、田という字には「王」というパーツが存在)
玉……お玉(本物の日和)
飛車……飛徹、竜王……スキヤキ ※滋賀県の竜王町がスキヤキ・プロジェクトを実施
角……カク、竜馬……イゾウ
金……バッキン(スキヤキの第二の妻)、錦えもん
銀……ギオン、ギン(ギオンの息子でゾロの父親)
桂馬……スピード?(モモンガとイナズマの娘)、光月家の関係者ではないっぽい
 ケイミーは名前が近いけれど、光月家の関係者ではない。ボニーとジンベエの娘。
香車……狂死郎
歩兵……ヒョウ五郎、と金……トキ

【当チャンネルの作者への影響力】
作者の自宅に訪問したユーチューバーや、編集部を訪れ、編集者と仲がいいユーチューバーが考察したりしている。だが、作者の作品に影響することはない。一方、当チャンネルの話題は確実に作品に影響していると主張したい。


父違いの兄カク
赤犬とボニーの息子がカク。25歳で、カクはイゾウの兄。

さて、イゾウは龍馬がモデルだと語ったが、将棋で竜馬と言えば、角(かく)が成った姿。つまり、ワンピースでは、カクとイゾウが兄弟を意味する。

なお、赤犬は藤虎と父母が同じ兄弟だと考察。赤犬は光月サカズキ。つまり、カクとイゾウは父違いながらも、父同士が近親なので、兄弟に準じる血縁。
出典 www.amazon.co.jp


ありそうな疑念に予め回答


●証拠として成立しそうな部分もあるけど、証拠として成立しない部分があるので却下 →
数学的に分析すると、却下ではなく採用が正解だと判明する。
1(100%)が完璧だとして、それぞれの話に数値を割り当てる。

成立しそう……0.7
まず成立しない……0.1

証拠は10あり、成立しそうな個数が4で、まず成立しない個数が6だとして計算する。

計算式は次となる。
1-(0.3^4 x 0.9^6)=0.996
つまり、99.6%の可能性で正解。

勘違い者は「すべての内容が高確率で成立しないと、説は却下すべき」だと思い込んでいる。正解は次で、「ある程度、高確率な話を含んでいて、説を却下できる他の説明が存在しなければ、誤りを含んでいても採用」となる。「可能性の小さい話をしたらはマイナス」というのも誤解。「可能性が小さくても、複数あれば、全てハズレなんて確率は下がり、むしろプラス」が正解。

実は当チャンネルの管理人は、ユーチューブで数学のチャンネルも視聴している(他にはパズルとか推理とか)。

次のように考えれば、理解できる。
証拠は10あり、成立しそうな個数が4で、まず成立しない個数が6だとして、最初から成立しそうな4つしか語られていなかったら、ツッコミどころが存在しないことになる。


ガープの孫達とは誰か?【ワンピースネタバレ考察】


不死鳥マルコの正体~母親はココロ、父親はレイリー【ワンピース ネタバレ都市伝説】


スポンサーサイト



コメント

IPなどの情報を取得しています。海外サーバーを通すとコメントできません。

非公開コメント