2020/09/30

カイジの父親は帝愛の会長?~伊藤開司の祖父が兵藤和尊


カイジ(伊藤開司)の母親は登場しているが、父親は未だ謎。
カイジの宿敵は帝愛の会長の兵藤 和尊(ひょうどう かずたか)。かなりの富豪なので、もっと若い頃には愛人なんて何人もいたろう。そのうちの一人が、カイジの母親だとまず考察(祖父の結論は後述)。遠藤(カイジを裏ギャンブルに連れ込んだ)はカイジに関し「人たらし」と語る。これは会長の属性だ。

和尊の息子には次男に兵藤 和也(ひょうどう かずや)がいるが、カイジよりも若い。
長男は認知されているので、開司の事ではない。

カズタカとカイジは「カ」の字が共通しており、その字で始まる名前。また、ズの字を分解すると、上の方が「シ」で下の方は「イ」に近い文字。カズ → カイシとなる。兵藤の藤は伊藤の藤というセリフが作中にあるくらい。

伊藤という苗字は特に珍しくないし、母親が結婚後に伊藤になっていれば、兵藤会長が自分の息子だとは考えないというわけだ。妊娠して捨てた愛人に会長は手切れ金を渡し、愛人の産んだ子なんて知らんという思考が決め手。

と考えていたら、和尊は祖父という思考こそが、もっと成立する。
カイジを裏の世界に連れ込んだ金融会社の社長・遠藤 勇次(えんどう ゆうじ)。この男こそが父親で、遠藤の妻(カイジの母)の更に父親が和尊となる。
カイジに対してユウジだし。遠縁(とおえん)と遠藤(えんどう)の語呂が極めて合致。実際には近親だと考えている。今回はカイジが会長の血筋と言いたいだけなので、遠藤までは正解である必要はない。ただ、カイジと遠藤で、ボーダーを超えている共通点がある。落ち目になった時に、他人の高級車に傷をつけようとしたことだ。カイジは金銭に関してギャンブルの相手に約束させたら、キッチリ取り立てる。これは遠藤の属性。

遠藤はカイジの母を遠目には見たことがあるのだが、無言で感想なし。カイジを孕ませてすぐに別れているだろうし、当時は美人でも20と数年経った。近視ではっきり見えないという思考でもいい。それから遠藤の妻子が全く出てこない。坂崎(パチンコ沼の相棒)や黒崎(帝愛ナンバー2)は妻子がはっきり出ている。遠藤に関しては証拠が増えたら改めて語る。

そして、母親の方こそ会長が愛人に産ませた和尊の娘なのだ。遠藤勇次は元夫でカイジの父となる。
なぜこの説が「カイジの母は会長の愛人説」よりも強く成り立つかを語る。ワンポーカー編では、「カイジが母親と和也とを見間違う」という、近親を表現したい以外ではあり得ないおかしなシーンが登場した。要するに、カイジの母親と和也は姉と弟という近親なのだ。更には、和也の回想で「母親の化身」が登場するが、カイジの母親とそっくり。母親代わりに、和也の面倒を見たのだろう。つまり、姉が母親の化身だったのだ。
←男の子は和也(ワンポーカー編6)
この女の名前は「和枝」。うわっ、和尊と和が完璧に一致してる。流石は当チャンネル。名前や顔を知る前から、和也はカイジの近親だと鋭い勘で当てており、当然のごとく、カイジの母っぽい女の名が和枝だったという経緯だ。
現実に伊藤和枝という女優がいて、丁度、作者が若い頃とかに流行っていた。
なお、カイジの母親は初江で、姉妹なのか偽名で使用人になったのか。初江と和枝は韻を踏んでいる(母音がaue)。

カイジ姓・伊藤は次のどれか。
1.会長の愛人の姓
2.母が再婚して伊藤姓になるも離婚、民法上は元夫の姓のままでO.K.

カイジには姉がいるが、遠藤と初江の娘という思考がまず。他の思考としては、母の再婚相手(伊藤)の連れ子かも知れない。

カイジの母親を会長と愛人との娘と語ったが、会長の正妻の娘が正解で、父の非道に耐えられず家を飛び出していてもいい。ただその思考よりも次が的確。会長の正妻が妊娠したまま飛び出したので、会長は娘の存在を認識していない。娘の存在を認識していても、使用人の女・和枝だとは想定外。

カイジの母と会長の関係。元妻が会長の使用人というのは新妻がいる以上おかしいが、会長の愛人の娘が使用人というのは有り得る話。カイジの母が自分の父に会いたくて、黙って使用人になっていればいいわけだし。会長の方は娘を知らないだろうが、知っていて使ってやってもいい。娘としては認めないが、和也達の側に置くのも一興だ。

それから、長男の和貴はなんとカイジと顔つきが近い。

改めて名前を整頓。
会長……和尊
長男……和貴(目つきや鼻などカイジにそっくり)
次男……和也(ワンポーカーの相手、カイジは母親と見間違う)
使用人女……和枝(カイジの母に容姿がそっくり、名前も姉妹級)
この状況で「証拠が揃っていない」と感じる人は、考察系は目にしない方が良かろう。

もし、和尊や遠藤以外にカイジの父親が現れても、母親の新たな結婚相手なので、誤誘導されないように。当チャンネルはカイジの血縁の父親の話をしている。

当チャンネルとしては、「父は遠藤、母は会長の娘で、祖父は会長で、和也は年下の叔父」をイチオシ。

【当チャンネルに数回、接触した程度の人へ】
ブログ筆者に関し、カイジの研究者になるくらいカイジの熱狂者だから、この説を発表できたわけではない。カイジは好きな方だが、別に研究しているわけではない。

実はワンピースに関し、根こそぎ、洗いざらい、登場人物の人間関係を暴くような状況だからこそ、カイジも似たような仕組みだと判断し、あっさり暴いたというのが現状。究極の所、「物語の血縁関係は、このように作られている」という法則を証明するために、カイジもネタにしたという感じだ。
スポンサーサイト



コメント

IPなどの情報を取得しています。海外サーバーを通すとコメントできません。

非公開コメント