2020/10/13

【ジョジョ考察】山岸由花子の正体~リサリサの子孫、東方仗助の妹? 血筋や共通点を解説

先日は4部主人公の仗助が憧れる男の正体は兄だと解説した。その記事を書いている内に、由花子は仗助の近親で間違いないと考えたので記事にする。
仗助の誕生日は5月下旬だと、ネットでは考察されている。一方、由花子は公式で12月。学年が同じなので、由花子の方が後に生まれている事になる。

当チャンネルでは、由花子はリサリサ(エリザベス)の子孫だと堅く考察している。容姿がほぼ同じだし、激情の性格や圧迫感も一致。愛する者に対して冷たく接したり、スパルタ教育を実施する所がバッチリ合致。リサリサは髪を掻き上げるのが癖。くるりと振り返る様子が、両者に存在。由花子はイタリア料理を作ろうとしており、中年のリサリサが住んでいたイタリアを作者は連想させているのだろう。由花子は髪で、リサリサはマフラーだが、しなやかに変形する素材を使って体制を立て直す所も同じ。

リサリサの息子が2部主人公のジョセフ。リサリサはハリウッド監督と再婚した。ハリウッド監督には日本人があり得るし、リサリサと監督(外人)の子供が由花子の両親や祖父母という思考でもいい。いずれにしても、リサリサの子孫が由花子というわけだ。

以上の血縁関係でも仗助と由花子は親戚になるが、当チャンネルでは、ジョセフの隠し子の一人が由花子という可能性を強く意識し始めた。由花子は感情によって、目の周りが痙攣する。そして、6巻ではジョセフの目がピクピクするのだ(スピードワゴンが殺されたというニュースで)。

由花子は髪を大切にしており、白くなった時はかなり怒って、愛する康一さえも殺そうとしたくらい。
仗助は髪型をけなされるとキレて、その精神の異常さは由花子に匹敵する。由花子も仗助も、感情で髪が逆立つ(仗助は祖父が死んだ後:29巻)。
仗助は髪型をけなされると周りが見えなくなる。このクラスの異常さを持っているキャラと言えば由花子。彼女も恋によって周りが全く見えなくなる。髪が白くなった時はマジギレ。そして、この性質はリサリサ由来。リサリサは夫の死を聞いて、後先考えず要職にある敵をぶち殺して、大きなトラブルを招いてしまった。

由花子がリサリサの孫娘だとすると、仗助のイトコに位置する。リサリサの ひ孫娘だとすると、イトコ姪という5親等の関係。

しかし、もっと近い血縁もあり得る。ズバリ妹だ。
ジョセフは仗助の母・朋子と恋人関係になったが、その時期に由花子の母親とも恋人になっていた。この血縁で、由花子とリサリサがかなり似つつ、更には仗助との強い共通点が見つかる事が妥当となるのだ。

グッズのカードでは、仗助と由花子は共に髪の色が紫色と、母違いだが兄と妹を表現していると言える。イトコ姪などの血縁で一致させる必要性を感じない。なお、リサリサも紫髪。


◆◆◆リンク◆◆◆
【ジョジョ考察】子供の仗助を冬道で救った恩人・学ランの男の正体~母違いの兄、川尻浩作?
スポンサーサイト



コメント

IPなどの情報を取得しています。海外サーバーを通すとコメントできません。

非公開コメント